母の菜々芽は二年前に他界しており、弟の央太は左之助が家出した後に産まれた。 ちなみに実写版で左之助を演じた青木氏は、剣心役の佐藤健が人斬り岡田以蔵を演じたことで知られる『龍馬伝』で後藤象二郎役を演じている。 主な使い方はその重量とリーチを活かした、横薙ぎと振り下ろしのみだが、その大きさと重さ故に攻撃パターンが限定される為、攻撃を読まれやすい(と言っても、重量故に受け止める方法はほぼ皆無、サイズ故に射程が広く長く、速さもあるので、伏せても躱せないが低過ぎでもない高さの横薙ぎには、振る前に接近戦に持ち込むか、人の身長以上に跳躍する以外回避すら困難になるので、ぶっちゃけチートの領域に入る)。 見て分かる通り、家族全員の名前に方向に関係する文字、言葉が入っている(菜々芽=斜め)。, 信濃の大根農家の長男として生を受けるが、幼い頃に赤報隊に憧れて家出し、赤報隊に入って準隊士となった。人気絵師の月岡津南(本名:克浩)は当時の同僚で親友。後に、その赤報隊が維新政府に「偽官軍」の汚名を着せられ、尊敬していた相楽総三が処刑されたことで、維新志士や明治政府を憎み、敵対視するようになった。 それ故かどうかは不明だが、斬馬刀を持たない為「斬左」の通り名は、キネマ版作中には登場しない。 服の背中に大きく「惡」という文字を入れている(作中では「悪一文字」と呼ばれる)。 頭に血が上り易い性格だが、切れ者の一面を見せる事も多い。剣心との初戦においても京都までわざわざ行って情報収集を行い、(メッキがはがれる前の)石動雷十太の思想に歌舞伎や能と比較することで理解を示し、小悪党の奸計は素早く察し、津南のテロ行動も無謀であると早々に判断している。弥彦との会話を見る限り新聞もちゃんと読んでいるらしい。アホに見えるのは、煽り耐性の低さから来る感情的な態度と、喧嘩では用いない策謀を駆使する戦いに関するものが関わる時である。また、京都編以降剣心側のメインキャラが揃うと左之助以上の切れ者である斎藤と蒼紫が合流する為、左之助が驚き役に回らざるを得ないと言う、メタ的な事情もある。 アニメ&ゲーム:上田祐司(現うえだゆうじ)、少年期:渕崎ゆり子 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-の登場人物一覧(るろうにけんしん -めいじけんかくろまんたん-のとうじょうじんぶつのいちらん)は、和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』および、それを原作としたアニメ、ゲーム作品に登場する架空の人物の一覧である。, なお、緋村剣心、相楽左之助、四乃森蒼紫、鵜堂刃衛、志々雄真実およびその一派、雪代縁は、その個別記事を参照。, 東京にある牛肉鍋の店。京都にも「白べこ」という名前で別店舗が存在している。 正反対の方向からの二重の極みによって、相殺されて無効化すると言う弱点があり、この技術は「極み外し」と呼ばれる。 !」「うんっ♪ゴブリンバット!ふぁ~w」等の空耳で知られる。, ちなみに「赤報隊」の悲劇は当時の研究に基づく史実を基にしているが、最近の研究では討たれた理由として, 「同じじゃねェかよ、本当の新時代を夢に描いて戦った相楽隊長とこいつは同じじゃねェかよ, フタエノキワミで脚光を浴びた人 -- 名無しさん (2014-03-11 22:48:12), ポジション的に遊戯王の凡骨に近い印象がある。 -- 名無しさん (2014-03-24 19:54:41), 外国に旅立つ前に「赤べこ」にお金払ったんだろうか・・・・? -- 名無しさん (2014-04-28 11:24:50), 赤報隊は江戸で放火・強盗等の汚れ仕事してた時期があるんだが左之は知ってるんだろうか? -- 名無しさん (2014-05-09 17:49:29), ↑津南と一緒に内務省に侵入した時、「隊長も赤報隊結成前は火付けや強盗をさせられたって聞いたけど・・・」って言ってる -- 名無しさん (2014-05-10 10:41:19), トリ頭って呼ばれてるけど、そんなトリっぽくもないような気が・・?それともおつむのことか? -- 名無しさん (2014-05-10 10:52:28), 三重の極みを戦いの中で編み出したこの人はチートキャラにしてもいいのでは? -- 名無しさん (2014-06-02 20:33:48), ↑そんなもん、るろ剣ではチートの内に入りゃしねェよ。ありゃ単に技量でも体格でも圧倒的に左之より強い安慈に『心』で勝ったって流れに説得力を持たせるための理屈付けだ。 -- 名無しさん (2014-06-02 20:48:35), 19歳には見えない…いっそ剣心が19、左之助が28のがまだ納得いく -- 名無しさん (2014-06-18 17:32:44), 世界を見て回ってるらしいが...言葉の壁はどうやったのか気になる...。 -- 名無しさん (2014-06-18 17:39:02), 友人が去年某ライダーに相楽が出ると浮かれて1話を見て落ち込んでいた。あのさ・・・アニメキャラ出るわけ無いじゃん。 -- 名無しさん (2014-06-18 17:43:07), 志々雄戦で剣心に手出し無用と言われたとき、卑怯と謗られようとも剣心の危機には割って入ると決意するとこが格好いい -- 名無しさん (2014-06-18 18:05:34), 中盤以降、耐久力自慢の設定は消えたんだろうか -- 名無しさん (2014-08-02 11:52:00), ↑火力インフレについていけなくなりました。 それより項目最後の文ェ…w -- 名無しさん (2014-08-02 12:25:10), ↑×2 消えたわけじゃないけど、一撃で倒せるチンピラよりはマシ程度のタフさだしなあ。実際には剣心、斎藤あたりにはフルボッコにされたしな。 -- 名無しさん (2014-08-03 01:03:53), 実写版にすると、単に元から一番酷い人物なのか、演じ方の問題なのかな。怒鳴る、暴れる、絡むのただのチンピラじゃん。 -- 名無しさん (2014-08-03 17:49:29), 実写の左之助は仲間思いの頼れるあんちゃんていう感じだし、暗い過去も無かった事になってるからか、数少ない癒やしキャラの一人だな。 -- 名無しさん (2014-08-03 20:16:34), ↑5 いくら頑丈でも刃物で急所刺されたら死んじゃうから、上手い事打撃系の敵とマッチメイクしないとならんしな・・・w -- 名無しさん (2014-08-03 20:19:04), 実写は一気にスケールダウンしてて泣いた -- 名無しさん (2014-08-03 21:30:21), 耐久性は終盤で復活したよ。鬼ごろしの不動沢とか白虎辺りで -- 名無しさん (2014-08-03 21:37:41), 通り名が斬左なのに戦いに斬馬刀使わなくなるなんて、戦いに麦わら帽子をつけてこないルフィみたいなもんじゃん -- 名無しさん (2014-08-09 17:12:13), そもそも斬左と呼ばれたの、東京編だけだし。 -- 名無しさん (2014-08-09 17:13:52), ↑×2「俺はもう斬左じゃねェ。斬馬刀は無えし喧嘩屋もやめた。今はただの喧嘩野郎の相楽左之助。今のお前が人斬り抜刀斎じゃねェ様にな! 」 -- 名無しさん (2014-08-09 18:59:54), 棒高跳び→河ポチャのシーンはシリアスな実写版では唯一の笑いどころ -- 名無しさん (2014-08-26 18:47:27), 年齢的にどうなのかとチラっと思った。 -- 名無しさん (2014-08-30 10:36:44), 剣心が技術という意味では初期からほぼ成熟してるため -- 名無しさん (2014-08-30 22:56:03), 打たれ弱いけど、技術的には100年以上オーパーツな格闘術を体得して防御も身に着けてる番神と、天性の打たれ強さ頼みで防御を疎かにしてる左之ではバカ対決はどっちの勝ちだったんだろうか? -- 名無しさん (2014-08-31 13:04:53), アニメ版の左之助は、島原編で庄三と戦って「火竜」を習得したのに、1回しか使わなかったな。二重の極みに代わる技になると思っていたのに、ちょっと残念。 -- 名無しさん (2014-09-05 04:40:51), 一週間で極みの修得、覚悟は勿論なんだが、やっぱ素養もあったよな?修得前から素手で石を砕けるレベルだったし -- 名無しさん (2014-09-16 20:05:25), 実写版の左之助はボコられて血だるまになろうがゾンビの如く喰らい付くタフガイだった -- 名無しさん (2014-09-16 22:18:02), アニメ版の左之助は最終回の後、原作通りに海外を旅することになったら、庄三と再会出来たのかな?76話で仲良くなっていたから、そうなってて欲しいな。 -- 名無しさん (2014-09-16 22:25:47), 実写版では1作目、京都大火編と斬刃刀を敵の集団に向かって景気付けみたいにブン投げてるのが好き。伝説の最期編ではずっと背負ってるだけだったけど(笑) -- 名無しさん (2014-09-16 22:42:53), アニメの初代OPでは何で「斬左」のまま仲間キャラとして紹介されてるのか解らない。 -- 名無しさん (2014-11-02 20:37:40), 力量が幾らか劣るのはしゃーなしとしても、記事にあるとおり割と頭は切れるほうだわな。曲りなりにも幕末を経験したこともあって政府のやり口とかに関しては剣心と同じくらいの眼力持ってるし -- 名無しさん (2014-11-06 00:46:58), 実写版の左之助の必殺技がジャーマンスープレックスwww -- 名無しさん (2014-12-17 20:31:56), 師匠と左之助の炸裂弾はるろ剣の二大バランスブレイカー -- 名無しさん (2015-01-20 16:22:29), 剣心や斎藤よりは劣る、ノリがバカっぽいってとこが原因かね? -- 名無しさん (2015-01-20 22:00:43), 剣心と薫の仲が自然になってると恵に言った後に謝罪するデリカシーもあったりする -- 名無しさん (2015-02-12 18:05:41), 原作ファンだけどフタエノキワミもいいぞ -- 名無しさん (2015-04-01 17:43:18), 腑抜けになった緋村見捨てた時、お前らもしょせん友情ごっこやってただけかよ、それで偽善者嫌いなんてよくほざけるな。 -- 名無しさん (2015-06-06 19:25:08), ↑なんだコイツwww原作ちゃんと読めよ池沼wwwwwww -- 名無しさん (2015-08-05 14:06:31), ↑2 ちなみに逆の立場だったら剣心も速攻差の巣d家見捨てるぞ。「馴れ合いはしない -- 名無しさん (2015-08-12 13:21:10), ↑ミス。逆の立場だったら剣心も速攻左之助見捨てるぞ。「馴れ合いはしない。もし敵に回るなら説得せずに全力で叩き潰す」と剣心自身が言っている。こいつらそれを承知で仲良くしているから、あそこで左之助が剣心見捨てるのはむしろ必然(まぁ、左之助自身あの時精神的な余裕なかったし)。 -- 名無しさん (2015-08-12 13:31:17), フタエノキワミ!ンアッー!(≧Д≦) -- 名無しさん (2015-08-12 13:45:20), 実写版の斬馬刀が振り回してる時にベランベランになってて悲しかった… -- 名無しさん (2015-10-06 11:34:41), 実写版の志々雄戦でボコボコにされながらも的確なアシストをしてて笑う -- 名無しさん (2015-11-07 20:57:32), あのアシストの数々は有効打を放てない左之助的には良い戦い方だし、あれで普通詰むんだろうけど、悉く回避っていうかやり返す藤原志々雄の化け物っぷりがまたw肩車から叩き落とそうとしたのか知らんが逆に足だけで投げられるってどういうこっちゃ -- 名無しさん (2015-11-20 21:21:29), ていうか多分一番まともなダメージを与えてたんじゃ…牙突やオニワバンスタイルはことごとく不発だったし -- 名無しさん (2016-01-15 09:15:36), 自由民権を掲げながらただ暴れるだけのチンピラ等の「偽善者」ねえ……。最近見たけどぶっとばしてくれないかな -- 名無しさん (2016-06-17 17:52:43), 実写は坊さんとの戦い以外(坊さんのセリフが長い点)は活躍してたな、その分ボコボコだけど、一作目の須藤元気が演じたキリシタンと殴り合うシーンはネタもあったし迫力もあった -- 名無しさん (2016-08-17 18:23:18), フタエノキワミアッー -- 名無しさん (2016-10-13 06:25:27), 子供の頃から好きだわ。和尚との戦闘が一番印象に残ってる -- 名無しさん (2016-12-22 02:05:38), そーいや、北海道編だと日本不在だから出番なしの可能性もアあるのか? -- 名無しさん (2016-12-22 05:57:40), 学がないだけで頭自体はキレるよな。解説役もできるし。 -- 名無しさん (2017-02-17 10:33:05), この書き方だと、斬馬刀は鯨波の砲弾を跳ね返してその時へし折れて終わりみたいに見えるな。折れはしたがその後番神の新・無敵鉄甲とかち合って砕けて終了だったと記憶している -- 名無しさん (2017-09-05 10:19:30), 北海道編で剣心が「徒手空拳において最強」って評してるけどタフなだけで技術的には斎藤、蒼紫、安慈、番神に勝てなさそうなんだよなあ。特に斎藤相手に徒手空拳の勝負で事実上の引き分けなのは痛いな。 -- 名無しさん (2019-02-09 03:58:21), 痛いも何も、斎藤と引き分けたのは二重の極み習得前だから現状だと結果が全く違うだろう。っつか、タフ(徒手空拳相手だとまず一撃で沈まない)でかつ「(負担完全無視なら)右手で触られると死ぬ」なのが左之助攻略上の最大の問題なわけで、番神に苦戦したのも単に右手不調が大きい。 -- 名無しさん (2019-02-09 08:05:30), 三重の極みと左手の一撃を組み合わせて四重の極みとか打てるんだろうか? -- 名無しさん (2019-08-13 03:46:26), 史実において赤報隊を偽官軍にしたてたのが西郷隆盛と知った時、薩摩の英雄からタカ派でメタボのDQNにしか見えなくなった -- 名無しさん (2020-03-21 01:37:33), あの時代に真っ当に権力握れるわけないでしょうに。 -- 名無しさん (2020-03-21 02:12:00), 斎藤対八つ目の戦いで「負ける気がしない」とまるで自分が戦っているかのような口調だった。これは彼自身に「学がない」事の証明と受け取るべきなのか、斎藤と一体化しているように戦いを見ているとみるべきなのだろうか。 -- 名無しさん (2020-05-02 22:32:30), ↑その台詞の前に「斎藤は牙突の突進力が売りで八ツ目はリーチの長さが売りなので、有利不利では五分五分」と評価してるんだが。その上で「まぁ、斎藤の事だから剣心以外には負けんだろ, 「生殺与奪」なんて日常生活でまず使わない四字熟語を知ってるバカキャラがいてたまるかと -- 名無しさん (2020-06-02 21:13:17), ↑10 むしろ学もかなりあるほうだと思うよ、育ちを考えれば尚更。さすがに恵とかには到底及ばないけど -- 名無しさん (2020-06-07 23:51:29), ↑その場に居合わせた面子の中で使わせたい言い回しや披露したい知識を代弁させる役目が良く廻ってくる、という印象。ジョジョ1部のSPWが解説王とか呼ばれるノリに似てる -- 名無しさん (2020-06-08 15:03:15), 戦闘では解説役、一応新聞には目を通しているらしいし情報収集は怠らない方、無鉄砲で感性やノリで行動するタイプではあるので洞察や推測(剣心や蒼紫はこっちが得意)するのが苦手。 -- 名無しさん (2020-08-12 16:10:14), るろ剣仕様の斬馬刀は創作界隈に強い影響があり、実物と別物なのにるろ剣作中に出たようなビジュアルの刀剣だと思い込んでそのまま孫引きした挙句単なるデカい剣を「斬馬刀」と称する元ネタばればれの恥ずかしいケースが見られたりする。きちんと調べたうえであえてアレンジしてるんだからその姿勢を見習わないといかんという好例 -- 名無しさん (2020-09-05 22:35:23), 左之助ガンブレイズウエストだけじゃなくエンバーミングも見てきたのか… -- 名無しさん (2020-11-06 17:49:57). それから276年後の1878年のこと、徳川幕府が崩壊したことを受け大陸から帰ってきた水一族・霊水らは徳川時代に作られた江戸を守る風一族の魔法陣を全て作り変え、政府中枢のある東京府を破壊、さらには日本を支配しようと画策。それを止めようと風一族の最後の生き残り・陣風が剣心たちの助力を得、水一族と戦うことになる。なお、中国で阿片戦争が勃発したのは中国人たちが気脈の制御に失敗したことが原因となっている。, 徳川政権から魔法陣の布陣を任された大和風水の一族。一族は名前の最後に「風」の字がある。彼らの陣はその土地に満ちた気脈を維持・制御するものである。水一族の妨害があったが当時の長がこれを撃退し、魔法陣の布陣に成功する。, 風一族と対をなす風水の一族。一族は名前の最後に「水」の字がある。彼らの陣は気脈を自在に操ることを主眼にしており、時には攻撃のために用いられる諸刃の剣である。風一族に敗れた後、大陸に渡り火炎の力・唐風水を会得する。, 本編の前日談とされる、単行本第1巻(完全版第1巻)に収録された読み切り作品と、パイロット・フィルム版に当たる単行本第3巻(完全版第3巻)に収録された読み切り作品の登場人物を紹介。, 第一話で比留間伍兵衛に敗北するが、この点は作者も「剣心たちが強過ぎるために弱く見えるだけで薫も本当は強い」「少なくとも竹刀剣術では全国レベルの腕前」と第1巻の登場人物制作秘話で記述している。, 越治郎に関しては「北海道編」にて生存の可能性が出てきた事で剣心達と共に北海道へ向かうきっかけとなる。, 頼みごとをする時の「お願いします」や食事前の「いただきます」くらいしか丁寧な言葉遣いをしていない。例外として、亡き両親を語る時には「父上」「母上」と敬称を用いており、アニメの劇場版で、自身が尊敬する年上の人物に対して敬語で話したこともある。, この時代、阿片の密造は絞首刑、密売は斬首刑と定められていたが、彼女は剣心の尽力で警察の取り調べを受けずに済んだ。アニメでは警官隊が突入しなかったため庇うシーンはなく、観柳の訴えを浦村署長が信じず黙殺したという流れになっている。, 単行本4巻 第30話『二つの結末 -蒼紫-』より。左之助に対して「あんたももっと男を磨いて剣さん並になったら相手してあげるからさっ」と言っていた。, 京都編では剣心から、志々雄一派から見たら操も赤ん坊の伊織も同じだと言われている。四星との戦いでもやる気満々だったが左之助から「足手まとい」として引っ込んでいるように言われた。, 「京都編」の魚沼宇水戦では宇水の「『異常聴覚』による心眼」に対してそれらが自身にとっての「心眼」であると述べている。, 第1巻収録の『るろうに〜明治剣客浪漫譚〜』同様名前は出てこないが、本編連載開始の1年以上前から抜刀斎の本名は「剣心」であるという設定だったと述べられている。, ただし、作中では薫の発言から20代であることがわかるので、剣心同様に満年齢で数えられている。, この提案は斎藤が負傷している状態で、最大戦力である剣心の手の内を温存したい目的もあった。, このとき剣心は闇乃武の策略により五感が異常に狂っており、刺し違えるつもりで攻撃に集中するために目を瞑っており、巴がいたことに気付いていなかった。, 『その翳、離れがたく繋ぎとめるもの』では元々新聞屋としての活動を主としていたが、錦絵が売れたため炸裂弾を用いたテロを優先させるようになったことが明かされている。, この炸裂弾は津南がかつて一ヶ瀬鮫男の依頼で錦絵を描いた時に見た煉獄を破壊することを想定して作られている。, OVAでは剣心が幼少時に京都の山中に作った野党の墓の中に墓が設けられており、形見のショールが供えられている。, ノベライズ版ではその前に宗次郎に助けを求めているが、「その命令は受けていない」と見捨てられるシーンがある。, 抜刀斎と間違えられたことは志々雄にとってはかなり不服だったようで、ノベライズ版では「しょっぱい顔をしていた」と描写されている。, その際、「抜刀斎はお前のような人殺しとは違う」と言い残していたが、このシーンは本編では未公開となっている。, Movie Walker:『るろうに剣心』の土屋太鳳が佐藤健に感謝!「佐藤さんと私はウサギとカメみたい」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=るろうに剣心_-明治剣客浪漫譚-の登場人物一覧&oldid=80375320, 主要人物については、漫画版・アニメ版の主要人物に加え、映画版・キネマ版の登場人物もこちらに含める。, 出演者は(映)…実写映画、(宝)…宝塚版ミュージカル、(松)…松竹版ミュージカル。宝塚版については、本公演 / 新人公演の順。, 完全版第4巻の再筆:剣術小町っぽさを強調したデザイン。髪が直毛に近くなり、外見のイメージが変わる。家伝の短刀を帯に隠して身につけている。, キネマ版:神谷道場の土地が借地となっており、その権利を買い取った観柳により、賭博興行に立たされていた。原作と違い、料理が不得意という自覚がある。髪型が原作と若干異なっている。, 実写映画版:基本的に原作に準じている設定がされている。自ら戦うシーンは少ないが、第2作目『京都大火編』では薙刀を使用して戦う姿も描かれた。, 銀幕草紙変:料理が苦手な理由が以前は住み込みの門下生が作っており、門下生たちが出ていくまで料理をしたことがなかったためとされている。, 完全版第20巻の再筆:近隣の浮浪児のリーダーという設定に。デザインは三島栄次に近い。髪型はざん斬り頭。服装はリーダーの証として浮浪児仲間をいじめていた外国人を懲らしめた時の戦利品のベストに半袴。家伝の刀と神谷活心流の袋竹刀を持ち歩き、人斬りにも真の剣士にもなりうる危うい二面性を持つという設定に。, キネマ版:観柳の小間使いとして登場。薫の元に監視役(という名目の逆人質)として神谷道場に送られていたが、自分を心配する薫のために観柳に歯向かう。観柳が一度逮捕された後もそのまま神谷道場に居候している。本編で肌身離さず持っていた竹刀は持っていない。本編で髪型は原作と再筆を折半したものになっている。, 実写映画版:士族の少年で孤児であるという基本的な設定は原作に準じているが、剣心が薫と出会う前から薫と知り合いで道場に半居候状態であり、スリをやっていた等の設定は描かれていない。原作では剣心、左之助と共に観柳邸に乗りこんでいるが実写映画版では剣心に止められて居残っており、戦闘シーンはほぼない。第2作目『京都大火編』からは子役が変更された他、若干ながら戦闘シーンが描写されている。, 銀幕草紙変:スリを行うのが嫌でヤクザに歯向かったために捨てられ、行き倒れていたところを薫に拾われて神谷道場に居候している。, 完全版18巻の剣心再筆:斎藤と同様に「やさぐれ」がテーマ。過去の罪悪感の表れとし黒い着物(喪服)を着込み、白衣を纏っている(診療所では黒衣の上に白衣を着込み、黒衣を隠している)。髪が足まで届くウェーブのかかったロングヘアー(今までの気苦労で多少茶髪)に。普段は眼鏡をかけ、三つ編みにしている。阿片患者はどんな事情があっても無料で治療という設定。性格は少しやさぐれ気味。, キネマ版:刃衛に襲撃された前川道場の門下生の治療を行った。観柳とは特に関わらず、剣心たちとも顔を合わせていない。, 実写映画版:基本的に原作に準じた設定、立ち位置であるが剣心らとの出会い方が異なり、観柳邸より雨の中逃げていた所を弥彦と偶然出会い、道場に連れてこられている。, 完全版第7巻の再筆:髪型が外ハネに変更など、よりボーイッシュになっている。クサビ形の棒, 実写映画版:第2作目『京都大火編』より登場。基本的な設定は原作に準じているが、原作と比べると露出度の低い服装を着用しており、京都出身という設定もあってか、原作・アニメ版とは異なり、訛りのある京言葉を用いて, 完全版第6巻の再筆:テーマは“とにかくやさぐれ”。髪は上半分が白髪で、無精髭で制服も整っていない。, 剣心皆伝での再筆:新撰組時代の姿。ひげもちゃんと剃っており、本編回想時の斎藤の姿に近いが後ろ髪が長くなっている。新撰組とは一心同体で、わざわざ喋らなくても、他の新選組メンバーと考えていることは同じであるために無口。なお、煙管で煙草を吸う。, キネマ版:原作よりも後ろ髪が短く刈り上げられた髪型となり、制服が史実に沿ったデザインとなっている。新撰組時代の容姿には目立った変化はない。一方で新撰組時代はややフランクな性格になっている。吸っている煙草は, 実写映画版:基本的なキャラクター設定は原作に準じている。第1作目では山縣有朋の直属の部下としてついており、観柳と刃衛が関わっている偽人斬り抜刀斎事件の捜査をおこなう。原作と異なり、「阿呆が」という言葉を一言も話さない。また、どちらかというと原作と比べ「警察官」としての部分が強調されており、観柳邸に自分から出向き、捜査をおこなう。剣心との再会も神谷道場ではなく、警察署内の留置所で、実写版では唯一となる剣心との戦いも警察署の雨の弓道場と、原作と大きく場面および展開が異なり、この時に剣心は一方的に攻められるのみで反撃しない。この再戦時に放った原作にはない「己に向いた刃はやがてお前を苦しめることになる」というセリフは原作者の和月もお気に入りと答えている。続編2作品では、志々雄の国家転覆計画を防ぐため、警察側として剣心と手を組み、作戦会議にも剣心を参加させる。このほか、抜刀斎処刑の虚を突いた作戦に協力したり、志々雄軍の戦闘員に最期の瞬間まで立ち向かった部下に労いの言葉をかけるなどする。宇水との戦いも描かれるが、比較的簡素な描写に留まる。, 銀幕草紙変:偽抜刀斎事件の対応のために山縣に伴われて浦村署長の下に就く。西南戦争時に神谷越路郎とは戦友だった。偽抜刀斎事件の内偵のために観柳に雇われる。物語の終盤で観柳に引導を渡し、エピローグで観柳と取引を行っていた志々雄真実の調査をおこなうことになる。, 完全版第9巻の再筆:スーツを着た「70年代風の謎の紳士」に変更。本気時は上着が弾け飛び、肌が鬼のように赤く染まる。, キネマ版:剣心は奥義伝授済みの状態であるが、剣心と斎藤の会話の中で存命であることが語られている。, 実写映画版:2作目『京都大火編』では最後のみ登場。設定は原作に準拠しているが、剣心との再会の仕方が異なっており、志々雄一派に捕らわれ、海に落とされた薫を救出できないまま一人砂浜に流れ着いた剣心を偶然見つけている。『伝説の最後編』では原作のように奥義伝授を一旦断らずあっさり承諾している。また天翔龍閃で倒れていない。原作のように薫や弥彦と出会わず操と邂逅したのみとなった。武器はその場にある棒切れを使ったりしている。最終的に刀(桔梗仙冬月かどうかは不明)を使うが原作と大幅に異なる。衣装はアニメ版準拠の青色、原作準拠の赤色の両方が登場し、普段は青色の着衣だが、本気を出す時は赤色の着衣を身に付ける。, 完全版第19巻の再筆:変形おかっぱ頭に燕柄の着物は私服。制服の代わりに前かけに赤べこ印がプリントされている。不埒な客対策として、赤べこ名物「樫のお盆」を持っている。メイド服バージョンもあり, 完全版第22巻の再筆:前髪のボリュームが増している。おっとりとした人物で、オタク。作者いわく「生まれる時代を間違えた人」。, 完全版第22巻の再筆:年齢を感じさせない鍛え抜かれた肉体となり、その衰えぬ力と老兵としての技量を表したかのように巨大鋼鉄製トンファーと様々なギミックを仕込んだ機械仕掛けのトンファーとを使用する。褌姿。作者いわく「男のロマンが満載」。, 実写映画版:基本的に原作に準拠した設定で登場。しかし原作と違い蒼紫との勝負に敗れ、床に就いていた後は、衰弱した身体で出歩き蒼紫の行き先を先読みし待ち伏せをして仕込み刀で斬りかかるも一蹴されてしまう。即死は免れるも、剣心と蒼紫の戦いを見届けた後に死亡。, 完全版第3巻の再筆:マジックミラーの面で敵を惑わす(素顔は変わらず)。猫手型の爪を主武器とし、蒼紫譲りの小太刀を奥の手に持つ。般若の面は本来女性を表すため、中性的な細身の体型となった。, 完全版第3巻の再筆:筋肉がさらにもり上がって肉体全てが武器という野獣のような外見になる。奥の手となる牙が強調されている。普段の武器である巨大鉄球はさらに大形化しトゲも付けられている。, 完全版第3巻の再筆:油のタンクと、火炎制御用マスクを装備した外見になる。火打石ではなく手にした松明にマスクを通して霧状にした油を吹きかけ炎を放つ。なお、このデザインはキネマ版でも流用された。, 完全版第3巻の再筆:通常の螺旋鏢(全て毒殺螺旋鏢)入れを兼ねた巨大螺旋鏢に乗る極端な矮躯、草食動物の如く両側を見られる目という人間離れしたデザインになっている。, 完全版第22巻の再筆:鉢巻の色が黒に変更され、鉢巻の端を顔の左側に垂らしている。頭頂部の髪にはパーマがかかっており、より呑気そうな外見に。, 完全版第22巻の再筆:鉢巻の向きが上記2人と同様になり、髪にややウェーブがかかっている。, 完全版第22巻の再筆:上記メンバーと鉢巻の向きが同じになっており、髪型が右分けのセミロングに変更。, 完全版第22巻の再筆:顔が細めになり、厳しそうな人物に。剣心の人柄と行動は認めているが、厳しい態度を取らざるを得ないという設定(作者いわく「性格が気になったから」)。, 実写映画版:偽抜刀斎による辻斬り事件、武田観柳によるアヘン密売事件を、斎藤一と共に捜査していた。要所要所に登場するが、劇中では剣心たちとは会話しない。, 銀幕草紙変:神谷越路郎とは旧知の仲。そのため、神谷活心流を名乗る偽抜刀斎の対応に苦慮していた。, 完全版第22巻の再筆:「雷獣太」としてリファイン。霊山に登って修行し開眼したらしい。服装は山で仕留めた獲物から作ったものと称しており、腰に虎の頭の付いた帯を付けているが「日本に虎はいない」とツッコミが入れられるなど胡散臭い人物となっている。なお、このデザインでキネマ版第一幕に登場している(立ち位置としては原作の比留間伍兵衛に近付いており、偽抜刀斎となっている)。, 完全版第22巻の再筆:描かれてはいるが弟の伍兵衛と共に全くリデザインされていない。作者いわく「無敵の完成形。全く以って変え様がない。素晴らしい」, 完全版第22巻の再筆:描かれてはいるが喜兵衛共々リデザインなし。理由は前述の通り。, 読切の『るろうに』にも西脇という人物が登場しており、そちらのデザインは武田観柳に使い回された。, キネマ版:辰巳・村上・中条・角田が剣心への刺客四人組として登場。しかし、同じ刺客として集められた刃衛に殺される形で剣心に挑む順番を横取りされる。戌亥も登場しているが、特に関わりはなかった。, 完全版17巻の再筆:“五人の同志”に変更。首謀者および出資者は外印。日本政府に対する組織の武器のデモンストレーションが本当の目的。, 完全版17巻の再筆:唇の形状はひげに変更。武士の誇りとして現在もちょんまげを結っている。右腕は三本の機械肢(遠:アームストロング砲、中:, 完全版17巻の再筆:真・無敵鉄甲(特殊な金属塗料)を全身に塗っていてあらゆる攻撃を防ぐが、塗料が固まるため活動時間は三十分。そこからさらに一時間を越えると金属毒で死ぬ。腰に中和剤を付けている。液体金属装甲を纏う変身型のキャラクターとされている。, キネマ版:容貌や性格は原作を踏襲しつつ、無敵鉄甲の設定が再筆と同じ液体金属(水銀由来)に変更された。ただし、活動時間の設定は再筆とは異なり、即座に塗料が固まる(金属毒があるかは不明)。抜刀斎用の刺客の一人として観柳に雇われ、原作と同じく左之助と対戦する。液体金属の利点を生かし、左之助の二重の極みの衝撃を拡散し優位に立つが、「二重の極み・連ね撃ち」を受けて遂に傷を負う。最後の手段として全身に液体金属を浴び全身を硬化させるも、そのまま身動きが取れなくなり自滅する。, 実写映画版:第1作目に登場。原作とは設定などが大きく違うキャラクターになっている。武田観柳に雇われた刺客の一人であり、, 完全版17巻の再筆:奇術紳士にデザインが変更。様々な武器を仕込んだ傘型の道具を使用。中が3層に分かれたシルクハットに毒蛇・スズメバチ・暗殺用に調教した猿を収容している。, 完全版17巻の再筆:元・御庭番衆の「黒子」。五人の同志の首謀者。マスクの下は美青年で首に髑髏の刺青。蒼紫にコンプレックスを持っている。, キネマ版:再筆から美形と元・御庭番衆という設定が反映され、覆面のデザインも変更されている。原作から機巧師という設定を取り除き、自分の力量を試すべく裏社会に身を投じる純粋な戦闘者(自称「死の芸術家(あるてぃすと)」)として描かれている。武器は「縛殺細鋼糸(ばくさつさいこうし)」と呼ばれる先端に錘のついた鋼線を操る。戌亥と同じく観柳に雇われ、斎藤と交戦する。鋼線で斎藤の身動きを封じるも、力任せに糸を引きちぎられ、手加減した右手の片手平刺突で肩を貫かれ敗北・捕縛される。, 実写映画版:第1作目に登場。原作とは設定などが大きく違うキャラクターになっており、仮面で顔を隠すこと、武器として鋼線を使う(ただし、あくまで武器の1つとして)こと以外は原作の外印とは完全に別物である。武田観柳に雇われた刺客の一人であり、普段は死化粧をあしらったドクロのような仮面で顔を覆っている。素顔は火傷のような大きな傷を持ち, 完全版17巻の再筆:外印が大陸の辺境からつれてきた「回転に神を見出す部族」。本名は「ム・ミョーイ」。武器は巨大ドリルでこれを与えてくれた外印に付き従っている。全身の刺青及び仮面の模様は渦巻き型の矢印。龍巻閃にも神を見出す。なお、没デザインに「, 両腕・両足が一般人の2倍ほどある(右腕は手首から先を剣心との戦闘によって潰されたため、左手を当時より延長している)。, 身体的成長を利用し、幼児期より手足に金属製の輪をはめそれを徐々に増やすことで延ばしていくらしい(現実で言う, 剣心皆伝の再筆:左之助の師匠的人物であることと実際は豪放な人物だったらしいということから、それらしくリファイン。左之助同様魚の骨をくわえている。, 剣心皆伝の再筆:西郷と共に薩摩両雄時代の姿が描かれた。西郷の陰に隠れてあまり目立たないが、それを逆利用して様々な策略を容易に張る頭脳派。, 剣心皆伝の再筆:元来大男の部類だが、その圧倒的存在感や人間的魅力も相まって目撃者ごとに「2m」・「, 剣心皆伝の再筆:幕末一の自由人。入手した拳銃と北辰一刀流の剣技を組み合わせることで、「基本の型をマスターするだけで攻撃力は220%も増し、一撃必殺の技量は63%増す」といわれる常識にとらわれない新しい武術の型を編み出した。, 『剣心皆伝』での再筆:多少髪が逆立ったデザインに。現実と理想の間で悩みながらも己の士道を貫く。威圧的な風貌から若手隊士に怖がられているのが少し寂しい。, 『剣心皆伝』での再筆:髪型はあまり変わっていないが、目付きが鋭くなり、顔も細くなった。現実と理想の違いを受け入れ、近藤に士道を貫かせようとする。沖田以外の人間が自分に懐くのが嫌いらしい。, 『剣心皆伝』での再筆:髪が多少長めに。笑いながら人を斬れる一種の人格破綻者という設定に。趣味は襟巻き収集で抜刀斎が付けているものが欲しいらしい。再筆版では刃衛の元上司である。, 『剣心皆伝』での再筆:元のデザインから大幅に変更が加えられ、「隊服を着ていないとヤクザにしか見えない」デザインに。喧嘩と博打と人情が好き。, 追憶編(人誅編の途中にある剣心の回想/剣心が「人斬り抜刀斎」であった幕末時代の話(コミックス19-21巻およびOVA))の登場人物についても記述する。, 完全版16巻の再筆:装いが「雪」を強くイメージしたものとなり、瞳の色がハイライトなしの黒になった他は、デザインにそれほど変化はない。抜刀斎に傷を負わせた小刀は家伝の懐刀という設定。寒がり、ビブリオマニア(本好き)という設定が追加されている。, 完全版第22巻の再筆:長い眉毛と髭が特徴。裸体の上に花丸マークのマントと帽子を着用しており、木の枝の杖を持った常識人らしさを排除したデザイン。.