今回は台湾映画の『那些年,我們一起追的女孩』(邦題「あの頃、君を追いかけた」)を見てみたので、その感想をまとめます!, 乃木坂46の齋藤飛鳥主演での日本版リメイクが2018年10月に公開になったので名前をご存知の方も多いのではないでしょうか?, 「那些年,我們一起追的女孩」は台湾の作家である九把刀が、自伝的小説を自ら監督として撮影した作品で、青春ラブストーリーとなっています。, 舞台は1990年代の彰化という台湾中部の街。5人組の悪ガキ軍団が学校で幼稚な問題行動ばかり起こすので(といってもヤンキー的な方向ではなく男子校的な方向)、優等生の女子生徒をお目付け役として指名。悪ガキの中の主人公はそれを煩わしく思いながらも惹かれて行って…という流れになります。, ここからはネタバレが含まれますので、先に作品を見たいという方は、ぜひ先に見てくださいね!あまり全てを語りつくさないで書こうと思うので、見るか決める前にもうちょっと感想を聞きたい!という方は読み進めてください。, 5人組はいつでもバカをやっていて、個性が強く、本当に青春!という一言に尽きます。人生の無駄に見えるけど、そうやって全力で友達と遊ぶ時間はきっと必要なんだろうなーと思います。, 個人的には男子校で育ったので彼らのバカやるところも分かりつつ、でも自分はどちらかというと優等生側だったのであまり振り切ったバカもした経験がなくて羨ましいなーと思いつつ、でもやっぱり共学で女子がいるのは腹立ちますね笑(浅い感想), 恋愛の方で刺さったのは、「成長,最殘酷的部分就是,女孩永遠比同年齡的男孩成熟;女孩的成熟,沒一個男孩招架得住。」というフレーズ。そうだよなー、女子の方が大人でバカやってるのは男子が多いよなーと思いました。これがこの映画の要約な気がしますね。, ラストは素適でした!あのキスシーンはなんだか本当にこみ上げますね。真っすぐに誰かを愛した青春の1コマ1コマが浮かび上がってきて、上手く行ったこと、上手く行かなかったこと、全てが”たられば”ではなく今に繋がっている。だからこそ、心から相手のことを思える。そんな真っすぐな気持ちは美しいですね。, あとはただの悪ガキだと思っていたら優等生をかばってあげたり、あとは優等生が間違っていると思ったことにはっきりとNOが言えるようになり、その結果廊下に立たされて泣いちゃったり。「沈佳宜,妳超正點的!哭起來也是超正的!」というセリフも印象的でした。, 主人公が好きになった相手がどれだけ魅力的かというところで共感できるかが大きく変わってきますよね。(少女漫画では、ちょっと悪い男子ばかりモテるので、それが嫌いです笑 なんで性格いい人がモテないんだ…), それで言うと、この女の子は完璧でした。容姿はもちろん、悪ガキを昔は単に嫌いだったのにきちんと世話するところとか、間違ったことははっきり嫌いというはっきりした性格だったり、超魅力的です。, 演じたのは陳妍希という女優さん。1983年生まれの女優さんなので、女子高生役ですが公開当時は28歳(!) 台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、大ヒットした伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』(2011)の舞台を日本に移しリメイク。, 主人公を、『となりの怪物くん』、『万引き家族』、『虹色DAYS』など2018年話題作への出演が続く山田裕貴が演じ、ヒロインを映画初出演となる乃木坂46の齋藤飛鳥が演じます。, 早瀬真愛(齋藤飛鳥) 映画『あの頃、君を追いかけた』をおじさんが観た感想と疑問。実質解説にはなっていないのでそこだけ注意。そしてこの記事アップ主は小顔の齋藤飛鳥が好き。 あの頃、君を追いかけた 感想 元々台湾版を観ていて大好きだったので不安はありました。 まず、台湾でヒットした要因のひとつが、恐らくは当時の流行や 大きな出来事を細かく出してきているところにあると思っていました。 奥さんは台湾育ちで2018年に結婚を機に来日。 浩介の悪友たち。, 水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをして、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていました…。, そんな日々を過ごしていた浩介ですが、浩介の態度を目障りに思い激怒した教師が、クラス一の優等生である早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命します。, それは浩介と仲間たちにとって、真愛は中学時代から、ずっと憧れの存在だったからです。, ある日、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていきますが…。, 無名のキャストを配しながらも、台湾で社会現象を巻き起こすまでの大ヒットを遂げます。, 香港では、チャウ・シンチーの『カンフー・ハッスル』の記録を塗り替えて、中国語映画の歴代興収ナンバーワンを記録しました。, 映画は台湾中西部の彰化(しょうか)という町を舞台に1994年から2005年までの10年間を描いています。, 「SLAM DUNK」に夢中になっていた高校生たちは、日本のAVを回し見する大学生になり、やがてそれぞれの道を歩み始めます。, そんな登場人物たちの成長と共に、学生寮の公衆電話に並ぶ長い列は消え、誰もが携帯で話すようになり、いくつかの大きな事件に世の中は揺れ、ヒット曲も入れ替わり…。, 時代の空気感を丁寧に表現し、あらゆる世代の観客に“あの頃”を思い起こさせたことが、大ヒットの要因となりました。, 映画の冒頭シーンは、日本版の長谷川康夫監督がわざとそっくりに撮った部分もあるとのことです。, 主人公カップルを含めて、メインキャラクターの造形もオリジナルに近いものとなっています。, 齋藤飛鳥というトップアイドルの主演映画でありながら、彼女に役どころを寄せることなく、逆に齋藤飛鳥をヒロインに寄せて見せています。, 目下、大ブレイク中の松本穂香の演じる小松原詩子のウェイトが少し大きくなっているぐらいでしょうか。, 台湾版『あの頃、君を追いかけた』のオリジナルエピソードや、キャラクターの造形のいくつかは、台湾や中華圏の映画で成り立つもので、現代の日本を舞台にした邦画にそれをダイレクトに持ち込んだ場合、どうしても少し違和感が出てしまいます。, しかし注目すべきはこの映画は、ギデンズ・コー自身の自伝的小説を映画化したものだということです。, そして、少し美化され、少し突飛で、唐突なストーリー展開は、前述したように敢えてオリジナルに近づけることによって、映画全体に不可思議な魔法をかけ、映画の魅力を引き立てています。, また、デートシーンを台湾に設定し、撮影も台湾本土で行われており、オリジナルへのオマージュが見て取れます。, 韓国映画をリメイクした『SUNNY強い気持ち・強い愛』にも通じるところがあり、ちょっと大人になった自分から見た自分の青春劇として、この偏りは良い方向に作用しているといっていいのではないでしょうか。, 唐突に見えてしまう台湾ロケも主人公が小説家として身を立て、自身の体験をもとにした物語を書いている中での回想ということでプラスに転じます。, 少し美化され、少し突飛で、唐突なこの物語も自身の青春を語っているという視点で見ればしっくりきます。, 映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!, 映画MR.LONG/ミスター・ロン|あらすじと感想。チャン・チェンが座頭市のような勇姿を見せる!, 2017年公開される映画のなかで文句なしにベスト級な作品なのが『MR.LONG/ミスター・ロン』。 ドイツ・香港・台湾・日本合作で製作された本作は、ベルリン映画祭コンペティション部門に正式出品され、主 …, 映画『ガザの美容室』あらすじとキャスト。双子監督タルザン&アラブ・ナサールの思いとは, 映画『ガザの美容室』は、2018年6月23日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 パレスチナ自治区に飛び地としてあるガザ地区、それでもオシャレして、メイクして、おしゃべりして …, 河瀬直美監督の映画『Vision』は、6月8日より全国ロードショー。 今やフランスをはじめ海外から高い評価を受ける河瀨直美監督。彼女が故郷の奈良を舞台に、『イングリッシュ・ペイシェントで米アカデミー賞 …, ドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』は、2018年7月21日(土)よりヒューマントラスト有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 公開されたチャーミングな表情を見せる女性は、現在71歳、伝説のフラメン …, ある美容師が平凡な主婦の髪に触れた事をきっかけに、ふたりの日常は何か逆らえない力によって狂わされていく…。そんな日常狂気映画『だれかの木琴』をご紹介します。 “これを観れば女の気持ちが分かる!”と言う …, 齋藤飛鳥というトップアイドルの主演映画でありながら、彼女に役どころを寄せることなく、逆に齋藤飛鳥をヒロインに寄せて見せています, ちょっと大人になった自分から見た自分の青春劇として、この偏りは良い方向に作用している, 少し美化され、少し突飛で、唐突なこの物語も自身の青春を語っているという視点で見ればしっくりきます, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】, 『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】, 映画『ばるぼら』あらすじと感想。二階堂ふみがヌードの濡れ場で稲垣吾郎を相手に手塚漫画に挑む|TIFF2019リポート23, 映画『ミッドサマー』あらすじネタバレと感想。「ヘレディタリー」を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭り!, 『ミッドナイトスワン』小説と映画の結末の違いをネタバレ考察!ラストまで続く内田英治監督の細かい心理描写|映画という星空を知るひとよ30. 旦那は13回台湾渡航の大の台湾ファン! ブログでは台湾情報をより詳しくご紹介しています, 台湾嫁日記は、台湾と日本の国際結婚のブログです。台湾情報から、国際結婚の手続き、国際結婚あるある話を公開しています。, 台湾嫁日記の管理人。台湾人と国際結婚した日本人夫。新宿区在住。'18/9 入籍、'19/5 日本挙式、'19/12 台湾挙式予定。普段は会社員として日々奮闘してます!. 山田裕貴、齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介, 【作品概要】 あの頃、君を追いかけたの評価や感想 ・青春を思い出した。 ・台湾原作とあって非常に面白い。 ・台本に荒さは感じるけど俳優陣が見事にカバーして見ていて楽しい作品 ・青春映画とあって見事にグッときたけども物語の流れが残念 インスタでは、台湾帰省時に撮った写真や、日本で見つけた台湾を共有していきますので、よければフォローお願いします そんな驚きも含めご覧ください。, いかがでしたでしょうか?青春ラブストーリーものが見たい!って時にはオススメですよ!, 初心者の語学学習者であれば、日本語版を見て意味を理解した後で、中国語字幕でチャレンジしてみると結構分かるのでそれもいいかもしれません^^, 少しでも役に立つ/面白いと思ってもらえましたら、Twitter, Facebook, はてなブログなどでシェアしてくださるととても嬉しいです!, 台湾日本27歳の国際結婚カップル。 「那些年,我們一起追的女孩」は台湾の作家である九把刀が、自伝的小説を自ら監督として撮影した作品で、青春ラブストーリーとなっています。 舞台は1990年代の彰化という台湾中部の街。5人組の悪ガキ軍団が学校で幼稚な問題行動ばかり起こすので(といってもヤンキー的な方向ではなく男子校的な方向)、優等生の女子生徒をお目付け役として指名。悪ガキの中の主人公はそれを煩わしく思いながらも惹かれて行って…と … みなさんは2011年に台湾で社会現象を巻き起こした「あの頃、君を追いかけた」という映画をご存知ですか?今回はそんな台湾の大人気映画の日本リメイク版として2018年に公開された映画「あの頃、君を追いかけた」についてネタバレなしで紹介していきます。 昭和の道徳とあだ名されるまじめな医者一家の一人娘の女子高生。, 永島浩介(山田祐貴) あの頃、君を追いかけたの評価や感想 ・青春を思い出した。 ・台湾原作とあって非常に面白い。 ・台本に荒さは感じるけど俳優陣が見事にカバーして見ていて楽しい作品 ・青春映画とあって見事にグッときたけども物語の流れが残念 あの頃、君を追いかけた 評価と感想/ローカライズしない潔さ ... 『あの頃、君を追いかけた』“聖地巡礼 台湾デートシーン”メイキング映像 . ©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ 【公開】 2018年(日本映画) 【原作】 九把刀(ギデンズ・コー)『那些年、我們一起追的女孩』 【監督】 長谷川康夫 【キャスト】 山田裕貴、齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介 【作品概要】 台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、大ヒットした伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』(2011)の舞台を日本に移しリメイク。 主人公を、『となりの怪物くん』、『万引き家族』、『虹色… 乃木坂46でセンターも任されるエース候補の齋藤飛鳥が初主演した話題の『あの頃、君を追いかけた』。, 本作は同タイトルで2013年に日本でも公開されたギデンズ・コー監督の台湾映画のリメイク作品です。, 【キャスト】 豆腐屋の息子で中国拳法マニア、熱い思いはあるがその熱意をどこに向けていいのかがわからないでいる。, 大野陽平(佐久本宝)、町田健人(國島直希)、秋山寿音(中田圭祐)、杉村一樹(遊佐亮介)  みなさんは2011年に台湾で社会現象を巻き起こした「あの頃、君を追いかけた」という映画をご存知ですか?今回はそんな台湾の大人気映画の日本リメイク版として2018年に公開された映画「あの頃、君を追いかけた」についてネタバレなしで紹介していきます。 「あの頃、君を追いかけた」 思わず真似したくなるこのシーン! そんなかぶれる良さがこのランタン打上げシーンには詰まってます。 8.あの頃と今を交錯する振り返り型の展開が、わたしの心の扉も開けて … 映画『あの頃、君を追いかけた』は、10月5日(金)全国ロードショー。 乃木坂46でセンターも任されるエース候補の齋藤飛鳥が初主演した話題の『あの頃、君を追いかけた』。 本作は同タイトルで2013年に日本でも公開されたギデンズ・コー監督の台湾映画のリメイク作品です。 あの頃、君を追いかけた 感想 元々台湾版を観ていて大好きだったので不安はありました。 まず、台湾でヒットした要因のひとつが、恐らくは当時の流行や 大きな出来事を細かく出してきているところにあると思っていました。 日本リメイクされた台湾映画「あの頃、君を追いかけた」オリジナル版13の良さ ... 映画「鈴木家の嘘」感想・ネタバレ有 野尻監督上映後トークまとめin松本 .