!2015』開催。タイトルには無いが10thライブにあたり、記念すべき10年目のライブはアイマス史上初のドーム会場での開催となった。1日目にはPS VITA用ゲームソフト『THE IDOLM@STER MUST SONGS』のPV、PS4版アイドルマスターのスペシャル映像が上映された。2日目にはミリオンライブ!のアニメPV・新CDシリーズ発売決定・3rdライブツアー開催決定が発表された。  8月2,23日、シンデレラガールズのイベント『SUMMER FESTIV@L 2015』(東京・大阪)開催。東京公演ではスターライトステージのPV第2弾公開、サガン鳥栖とのコラボ企画、3rdライブ開催を発表。大阪公演ではCDシリーズ『CINDERELLA MASTER』第8弾、3rdライブ出演者が発表された。  8月28,29日、アニソンライブイベント『Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-』にアイドルマスター・シンデレラガールズ出演。28日にはラブライブ μ'sとのコラボで、お互いの楽曲がメドレーで歌われた。  9月、スマートフォン用リズムゲーム『スターライトステージ』配信開始。ライブシーンではシンデレラガールズのアイドル達が3Dになって登場。毎月新たなアイドルや楽曲が追加。  11月、シンデレラガールズのライブイベント『3rdLIVE シンデレラの舞踏会 - Power of Smile -』開催。公演1日目には当初の予定では十時愛梨役原田ひとみが出演予定であったが、尾てい骨骨折の為に出演を見送り、星輝子役松田颯水が出演。公演2日目にはシークレットゲストとして安部菜々役三宅麻理恵が出演した。  12月6日、SideM初の単独ライブイベント『1st STAGE~ST@RTING!~』開催。CDをリリースしたユニット『Jupiter』から『S.E.M.』までのメンバーが全員参加。Jupiterにとっては5年越しの初舞台となった。  12月10日、PS VITA用ゲームソフト『THE IDOLM@STER MUST SONGS 赤盤/青盤』発売。『太鼓の達人』をベースにしたリズムアクションゲーム。収録楽曲が異なる、赤盤(初期楽曲中心に収録)・青盤(2008年以降の楽曲を収録)の2種類が同時発売された。  12月25日、SMAP中居正広出演の『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』CM放送開始。これまでに第三弾まで放送。ゲーム内のルーム機能にて『中居さんぷちデレラ』が期間限定で登場した。  12月29日、『アイドルマスター年末特別番組「ゆくM@S くるM@S 2015」』がニコニコ生放送にて放送された。PS4版アイドルマスター(仮称)特番放送決定、向井拓海を主人公としたコミカライズ新シリーズ連載開始、アニメ シンデレラガールズムック本発売決定、10thメモリアルフィギュア製作決定等様々な情報が発表された。- 年表 -1-2月 3-4月 5-6月 7-8月 9-10月 11-12月 - 関連動画 -「アイドルマスター シンデレラガールズ」アニメ新PV・【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】紹介PV・PS VITA「THE IDOLM@STER MUST SONGS 赤盤/青盤」ティザーPV, 1月28日、ニコニコ生放送にて『PS4「アイドルマスター(仮称)」特番』放送。PS4でのアイドルマスターの新作『アイドルマスター プラチナスターズ』第1段PVが公開された。  1月31日、ミリオンライブ初のライブツアーイベント『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2001年9月にナムコが開発した新しいアーケード用筐体『リライタブルステージ』用のゲーム企画がスタート。第1段は『ドラゴンクロニクル』。第2段はギャルゲーをモチーフとしたものが企画され、『アイドルゲーム(仮)』の開発がスタートした。プロデューサーは後に『機動戦士ガンダム 戦場の絆』等を手がけた小山順一朗。ディレクターは6人体制で、リーダー格としてディレクター1を担当したのが後の総合ディレクター石原章弘。(通称ディレ1)キャラクターデザインはアニメーターの窪岡俊之。  2002年に試作品を製作し、アーケードゲーム機の展示会に出展した。この試作品に登場したアイドル『天海春香』役を演じたのは新人声優、中村繪里子。2002年末に改めてアイドル役の声優オーディションを実施。このオーディションには中村も参加。結果、中村を含めた9名の声優が選出された。  ・天海 春香役:中村 繪里子  ・如月 千早役:今井 麻美  ・萩原 雪歩役:落合 祐里香  ・菊地  真役:平田 宏美  ・高槻やよい役:仁後 真耶子  ・水瀬 伊織役:釘宮 理恵  ・双海 亜美役:下田 麻美      真美役  ・三浦あずさ役:たかはし智秋  ・秋月 律子役:若林 直美  2003年より楽曲・音声収録開始。同年9月よりアイドルゲーム『THE IDOLM@STER(アイドルマスター、略称アイマス)』の宣伝活動が活発化。765(ナムコ)プロダクション所属アイドル役を演じる声優がそれぞれ担当する番組で地道な宣伝活動を行った。  2004年1月、アニメエキスポ東京にて開催されたWEB番組の公開録音イベントにて、中村・今井がアイマスの楽曲を披露。これがアイマスにおけるライブイベントの起源となった。同年9月に公式サイトを開設。同年末にプラボ中野、鶴見店にて第1回目のロケテスト(店頭にゲーム機を試験的に設置し、意見交換等を行うもの)を開催した。その後もロケテストが行われ、計3回実施された。 - 年表 -2001年9月-2003年9月 2003年9月-2004年2月 2004年3月-12月 - 関連動画 -・第41回アミューズメントマシンショー出展ムービー, 2月、アーケードゲーム機の展示会にて、公式としては初のライブイベント『THE IDOLM@STER 6/9』開催。今井・釘宮・平田を除く6名が参加。  5月、アーケード版稼動前にコンシューマ用の製作を開始。プロデューサーは後の総合プロデューサー坂上陽三。(通称ガミP)ディレクターはmft名義でアイマスの楽曲に作詞提供をしていた小野田裕之。  7月26日、約4年の月日を経てアーケード版『THE IDOLM@STER』稼動。この日は台風7号が関東地方に接近。嵐の中の始まりとなった。その2日後、石川祝男エグゼクティブプロデューサー・小山プロデューサー(ナムコ)、前山寛邦プロデューサー・植村俊一ディレクター(日本コロムビア)、出演声優9人が登壇した記者発表が開催され、日本コロムビアよりCDシリーズ『THE IDOLM@STER MASTERPIECE』のリリースが発表された。  2005年12月15日から2006年1月15日の1か月間、『スーパープロデューサートーナメント』開催。このトーナメントで高成績を収めたユニットの楽曲とステージ写真が2006年発売予定の音楽CDに収録された。 - 年表 -1-7月 8-12月 - 関連動画 -・アーケード版アイドルマスタータイトルデモ, 1月、『MASTERPIECE』発売記念シークレットイベントを赤羽会館にて開催。これがアイマス初の単独開催のイベントとなった。開演前の場内アナウンスは765プロダクション事務員、音無小鳥(CV:滝田樹里)が担当した。  4月、アイマスのラジオ番組が同時に2番組(『THE IDOLM@STER RADIO(今井・たかはし)』、『ラジオdeアイマSHOW!(中村・今井・落合)』)放送開始。情報発信の媒体としてだけでなく、出演者のパーソナルな魅力が相まって、それぞれ人気番組に。  7月、アーケード版稼動1周年を記念したライブイベント『1st ANNIVERSARY LIVE』を開催。声優陣9名全員が参加。この模様は後に映像化されたが、釘宮が出演したシーンは全編カットされた。(インタビュー映像のみ収録)  9月、『PROJECT IM@S』を発表。コンテンツを最大化させるため、一貫したプロジェクトとしてメディアミックス展開を推し進めていくことに。東京ゲームショウにて、Xbox360版のイベントを開催。新アイドル星井美希役の長谷川明子がイベントに初参加した。 - 年表 -1-6月 7-12月 - 関連動画 -・『MASTERPIECE』発売記念シークレットイベント, 1月、Xbox360版『THE IDOLM@STER』発売。新アイドル星井美希(CV:長谷川明子)の追加。グラフィック面の向上等が図られた。YouTube等動画投稿サイトにて、アイマスの動画が投稿されるようになり、高水準のアニメ調グラフィックでアイドルたちが歌い踊る映像が話題に。その後、動画にコメントを打つことができるニコニコ動画にて、アイマスのMAD動画(アイマスの映像を再編集したもの)が数多く投稿され、ニコニコ動画ブームの一翼を担った。その結果、非公式な動画が氾濫したものの、知名度の向上に繋がった。これらニコニコ動画に投稿された動画の総称、又はその動画製作者のコミュニティのことを『ニコマス』と呼ばれるようになった。  4月1日、ライブイベント『ALL STAR LIVE 2007』開催。落合が萩原雪歩役を担当していた時代では最後の全員参加イベントとなった。  4月2日、アニメ『アイドルマスター XENOGLOSSIA』放送開始。サンライズ制作。監督は後に『とらドラ!』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』等を手がけた長井龍雪。アイドルマスターのキャラクターを使用したロボットアニメで、ゲーム版とはストーリー・キャストが異なる。その為、ゲーム版のアニメ化を待望していた層には受け入れづらい内容で批判の声が挙がった。作品の出来そのものに対してと言うよりも、この機会を逃すとゲーム版のアニメ化の時期を逸するという懸念があったものと思われる。  10月、ライブ&トークイベント『Go to the NEXTSTAGE!! !(我那覇響役:沼倉愛美・四条貴音役:原由実・萩原雪歩役:浅倉杏美)』も放送開始した。  11月27日、ラジオ番組『ラジオdeアイマCHU! Aboard』、3月7,8日『THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING PRESENT FOR 315@MBITIOUS!!!! これらは事前にアナウンスされてはいたものの、公式からはっきりとした変更理由が語られることはなかった。 !』の歌唱ユニットを投票にて選抜する企画も発表された。これらの発表に嫌悪感を感じた者からは、『9・18事件』と揶揄されることになった。  12月、フューチャーフォン用サービス『アイドルマスターモバイル エリアゲーム』配信開始。GPS機能を利用したエリアゲーム。 年表:1-3月 4-6月 7-9月 10-12月 - 関連動画 -・「アイドルマスター2」5th PV, 1月、ライブイベント『H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! !』歌唱ユニット選抜企画の白紙、全ユニット分CD収録が発表された。  2月、Xbox360版『THE IDOLM@STER 2』発売。プロデューサーは坂上陽三、大村純。ディレクターは石原章弘、加藤正隆。キャラクターデザインは窪岡俊之から田宮清高に変更された。グラフィック面が強化され、ステージに5人まで配置が可能に。アイドルの年齢が1才歳を重ね、それに合わせてスタイル・髪型等が変更された。アイマスSPではライバルであった美希・響・貴音がプロデュース対象に。伊織・あずさ・亜美・律子がプロデュース対象から外れた。  4月、アニメ『THE IDOLM@STER』の番宣ラジオ番組『アイマスタジオ(中村・今井)』放送開始。1月から計3回のプレ放送を経て本放送が始まった。当初はアニメの番宣番組であったが、アニメ終了後も放送は継続された。この番組開始により、中村・今井はそれぞれ担当していた番組を卒業。それに伴い、『ラジオdeアイマSTAR☆』から長谷川・仁後はそのままで、下田が新たに加わった新番組『ラジオdeアイマCHU! (リバースエンジニアリングはソフトの脆弱性などを見つけるためなど、アンチウイルスソフトなどを作成するためにも使用されるため、2017年現在は違法行為ではないが、著作権上では何度も問題が指摘されている), 本作ではこれら以外にも様々な変更がなされている。 !~』を放送。 8月1,2日、『【765AS単独特番】DAY1「765ラジオ復活祭!」』『【765AS単独特番】DAY2「みんな一緒に生配信! また、「竜宮小町をプロデュース不可にしてまで出す必要があったのか、彼ら用のキャプチャー・ボイス・ボーカルの費用を竜宮小町に使えなかったのか」などの声も出ている。 黒井社長は打倒765プロ宣言をしたのち、新ユニットの発表をしていくのだが……。, 黒井社長が発表したその瞬間、聞こえてきたのはまさかの男性アイドルの声だった。 !』開催。参加予定であった最上静香役の田所あずさが体調不良により1日目の出演は見合わされた。2日目には七緒百合子役の伊藤美来が急遽出演することになったが、田所が回復したことにより、限定的に2日目の後半から出演することができた。  8月、ライブツアーイベント『9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE! ミリオンライブ! sidem. MUSIC♪GROOVE☆』開催。日替わり主演アイドルとして、天海春香、如月千早、萩原雪歩、菊地真、四条貴音、我那覇響が出演。 6月2,3日、ミリオンライブ!のライブイベント『5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!! 他にも新たな要素としてアイドル同士の不仲や対立が行われるシステムが導入されたが、これにより仲間外れやいない者扱いなど陰湿な行為を行うアイドル達の姿が描かれ、あまり見たいとは言えない部分が露になった。シナリオ面でも枕営業など生々しい描写を暗喩するテキストや芸能界特有の圧力など暗い要素が多く見られ、低評価の一因となっている。 THE IDOLM@STER SHINY COLORS SPRING PARTY 2020, THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Funky Dancing! アイドルマスターがイラスト付きでわかる! 「アイドルマスター」とはバンダイナムコより発売されているゲームシリーズ。 正式名称はthe idolm@ster。 概要 2002年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)より開発がスタートし、2005年に稼働を開始したアーケードゲーム及びそのシリーズ。 ただし、容量解析などは、「リバースエンジニアリング」と呼ばれる行為であり、 THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING PRESENT FOR 315@MBITIOUS!!!!! しかし現状は、些細な火の粉が即座に爆発してしまう程の燃料投下へと発展してしまったのである。 Aboard. そもそもスケジュール管理や営業回りってプロデューサーと言うよりマネージャーやない?, プロデューサーを自称するのは他でも提督とか司令官とかあるからええけど本物のプロデューサー気取りで運営に口出しするガ○ジが結構おるよな, ゲーム内でプロデューサーという役職を与えられ、アイドルの上に立って偉そうに指図する快楽を覚えると、自分のことをプロデューサーだと本気で信じてしまうようになるの?, アイマスコンテンツ内のオタクでは世間一般のプロデューサーとは別の意味を付与してるから、外から見たら変に見えるだけやろ, プロデューサー「プロデューサー(ファン)(マネージャー)です。〇〇担当です。」←確かに歪やわ, http://kokopyon.net/blog-entry-42238.html, http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1602986516, 【悲報】アイマス豚VSバチャ豚の抗争、なぜかアイマス豚同士の争いに発展してしまうwww, 【悲報】ホロライブVtuberがアイマスの曲「M@STERPIECE」を歌う→マスPさんが激怒「765プロの歴史を知らないやつが歌うな!」, 【悲報】ひろゆきさん、ツイッターのアカウント名を変えた結果、公式マークが無くなった上に旧アカウント名を他人に取得されるwww, 【朗報】ジャンプ『呪術廻戦』、7話で超絶大盛りあがり!マジで第二の鬼滅の刃狙えそう, 【画像】なろう主人公「対人戦は苦手なんだよ。本気出すとやりすぎちゃうからね(ニチャァ」, 【悲報】バチャ豚「Vtuberの動画が35歳無職を救った」→嘘松だと指摘されてしまう. システム面ではより多くの要素が変更され、好評だったオンライン対戦機能も廃止されスコアのランキング形式のみとなった。これによりゲーム性が薄まり、かつてのような熱い戦いができなくなったとの声もある。 MUSIC♪GROOVE☆ PV・TVアニメ『理由あってMini!』アニメ化決定PV, 1月、アイドルマスターとしては初となる船上イベント『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトクルーズ』開催された。  3月8,9日、シャイニーカラーズ初の単独ライブイベント『1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY』開催。コミカライズ決定、『1st Anniversary 前夜祭キャンペーン』開催、新ユニット『Straylight(ストレイライト)』の追加、8月18日にパシフィコ横浜にてイベント開催等が発表された。  3月15~17日、『THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!! 当記事は非常にデリケートです。中立性を持った編集を心がけてください。 また現在では騒動から10年経ち、複数の解釈が生まれ必ずしも中立性を保っているわけではなく一部には編集者による個人的な解釈が含まれている場合があります。当記事で初めてこの騒動を知る方々は、その事を踏まえた上で、閲覧して頂けると幸いです。 意見、不満、感想等は、当記事の掲示板でお願いします。 後にこの選抜レース的な方法はシンデレラガール総選挙に受け継がれ、こちらは毎回大きな盛り上がりを見せている。団結がテーマでありながら票で対立するという矛盾した打ち出し方に問題があったのだろうか。, 本人の心情は不明だが、秋月律子役の若林直美氏が発表中に涙を見せる場面があった。 この変更には、前作までその4人をプロデュースしていたPの多くが頭を抱えた。, これから発売される『MASTER ARTIST 2』というCDシリーズで、同時発売される3人を1組としてオーディションをし選抜する。そして、オーディションを勝ち抜いた1組が「The World is all one! ID: Q1w044b5Vc, 2019/04/04(木) 19:23:50 アイドルマスターはアーケードからDSまでほとんど女の子のアイドルばかりの世界※3なのに、男性アイドルの登場によってその世界が壊れてしまうという懸念が相次いだ。 MUSIC♪GROOVE☆2nd SEASON』開催。日替わり主演アイドルとして、天海春香、萩原雪歩、高槻やよい、秋月律子、三浦あずさ、菊地真、双海亜美/真美が出演。 10月9日、アニメ『アイドルマスター SideM 理由あってMini!』放送開始。ギャザリング制作。監督はアニメ『ぷちます!』『シンデレラガールズ劇場』を担当した、まんきゅう。  10月10日、ラジオ番組『THE IDOLM@STER STATION!! !”』を披露した。(秋月涼役三瓶由布子は不参加)  7月、ラジオ番組『THE IDOLM@STER RADIO』放送終了。番組がリニューアルされ、『THE IDOLM@STER STATION!! -プチ・アイドルマスター-』放送開始。製作スタッフは1期と同様。1期が原作エピソード中心だったのに対して、2期になってからはオリジナルエピソードが増えた。  4月5,6日、シンデレラガールズ初の単独ライブイベント『1stLIVE WONDERFUL M@GIC! シアターデイズ』1周年記念CM放送開始。このCMには、麻倉もも、夏川椎菜も出演。 7月、アニメ『シンデレラガールズ劇場』第3期放送開始。製作スタッフはこれまでと同様。 8月、『THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018』開催。投票企画『みんなで選ぶ!ユニットソング!