高校生のキス事情、知りたくない? 今どき高校生のカップル、キスなんて当たり前⁉ でも、高校生で人生初彼氏や初彼女って人も少なくありません。となると……高校生で初キス! って人も多いんじゃ⁉ 初めてのキス、どうしたらいいのか悩んでいる高校生も多いはず。, なんてことない話で盛り上がれちゃう高校生だって、自分のキスのことなんてなかなか大っぴらには話せません。, でもでも、みんなのキス事情は知りたいのが本音なはず! 全高校生の「知りたい」に迫っちゃいましょうか!, そこが知りたい! 高校生カップルのキス事情について筆者の雪野にこがお話したいと思います。, 最近では、小学生や中学生でも彼氏彼女がいるなんていうのも珍しいことではなくなっているよう。, でも、人生初彼氏・初彼女が高校生って人のが一番多いのが一般的。ちょっとホッとしました(笑), 高校生になって初めて恋人ができるということは……高校生でファーストキスを迎える人も一番多いというのも納得ですね。, 大人と違って、高校生にとってのキスはハードルが高いもの。なにせ初めてのキス、初めてのキスの相手との恋愛、大切にしたい気持ちもわかりますよね。, 初めてのキス、そこにはことさら思い入れが大きいもの。高校生にとってファーストキスの思い出は、一生の宝物と言っても過言ではありません。, だから、高校生はお付き合いしてすぐにキスしているかというと、そうではない場合が多いのだそう。, でも、高校生は違います。交際開始からキスまでの期間が長いカップルが意外に多いんです。, 部活や塾通いなんかでタイミングがなくて、デートの頻度が少ない高校生カップルだっているはず。, キスを期待しながらのデート、楽しくない訳がありませんっ! どんどん相手のことで頭がいっぱいになっちゃうはず♪, SNSにキス写真を載せちゃう高校生もいるからビックリ(笑) 人前でのキスは恥かしいと思いながらも、みんなに「自慢したい」というのも高校生の心理。, できるとするなら、彼女をお迎えに行った玄関先? でも両親や近隣住人の目が光ってます! そこでのキスは危険かも(笑), 下校途中の夕方の公園、ココなら人目を気にせずにキスできちゃいます。それに夕暮れという時間帯と雰囲気、コレがまたキスを盛り上げてくれること間違いなしです。, 「バイバイ」をするタイミングでのキスもいいですね♪ ちょっとした物陰に隠れての軽いキス。キスの余韻に浸ったままお家の玄関へ。, 高校生となると、デートにそんなにお金をかけられないのが現実。必然的にお家デートも多くなるかも。, ただ問題なのが、お互いの家族。親が家にいたり、隣の部屋に兄妹がとなるとドキドキです。, クリスマスやバレンタインなんかのイベントに便乗してのキスも思い出に残る初キスになるかも♪, それに、キスの経験があっても、人に語れるほどの経験もないから、人のキス事情ってなかなか聞けないもの。, キスに憧れがある高校生だからこそ、『キス』そのものを、そして恋愛を大事にして欲しいなって思います。, 誰かに相談したいけど、相談できる相手がいない…あなたのお悩み、恋愛の専門家にご相談ください。, 看護師免許を持ち、幅の広い人生経験から独自の切り口での恋愛ネタ執筆を担当。相談者と対等の目線に立ち、ゆっくりと話を聞くことから、おっとりとマイペースな性格と思われがち。しかし、専門分野を生かし、とことん一緒に考えて的確な答えに導いていきます。, copyright© Comet Inc. All rights reserved.

note大学に入学しました!!よろしくです! 4月生まれの子供が編入するとアメリカでは何年生になる? 今年の春から、ロサンゼルスに赴任することになりました。 日本の6・3・3の学校システムとは異なっていると聞いていますが、どう違うので … カテ違いかもしれませんが、こちらのほうが留学経験者が多いかもと思いましたので、ご容赦ください。最近知り合いました人(高校生で留学)から、アメリカでは若い子でも、むしろ若い子ほどピルを使うのが当たり前で、高校生カップルは当 アメリカの高校生にとっての一大イベントのプロムはダンスパーティーです。 基本的に高校の4学年のうち3年生、4年生しか参加できません。.   多くのアメリカの大学には英語学校があり、ELI(English Language Institute)等の英語学習プログラムを提供しています。アラバマ大学在学中はそこで留学生のキャンパスパートナーとして留学生のサポートに携わることができました。多くの日本人留学生を含む、海外からの留学生との交流を通して、日本の大学と海外の大学の違いを考えるようになりました。 ... アメリカに来て、数学の授業を取ろうとはあまり思っていませんでした。私は英語力向上のために留学をしているのに対して、数学... 私はアメリカに留学中、アメリカの大学への進学を視野に入れて情報収集をしたり、英語を必死に勉強していました。 フォローしてくれたら必ずフォロー返します!   日本よりもアメリカ生活が長い筆者が、アメリカの大学入試や大学選びにおける高校生達の日本との違いを解説。英語力と学びたい気持ちがあれば叶えられる、アメリカの大学進学の魅力についてもご紹介します。アメリカの大学受験も、進路選択のひとつに加えてみませんか!? TEL:03−3224−0777 FAX:03−3224−9118 Email:sisa@sakaeyoko.co.jp, だれでも入学できる公立高校と異なり、面接や学校の成績、推薦状など、あらゆる角度から入学生を選抜しているため、総体的なレベルが高い。, 公立高校の場合、学区によってレベルが左右されるが、私立学校ではそのようなことがない。. 皆さん、こんにちは!!けんぼーです!今回の記事は本紹介になります。最近読んでみて為になった本を紹介したいと思います。 【アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書】 この本を読んでみての感想はお金の事に関して無知だったというのが分かり、もっと勉強しようと思いました。 2年以上の留学や卒業を目的とした交換留学は認められません。, 一方で、卒業をめざすのであれば、私立で寮制のボーディングスクール(Boarding School)へ留学することになります。, 通学制のデイスクール(Day School)もありますが、通学手段と安全の確保がむずかしいので長期の留学先としては適していません。, 留学する時期としては、日本の中学校を3月に卒業して、その年の9月に10年生としてボーディングスクールに入学するのが一般的です。, 日本の高校に1年間通って、アメリカの高校に11年生として入学することもできますが、受け入れ校が限られます。, ボーディングスクールを卒業した後はアメリカの大学に進学することはもちろんできますし、日本の大学への進学の道も開かれています。, 最近では秋入学を認める日本の大学も増えていますし、アメリカの高校生が受けるSAT®というテストを審査対象とする大学もあります。, 現代のアメリカの教育の歴史をさかのぼると、まず東部で始まり、徐々に南部・西部へと展開していったことがわかります。, イギリスから渡海してきた移民たちがつくった最初の教育機関がマサチューセッツ州のハーバード大学(1636年創立)であり、また最初にできた高校もマサチューセッツ州にあります。, とくにボストンは学園都市として名高く、数多くのすぐれた、伝統のある高校・大学がボストンとその周辺に存在します。, マサチューセッツ州を含む「ニューイングランド地方」と呼ばれるアメリカ北東部には、伝統的で格式の高い私立の大学や、The Ten Schools(伝統的な名門ボーディングスクール10校)をはじめとして、世界に名を馳せている学校もこの地方に集中しています。, 一方で、南部や西部では公立学校がよく整備され、私立学校の数はそれほど多くありません。, アメリカの公立高校はそれぞれの州の教育委員会によって運営されていて「義務教育を修了させる」ことを第一の目標に掲げています。そのため、その学区に住む生徒であれば、だれでも無料で通うことができます。, 必ずしも大学進学のための指導をするのではなく、高校を卒業する時点で、最低限の読み書き・コンピュータ操作をできるようにさせること、そして社会に出てもとりあえず困らないようにさせること、これが公立高校の役割です。, 公立高校に入るための試験はありません。その学区に住む子どもたちが小・中8年間の教育を終えさえすれば、無条件で入学できます。, アメリカは国土が広大で、それぞれの州や学区によって、住む人の教育に対する意識や経済状況、また話す言葉ですら異なることもめずらしくありません。, 公立高校の性格は、そんなさまざまな地区のありかたやそこに住む人によって大きく影響されます。, 名門大学へ卒業生をたくさん送り込んでいる高校もあれば、英語よりもスペイン語のほうがよく使われる公立高校もある、というのがアメリカです。, アメリカの私立高校はその多くが大学進学校で、「準備をする」という意味で“Preparatory School(Prep School)”と呼ばれることもしばしばあります。, 州によって運営されている公立高校に対して、私立の高校は、それぞれの学校が独自の入学選抜を行い、独自の理念やカリキュラムをもって指導していますが、何よりもリーダーの育成に力を入れているのが特徴といえるでしょう。, 一般的には、公立高校よりも私立高校のほうがレベルが高く、生徒の満足度も高いといえます。その理由として、以下のようなことが挙げられます。, 大学進学に対する指導が行き届いているというのは私立高校を選ぶ大きな理由ではありますが、もう一つの理由として、私立高校の教育理念であるリベラルアーツ教育が挙げられます。, リベラルアーツ教育とは、ただ勉強さえできればいいというのではなくて、スポーツや芸術にも親しみ、自分で考え意見を言い、人の発言にも耳を傾ける、そのような「バランスのとれた人格をそなえた人」を育てようという教育です。, このリベラルアーツ教育は、アメリカでは高校だけでなく大学でも中心的な理念として、とても重視されています。, 日本の大学進学校のように受験に大きな比重を置くのではなく、リベラルアーツ教育を通じて豊かな人間性をはぐくもうというアメリカの私立高校に、その特徴ゆえに魅力を感じて留学したいという中学生や、わが子を留学させたいという親御さんもたくさんいます。, 国際教育評論家の栄 陽子がアメリカ留学の実態、留学のためのノウハウなど、自身の経験をまじえながら、わかりやすくお話しします。, 留学生からのライブ感あふれる 日本よりもアメリカ生活が長い筆者が、アメリカの大学入試や大学選びにおける高校生達の日本との違いを解説。英語力と学びたい気持ちがあれば叶えられる、アメリカの大学進学の魅力についてもご紹介します。アメリカの大学受験も、進路選択のひとつに加えてみませんか! ・学年ではなく、生徒個人の学力に合わせた授業が主体 ? ?(僕とプロムに行こう!)」と誘いました。, プロムの相手が決まったら、まずはタキシードを選びます。タキシードやスーツを貸し出す店があり、そこでネクタイやチョッキの色、タキシードのタイプなどをパーツごとに選びます。ネクタイやチョッキの色は女の子のドレスの色と合わせるのが一般的です。1週間借りて80ドルほどでした。女の子はドレスを一着買ってしまう人が多かったです。, プロム当日も学校で授業がありましたが、女の子は1日かけて準備をしたいため、休む人が多かったです。男たちは普通に学校に来て、家帰ってからシャワーを浴びて準備します。僕は相手の女の子のドレスが青だったので、黒のタキシードに青のネクタイとチョッキという出で立ちでした。, いよいよお楽しみの対面です。普通は男が車を運転して、女の子を迎えに行きます。アメリカでは16歳から車を運転できることが多いので、高校生でも車で女の子を迎えに行けるのです。いいですね!, 僕は車が運転できなかったので、女の子に車で迎えに来てもらいました。一つ大きな失態をしてしまいました。それは、普段よりも一段ときれいなその女の子を褒めなかったことです。「ドレスいいね!」とでも言えればかっこよかったのですが、チキりました。, 会ってからはまず、男子は女子に腕飾りを、女子は男子に胸飾りを渡します。僕は前から用意していた白いユリの腕飾りをあげました。それから一緒に写真を撮ります。, 本番前はお洒落をして食事に行きます。高校生が背伸びをして、ちょっと高めの食事を、マナーに気を付けながら食べます。僕は他の2組のペアとグループになって雰囲気の良いレストランに行きました。割り勘してもよいですが、僕は事前に親に話していたので、全額パートナーの分も払いました。食べ終わったら、パーティー会場に向かいます。, パーティー会場につくと男女はペアになって入っていきます。施設は学校外のおしゃれな建物でした。中ではビュッフェ方式になっていて、チョコレートファウンテンなどがありました。パーティー中はさまざまな音楽が流れます。クラブのような音楽がかかったり、カントリー音楽が流れたり。みんな思い思いに踊っています。, 僕はパーティー会場に入ってからパートナーが彼女の友達同士で盛り上がり始めたので、僕はパーティー会場内を歩き回り、いろんな友達と踊りました。生まれて初めて「Twerk」され、高校生の僕のテンションはMAXでした。パーティーの最後の方でゆっくりな音楽に合わせて踊るのは、雰囲気があって印象的でした。, プロムの最後にはプロムキングとプロムクイーンを決めます。これは生徒からの投票によって決められるため、学校で人気のある人が選ばれます。プロムキングはアメフト部で活躍するイケメンで、プロムクイーンは美人のチアリーダーである場合が多いと言います。僕の学校でもプロムキングはアメフト部のマッチョで、プロムクイーンは彼の彼女でした。, 選ばれた二人はみんなの前でペアダンスをします。僕の学校では二人が付き合っていたので何も問題がなかったのですが、二人がカップルでなかったり、二人とも他に付き合っている相手がいると、さまざまなドラマが生まれるのです。, プロムの後に自分の家や、場所を借りてパーティーを企画している人がいます。そういうアフターパーティーにいって一晩中パーティーする人もいます。カップルたちはどこかへ消えます。, 僕はパートナーとボーリングに行きました。一通り楽しむと疲れたので帰りました。車で家まで送ってもらい、「今日は1日楽しかった。ありがとう。」といって別れました。, プロムは日本にはない行事です。そして僕のアメリカ留学での経験で一番印象に残っているものの一つです。ぜひアメリカの高校に留学した際は、プロムを楽しんでください!, 世界最高峰の大学として有名なハーバード大学。日本人留学生が入試を突破するために必要な偏差値は?学費は?人気の学部は?医学部ってあるの?サマースクールは誰でも参加できる?図書館に残された名言とは?名前は聞いたことがあるハーバード大学も、どうやった入学できるのかなど知らない人も多いと思います。そんなハーバード大学に関する疑問や噂を徹底検証します。, 私はカリフォルニアに来てから、最初は日本から持ってきた化粧品を使っていました。しかし、それらの化粧品が全部なくなりかけた頃、同じようなものをアメリカで買おうと思ってもなかなか見つからなくて困った経験があります。ここでは、皆さんがそんなときに戸惑わないよう、アメリカのスキンケア事情、化粧品に関する注意、ドラッグストアで使える英会話などをご紹介します。, スティーブ・ジョブズのスピーチや監獄実験で有名なスタンフォード大学。常に世界トップクラスの大学で、MBAコースがある経営大学院は世界最難関と言われています。アメリカの人気私立大学だけあって、学費も高いイメージがありませんか?そんなスタンフォード大学の入学方式から、偏差値、学費、最近世間を騒がせたある事件まで、スタンフォード大学の留学について紹介します。, 今や、国内外のどこにでもあるスターバックス。日本では甘さ控えめにしてもらったり豆乳や低脂肪牛乳に変更、ホイップ多めなど気楽に頼めていたのに、海外では英語表現がわからず、上手くカスタマイズできなくてやるせない思いをした経験はありませんか?今回はアメリカのスターバックスで注文をする際の基本的な英語表現から、裏メニューのオーダー方法までご紹介します。, 豆腐や大豆の加工品は、低カロリー、高たんぱく、コレステロールの心配がないヘルシーな食品として、アメリカでも人気が高まっています。アジア系スーパーでなくても、普通のアメリカ人向けスーパーにも「Tofu」と書いて売っているので「Tofuを全く知らない」という人は滅多にいないほど認知度は高いです。またアメリカには中華系の移民が多いため、中国や台湾の大豆加工食品もたくさん入ってきています。そのため、豆腐の種類もむしろ日本のスーパーより多いです。ここでは、アメリカで販売されている主な豆腐の種類をご紹介します。, タイにも日本と同じ様に古くからある言い伝えや風習があります。この日に◯◯をすると金運が上がる、この日は縁起が悪い、などなど。今回はタイに伝わる「髪と爪を切るのに良い日」という言い伝えを紹介します。, 欧米に留学、海外で就職となると気になるのが、日本にはない「レディーファースト」という習慣です。一部では「男女平等の現代社会においては、無用の産物ではないのか?」という声もささやかれています。そこで、レディーファーストについて深く掘り下げて考えてみたいと思います。, ちまたでは「グローバル化によって、日本独自の文化も失われる危機」などとささやかれてはいますが、果たして本当なのでしょうか?グローバル化が進み、インターネットも普及し、海外との情報交換もスピーディーに行われる時代になりました。今回は、日本の伝統を継承している外国人の話を通して、グローバル化と日本文化との関わり合いの話をしてみたいと思います。, 私は大学卒業後に3年間フランスのギャラリーで働いた後、イギリスのギャラリーに転職しました。私自身は完璧にフランス流のテーブルマナーを身に着けていたつもりだったのですが、イギリスでは「なんですか!それは!」と言われる始末。英国ではフランス流マナーが通用しなかったのです。実は日本では英国流とフランス流のテーブルマナーが、ごちゃ混ぜになっています。私の過去の経験からフランスとイギリスの伝統的なテーブルマナーを解説します。, アメリカは11月末のサンクスギビングまでカボチャの装飾でオレンジ色に染まっていますが、それが過ぎるとクリスマス色に一変します。軽快なクリスマスソングが流れ、真っ赤な衣装のサンタクロースが笑顔をふりまき、人々は悩みながらも楽しそうにプレゼントを吟味する……。そんなクリスマスの情景、実は後世に作り出されたもので、伝統的なキリスト教のクリスマスとは趣が異なります。では、キリスト教徒たちはクリスマスをどのようにお祝いしているのでしょうか?宗派や国によって様々ですが、アメリカのカトリックを例にざっとご紹介します。, 高校時代にアメリカに1年留学。都内の某国立大生。2か月かけてヨーロッパ横断経験あり。2016年9月からロシアに1年間留学予定。, THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。