オーフェンに露骨にゴマをするため”おべっか使い”と揶揄されている。 魔術士オーフェンがイラスト付きでわかる! 魔術士オーフェンとは、著:秋田禎信、イラスト:草河遊也によるライトノベル及びそれを原作とするアニメ作品。 概要 本編の正式タイトルは『魔術士オーフェンはぐれ旅』(1994年~2004年、2011年~2014年)。 第14話の放送後すぐに放送時期は未定ながら、第2シリーズ『キムラック編』の制作決定を発表。 王都の魔人と呼ばれ、チャイルドマンと双璧をなす強力な魔術士。, マギー家の次女。通称コギー。 すべてが上手くいって犠牲がない、ということのない作品だけに、今後の展開が不安です。しかし、早く読みたいのもまた事実。次巻が楽しみでしかたないです。. 2020年冬アニメ 2021年冬アニメ 乙女チックな愛に生きる女。妄想が突っ走ってはた迷惑な騒動を引き起こす。, (CV:斎賀みつき) フィンランディ三姉妹, オーフェンの長女。 フォルテ、レティシャの息子。 破天荒なキャラクター達と緻密な世界観で人気を博し、2度のアニメ化をはじめとしてCD、ゲームなど大規模なメディアミックスが行われた。 短編では破天荒なキャラクター同士の絶妙な掛け合いがコメディタッチで描かれている。, 世界を術者の理想とする現実に改変する力。 ふまけんBL(312) 4. 邪法の体術と精密な魔術を行使する魔術戦士でもある。, オーフェンの三女。 ちなみに生徒たちは優秀だがかなり個性的な問題児ばかりである。 だがベイジットに手を焼かされてきたこともあるため、柔軟な考えも出来る善良な青年である。 【感想】小説「魔術士オーフェンはぐれ旅 約束の地で」 構想として、キエサルヒマ大陸西部編が第1部、東部編が第2部、新大陸開拓黎明期が第3部で、この新シリーズは第4部にあたるそうです。 すべてを可能とする力を魔法と呼び、限定的な力である魔術とは明確に区別される。 ふまけんBL 激裏(314) 3. ある目的からロッテーシャの剣術教錬所に潜り込んでいる。, ドッペル・イクスと呼ばれる一派に属する殺し屋。 物語開始時は牙の塔の権力争いと距離を起きながら二人の帰りを待っている。, 魔術士と敵対するキムラック教会の幹部”死の教師”の一人。 もちろんコメディとしてだけでなく、「あ、こういうところは昔と変わってないんだな」と感じられて、そういう意味でもニヤりとしました。, 嫁のほうは優しい母親になったようで、だいぶ落ち着いた印象です。勢力的には嫁>夫のようですが。夫婦仲は睦まじいようで嬉しいです。 良い見方をすれば活発で明るく天真爛漫、斜めの見方をすればわがままで常識外れのじゃじゃ馬。 構想として、キエサルヒマ大陸西部編が第1部、東部編が第2部、新大陸開拓黎明期が第3部で、この新シリーズは第4部にあたるそうです。第4部を読んでしまうと、がぜん第3部も読みたくなります。第3部の流れはあとがきなどで明かされているのですが、神人種族との戦いがどのように描写されるのかが特に気になります。, 秋田BOXで既読ですが、今回は挿し絵付き。表紙の中年オーフェンは哀愁があっていいですね。口絵が爽やかなオシドリ夫婦(そう見える)で思わずニヤついてしまいました。後ろの方でデバガメしてる娘たちが可愛い。, オーフェンは20年の歳月を経て、(まさかの地位にも就いているというし、)すっかり落ち着いたのかと思えば、いきなり「魔王オーフェン・フィンランディは今日も、恐怖の魔力によって世界を征服する邪悪な計画を示す書類に目を通していた。」で笑ってしまいました。笑うというよりはほくそ笑むというか、まあ、にやにやしてしまうわけです。 逆に弟のドーチンは博識だが気が小さく、兄のおバカな行動につき合わされている。 キエサルヒマ大陸先住民である地人種族の兄弟。 ありがとうございます!!!! 1998年10月から1999年3月にかけてTBS系列局の一部とBS-iにて全24話が放送された。 アニヲタwiki(仮), 魔術士オーフェンとは、著:秋田禎信、イラスト:草河遊也によるライトノベル及びそれを原作とするアニメ作品。. 作者は秋田禎信。イラストは草河遊也が担当した。 力を求めて新大陸へと密航する。, マヨールの婚約者。 そういえば、エッジとマヨールは仲良くなったなと思っていたけど、よく考えたら馬車の中で失望されたところからは回復したんでしょうか…。この二人は今後も気になるところです。, 戦闘シーンではマジクが際立っていた印象です。訓練所でのマヨールから見た戦いぶりは燃えました。そんなに成長したのか、と。いや、もともと魔術に関しては才能を見せていた彼ですが、頼りない面もあったので。それが騎士団で一、二を争うとか、しかも争ってる相手があいつだとか。なにより、オーフェンに信頼されているというのがいいですね。なんだか感慨深いです。 母にそっくりな容姿を持ち、エリート主義を地で行く優等生。 現在は様々な役職を兼任する原大陸の最高権力者にして世界最強の魔王術士である。, スウェーデンボリー魔術学校の教師兼魔術戦士。 フルネームはユイス・エルス・イト・エムグ・エド・コルゴン。 妹とは違い神経質で生真面目な性格。 この巻では、そんなニヤついてしまう箇所が多くてたまりませんでした。マヨールの母親似の顔とか、カーロッタ村の薪とか、胡椒引きとか、馬とか。 空間転移や飛行など一般的なファンタジーの魔法で出来そうな事の多くが制約されているのも特徴の一つである。 Blu-ray・DVDは単巻発売はなく、全2巻のBOXがそれぞれ4月2日、5月8日に発売された。 相変わらずの変人にして危険人物。 原作公式Twitter 文字通りの変人だが医療魔術に関しては右に出るものがいないスペシャリストである。, ナイトノッカー(迷惑来訪者)の二つ名を持つ。 その行動は神出鬼没、変幻自在、理解不能。 基本的には原作の1巻をアニメ化したものだが、2巻や4巻に収録されたエピソードやオリジナルストーリーも展開された。 消息不明の姉アザリーを探し大陸を放浪する。, メインヒロインを務める金髪の少女。 オーフェン一行の旅に興味本位で付いて行く。, 金髪碧眼の14歳の美少年。 複数の名前は任務によって使い分けている。, CV:中田譲治 / 浪川大輔 三姉妹ではエッジが好きです。気は強いけど、両親のことが大好きな可愛い子だと思います。父親のことはもちろん、そのボディガードなんて渾名された母親のことも尊敬してそうな感じを受けました(ところで、この「魔王のボディガード」っていうのがすごく好きです。クリーオウは昔と変わらず、死地にまでくっついて行ってサポートしてたのかと)。 アニメリメイク版公式サイト 魔術の才能はずば抜けており、オーフェンに魔術を習うために共に旅に出る。, 大陸最強と呼ばれるディープドラゴン種族の子供。 また、白魔術士の中には「精神士」と呼ばれる「肉体を捨て精神のみの存在となる」事で物理的な現象や制限に囚われない力を持つ者もいる。 長身で感情のない完璧超人。25歳という若年ながら牙の塔を事実上掌握している。 toブックスの書籍や関連グッズが購入できる直営のオンラインストアです。オンラインストア購入特典付きの商品からアニメグッズまで、様々な商品を取り揃えています。クレジットカード以外に代引き、後払い決済が可能です。 『魔術士オーフェン』(まじゅつしオーフェン、英:Sorcerous Stabber Orphen)とは、著・秋田禎信、イラスト・草河遊也による、富士見ファンタジア文庫(富士見書房)およびTOブックスのライトノベルシリーズ、および、それを原作として展開されるコミック、アニメ、ゲーム、ラジオドラマなど各メディアミックス作品の総称である。, 魔術士の青年オーフェンを主人公とするアクション・ファンタジー[1]シリーズ。秋田禎信の小説作品としてはデビュー作『ひとつ火の粉の雪の中』に続く第2作目にあたり、作者のキャリアにおいて最も長期に渡るシリーズとなっている。, 原作は文庫書き下ろしの長編『魔術士オーフェンはぐれ旅』と、『月刊ドラゴンマガジン』連載の短編『魔術士オーフェン・無謀編』に大別される。1994年5月から2003年10月にかけて、『はぐれ旅』全20巻、『無謀編』全13巻の計33冊が富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より発売され、外伝短編『魔術士オーフェンまわり道』全2巻が角川mini文庫(角川書店)より発売された[2]。その後、2011年9月から2015年9月にかけて『はぐれ旅』の続編となる新シリーズが、出版元をTOブックスに移して刊行され、同時に旧シリーズも新装版として復刊されている(#新展開(2008年~)を参照)。, いわゆる「剣と魔法」の中世的異世界ファンタジーの作法を基盤としながらも、テクノロジーや文化などの面で現代的な要素を取り入れており、独特の世界観を形成しているのが特徴である。緻密に作り込まれた世界設定はしばしば作品の評価の一因として挙げられ、特に魔術を始めとする古典ファンタジーの定石に一歩踏み込んだ理論付けが加えられている。これについて作者は「一般的なファンタジーのイメージを外して作った」と語っている[3]。そのほか、ハードボイルドなストーリー展開やケレン味溢れる痛快なアクション描写、エキセントリックなキャラクターたちが織りなすシニカルで切れ味鋭い掛け合いなども読者から高い支持を得て、一躍人気を博した。, シリーズの公称発行部数は累計1000万部以上[4]、もしくは1200万部以上[5]とされ、多くのメディアミックスも展開された。, 1997年12月より、『月刊ドラゴンジュニア』誌上にて、沢田一作画によるコミカライズ『魔術士オーフェンはぐれ旅』の連載がスタートした。続いてその続編の『魔術士オーフェンはぐれ旅MAX』が2003年2月まで連載され、単行本全8巻が角川コミックスドラゴンJr.(角川書店)より発売された。, 1998年10月〜1999年3月、および1999年10月〜2000年3月の2期にわたり、TBS(東京放送)/J.C.STAFF制作によるテレビアニメ化も果たした。しかし、いずれも原作のストーリーや設定を大幅にアレンジしたアニメオリジナル色の強い展開であったため、原作ファンからの評価は押しなべて低いものとなった。アニメの放映期間中、TBSラジオでアニメ本編と連動したラジオ番組が放送され、その番組内の一コーナーとして『無謀編』シリーズの一部エピソードがラジオドラマ化された。こちらは概ね原作に則した展開が再現されており、後にドラマCDも発売された。, 2001年には、『スレイヤーズ』シリーズの著者である神坂一との共同執筆によるコラボ小説『スレイヤーズVSオーフェン』が、ドラゴンマガジン増刊『ファンタジアバトルロイヤル』誌上で実現した。当時の富士見ファンタジアレーベルが掲げる2枚看板の競演は大きな話題を呼び、2005年には完全限定生産版として豪華ボックス仕様の単行本が発売された。, 2008年9月、秋田禎信の公式ウェブサイト『モツ鍋の悲願』において、『はぐれ旅』の後日談にあたる『あいつがそいつでこいつがそれで』の不定期連載が開始された。これはある事情からお蔵入りとなった企画用の原稿を流用したもので、後にティー・オーエンタテインメントから書籍化の打診を受け、2009年12月にTOブックスより発売された『秋田禎信BOX』に、新たな書き下ろし後日談と共に収録された。, 2011年3月、『秋田禎信BOX』に収録された後日談のさらに後のエピソードが、完全新作書き下ろしの「新シリーズ」として展開されることが発表された。『秋田禎信BOX』から『はぐれ旅』の後日談部分のみを再編集した再録本を皮切りに、2011年9月から2014年5月にかけて、TOブックスより全8巻が発売された。新シリーズの本編完結と同時に番外編短編集の刊行も発表され、2014年11月と2015年9月に全2巻が発売された。, 新シリーズの展開と並行して、絶版状態となっていた富士見ファンタジア文庫の旧シリーズも、装丁・判型を刷新した新装版としてTOブックスより復刊された。2011年9月から2012年6月にかけて『はぐれ旅』の新装版(全10巻)が、さらに2012年11月から2013年6月にかけて『無謀編』のドラマCD付き新装版『しゃべる無謀編』(全7巻)が、それぞれ連続刊行された。また新シリーズおよび新装版は電子書籍版も発売された。, 2016年8月、ファミ通コミッククリアで連(むらじ)による『はぐれ旅』の新コミカライズがスタート。同年9月には、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』40周年記念ノベライズアンソロジー『VS.こち亀』で、まさかのこち亀×オーフェンコラボが実現した。, 2019年でシリーズ開始から25年を数えるにあたり、それを記念した「25周年プロジェクト」が始動。2017年9月から2018年6月にかけて、『はぐれ旅』新シリーズの文庫版が毎月刊行され、また単行本の限定版特典だったドラマCDも単品で順次発売されることが発表された。, 魔術士オーフェン / TBS / J.C.STAFF / バンダイビジュアル (全24話), 魔術士オーフェンRevenge / TBS / J.C.STAFF / バンダイビジュアル (全23話), Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki, 『魔術士オーフェン』シリーズは、秋田禎信、草河遊也、株式会社ティー・オーエンタテインメント、株式会社富士見書房、株式会社角川グループパブリッシングの著作物です。, http://www.orphenpedia.com/wiki/index.php?title=魔術士オーフェン&oldid=66845. しかし、ラッツベインや生徒にはちょっとなめられているような? 騎士団以外にはあまりその実力を知られていないのでしょうか。ひょっとして、魔術戦士の脅威に反発する勢力への対策として、マジクの強さってあまりおおっぴらにされてないのかなとも思いました。かと言って、強い戦士がいないのも問題があるから、隊長なんかがしっかり護衛などの仕事もやってるのかな、と。まあ、単純にマジクの性格がそういうものだからってだけかもしれませんが…。, シリアスな戦闘シーンではないんですが、ラッツベインがエッジをおしおきするシーンの描写が好きです。あっさりと、しかしはっきりと二人の力量差が見えて。 アニメーション制作はスタジオディーンが担当。 オーフェン曰く「紙を燃やすのが黒魔術で、紙を別のものに変えるのが白魔術」らしい。 原作の正式タイトルである『魔術士オーフェンはぐれ旅』のタイトルで作り直されることを発表。 そのため、本作はそうした世界観を持つ作品の嚆矢として上げられる事がある。, 本作の主人公。 基本的に集中力が必要な上、発動までタイムラグがあるため接近戦では使えない。 自称・科学者で人造人間シリーズという名のガラクタを作ってはキリランシェロに戦いを挑み返り討ちにあう日々を送っている。 性格は天然で放浪癖があり牙の塔にはほとんどいない。いる時は屋根裏部屋のサボテンを育てている。 藤玉 二玉 千玉only小説(12) 7. あいつがそいつでこいつがそれで(あいつ以下略) あいつ こいつ あいつ・挿絵風 かつては富士見ファンタジア文庫で出ていたが、現在はTOブックスにて発刊中。 赤毛でそばかすが特徴的な少年。 何事にも動じない鉄の女にして大会社の経営者。 オーフェンの片腕としてその実力を発揮している。, ≪戦術騎士団≫の隊長。 クリーオウに良く懐いており、とんでもない命令を聞くこともしばしば。, オーフェンの姉、レティシャの従姉。 ”島”を救う代償として旧体制を破壊し、結果として戦争を起こしたことで魔王と呼ばれている。 ロッテーシャの夫で剣の継承権を巡り小競り合いをしている。, 軽薄でハッタリじみた話し方を好む剣術教練場の練習生。 20年が過ぎ、オーフェンたちの活躍もあって開拓に成功した原大陸は、大陸同士の国交を結ぶほどの発展を遂げる。 その大陸で、実質的な最高権力者として魔術学校の校長に収まっていたオーフェンは、三人の娘たちの成長を見守っていた。 【登場人物】, チャイルドマンの戦闘・暗殺術をすべて叩き込まれた魔術士の暗殺技能者。 このシリーズの、戦士の力量を感じさせるシーンがすごく好きです。こんなに強いキャラがいるのかと圧倒されて、燃えるし、心躍ります。, クレイリーはいけ好かない奴ではあるんですが、訓練所で見せた技能や覚悟を見ると、彼もまた苦難の時をオーフェン達と一緒に歩んだ戦士なんだと思い出されて、前半部分のマイナス点がだいぶ軽減されました。収拾のつかなくなった会議を終わらせてくれますしね。, 開拓黎明期の話は重いです。読んでいるだけでつらい。冗談だったはずの忠実な軍隊を手に入れることについて考えてしまうくだりも、それだけ苦労しているのかと思うと、切ない気持になります。 王都の魔術士の台頭により権威を失うことを恐れた牙の塔が宮廷に対抗するために創設した。 シリーズは本編に当たる第一部・西部編、第二部・東部編、短編に当たる無謀編&プレオーフェンに分けられる。そして2011年から新シリーズが再開され第四部・原大陸編が刊行された。なお第三部は新大陸開拓時代の出来事で執筆予定はない。