杏(あん・あんず)・菖(あやめ)・樹(いつき・みき)・虹(こう)・真(さな・まこと)・静(しずか)・雫(しずく)・純(じゅん)・珠(すず・たまき)・空(そら)・穏(のん)・陽(はるか・ひな・よう)・風(ふう)・蛍(ほたる)・紫(ゆかり), 日本特有の文字である【ひらがな】。古くから伝わる文字だからこそ、一文字一文字に古風な雰囲気があります。その丸みを帯びた書体からは、どこか柔らかな優しい印象を受けますよね。古風な雰囲気の中にも可愛らしさを感じます。【ひらがな】の名前は、漢字の持つ意味にとらわれないので、自由に想いを込めることが出来ますよ。, ●【ひらがな】の男の子の名前 15選 丹桂(あきよし)・英丹(えいたん・えいだん)・義丹(ぎたん)・丹秀(たんしゅう)・仁丹(じんたん)・皐丹(たかあき)・丹改(たんかい)・丹心(たんしん)・丹羽(たんば)・丹生(にう)・丹希(にき)・丹今(にこん)・丹洋(にひろ), ●『牡丹』にまつわる女の子の名前 12選 ●『星』を含んだ女の子の名前 画数が6画の名前(女の子) このコンテンツはJavaScriptに最適化されています。 JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。 6月の果物・野菜【杏子(あんず)】 12選 緋珠(あけみ)・愛莉珠(ありす)・杏珠(あんじゅ)・寿珠(じゅじゅ・すず)・珠雫(じゅな)・珠々葉(すずは), 日本人らしさを感じさせてくれる、古風な名前。強く逞しく、忠義で誠実、そして懐の大きな優しさも兼ね備えている日本人らしさを感じとれる古風な名前。漢字一文字一文字の持つ意味を大切に、「和」のテイストが強い古風な名前に願いを込めてみませんか?, ●古風な男の子の名前 15選 6月にご出産予定ですと、あと3ヶ月でしょうか?!そろそろ命名についても本格的にお考えの時期ではないでしょうか?今回の特集は「6月」に絞って季節感のあるお名前をいくつかご紹介したいと思います。元気いっぱい母子共にご出産を迎えられると良いですね。 梓真(あずま)・亜真梨(あまり)・恵真(えま)・心真(ここみ)・真心(こころ)・小真知(こまち) 順愛(じゅんあい)・巡華(じゅんか)・純香(じゅんか)・純花(じゅんか)・絢香(じゅんか)・純子(じゅんこ)・淳子(じゅんこ)・純咲(じゅんさ)・旬菜(じゅんな)・純奈(じゅんな)・淳奈(じゅんな)・純名(じゅんな)・潤寧(じゅんね)・純乃(じゅんの)・樹杏(じゅあん), 6月の季節を感じる漢字として、静寂な『雨』・初夏の爽やかな『風』や『空』などがあります。 クールなイメージで男の子にぴったり!, 6月生まれの赤ちゃんの名前決めのヒントは見つかりましたか?名前に使える漢字には制限があるものの、その読み方には制限はなく、読み方次第では古風にもなり、今風にもなります。赤ちゃんにとって【一生もの】となる名前。名前の持つ意味や響きを大切に、「これだ!」という名前をプレゼントしましょう。みなさんに素敵な名前とのご縁がありますように。, 6月生まれの名前450選!男の子・女の子別に徹底調査!のページです。Cherish [チェリッシュ]は、女性のライフスタイルに関する情報をまとめたWebメディアです。「こんなサイトが欲しかった」を目指し、様々な場面で疑問や悩みを持つ女性のために役立つ情報を日々発信しています。. 梅雨が明けて夏になる時期『6月』。そんな6月生まれの赤ちゃんの『名前の決め方』において、抑えておきたいポイントをまとめてみました。季節の風物詩や、誕生花・誕生石など6月にまつわるものをご紹介!6月生まれの赤ちゃんへ送る素敵な名前のヒントを見つけてみませんか? 優しく安心感のあるイメージで女の子にぴったり! 壱星(いっせい)・右京(うきょう)・雅楽(うた)・和重(かずしげ)・和義(かずよし)・京介(きょうすけ)・清彦(きよひこ)・郷士(さとし)・大雅(たいが)・尊也(たかなり)・武士(たけし)・辰蔵(たつぞう)・朝臣(ともおみ)・朋定(ともさだ)・晴臣(はるおみ), ●古風な女の子の名前 15選 豊富な名前のリストから、みなさんの名付けや命名をお手伝いするサイト。 ... 「縁」と 同じ字で他の読みの女の子の名前(6人) 読み 漢字 画数 画数による運勢 タグ; えにし: 菖人(あやと)・菖瑛(しょうえい)・菖雅(しょうが)・菖吾(しょうご)・菖志(しょうじ)・菖珠(しょうじゅ)・菖輔(しょうすけ)・菖汰(しょうた)・菖之介(しょうのすけ)・菖平(しょうへい)・菖馬(しょうま)・菖矢(しょうや), ●『植物』にまつわる女の子の名前 25選 綺麗で可愛く、古風・和風でも古臭くない女の子の名前が人気です。子のつく名前や、実際に付けられている伝統的な名前など、計84選紹介します。人気ランキングtop10も! 古い印象を与え避けた方が良い女の子の名前も押さえおきましょう。 白い真珠は純粋・やさしさ・精神性の象徴、グレーの真珠は心配事を解消し、成功を手助けしてくれるとされています。, 『真』には、純粋で真心ある人に育って欲しいという願いを込めて、『珠』には、玉のように美しい、本物の輝きを放つ人になって欲しいという願いを込めて使われます。, ●『真』を使った男の子の名前 7選 6月の果物・野菜【杏子(あんず)】 12選 牡丹は、4月~6月に花期を迎える花で、先端に花径15~40cm程の花をつけます。日本でも古くから「花の王様」と呼ばれ、他の植物を圧倒するほどの豪華さを持つ花です。花言葉は、『風格』『高貴』。日本では美しい女性の姿を形容する言葉として「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるほど、牡丹は気品の象徴とされてきました。, ●『牡丹』にまつわる男の子の名前 13選 ■「硬い音」カ行・サ行・タ行・ハ行・バ行 蒼紫(あおし・そうし)・京紫郎(けいしろう)・紫遠(しおん)・紫彗(しすい)・紫隆(しりゅう)・湊紫(そうし)・侑紫(ゆうし)・志紫(ゆきむら)・怜紫(れいし)・世紫生(よしき)・紫蓮(しれん)・偉紫(たけし)・斗紫(とし) 6月生まれの名前を男の子と女の子別に紹介します。生まれた月と名前は必ずしも合わせる必要はありませんが誕生月を記念したいのであれば、誕生石の真珠や6月を表す英語"ジュン"など、6月に関するキーワード、季語などから名前を作ります。 愛胡(あいこ)・亜胡(あこ)・郁胡(いくこ)・一胡(いちご)・胡乃(うの)・百々胡(ももこ)・胡蘭(うらん)・香胡(かおるこ)・叶胡(かこ)・奏胡(かなこ)・胡美(うみ・くるみ)・圭胡(けいこ)・胡恋(ここ) そら・はるひ・りん・ひなた・るか・あおい・いおり・せな・とむ・りと・あさひ・まなと・りおん・ゆずと・かえで, ●【ひらがな】の女の子の名前 15選 厚六(あつむ)・与六(あとむ)・亜斗六(あとむ)・歩六(あゆむ)・渉六(あゆむ)・五三六(いさむ)・十六夜(いざよい)・奏六(かなむ)・己哉六(きやむ)・喜六(きろく)・尚六(しょうろく)・翔六(しょうろく)・心六(しんろく)・津斗六(つとむ)・希六(のぞむ)・望六(のぞむ)・彦六(ひころく)・博六(ひろむ)・六貴(むつき)・六志(むつし), ●『六』を使った女の子の名前 20選 ■「柔らかい音」ア行・ナ行・マ行・ヤ行・ラ行・ワ行 ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 6月の果物・野菜【胡瓜(きゅうり)】 13選 女の子の名前や男の子の名前、それぞれ人気のものをランキング形式でご紹介します。 読み方と字画数がいくつなのかも合わせて載せますので、赤ちゃんの名前を検討する際に参考にしてみてください。 6月の植物【菖蒲(しょうぶ)】 12選 空と言えば、杉浦太陽・辻希美夫妻が「希空(のあ)ちゃん・青空(せいあ)くん・昊空(そら)くん」と『空』を使った名づけをされているのは有名ですね。, ●『梅雨』をイメージする男の子の名前 25選 また6月と言えば、「ジューンブライド」。6月に結婚すると一生涯、幸せな結婚生活が送れるという言い伝えがあるロマンチックな月でもあります。英語変換の「June(ジュン)」を音で変換した漢字も考えられますね。6月生まれの女の子に使うと、素敵なお嫁さんになってくれそうな気がしませんか?, 6月の気候として真っ先に浮かぶのは、やはり『梅雨』や『雨』でしょう。梅雨は、降り続く雨で気持ちが滅入りやすくなる時期でもありますが、植物にとっては恵みの雨を沢山に受け、これからすくすくと育っていく、大切な時期でもあります。それに、雨に趣深さを感じることはありませんか?しとしと降り続く雨のリズムやキラキラ輝く雨の雫に、心が落ち着いていく、リラックス効果を感じたりします。 ●『June(6月)』の音でイメージする女の子の名前 15選 梅雨が明けて夏になる時期『6月』。そんな6月生まれの赤ちゃんの『名前の決め方』において、抑えておきたいポイントをまとめてみました。季節の風物詩や、誕生花・誕生石など6月にまつわるものをご紹介!6月生まれの赤ちゃんへ送る素敵な名前のヒントを見つけてみませんか?, 名づけは、親が子に送る初めてのプレゼント。産まれてくる赤ちゃんに想いを目一杯詰め込んだとっておきの名前を選びたい!そんなパパママ必見!!赤ちゃんの名前の選び方、6月生まれの赤ちゃん編。梅雨に入り、恵みの雨を喜ぶこともあれば、降り続く雨に少し気持ちが沈んだりする6月。夏に向かって少しずつ気温が上がって初夏を感じる6月。そんな6月生まれの赤ちゃんにぴったりの名前をご紹介します。, 「6月」にまつわる漢字といえば、6を漢数字に直した『六(ろく、むっつ)』や、水の月を表した『水無月(みなづき)』、陰暦で夏三ヶ月の終わりの月を表した『季夏(きか)』、梅雨入りを表した『入梅(にゅうばい)』、初夏の、うっすら汗ばむほどの暑さを表した『薄暑(はくしょ)』といった6月の異名が挙げられます。