感想: おもしろかった. 結構良かった. はたらく細胞 13話 感想. はたらく細胞について、【はたらく細胞】第2話 感想 血球ホイホイ恐るべし、アニメ感想ツイートまとめなど、アニメ最新情報、画像はこちら! 【はたらく細胞】第2話 感想 血球ホイホイ恐るべし. 2…特に意識はしていない. ふつう. ヒトコト投票箱 . Graphics by hibana, プレイフルマインドカンパニー(playful mind company) (2018-08-20), http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1537766913/, 本当に本当に楽しくて為になる作品だった!最終回は赤血球ちゃんの成長をヒシヒシ感じたよ!2期、必ずあると思うから楽しみに待っています!3ヶ月ありがとう〜!!!, 輸血されてきた赤血球さん達、訛ってたけど献血元は地方出身の方かな?何にせよ頼もしい事この上なかったw, 風で飛ばされそうな血小板ちゃん、崖っぷちの赤血球さんを見てひたすら「ごめんなさい」と謝り続けた脳血管疾患経験者の自分orz, ○○の擬人化というのは色々ありますが、この作品はそれらの中でも毎回が面白くて解りやすく、且つ健康について色々考えさせられました, 役職って、体の1部赤があったら赤血球とかじゃないの?先輩とか後輩ってどっか赤いの?, 輸血で白血球を除くのは、輸血先の体の白血球が敵と認識して攻撃するから体はダルく風邪みたいな症状になるんだと, 方言を使うことにより今までの赤血球じゃなく異世界から来た赤血球であることを分かりやすくしてるのは上手いなと思った, 血小板ちゃんの自分の服を掴むのと帽子が飛ばされそうになるシーンめっちゃ好き(伝われ), 先週が不気味な速い鼓動で終わってたから、最後は安定した心音を聞かせて欲しかったな。, BDのおまけでもいいから、「はたらく細胞BLACK」、「はたらかない細胞」、「はたらく細菌」もアニメ化してくれないかなぁ, 応急処置の気道確保と出血部位を心臓より高くしていち早く止血するのが大事な事をしみじみ感じる最終回だった, 後輩赤血球ちゃんの「私、これまで自分のことずっと優秀だと思ってたんですけど・・・いや事実そうなんですけど」の台詞、一言余計で可愛くないなと思っちゃったのは自分だけだろうか, 先輩赤血球さんが生きててよかった、本当によかった……原作でも出番無くなっちゃったからマジよかったわ, 素晴らしいアニメだった!体について勉強になった!今も健康だけど、これらかさらに健康について気を付けたいと思う!それと健康に産んでくれた、両親に感謝です!, なんていうかドラゴンボールみたいなバトル漫画のキャラ体は過酷な労働環境なんだろうなって思ったわ、毎度出血するわ骨折になるわ細胞達が過労死しそう。, パイエル板や一般細胞くんが関わる話は面白いから是非アニメ化してほしいが赤血球ちゃんの出番を考えると難しいか…?, 物騒な話だけど、もしこの体の主が死んだ場合、体内の世界ってどのように表現されるんだろう…, 最初はちょっと小生意気だったけど、今回の騒動で内面的な成長を遂げた後輩ちゃんに好印象を持てたわ, 最後まで楽しませてもらったが、マクロファージさんに斬殺された連中の体内では、あのまま氷河期を迎えて滅亡したんかな…。, 終わった…失速して終わる作品の多い中実に王道にして良質な作品を作ってくださった。娘と色々話せるしためになるし本当にいい作品だった。, とりあえずアニメの内容とも最終回の感想ともまったく関係ないコメントするけどまずスマンと先に言っておく, 今年の健康診断でも採血されたけど、抜かれていく血を見て、なんか例年とは一味違う感情を抱いたよ。, 献血ルームのお菓子やジュースは血球さんたちに水分と糖分をあげるためのものだから遠慮なくいただこう, 2期はやって欲しいけど、原作の残りの話って赤血球はほとんど出てない話ばかりなんだよな。白血球や細胞君メインの話ばかりで, ただこれ以降は仕事がある程度出来るようになったからなのかだんだんと赤血球の出番が減ってくんだよな, 終わってしまった…花澤さんの演技が素晴らしいアニメってどうしてこう1クールしかないんだろう…?, 体に悪いとはわかっていながらも、ついついやめられないことって、いろいろあるじゃない。, 花澤香菜さんと井上喜久子さんが、今期某アニメとは逆の性格のキャラクターを演じた作品。, 4989さんが美味しそうに餅?マシュマロ?をほおばってたの滅茶苦茶かわいかったです, 以前「献血した時に赤血球ちゃん養子に出したり血小板ちゃんに迷惑かけたのか」ってコメントしてる人いたけど、その結果この話みたいに人救ってるんだと思えば誇っていいよね, そういや前回にも出てきたあの総理大臣や議員っぽいキャラって、あの世界ではどういう立ち位置なんだ?, サブタイトルと、Aパートでギリギリのところで輸血血液が間に合って助かるんだろうなとは予想できたし、事実Bパートはそういう流れだった。そして最終回らしく全細胞が死力を尽くす描写があって感動を誘うのだろうと予想も出来た。, 提供バックイラストでムキー!ってヒステリー起こしてたヒステリー細胞…違う、マスト細胞さん、もう一度見たかったなぁ。, 血球ばかりではなく、もっと、筋肉細胞や神経細胞に焦点を当てたお話が見たいです。肩こり筋肉痛、立ち眩み、耳鳴り、めまいなどのとき、眠ったり目覚めたりするとき、いったい細胞レベルではどうなっているのか。ここでなくて原作の感想の場所で言うべきなのかもしれませんが。, 献血こそしているが、貢献している実感みたいなのがあまり感じなかったから、アニメとはいえ映像で見させられると実感も沸いてくるな, 献血は良いけれど、400mlは50kg以上の人じゃないとダメっぽいから、女性の方は気をつけてね~~, 展開が先にわかってたとは言えども初っぱなからやべぇー状況に押されっぱなしだったな。, 赤血球。寒いっていうならまず短パンじゃなくて長ズボン、できればヒートテックあたりにすべきだと思います。, なんとなく計算してみたよ。赤血球は通常、1μLあたり男女平均で450000個。1ccで450000000個。, もし輸血された血液が違う型の血液だったら致命的に性格が合わなくて喧嘩してばかりなのか, なんだか最後の方で本当に泣いてしまった。体の中で一生懸命宿主を生き永らえようとして働いているんだなあと。, 輸血サイドのよくわからんままつれてこられたのにこのままじゃこの世界終わるの?マジで?は笑った, ※28 赤血球出なくてもよくない?ダメかなやっぱり。道に迷ってぎゃーって言ってるのがほとんどだから、他の細胞さんの話を観たいな。, 2期もやってほしいな。がん細胞の逆襲、リベンジ戦闘回見たいよ。記憶細胞がオタフクかぜ回の付箋(パニック)やってたから続きを期待してる。, 設定は他に類を見ない個性だったけどお話自体は王道的でゆったりペースだったよね。だがそれが良い, 見知らぬ土地へ連れてこられて、不安がるどころか滑り台とかまくら作って遊ぶ新赤血球は凄いな。, 血液製剤ってのは、自前の血小板や免疫グループじゃ手に負えないような重篤な状態で、止血や免疫を補強する、それこそ救命措置の決定打なんだけど、期限切れ献血じゃ全然足りなくって、だから輸入に頼る構造なんだよな。いまだに。, ヤバかったのは熱中症と出血性ショックだけって散見するけど、肺炎球菌も血液から検出されるのはかなりまずいのよ。無菌検体からの肺炎球菌検出は数年前から報告義務が課せられてる。電撃性紫斑病で検索ぅ, 熱射病の回の時に、もうあきらめて休めよって言われた白血球さんが「この体はまだ生きている、ならば俺が仕事を投げ出す理由にはならない!!」って原作読んでてもちょっと泣きそうになった俺の大好きな台詞があるんだけど, いろんな擬人化アニメがあっけれど、これほど面白くまたためになるアニメはなかった。2期大いに希望します。制作会社さんよろしくお願いします。<(_ _)>, ギャグっぽいシーンだったけど血圧上がって落ちてくシーン実際想像すると恐ろしすぎる……, 血を見ると交感神経大興奮でアドレナリン出まくりの血圧急上昇。これはこれで正常な反射なんだから。, もし違う血液型を輸血すると、マクロファージが輸血された赤血球を敵と判断し攻撃、そして破壊された赤血球は尿等で排出, かなりBLACK寄りの生活をしてるので、キャラ達に少々申し訳なく思いながらも楽しませて貰いましたw, アスピリンって血小板と結合して不活化するんだよね。1度アスピリンと結合した血小板はたとえアスピリンが体の中からなくなっても、生涯働くことができなくなるのよ。, 乳酸菌となると、舞台の大部分は大腸から直腸までになって、ぶっちゃけスカトロ世界になるんだけど、良いのかな?w, ※257 病は気からという言葉もあります。これは迷信でもなんでもなくて、気分を明るく持って、笑って過ごしていたら癌が小さくなったという患者さんを担当したことがあります。, 祝!本庶佑氏ノーベル賞受賞! 免疫を抑えるタンパク質を発見して、その働きを阻害することで、ガン免疫治療薬の開発につなげたとのこと。, 昔授業で習ったとき、キラーT細胞や白血球の働きに比べて、正直赤血球の働きが地味だなって思ってた。, 最近、漫画が読まれない、売れないってよく言われるようになってるんだけど、こういう王道からかけ離れた題材ながらある意味王道の展開を見せる作品が一定の比率で出現して売れ、アニメ化にまで到達してさらに流行るってのを目の当たりにすると、日本のマンガ・アニメ界もまだまだ捨てたもんじゃないな、そして人材もまだ豊富にあるんだなってことを再認識させてくれた作品でした。まあ、それに胡坐をかいていてはいけないわけですが。, 政治家みたいな細胞、無能な判断下しておきながら最後皆と一緒に感動してたのは逃げかな?(笑), 崖から落ちそうになって涙目になる後輩ちゃん可愛かった。でも吹雪の中で涙目になる後輩ちゃん怖かった。それ以上に後輩ちゃんに拒絶された赤血球ちゃんの絶望顔が怖かった。目元に影が掛かると怖いよね。, 世界が終わるなら終わる寸前まで世界が1秒でも続く努力をする。世界が終わるからと言ってラクをしていい理由にはならない。, 後輩ちゃんが弱音を吐いた時にグーパンチでもなくビンタでもなく、ふにゃぁっとやるのがこの子らしい。, ノーベル医学生理学賞の陰で、はたらく細胞、画像無償提供のニュースがじわっと広がってマス・・・。, BLACK宿主みたいにストレスだらけで不摂生と加齢が相乗効果で加速してる「普通の一般人」な状態じゃ献血どころじゃありません, 先週、血管きれて大量出血したんだけど、体内でこんなドラマがあったと思うとすごく泣けたw, 自分は成分献血する人間なんで、今回の輸血された赤血球的に言うなら幼女を拉致って違う場所で働かせる鬼畜行為に加担しているとも言える, 成分献血は負担が少ないというけど現代人には長い所要時間のほうこそ大きな負担かもだし全血のほうが結局ラクだったりしてね。, 格別面白いってほどでも無かったのに、最終回が終わって一番寂しく感じたアニメがこれ。, そういや2度手術したが、1度目は自分の血を半年かけて貯蓄して、2度目は普通に輸血した, 成分献血は時間がかかってDVDを観れるほど‥だとしたらその観るDVDがこのはたらく細胞のBRだったら面白いのにww, NEWS ZEROが10月から番組内のCGが変わって 生物の授業で見たような赤血球がうようよしたのんが流れてて笑ったw, つまり、次のガン細胞回はPD-1リスペクトで、ナイフを繰り出す白血球の拳を手でつかんで攻撃を受け止める石田が見られるんだな, 最初は全く注目してなかったのに今期で一番面白くて毎回楽しかったです。スタッフのみなさんありがとう!特典とか良さげだったらBlu-rayとかコミック買うと思う。, 毎年なんとなくで献血してたけど、この話みたいにもしかしたら自分の血液が誰かを助けてるのかと思うとこれからも続けようと思えた, 血液の重要性がよくわかる回でしたね。以下に、もしも大量出血した場合の対処法をざらっと説明しますんで、よければ参考にしてください。, まぁ実際の赤血球はただ血流に身を任せるだけで、各々がよっしゃ俺は右足に行くぜ!とか決めて動いてるわけじゃないんだろうけども, 辛いけど、残酷かも知れないけど、あえて言うけど、自殺は駄目だよ。遺された家族や友人が一生、罪悪感で苦しむ事になるから。病院のケアマネさん、地域包括支援センター、区役所の生活支援課、国民健康保険課などに相談すると、有益な行政サービスを教えて貰える。闘病生活において、協力者は多い方が、患者さんにも、患者を支え看病する家族の為にもなると思う。, 献血は200ミリ、成分献血しか出来ない体になったけど200ミリよりは成分の方がいいのかな…, 遅まきながら最終回ゲスト近藤孝行氏が自身の持ち番組(ラジオ)で「はたらく細胞」について触れていたのが何だか嬉しかったです(^ー^), 新エピ12月!?えマジで?知らなかった…久しぶりにココ覗きに来て良かった…マジかー。, 寒くなった赤血球はジャンバーを来ていました。♨☀ ⛄ これから寒さから守ってくれました。塞きと嚔をすると風邪を引いてしまいました。調子が悪い時は病院へ行きました。♿お医者さんに直して挙げました。インフルエンザウイルスは手荒い当該をしました。マスクもしました。✨お茶を飲むと体が暖まりました。スープも食べればうまいのです。赤血球達はお茶を飲みました。はたらく細胞の特別編と第2期が始まるの楽しみにしています。, 輸血赤血球のうち、二人【斎藤寛仁(青森県民)・小松奈生子(宮城県民)】は本当に東北出身の声優が演じています。, はたらく細胞 スマホハードケース A (iPhone6Plus/6sPlus/7Plus/8Plus), 【グレートプリテンダー】第17話 感想 下部組織と一触即発【GREAT PRETENDER】, 【ストライクウィッチーズ 3期】第6話 感想 速さだけじゃ足りない【ROAD to BERLIN】.