年賀状の宛名は横書きか縦書きかどっちが正しい? 皆さんは、年賀状の宛先は横書きで書きますか?それとも縦書きで書きますか? 私の経験談からすると、最近年賀状だけでなくハガキや封筒などの宛先が横書きになっていることが多いように感じます。 今回の記事が参考になれば幸いです。, はがきの宛名は横書きNG?正しい書き方や文例【お礼/挨拶等】のページです。ビズメディアは働く人のためのライフマガジンです。ビジネスに関連するビジネスマナーや雑学から転職、就活、フリーランスなどの働き方まで、ビジネスマンに向けた情報発信メディアです。毎日のお仕事を楽しく、円滑に進めていきしょう!. はがきは文章を横書きで書いたら失礼に当たりますか?やはり縦書きのほうがいいでしょうか? はがきは文章を横書きで書いたら失礼に当たりますか?やはり縦書きのほうがいいでしょうか? 親しい方へは横書きでも構いませんが、正式な場面でのはがきは縦書きが望ましいです。 縦書きの場合は、はがきと同じで切手は左上に貼ります。また、住所は郵便番号の欄の右端を基準にして1文字下げて書きましょう。名前は郵便番号の欄の左端2つの中央を基準にして1字下げたところから書きましょう。, はがきでお礼を伝えたこともあるでしょう。ビジネスシーン・結婚式・香典返し・お中元など、相手にお礼を伝える場面はさまざまです。, お礼の旨を伝えるはがきや手紙は早めに出すことが大切です。はがきは特に書けるスペースが少ないため、伝えたいことを簡潔にまとめましょう。 横書きの年賀状を印刷しています。毎年悩むのですが、どちらが上なのでしょうか?下記のURL(ページ一番下)にはこの様に書いてありました。ご参考まで。。。<ハガキ>を横にして使いたいときは、まず右側に郵便番号がくるように、時 はがきのビジネスシーンなどのさまざまな状況別にわけて文例を用いて説明していきます。宛名の綺麗な書き方、はがきの宛名・縦書き・横書きのなど正しい書き方についてマナーや基本的なルールについて、また横書きと縦書きはどちらが正しいのかといった疑問にもお答えします。, まず宛名とは郵便物や書類など相手に送る手紙やはがきに書く送り先の名前や住所のことです。宛名にはさまざまなルールがあり、縦書きと横書きで書き方が若干異なってきます。そこで宛名の基本的な書き方やルール・マナーを解説していきます。 また、はがきや封筒が一人に向けたものではない場合は、それぞれに敬称を付けましょう。ただし、人数が多い場合は、「~御一同様」と書きましょう。 はがきや封筒の宛名を書く際に、送り先によってはビルやアパートなどの建物の名前を記入しなければいけないときもあります。こういった場合は、省略せずにすべて書きましょう。 最近では「自分と同格もしくは格下の人間に用いる接尾語」という認識になっているため、外部の人間に向けての宛名には適しません。 ここでいくつかの例をご紹介していきます。, 最後に、宛名ではないですが、差出人情報にもはがきのマナーや見栄えのよい書き方があるのでご紹介していきます。 そんなことのないように、相手先の情報は随時収拾していき、やり取りを振り返るようにしましょう。, 一般的にビジネスシーンなど公的な文書では縦書きが普通ですが、表面の字の向きに裏面の字の向きを合わせましょう。表面が縦書きなら裏面も縦書きに、横書きなら横書きにしましょう。 横書きの場合は切手の位置が間違いやすいので、貼り付け場所を間違えないようにしましょう。横書きのポストカードは切手ははがきと違って右上に貼り付けます。また、住所は文章欄との境界から2文字程空白を設けて書くと見栄えがよくなります。また、横書きのポストカードは名前は中央よりも少し上側から書きましょう。, 次に縦書きバージョンの宛名の書き方をご紹介していきます。 一番重要なのは、裏と表で向きを揃えることです。, 冠婚葬祭のお知らせや相手先が目上の人の場合、横書きではなく縦書きにしましょう。改まった内容の場合は横書きはNGです。親しい間柄の人には横書きも大丈夫です。 一般的に番地など数字を記入する際は、はがきが縦書きの場合は漢数字で書き、横書きの場合はアラビア数字で書きます。, 次に宛名の住所のビル名やアパート名についてのマナーや縦書き・横書き別の書き方について説明していきます。 年賀はがきに印字されている干支が描かれているものです。 それ以外に結婚式やおめでたい行事の時の郵便物に使われるのが、「慶事用切手」ですが使わなくてもマナー違反ではありません。

住所は、目上の人や取引先はもちろんですが、親しい間柄の人にもしっかりと都道府県からマンションの号室まで書きましょう。宛名を省略をしてしまうと失礼に当たります。 横書きのはがきの場合はマンションやアパート・ビル名は2行目に、1行目よりも若干右寄りに書くときれいになります。 しかし今は裏面にかわいいデザインがされているなど縦書きや横書きに関わらず、さまざまなはがきが存在します。こういった場合は裏と表で文字の向きを揃えるのが基本です。つまり裏のデザインが横書きなら、表の宛名も横書きにします。
さらに、はがきや封筒には前文→主文→末文と文章の流れは決まっているのでその流れに沿って書きましょう。, 相手先と長く付き合っていくと、はがきや封筒のやり取りの総数も増えてきます。そんな時にあるのが、内容がだんだん同じようなものになっていくことです。 転勤や引っ越しで住所が変更された場合には相手にその旨を伝えましょう。また出産して子どもができた場合には、子どもの名前をふりがな付きで書きましょう。

’), 目上の方に年賀状を送る場合は、裏表面両面において縦書きにする.

御礼状の書き方をご存知ですか。御礼状にはいくつかのルールがあり、それを守らないと逆に失礼になり相手からの評価を下げてしまいます。ここでは、そのルールの説明や具体的な例文を紹介します。ぜひ参考にして、相手に感謝の気持ちが伝わる御礼状を書きましょう。 はがきのビジネスシーンなどのさまざまな状況別にわけて文例を用いて説明していきます。宛名の綺麗な書き方、はがきの宛名・縦書き・横書きのなど正しい書き方についてマナーや基本的なルールについて、また横書きと縦書きはどちらが正しいのかといった疑問にもお答えします。


日本語には尊敬語・丁寧語・謙譲語があり、時候の挨拶の種類も多く、ややこしいですが誰かとやり取りをするときに失礼のないように関係を円滑にしましょう。また、相手によって縦書きと横書きを使い分けたり、縦書きと横書きによって書き方が異なってくることも踏まえて今後のやり取りに活用していきましょう。 ポストカードははがきと違い少し宛名がややこしいので、はがきと書き方を区別しながら見栄えがよいと思われる宛名を書きましょう。またはがき同様、ポストカードにも縦書きと横書きで書き方の違いやマナーがあるので、縦書きと横書きでの美しい書き方をご紹介していきます。, 横書きバージョンの宛名の書き方をここではご紹介していきます。 年賀状を作成中です。横向きのデザインをプリントしたいのですが、通常、どちらが上になるように印刷するのが、常識?なんでしょうか?私は、表(宛名側)からみて、右側に(時計方向に)回転させて裏(プリント側)を見たとき、むかって

はがきの宛名の向きには縦書きと横書きの2つがあります。ならば縦書きと横書き、どちらが正しいのかという問題についてですが、結論から言うと縦書きが正式なものです。日本では本来は縦書きが正式ですので、年賀状などの宛名も縦書きが正式です。 また、住所を書くときに縦書きと横書きのそれぞれに注意したいことがあります。縦書きの場合は郵便番号のボックスの右側1個を基準にして1字下げたところから書くとバランスよく書くことができます。横書きは、切手の1~2cm下、左端から2文字程の空白を設けて書き始めると見栄えもよくなります。 しかし、送り先の担当者がわからない場合には「殿」が用いられます。宛名を肩書や役職名にする際に使用されます。, はがきや封筒・手紙において宛名の中でも相手先の氏名は一番重要といっても過言ではないです。ここでは、宛名の氏名・連名のマナーや縦書きと横書き別の美しい書き方をご紹介していきます。縦書きと横書きに関わらず、氏名の前に会社や部署名を書く場合も氏名が中央にくるようにしましょう。会社名や部署名は氏名の少し右側の位置に書きます。 ではプライベートシーンにおいていくつかの例文を用意しました。, はがきの挨拶はどのようなものを書けばいいのかについて詳しく解説していきます。ビジネスシーンやプライベートシーン、時候の挨拶などさまざまなシーンにわけてご紹介していきます。 縦書きの場合は、郵便番号の左側3つの枠の中央を中心に一字下げたところから大きめの字で書きましょう。また、横書きの場合は、マンションやアパート・ビル名と同じ行から書き始めましょう。そうすると見栄えもよくなります。 はがきや封筒に書く差出人情報は、縦書き・横書きに関わらず宛名よりも小さめに書きましょう。自分の住所・氏名の方が宛名よりも大きいと相手に対して失礼にあたります。自分の住所と氏名は、縦書き・横書きに関わらず末字を揃えるときれいになります。また差出人情報は裏面に記入してもいいですが、その際は表面には記入は不要です。 縦書きのはがきの場合はマンションやアパート・ビル名は横書きと同じく2行目に書き、1行目よりも少し下がった位置から書くと見栄えがよくなります。また、マンション名などは住所より一回り小さめに書きましょう。, 次に宛名の中でも間違いやすく重要な敬称・肩書について説明していきます。はがきや封筒の宛名で敬称や肩書を書き間違えるとビジネス面でもあまりよく思われません。ビジネスシーンでも印象をよくするためにもここはしっかり押さえておきたい部分です。

ビジネスではメールが日常的になったとはいえ、年賀状などの改まった挨拶などでは、はがきの出番が... 「返信用封筒」を使って書類を返送したことはあっても、いざ相手に返信を求めたいシーンに遭遇した... ビジネスでは「メール」を送る機会がたくさんあります。その際には、「宛先」や「宛名」を書かなけ... 一筆箋を使ったことはありますか?書き方がわからず使いづらく感じるかもしれませんが、一筆箋はビ... 旅やイベントの思い出にポストカード(絵葉書)を出す人もいるのではないでしょうか。しかしメール... ビジネスでも個人でも、7月にいつもお世話になっている人からお中元を貰う人は多いでしょう。貰っ... 住所は、目上の人や取引先はもちろんですが、親しい間柄の人にもしっかりと都道府県からマンションの号室まで書きましょう。, 特にお祝いのお礼については、「途絶えや終了がないように」という考えから、句読点は付けないのが普通です。, また、相手によって縦書きと横書きを使い分けたり、縦書きと横書きによって書き方が異なってくることも踏まえて今後のやり取りに活用していきましょう。, お話をお伺いできたおかげで、貴社の現状を私なりに掴むことができました。○○様のお考えを胸に刻み、次回お目にかかる際には、貴社のお役に立てるご提案を持参する所存です。, 貴社の皆様には非常に良くして頂き、恐縮致しております。拝見させて頂いた設備も技術も非常に精良なものでした。, ◯◯様、いつもご来店頂きましてありがとうございます。その後、お体の状態はいかがでしょうか。どうか今後とも変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。, この度は心のこもったお品をお贈り頂き、誠にありがとうございます。細やかなお心遣いに心から感謝申し上げます。今後ともひとかたならぬご厚誼のほどをどうかよろしくお願い申し上げます。, この度は心のこもったお中元の品をお贈り頂き、誠にありがとうございます。平素は何かとお世話になっております上にこのようなお心遣いに感謝を申し上げるとともに恐縮しております。, 師走の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。, まずは、お礼を申し上げたく筆をとりました。 どうか今後ともご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。, 取り急ぎお礼を申し上げたくお便り致しました。どうか今後ともご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。. ビジネスシーンにおいていくつかの例文を用意しました。また都合上、横書きになっていますがビジネスシーンでは縦書きが普通です。, お礼を伝える場面はビジネスシーンだけではありません。私的な場面でもお礼を伝えるシーンは多々あります。結婚式や出産・贈り物などがあります。特にお祝いのお礼については、「途絶えや終了がないように」という考えから、句読点は付けないのが普通です。特に目上の人にお礼状を送る時はこのことを守りましょう。 ョップで。早割は11月30日まで!, おトクな早割は11月20日(金)まで。今年も豊富に取り揃えています。, よくあるご質問・お問い合わせ, 弔事用63円普通切手を購入する, お客さま本位の業務運営に関する基本方針. はがきや封筒での挨拶は2種類の形があります。それは、「漢語調」と「口語調」です。漢語調は主にビジネスシーンで用いられ、「~の候」という形で使われます。また口語調は話し言葉です。, ビジネスシーンにおいて挨拶は一番重要な部分だといっても過言ではありません。ここからはビジネスシーンの頭語と結語にわけてわかりやすく表にまとめて解説していきます。またはがきなど、文の始まりの前に拝啓、終わりの後に敬具を書きましょう。, 私的な内容のお礼状の挨拶にも使われるので、ここで一気に時候の挨拶の例文をご紹介していきます。時候の挨拶については、月の上旬・中旬・下旬の3つにわけて、それぞれに合った挨拶を使います。ここでは月の上旬・中旬・下旬のそれぞれの挨拶をご紹介していきます。, ここまではがきや封筒の基本的なルールや書き方、横書きと縦書きの使い分けをご紹介してきましたが、ここからはそのマナーについて解説していきます。はがきや封筒を書く際にはさまざまなルールやマナーがあり、これらを正しく用いて先方に失礼のないようにしましょう。, 時候の挨拶は儀礼的な場面で使われるので、会ったばかりの人や親しい間柄の人には普通は使いません。, はがきを送る際に、相手先に失礼のないようにしようと逆に変な敬語を使ってしまうことのないように、尊敬語・丁寧語・謙譲語はしっかりと使い分けましょう。また、相手先によって口語調か漢語調を使い分けましょう。 しかしはがきや封筒などの文章において宛名に漢字ではなく、「さま」や「サマ」といったひらがなやカタカナで使用すると敬意が弱まるため、ビジネスシーンでは漢字で書きましょう。, 宛名で使うような「殿」は主に書き言葉です。企業や宮内庁などの公的機関や表彰状などの受賞者名に用いられます。 また宛名を書くときには裏表の向きを縦書きと横書きでしっかりと合わせないと裏と表で向きがバラバラになってしまい、非常に見にくいものになってしまいます。先程記したように、縦書きが正式ですので目上の人などに送る場合は宛名も横書きではなく縦書きにしましょう。宛名が横書きの場合は親しい間柄の人には問題ありません。, ここでは特別にはがきではなく、ポストカードの宛名の書き方・基本的なルールをご紹介していきます。はがきとの違いは何なのかも説明していきます。 縦書きの場合は、自分の住所・氏名を切手幅か郵便番号の枠内におさめて書きましょう。横書きの場合は、自分の住所・氏名は右側に寄せて書きましょう。, ここからははがきの宛名は縦書きと横書きのどちらが正しいのかについて解説していきます。 しかし縦書きと横書きに関わらず、裏と表で縦書きと横書きの向きを合わせないと、先方が見にくくなるので裏表で縦書き・横書きをそろえましょう。, いかがでしたか。今回は、はがきの書き方や基本的なルール・マナーについて詳しく解説してきました。 宛名で「様」を使う場合は、性別・年齢・地位など関係なく、また、書き言葉や話し言葉といった制限がないので、一般的に一番広く用いられています。組織や団体に所属する個人に宛てる場合に使用されます。また相手先の名前がわからない場合は、氏名を書かずに「役職名+様」でも問題ありません。 はがきや封筒における敬称と肩書の説明からしていきます。, はがきの宛名の敬称には様・御中・各位など相手先によって変えなければいけません。正しく用いることが出来ないとビジネスシーンでも印象が悪くなってしまいます。では、どのようなときにどれを用いるのかを詳しく解説していきます。

また宛名を綺麗に見栄えよく書けるかで相手先の印象も変わってくるので、宛名の綺麗な書き方もご紹介していきます。, まずははがきの宛名で一番最初に書く、相手先の住所の書き方について基本的なルールやマナー、また縦書きと横書きの美しい書き方を説明していきます。