体重:60キログラム 3. R2地区に巨大な剣のような4本の柱(この柱の間には高圧電流が張り巡らされており、プロレスのリングのようになっている)を召喚し、カメラの役割を持つ円盤でテレビの放送回線をジャックし、人類に自分の活躍とダイナの敗北を見せつけようとした。 年齢は23歳。 一人称は「僕」と「俺」の両方を使う。. 何気に出自が全くと言っていいほど解っていないウルトラマンの一人。 - 世界で働くお父さん, 本作品は『ティガ』と世界観を共有しているため、旧GUTSメンバーもゲスト出演する。登場頻度は多くないが、いずれも物語のターニングポイントで先輩としての活躍を見せている。, 『ダイナ』第49話で、アスカがカズマが消えた日を「記念日」と呼んでいたことが「アスカ記念日」に掛けられている。この件を語ったのは本作品同様にヒビキである。また、奇しくもカズマが光に消えてからアスカが宇宙に消失するまでと同じ年数である。, ティガの正体がダイゴであることがTPC重要機密事項となっているのとは対照的であるが、最終回でCOSMO NETがクラーコフから出撃してダイナになるアスカを地球に中継していたことから、この時点でほぼ全人類に正体を知られている。, 『愛蔵版 ウルトラマンサーガ超全集』(小学館・2012年)収録の短編『アンナの日記――過ぎ去りし遠い日』で、アスカはチームUの元で半年過ごしたことが記述されている, 当初アスカは元の世界に帰還するとの展開だったが、つるのが「まだ帰らないほうがアスカらしいしもっと飛んでいたい」と提案し、完成作品のような形になった, しかし決して犬猿の仲ではなく戦闘の際には見事な連携を何度も披露したり、第21話では高熱に襲われた本部基地をパトロール名目で抜け出し、2人でコーヒーブレイクを楽しんでいる。, 劇中では詳しく説明されていないが、脚本では「スーパーGUTSに入隊したナカジマを気遣った紀子の方が自ら身を引いた」との説明がある, ただし、アスカが慢心している時などは変身できない。第3話でグロッシーナが現れた際、ガッツイーグルの機内にいるヒビキに見えるように変身しようとしたが、失敗に終わっている。, 第26話ではアスカの父・カズマが宇宙で光になった姿ではないかと示唆され、アスカの脳内に現れた。第49話ではアスカの夢の中で警告したり、第51話でもブラックホールに消えたアスカがカズマと再会する描写が見られた。, ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution3』ではティガと同様、何度でもタイプチェンジすることが可能となっている。, 『ウルトラマン オフシャルデータファイル』では、変身直後にストロングタイプにチェンジしたためではないかと推測されている, 『ウルトラマン オフシャルデータファイル』ではこのタイプのソルジェント光線を「スペシウム光線」としている, デキサドル戦までは青色の光輪。ゼルガノイド戦では撃破直前に一瞬、映画『超時空の大決戦』ではヒット時ではなく爆発後に発生した。, この際はブラックホールを発生させて吸い込む演出が無く、後述のタイプI、タイプIIに似た破壊光線のように描写されている。, 後に声はTV本編49話『最終章I 新たなる影』に登場するゼルガノイドに流用される。, 『ウルトラマンダイナ オリジナル・サウンドトラック Vol.3』のライナーノーツより。, 週刊 ウルトラマン オフィシャル・データファイル 全国版 No.44 p.3(デアゴスティーニ・ジャパン), 週刊 ウルトラマン オフィシャル・データファイル 全国版 No.44 p.4(デアゴスティーニ・ジャパン), 『ウルトラマンAGE Vol.3』(辰巳出版)、66頁、「円谷プロミュージアム ウルトラ防衛隊制服展」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウルトラマンダイナ&oldid=80370603, オープニングでは『ウルトラマン80』以来のシルエットによる表現が復活し、ダイナやスーパーGUTSのマークとメカニックが使われている。, 『ティガ』と『ダイナ』の空白の7年間に、カズマが人知れずウルトラマンとして戦う姿を描きたかった, (長谷川自身が考えた裏設定的な話だが)父・カズマも何らかの要因でウルトラマンの光をつかんでいて、自分の血を継いた息子が宇宙でピンチになった時に手を差し伸べた, GUTSメットが両サイドの出っ張りがカメラアングルの邪魔になったため、それが小さくなったものとなった, ウルトニウム開発チームメンバー:アオシャド・ベイク、アペジン・モハメッド、グナワルデン、ナセシリ・アブラハム、, スクリプター - 堀北昌子、中井妙子、宮腰千代、佐々木禮子、山内薫、南口倫子、黒河内美佳、青木順子、島貫育子、飯塚美穂、阿南玲那、藤掛順子, 作詞:松井五郎 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:タダミツヒロ / 歌:宮下文一, 第37話を除きエピソードタイトル画面全てに怪獣の名前が併記されている(第37話はエピソードタイトルと登場怪獣の名前が同一のため省略された)。, 2000年1月25日に49話から51話の未公開シーンを加えた『ウルトラマンダイナ SPECIAL』(DVD、販売元:バンダイビジュアル)が発売。, 2007年6月22日発売の『ウルトラマンダイナ メモリアルボックス』(DVD、販売元:バンダイビジュアル)には、テレビシリーズ全話が収録されている。, 2008年1月25日にTV本編の内容を1時間に再編集した「クライマックスストーリーズ ウルトラマンダイナ」が発売。ナレーションはユミムラ・リョウを演じた, 2015年9月25日発売の『ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX』にはテレビシリーズ全話を始め劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』OV『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』が収録されている。現在の最良の技術でHDアップコンバート。さらにノイズ除去などブラッシュアップを重ねた「HD Remaster2.0V」仕様となっている。. ウルトラマンダイナ ID: h/gBHhAeyU, 2020/09/15(火) 14:21:17 「ウルトラ警備隊7番目の男、セブン」 「ダイナミック、ダイナマイト、大好きな、ダイナ」 などのように地球人が意味を込めて作ったわけでもなく、「帰ってきたウルトラマン」本編ではただ「ウルトラマン」と呼ばれるだけで、エースでは「ウルトラマン二世」、タロウでは「新マン」立ったりと作品ごとに呼び方がバラバラで明確な名前が明かされず、映画ウルトラマンZOFFYでいきなりなんの説明もなく「ジャック!」と呼ばれました。もうどういうことなのさ!名付け親のウルトラマン出てこい!そしてウルトラマンジャックの由来を教えろ!, ウルトラセブンの母親とウルトラの母が姉妹であり、ウルトラセブンとウルトラマンタロウが、いとこであるという設定は廃止されたんですか?, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。