もののけ姫(1997年) - アシタカ; 時をかける少女(2006年) - 高瀬宋次郎; 吹き替え. 時をかける少女 – 高瀬宋次郎. ヤバすぎる声優さん達とヤバすぎる名言がより「もののけ姫」を面白くさせてくれるので、皆様も是非他の名言もチェックしてみては如何でしょうか。 関連記事 もののけ姫アシタカの声優に松田洋治が抜擢された意外な理由 スポンサーリンク

力強く男らしい外見がその声にも現れており、犬神である山犬兄弟のイメージにピッタリでした! 「甲六」役でもその才能を発揮し、宮崎監督の期待のはるか上をいくという、”天才の悲鳴”はみどころの一つです! アシタカ. アニメーションのアテレコは初めてだったそうですが、宮崎監督に“陽気な卑弥呼”と位置付けられた、何事にも動じないおおらかで可愛いげのあるヒイ様。, 引用:https://blog.goo.ne.jp/rshijima/e/2cb53afc8678d91de97d7661f44756ef, エボシ御前の側近「ゴンザ」はエボシ御前に心底ほれ込んでおり、命を懸けてでも守ろうとする気概は人一倍あるのですが・・・, 引用:http://mangaku.hatenadiary.jp/entry/2015/11/25/220846. たたら衆を束ねる力強さのなかにも、皆に慕われる慈悲深さと優雅さを備えている様子がしっかりと声に現われており、まさに“女頭目”でした!

戦後最大のエンターテイナーと称えられる芸能界の大御所、変幻自在の森繁 久彌さんだからこそ、あれだけの激情を生みだすことができたのですね! 1997年に公開された、宮崎駿監督作品の一つ「もののけ姫」。今回は「もののけ姫」の物語上の主人公・アシタカについて紹介する。アシタカの村に「タタリ神」が現れ、アシタカが退治するも呪いにかかる。それを解くために旅立ち、エボシやサンと出会う。主人公・アシタカの声優は松田洋治。松田洋治は「風の谷のナウシカ」のアスベルの声優としても、出演している。今回「もののけ姫」のアシタカに採用されたのは、意外な理由だった!「もののけ姫」の物語や、アシタカの声優・松田洋治について詳しく解説する。, 宮崎駿監督作品でも数少ない「空飛ぶシーン」がない作品の「もののけ姫」。宮崎駿監督の代表作といえる「もののけ姫」に登場する物語の主人公・アシタカについて紹介していく。, 「もののけ姫」は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画作品。宮崎駿監督が構想16年、制作3年かけた大作。主題歌「もののけ姫」を歌う「米良美一」でも、有名な作品。「もののけ姫」の映画内でも、主題歌が流れている。英語版「もののけ姫」でも、多くの有名人が吹き替えしたとも話題になった。, 映画のポスターに登場する、山犬育てられたもののけ姫・サン。タタラ場を治めるエボシ。森を開拓する人間と、それに対して憎しみを抱く森の住人との争いを描いた作品。サンとエボシには、それぞれの隠された設定や都市伝説がある。, 「もののけ姫」のヒロインに位置するサン。物語では「山犬に育てられた娘」とあるが、実は山神を恐れた人が「山神の生贄」という裏の理由があった。モロがとアシタカに語った「サンの生い立ち」からも、その理由は事実である事を裏付ける。名前の由来は、宮崎駿監督の構想では「三の姫」という理由で「サン」と名付けられた。, タタラ場を治めるエボシは、病人や身寄りのない女性に食事と生活を提供していた。「もののけ姫」の都市伝説に「サンの母親がエボシ」という説がある。理由は様々だが、タタラ場を襲ってきたサンとの一騎打ちを挑発するシーンが印象的。, 出典: http://xn--u9j2hmdodq64qwxs3o5estk.com, サンの生い立ちを語るモロの話から「森を侵した人間」とあり、エボシもタタラ場を作るのに森を開拓したと語る。人間と森の争いというだけでなく「知られざる因縁」という理由ともとれるシーン。理由として、エボシのことを「あの女」と含みのあるセリフからも、仮説が立てられる。, 物語の始まりはアシタカの住む村を襲った「タタリ神」の呪いを解くため、西へと旅立った。アシタカは、村の巫女「ヒイ様」から「アシタカヒコ」と呼ばれていた。, アシタカが住む村の話から「大和に敗れて500年余り」と語る。アシタカが活躍する舞台から、室町時代の「応仁の乱」と解釈される。アシタカの衣装や、時代背景から北海道(蝦夷地)もしくは東北に、アシタカの村があると推察される。, 「もののけ姫」の舞台設定にあるエミシの村。蝦夷(えみし)は、古代から中世の東北から北海道にかけて存在した朝廷。占いごとで決める演出や、カヤの抜いた刀は蕨手刀(わらびてとう)を用いている。, 出典: http://xn--cck0b0cyb3c9b6442czo0c.com, カヤが渡した「守り刀」にも、深い意味がある。この行為は「未婚の女性が男性への求婚の証」。戻るとも分からないアシタカに、カヤは「一生未婚で待っている」という想いが込められている。, アシタカが、現在の日本を舞台と置き換えた場合の移動距離。ヤックルに乗って移動しているとはいえ、今のような「整備された道」など存在しない。映画の描写通り「道なき道」を、ヤックルと共に進んできた。タタラ場の途中「シシ神の森」を通しているため、実寸サイズでなくてもかなりの移動していると言える。, 「曇りなき眼で見定め、決める」。タタラ場でエボシに言ったセリフ。巫女のヒイ様から「己の目で見定めよ」という言葉を胸に、タタリ神の理由や呪いの解き方を模索していた。ことわざ「百聞は一見に如かず」を分かりやすく、宮崎駿監督は伝えたかったのではないかと解釈する。, 出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp, 「タタリ神の存在」「右腕の呪い」そして、その根源や原因を作り出している人々。タタラ場でも、アシタカと同じ「呪いを受けた人」はいたが、エボシは頑なに「もののけ姫たちを倒せば鎮まる」。サンも森の荒らすエボシたちが憎い。力では解決せず、新たな憎しみが生まれるという「負の連鎖」を象徴する。, 「森と人が争わずに済む道はないのか」。サンやモロたちのねぐらで、アシタカがモロに言ったセリフ。エボシとサンだけではない、アシタカは旅の道中「侍が村人を襲う」所に遭遇していた。「共存」というテーマは「もののけ姫」に限らず、現代の当てはまること。映画を通して、アシタカが代弁している描写といえる。, 「そなたは美しい」。初めて会ったサンに対して、アシタカが言ったセリフ。村に許嫁・カヤがいるが、断髪したアシタカは「もう戻らない」と決めていた。争いや憎しみを無くすために奔走するアシタカは、次第にサンと共に生きるという想いが芽生え始める。宮崎駿監督曰く、その後の二人は「頻繫に会っている」らしい。, 「まだ終わらない。私たちがいきているのだから」。シシ神の首が奪われ、暴走を始める。森の終わりと絶望していたサンに、アシタカは励ました。どんな時でも、諦めずに立ち向かう姿勢に「カッコイイ」という声が上がる。生きている限り、きっと上手くという「現代社会」に対してのメッセージを感じる描写といえる。, 「サンは森で、わたしはタタラ場で暮らそう。共に生きよう。会いに行くよ。ヤックルに乗って」アシタカが最後にサンへ言ったセリフ。人間の味方でも、森の味方でもない。アシタカの「分け隔てない」言動に、年相応の表情を見せてきたサン。それでも「アシタカは好きだが、人間を許すことはできない」と答える。, 「もののけ姫」は最初「アシタカ聶記(せっき)」だったらしい。聶記とは、宮崎駿監督の造語で意味は「草に埋もれながら耳から耳へと語り継がれる物語のこと」。, そして、アシタカについて「その若者が、いかに雄々しく、勇敢だったか。残酷な運命に翻弄されながらも、深く人々や森を愛したか。山に生きる忍耐強い人々は、つらい暮らしの中。繰り返し繰り返し、子供たちに語り継がれるのだった。」最後には「アシタカのようにおなり」と締めた。, 「もののけ姫」のアシタカの声優を務めた「松田洋治」。実は「風の谷のナウシカ」に登場するアスベルの声優でも出演する。今回「風の谷のナウシカ」のアスベルと同じ声優を担当した「松田洋治」について紹介する。, 1984年に公開された「風の谷のナウシカ」。松田洋治はアスベル役の声優として出演。その13年後「もののけ姫」のアシタカの声優に選ばれた。舞台の他に、テレビドラマや映画で活躍する。, 松田洋治のプロフィール。1967年10月19日生まれ。アクトレイン事務所所属。5歳で劇団ひまわりに入団し、1974年にテレビドラマ「母の鈴」で子役デビュー。1983年TBS系テレビドラマ「家族ゲーム」の沼田茂之役で、役者としての注目を集める。東京アニメーションカレッジ専門学校の講師として、演技指導を務める。, 「風の谷のナウシカ」のアスベル役が、声優として初の出演作品。その後、アニメや吹き替えなどでも活躍を広げる。, 今から30年も経っている「風の谷のナウシカ」については、出演時のことをあまり覚えていない模様。ジブリ作品の原点である「風の谷のナウシカ」のアスベルの声優として出演したことについて「今にして思えば、幸せだったと思います。」とコメントを残す。, 宮崎駿監督については「現場では厳しかったです。怒りはしないけど、作品作りに絶対に妥協しない。」と語る。松田洋治から見た、宮崎駿監督の印象は「戦う人」ともコメントされている。, アシタカ役に、松田洋治が選ばれた理由は何か?鈴木敏夫にアシタカ役を選んだ理由を聞いた話では「芝居が好きで、松田氏が出ている舞台のポスターを見ただけ」とコメント。風の谷のナウシカから13年間、演劇に向き合って芝居をしてきた松田洋治。「僕がやってきたことのご褒美なのかなと、解釈しています」とコメントされる。, 「もののけ姫」の制作に3年かかっている。鈴木敏夫が声優に採用した理由「舞台ポスター」から、1990年代で松田洋治が舞台を行っている時のポスターと推察される。松田洋治の舞台は、1990年「マクベス」、1991年「櫻の園」、1992年「ヨンカーズ物語」、1993年ラブ・レターズ」、1994年「ゴトーを待ちながら」の舞台に出演している。, 鈴木敏夫はアニメ専門誌「アニメージュ」の2代目編集長。「太陽の王子ホルスの冒険」を取り上げるため、監督の高畑勲に取材を申し込むも断られる。高畑から「宮崎駿」を紹介されたことがきっかけになり「風の谷のナウシカ」の映画製作に参加する。, 「もののけ姫」の製作で、鈴木敏夫は「ナウシカと全く違う」と語る。ナウシカは「運命を背負う」けど、アシタカは「自分の運命を見定め旅」と比較したコメントをしている。, 「もののけ姫」の公開まで、様々な試行錯誤があったと鈴木敏夫は語る。アシタカの旅について「感情移入出来ない」や日本を舞台の割に、日本の要素が無いと指摘。「日本の舞台」の描写は「侍の登場」という形になるも、後々あえて日本とは関係ない描写の方が「そっちの方が良かったのかな」とこぼしている。, 「もののけ姫」の終盤「タタラ場大爆発」と「エボシの片腕もぎれるシーン」はなかった模様。その理由は「エボシが死んで、その遺志をアシタカが引き継ぐ」という案があった。しかし、ある日「どうしても殺せない!」の理由で、森での「片腕をもぎれるシーン」となった。エボシの「ざまぁない」という台詞も、その中で生まれたものと語る。, 「もののけ姫」の舞台や時代背景。人と自然、アシタカやサンの葛藤。知れば知るほど「もののけ姫」の世界は、何度でも。何倍にも楽しめて、宮崎駿監督のこめたメッセージ性の強く感じる声が多く聞かれる作品。中には主題歌も「アシタカを描いている」という声も上がっている!, 「風の谷のナウシカ」のアスベル役が、声優として初出演の松田洋治。その他で、代表される「声優出演作」を紹介する。, 世界初ステレオ・サラウンド音声で1987年に、ラジオで放送された作品。松田洋治は主人公「シュナ」役の声優として担当した。原作はチベット民話「犬になった王子」で、内容の「ヤックルに乗って西へと旅立つ」が「もののけ姫」のアシタカそのものといえる。, 「深い谷」という描写から「風の谷のナウシカ」の、「少年に救われた少女が、最後光を取り戻す」が「ゲド戦記」の元といえる内容と感じる声が聞かれる。, 2006年に公開された「時をかける少女」の主人公・紺野真琴のクラスメイト「高瀬宋次郎」役として、松田洋治は声優出演している。, 「やめろ!高瀬!」「やめろって言ったってやめなかったのはそっちだろ!」「俺達が悪かった!」「悪いと思ったら最初からやるな!」(男子生徒、高瀬宋次郎), 主人公の真琴の「タイムリープ」の影響で、調理実習で事件が起きた。その渦中「高瀬宋次郎」を演じた松田洋治のセリフが、ツイッターで上げられている。, 松田洋治の声優オファーは日本に限らず、吹き替えの声優も担当する。「春のワルツ」のユン・チェハ役、「インセプション」のアーサー役、「アート・オブ・モア」のグレアム・コナー役の吹き替え声優で活躍。, 英語版「もののけ姫」のアシタカ役を、レオナルド・ディカプリオに担当してもらう予定だった製作陣。しかし、代表作「タイタニック」と公開が重なるため「ビリー・クラダップ」が担当。そのためかレオナルド・ディカプリオの出演作「タイタニック」と「ザ・ビーチ」の吹き替え声優に、松田洋治が選ばれた。, #岡田健史 #もののけ姫 #アシタカ #タイタニック #ジャック #ディカプリオ もうひとつ、す、すごい発見をしました‼︎‼︎健史くんの好きな映画「 タイタニック 」の主人公で、レオ様が演じている ジャックの声優さんと、「 もののけ姫 」のアシタカの声優さんが、同じ人でした〜‼️ pic.twitter.com/x0kGejRZQd, レオナルド・ディカプリの吹き替え声優をした松田洋治。その代表作「タイタニック」という作品も世界中で認知されている。誰もが知る、レオナルドディカプリオとあって驚きの声が上がっている。, CV 松田洋治 かっこよすぎる…永遠に憧れのキャラクターだわ_(┐「ε:)_#もののけ姫 #アシタカ pic.twitter.com/s91DI1YYSq, 「もののけ姫」の中で、勇敢で真っすぐに生きてきたアシタカ。宮崎駿監督といえば「もののけ姫」と誰もが、感じる作品。宮崎駿監督の思い描いた「アシタカ聶記」といえるつぶやき。, 「風の谷のナウシカ」のアスベルと「もののけ姫」のアシタカと、ジブリ作品で「メインキャラ」の声優を務めた松田洋治。実は「もののけ姫」の冒頭に登場する「アシタカの住む村の少女」役に「風の谷のナウシカ」のナウシカ役・島本須美も登場している。, ナウシカ役の島本須美は、宮崎駿監督のお気に入り声優だったらしい。アスベルを演じた松田洋治も、鈴木敏夫が認めた俳優。2019年現在、女優の長谷川真弓さんの企画したトーク&朗読会に出演。アメーバのオフィシャルブログにてアップされている。今後の活躍に、期待される!, 【もののけ姫】アシタカの声優はナウシカのアスベル?松田洋治が抜擢された理由を調査のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 株式会社スタジオジブリの公式サイトです。新作の制作状況をはじめ、出版物、イベントなど、スタジオジブリに関係するさまざまな情報を、手づくりで皆さんにお届けしています。, 「会いに行くよ!ヤックルに乗って」もののけ姫、ジブリ作品の中でも人気の作品です。主人公、アシタカ(アシタカヒコ)は過酷な運命を背負いながら、卑屈にならず、己の運命を受けい入れられる心の強さ、他者の立場を理解し優しい心で接する、なんとも人間的に出来上がっている17歳の少年です。もののけ姫のストーリーは覚えてるけどアシタカ, もののけ姫の登場人物・キャラクターを一覧化して紹介!大人気ジブリ作品「もののけ姫」に登場するキャラクターの名前・プロフィールを一覧化して詳細に記載します。またもののけ姫の不思議で壮大なあらすじも一覧化して記載していきますので是非ご覧下さい。その他にはもののけ姫登場人物の声優キャストを務めた人物・名前やもののけ姫の作中で.
In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 5歳で劇団ひまわりに入団し、1974年にテレビドラマ「母の鈴」で子役デビュー。1 1983年TBS系テレビドラマ「家族ゲーム」の沼田茂之役で、役者としての注目を集める。� タイタニック-(日本吹替版)レオナルド・ディカプリオ It appears that you have disabled your Javascript.