- - ソウル ホテル - 観光名所, エジプトの壮大な歴史と豊かな芸術文化が根付き、独特の魅力にあふれる街、アレクサンドリア。街は"地中海の真珠"と称されるほど美しく、世界的にも人気の高い観光地となっています。今もなおギリシャローマ時代のモニュメントであったり、古いヨーロッパの邸宅などが残っているアレクサンドリアには、モンタザやコプト教の聖マルコ大聖堂、マーモウラの海底遺跡、アブ・アル・アッバース・アル・モルシのモスクなど多くの観光スポットがあります。市内にはいたるところにアートが点在するなど、さまざまな表情を併せ持つ街です。 パリ ホテル ここでは、そんなエジプトの観光スポットをはじめ、気になる治安や物価、言葉など、エジプト旅行に役立つ様々な情報をご紹介。この記事を読めば、エジプト旅行がより身近になること間違いなしです。, アスワン 観光名所, ハルガダ 8年ぶり8度目のエジプト8日間(4)脈々と受け継がれるエジプトの伝統手法がわかる壁画に見惚れる♪ ティのマスタバ . 化粧水 ちょっと思い出してみれば、顔は横顔。目と眉、そして肩は正面を向き、バストから下は横を向いた人物画。写実性とはほど遠いアンバランスさ� 洗顔料 ご利用の際は事前にご確認ください。, 東京 ホテル 未だに何なのかわからん模様 . 12: 風吹けば名無し 2020/10/13(火) 02:31:59.88 ID:cV35Rmj50. A post shared by kireina_kumasan (@kireina_kumasan), A post shared by Douglas.Lin (@douglas_exploring), A post shared by もっちー (@ayakamochizuki24), A post shared by 旅行才叫正職。工作只是副業 (@travelismycareer), A post shared by 金子芳恵 (@kinkinkeronpa2018), 【エジプト】三大ピラミッドギザ&スフィンクスの観光スポット:謎多き世界遺産を堪能しよう, 【エジプト】ルクソールでおすすめ観光スポット14選:世界最大級の"野外博物館"を堪能しよう, エジプト旅行予定者必見☆ピラミッドや神殿の人気観光スポットやグルメの楽しみ方教えます, Go To トラベルキャンペーン最新情報|10/1から旅行代金が最大1/2お得に!, 【大分県】別府観光に行く前に!温泉誕生の軌跡や人気スポット、おすすめの体験をご紹介, 【2020年版東京】11月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:紅葉、冬桜、秋の七草ほか, 【横浜】中華街で中華料理が楽しめるお店20選+編集部おすすめ|本場の味と雰囲気を味わえるのはここ, 【エジプト】人々を魅了してやまないピラミッド!そこに描かれている壁画の特徴や神話の神々とは?. 観光名所, 歴史や文化を間近で感じることができる国エジプトは、世界有数の観光地です。エジプトといえば世界最大級の石造建築物のピラミッドが有名ですが、ほかにもまだまだ重要な遺跡や遺品が無数にあります。ユネスコ世界文化遺産に登録されているモスクであったり、12万点以上もの展示物を有する博物館、世界最大級の神殿建造物など、見どころは尽きません。迷路のように入り組んだ道が続く首都カイロは、古代エジプトの謎に満ちた神秘的な雰囲気や、現代の喧騒と活気、「オールドカイロ」の厳かさなど、様々な空気が入り混じる魅惑の街です。 - 大阪 ホテル 古代エジプトの壁画に描かれた神の絵が芸術的すぎる!その中のメジェドの存在とその目の不思議、壁画は神に向けてのメッセージですが、古代エジプト人の様式美が垣間見られます。そしてメジェドの謎の風体は何なのか、壁画の神々の目の存在と共にまとめました。 - 今回は、アレクサンドリアを訪れる際には知っておきたい定番観光地を紹介します。, ハルガダ 53. kiyoさん フォローする. 観光名所, A post shared by a Toki (@to_kiiiii) on Jan 17, 2018 at 11:42am PST, 非常に多くの種類があるエジプト壁画は、エジプトに伝わる神話や古代の神々など、当時の宗教や風習などをモチーフに描かれたものが多数あります。壁画として描かれた絵にはそれぞれどのような意味が込められているのかは、長年研究が重ねられた現代でもまだ解明されていないものもあり、古代ロマンをかき立てられる魅力の塊として、多くの考古学者によって研究が続けられています。, A post shared by kireina_kumasan (@kireina_kumasan) on Jan 31, 2019 at 2:58am PST, 世界四大文明のひとつとして数えられているエジプト文明。3000年以上も続いた非常に長い歴史をもつ文明とされており、ピラミッドやスフィンクスをはじめエジプト文明にまつわる古代遺跡も多く残されています。その背景には、当時のエジプトでは神権政治が採用されていたことによって王が神様と同等の存在として考えられていたことにあります。その王を祀る建築物として造られたのがピラミッドなのです。, エジプトの壁画は、研究によると少なくとも紀元前2000年から紀元前1500年頃には描かれていたといわれています。エジプトの壁画スタイルは約2500年もの間、ほぼ同じような方法で描かれているのが特徴とされており、岩山を掘って作り上げたお墓の壁などに漆喰を塗り、その上に顔料を使って描くのが一般的でした。顔料には鉱物を粉にしたものにゴムと水を混ぜたものが主流であったといわれています。, エジプト壁画に描かれていたモチーフは、神々の姿をはじめとする神話にちなんだものがメインとされていました。太陽神ラーの子とされているホルス神や、神聖文字であるヒエログリフなどが描かれていることが多く、中にはエジプト人の死生観にまつわるものや、ミイラの起源を解説するものなど内容もさまざま。壁画を通して後世に神々への賞賛を伝えるような内容となっています。, 世界にはさまざまな壁画が残されていますが、その中でもエジプト壁画ならではの特徴とされるものもいくつかあります。ここではそんなエジプト壁画の特徴についてをひとつずつ詳しく解説していきますので、ぜひエジプト壁画を鑑賞する際の参考にしてみてくださいね。その特徴をしっかり把握しておくだけでも、エジプト壁画を見る楽しみがより増すこと間違いありません。, A post shared by koztaka (@koztaka) on Apr 21, 2017 at 11:12pm PDT, エジプト壁画の特徴としてまず紹介したいのは、「体は横で顔は前!でも目だけはこっち向き!」です。胴体は正面を向いているのに対して顔は横向きで両足でしっかりと立っているスタイルがエジプト壁画の大きな特徴となっています。。直立したこのスタイルはファラオの神々しい姿を現しているともいわれており、古代エジプト人の美学を象徴するものとされています。, A post shared by kireina_kumasan (@kireina_kumasan) on Dec 29, 2018 at 6:25am PST, 続いて紹介するエジプト壁画の特徴は「地位の高い人は大きく!」です。これは地位や身分の高い人を大きく描くことによって、その人の権力や力の大きさなどをわかりやすくアピールするのが目的となっています。なので、エジプト壁画を見た時に一番大きく描かれている人物が、その絵の中で最も権力が高い人物=重要とされる人物という見方をすることができるのです。, A post shared by Douglas.Lin (@douglas_exploring) on Jan 17, 2019 at 7:30am PST, そんあエジプト壁画ですが、人物などの絵と一緒に描かれているヒエログリフという文字にも注目しましょう。ヒエログリフとは、古代のエジプトで使用されているた3種類の文字のうちのひとつとされており、古代エジプトでの象形文字を表しています。使われ初めた時期の詳細などについてはまだ解明されていませんが、エジプト壁画には浴多様されており、鳥や魚といった生き物や道具などを文字として描いているのが特徴です。, そんなエジプト壁画では、人物やヒエログリフのほかにもさまざまな神様や動物などが描かれているのが特徴となっています。エジプト壁画を鑑賞する際に、描かれている絵が何を表すものなのかを知っておくだけでもより理解が広がりますので、事前に勉強しておくのがおすすめですよ。ここからはエジプト壁画を見て楽しめる、さまざまな神様や動物などについても紹介します。, A post shared by もっちー (@ayakamochizuki24) on Feb 4, 2019 at 9:06pm PST, 最初に紹介するエジプト壁画に登場する絵は、犬の頭を持つ神様である「アヌビス」です。アヌビスは冥界の神とされており、ミイラを作る際に登場する神様としての立ち位置も持っています。ピラミッドなどの壁画には必ず登場するといっていいほどの知名度を誇る神様で、義父に殺された父オシリス神に防腐処理を施して、ミイラを作ったというエピソードが残されています。, A post shared by あみぽよ (@amisan03) on Jan 18, 2019 at 1:47am PST, 近年、エジプトのゆるキャラとしても知名度が高まりつつあるのが「メジェド」と呼ばれる神様です。白い布をかぶったようなユニークな見た目が特徴となっていますが、その正体はオシリス神の的を排除する役割となっており、唯一真正面を向いた姿で描かれてるのも特徴的。エジプト神話での登場回数はわずか2回というマイナーな神様でありますが、日本では不思議と知名度が高い神様となっています。, A post shared by 旅行才叫正職。工作只是副業 (@travelismycareer) on Feb 6, 2019 at 6:38pm PST, エジプト壁画には猫の絵も多く登場するのが特徴となっており、現代のような愛玩動物という枠を超えて宗教の信仰対象となるような、貴重な存在とされていました。エジプト壁画にも猫の姿が多々描かれており、当時のエジプト人の生活の中において猫の存在が密接であったことがわかります。また「パステト」と呼ばれるエジプトの女神は猫の頭をしているのが特徴で、こちらもよく描かれているモチーフとなっています。, A post shared by 月華 (@gekka262626) on Mar 10, 2020 at 7:21pm PDT, 続いて紹介するのは「スカラペ」。スケラペとは、日本でいうふんころがしのことで、ふんを転が姿と太陽が沈んではのぼっていくというサイクルが似ているということから、ふんころがしは死と再生の象徴として、エジプトの民の間で定着していました。スカラペはエジプト壁画でも人気のモチーフとされており、古代エジプトにおいての幸運の護符という立ち位置でもあったようです。, これらのエジプト壁画について、現在もなお研究が進められてはいるものの、まだまだ謎が多いとされています。歴史や神話にまつわるものが多いとされていますが、中には異星人とのコンタクトをとったものではないかとされているものもあり、研究は続けられているものの、謎は深まるばかりです。今後も考古学の研究は進められているはずなので、これから謎が解ける日がくるかもしれませんね。, A post shared by 金子芳恵 (@kinkinkeronpa2018) on Sep 11, 2018 at 2:59am PDT, 日本からエジプトへの行き方ですが、直行便は運航されていないため、ドバイ空港などを経由して乗乗り継ぎをするルートでエジプトのカイロ空港までアクセスするルートが一般的となっています。遺跡などを中心に観光したいのであれば、カイロ空港からさらに空路を利用してルクソール空港を目指すのがおすすめです。エジプト国内にもさまざまな観光名所があるので、行き方などをしっかり調べて充実した旅行にしましょう。, いかがでしたか?この記事では歴史のロマンを感じられるエジプトの壁画について詳しく紹介しました。エジプトで壁画が描かれるようになった背景や、その方法のほか、壁画にも登場する神様の種類や文字についてなども解説していますので、ぜひ壁画鑑賞の際の豆知識として参考にしてみてくださいね。ピラミッドなどの遺跡を実際に見に行くのはあまり現実的ではありませんが、国内外のいろいろな博物館でエジプト壁画を見ることもできますよ。, ギザ 古代エジプトの壁画に描かれた神の絵が芸術的すぎる!その中のメジェドの存在とその目の不思議、壁画は神に向けてのメッセージですが、古代エジプト人の様式美が垣間見られます。そしてメジェドの謎の風体は何なのか、壁画の神々の目の存在と共にまとめました。, 古代エジプトは世界四大文明の一つで、歴史上最大の長さをほこる謎多き文明です。紀元前2700年頃に統一王朝が成立して始まり、その後約3000年間続いていきます。古代エジプトは 古王国(前2700~前2200年) 中王国(前2100~前1700年) 新王国(前1600~前1100年)と大きく三つに分けて考えたりします。, ピラミッド文化は古王国時代。有名なツタンカーメンは新王国の時代の人です。新王国の王族の墓は王家の谷というところに集中しています。ですがほとんどの墓は荒らされてしまっていて、まともに残っていたのがツタンカーメン関連の墓だけでした。なので色々と出土品が見つかることで有名とっています。画像はツタンカーメンのマスクですが、実は義理の母「ネフェルティティ」のものではないかと言われています。, どこの文明にもあるように、やはり古代エジプトにも神話があり、それらは国の在り方に大きく影響を与えます。古代エジプトは特に『ヘリオポリス』という神話を中心に動いていきます。絵は『アトゥム』と言ってヘリオポリス神話における天地創造の神となり、その神話での頂点の神になります。, 古代エジプトでは死者を葬るさい、死者の書という葬祭文書を冥福を祈り死者とともに埋葬されました。その死者の書に描かれたメジェドという一つだけ異様な風体の謎の神が描かれていてちょとした話題になっています。徹底された古代エジプトの絵の様式に謎の彼メジェドだけが反しています。これは壁画ではなく巻物のようなものです。, ヘリオポリス神話では九柱神と言って、天地創造に関わる九人の中心的神様がいます。アトゥム  創造神シュー (男性)   テフヌト(女性)ゲブ(男性)    ヌト(女性)オシリス(男性) イシス(女性)セト(男性)    ネフティス(女性), ヘリオポリス神話的に世界の始まりを象徴する存在です。彼は両性具有とされており、一人でその下の神『シュー』と『テフヌト』を生み出したとして語られています。のちに『ラー』と呼ばれる太陽神と融合し『アトゥム=ラー』となります。(そのように作り変えられる)ヘリオポリスには元々「ラー」崇拝という概念も存在していてそれらを統一する形になっていきます。古代エジプトには地方ごとに様々な神が存在していて、力の強い地域の神が神話的権力を持つことがよくありました。ヘリオポリスは、現在のカイロ近郊に存在した古代エジプトの都市です。, 顔はハヤブサです。ハヤブサの頭を持った獣頭人身(鳥頭人身)の姿で描かれます。頭には太陽を象徴した円盤を乗せています。これが神々トップとなるものとなります。, この壁画の絵の上部に目が描かれています。このハヤブサの頭をもつラー(ラーアトゥム)の子孫(子供)に『ホルス』という天空と太陽の神がいます。そのホルスの目が上部に描かれています。, ホルスの目は古代エジプトのシンボルの一つ。『左目は月の象徴』(ウジャトの目)ウジャトとはある守護女神のことで、ホルスの左目がウジャト女神の目になっている理由はよくわかりませんがとにかく月の象徴とされています。もう一方の右目(「ラーの目」)は太陽の象徴とされています。, ラーの直接の息子である存在と、ヘリオポリス神話的に『オシリス』と『イシス』の息子である存在の二つの成り立ちがあります。このようにエジプト神話的には様々な境遇は珍しいことではないようです。古代エジプトの歴代の王(ファラオ)の多くは、このホルスに憧れを持っていたようで、死後は我こそがホルスになる存在だということを信じていたようですね。, プロビデンスはキリスト教の摂理という意味です。神の全能の目を意味します。元となったのがホルスの左目(ウジャトの目)だということです。ウジャトの目は「全てを見通す知恵」や「癒し・修復・再生」の象徴とされていました。画像は1ドル紙幣。, オシリスはあのホルスの父ともされる神様です。一度死んでから復活を遂げた存在として、再生する大地のサイクルと、生命の象徴になっています。体は包帯でぐるぐる巻きにされていて、ミイラ的存在ということにもなっています。古代エジプトではこれに習ってファラオたちはミイラになっていきます。オシリスの後ろの女性はイシス(本妻)とネフティス(浮気相手), この絵は、古代宇宙人説で使われる画像の一つになっています。後ろの女性がオシリスを後ろから操っていて、オシリスはロボットだという説があります。この死者の書にメジェドが出てきます。, 死者の書に出てくるメジェド、彼にはこんな話があります。「それはオシリスの家におり、目によって撃ち、姿は見えない」メジェドは目には見えない存在であるということになります。形而上学的存在ということです。そしてメジェドはオシリスの家にいます。ですがこの正面向きの異様な物体は宇宙人を表しているとも考えられないでしょうか。いたかいなかったかは別として、そのようなことを考えて描いていてもおかしくはないでしょう。神自体が宇宙人を超えてますからね。, 画像は死者の書の一部です。死者の書にはメジェドが出てきますがメインはこの絵の部分になります。右の部分にはオシリスがいます。真ん中あたりにはホルスがいます。天秤の所にいるのが『アヌビス』と言う犬の頭を持つ青年で、もう一人のオシリスの息子になります。, 冥界に行った死者は『アヌビス』によりある審判を受けます。天秤に心臓と真実の羽をのせ秤に掛けます。心臓の方が重いと天秤はそちらに傾き、罰の対象となりますが、そのあとに真実を語れば許してもえらえ次の世界へ導かれます。嘘を言えば『アメミット』という獣に食われてしまい、そこで存在は終わります。, オアシスの息子で、ミイラ作りの神とされています。頭は犬かジャッカルだとされています。現在の「ファラオ・ハウンド」という犬がアヌビスのモデルになった犬とされていますがはっきりわかりませんね。ジャッカルや野犬が墓の周りを徘徊していたことから、死者の見守り的な存在として始まったとされています。ハヤブサのホルスと犬のアヌビスは腹違いの兄弟です。, アヌビスに合格を得た死者は『ホルス』に『冥界の王』の元へ導かれ、その先の死後の世界へ行くことができます。画像はホルス。その冥界の王とは彼らの父である「オシリス」となります。オシリスは蘇りを果たしたことで冥界を支配する存在になっています。背景に見える様々な模様は文字で、ヒエログリフ文字と呼ばれる古代エジプトではメジャーな文字になります。, 画像真ん中あたりに謎の物体「メジェド」がいます。異様な光景に見えますね。女性が彼を拝んでいます。, 死者の書は『ヒエログリフ』という3種のエジプト文字のうちの1つで書かれました。紀元4世紀頃までは読み手がいたとされていますが、その後受け継がれずに読みの記憶は消滅します。19世紀になって、ロゼッタ・ストーン解読以降読めるようになりました。, エジプトのロゼッタで1799年に発見された古代文字の書かれた石版。プトレマイオス5世(古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ)の時代に発令された「法令」を刻んだものになります。ヒエログリフ文字は読めませんが、同じ意味、内容と推測されるギリシア文字も書かれていたことから解読が可能となりました。, 古代エジプトの壁画などに描かれた絵はほぼ100パーセント横顔です。そして体は正面を向き、腰から下はまた横向きになっていています。その徹底したパターンと神へ向けたメッセージ性を総合して、芸術度の高い創作物になっています。そして足は左右どちらも土踏まずが見えている場合が多くなっています。, 横顔である意味の明確な答えはありませんが、伝統的であることは確かです。横顔の推測できる理由として、宗教的なものだったり美観や芸術感などの葬式的なものだったということが考えられます。そして横顔ですが、目は正面上向きになっています。, 壁画の女性たちの顔は横向きですが目はよく正面を向いてると言われます。そしてさらに付け加えるなら必ず少し上を見ています。横顔を見せる理由は美術的観点から考えて、古代エジプトの人は横顔がより美観や人間観を表現するのに適していると考えていたのかもしれません。鼻やアゴの感じの曲線に何かしらの観点があったかもしれません。, 目は正面を向き少し上向きなのはなぜなのか。目は重要なパーツと考えていたはずなので丸々描いてしまおうとした意味は納得できますが、少し上を向いているのは、何か深い意味がありそうですね。相手の背後霊を見ているとか、宇宙を見ているとか。, メジェドだけはほぼ唯一、正面向きの絵なのですね。他のどの壁画にもこのようなスタイルの存在は描かれていません。この謎の存在は目も二つ描かれています。足も正面向きという異例の格好をしています。それが意味するところは何なのでしょう。謎すぎてあまり研究は進んでいないようです。, 紀元前4000~5000年頃のエジプトでは、ネズミなどの駆除の為に、猫が家畜化され始めたと考えられています。当時のエジプトの土着猫にはジャングルキャットとリビアヤマ猫がいました。, ジャングルキャットは野性味が強すぎて、なかなか人間にはなつかなかったようです。一方王族ではライオンなど他の猫科の動物を飼いならすことがステータスとなっていた。, リビア山猫は家畜化に成功しています。古代エジプト文明では多元的なトーテミズム(崇拝主義)が確立し、猫はもちろんトキ、タカなどの鳥やコガネムシなどの昆虫なども崇拝の対象となりました。, ファラオが造らせた建造物であるピラミッドであるが、技術力の高さから宇宙人が作った説があります。面白みのある話ですよね。しかし高々ピラミッドです。浮いているわけでも不安定な場所にあるわけでもないので宇宙人ではなく、普通の人間が造ったと考える方が自然ではないでしょうか。我々が今滅んで、また新たな文明が発生した 時、スカイ                       ツリーでも残っていたら未来の人たちは古代には宇宙人が                      いたと言い始めるかもしれませんね。, 古代エジプトの壁画の絵や、その他に描かれた絵や文字は様々なメッセージ性を持っていますが、美術的価値や、芸術的価値の高さも目を引くものがあります。その中でも不自然存在のメジェドは特に目を引きます。それが一体何を象徴しているのかはもしかするとわからないのかもしれませんが、想像するのは楽しいものなのかもしれません。これから開けられるはずのファラオの義理の母、ネフェルティティの墓にはどんな壁画や死者の書が祀られているのか気になるところです。, 東京周辺のパンチラスポットTOP25【フロントパンチラ/反射パンチラ/胸チラ…】, 【メジェド】古代エジプトの壁画まとめ。”謎の神”や”目の絵”に隠された意味のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。.