・社内の情報共有、面接スキルの均質化に繋がる ・求人媒体を一括管理できる 音声とテキストを使用して鮮やかに顔画像をアニメーション化でき、あらゆる分野で活躍できそうです。 All rights reserved. ・モニタリングにるサポート機能あり, こちらはオンラインイベント配信スタジオです。新商品発表会やライブ配信もこちらのスタジオで可能です。設備に不安がある方や広い場所を確保したいなどのご希望がある場合は、こういった場所を使って撮影をするという手段もあります。, ・撮影内容に合わせた最新機材で対応可能 まだまだ続くブースレポート #8, 驚異の高コスパ!「Wi-Fi 6最安」のルーターがさらに強力に、TP-Link「Archer AX20」, クアッドコア化、2.4GHz帯が11ax化、メッシュにも対応し、USB 2.0も新設, 「住民税」の計算方法、「e-Taxで確定申告」する方法、源泉徴収票の見方など、“税金の話”まとめ, GmailやGoogle ドライブの「うまい使い方」まとめ【G Suite時短仕事術】, 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)主催のカンファレンスイベント「Internet Week 2020」が11月17日~27日にオンラインで開催される。まず17日・18日・20日にハンズオンが行われ、後半の24日~27日にカンファレンスが行われる。参加費は5000円(税込)で、会期中の全てのセッションを聴講できる。, Internet Weekは、インターネット技術の研究・開発やインターネットの構築・運用などに携わる人々が一堂に会し、最新情報を共有し、議論するためのカンファレンスイベントだ。毎年この時期に開催される恒例のイベントとなっており、日本のインターネット運用を支えている人たちの「巨大オフ会」とも称される。いわば、いつでもオンラインで自在にコミュニケーションできる業界だからこそ、逆にリアルで集い、交流を深められる年に一度の場として重要な枠割を担ってきたが、今年はコロナ禍によりそれが困難となり、初めてのオンライン開催に。しかし、リアルでの交流の場を諦めざるを得なかった一方で、オンライン開催ならではのメリットもあるという。, まず、居住地にかかわらず参加しやすくなったことが挙げられるが、これは講演者にとっても同様だのようだ。従来はスケジュールの都合で会場に来て登壇することが叶わなかった例もあったようだが、今年はリモートで登壇できるほか、場合によっては講演の事前収録にも対応したとしており、JPNICでは、講演者の顔ぶれは例年以上に豪華になったのではないかという。, また、リアル会場であれば定員があるため、従来は人気のセッションが満席で参加を断らざるを得なくなる場合もあったが、オンラインの今年は、ハンズオンを除く全てのセッションで定員がない。ハンズオンについては、実習環境やサポート体制の関係で定員を設定しているものの、オンラインであることをうまく生かし、講演者や参加者など関係者全員が利用できるSlackを用意し、イベント開始前からコミュニケーションを取っているセッションもあるという。なお、ハンズオンについては、すでに定員に達しているものもある。, カンファレンスは、オンラインになるとはいえ、IPv6、DNS、ネットワーク運用管理、サイバーセキュリティなど、従来から続くテーマのセッションが用意されているほか、最終日のプレナリーセッション「IP Meeting」も例年と同様に行われる。, その一方で、コロナ禍の今年ならではのテーマのセッションもある。例えば、「社会変容とインターネット~100年に一度の大禍とデジタル社会の初めての遭遇」(26日午前)には、台湾のデジタル担当大臣であるオードリー・タン氏も登場する。, そのほか、「リモートワークを支える社内セキュリティ基盤の作り方」(24日午後)、「リモートワーク時代の運用組織運営」(25日午後)、「テレワークマネジメント~管理者として向き合う業務設計・ツール編~」(27日午前)、宅内環境におけるWi-Fi運用に焦点を当てた「在宅勤務とおうちWi-Fi」(27日午後)といった、コロナ禍により拡大したリモートワーク/テレワークや在宅勤務に関するセッションも用意されている。, JPNICによると、今年はオンラインにせざるを得ない状況だったが、来年以降の開催形態については検討中という。これを機にオンライン開催にするのか、コロナが収まったらリアル開催に戻すのか、両方を取り入れながらやるのか――。JPNICが7月、過去のInternet Weekの参加者に対して行ったアンケートでは、首都圏以外の人のほうが「今年はやむを得ないが、コロナが収束したらまた元の開催形態に戻りたい」と考えている傾向だったという。JPNICでは、リアル会場まで遠い地域の人ほどオンラインのほうが便利と考えるのではないかと想像していたというが、「それを超えるものがInternet Weekにあることが分かった」という。初のオンライン開催となるInternet Week 2020は、今後のInternet Weekの方向性を決めるものになると言っても過言ではないとしており、「ぜひ多くの方にご参加いただき、たくさんのご意見をお聞かせいただきたい」としている。, 参加申し込みはInternet Week 2020の公式サイトから行える。参加費の請求書払い(銀行振込)にも対応する事前申し込み期間は13日17時までだが、その後も最終日の27日12時まで、クレジットカード決済による参加申し込みが可能だ。, 「Internet Week」の20年を関係者が振り返る座談会/「Internet Week」で伝えたいインターネットコミュニティの精神, 「Internet Week」開催地が変更、20年目の今年は浅草橋で~隠れた名店もあるエリア, 今日から「Internet Week 2016」開催、東京・浅草橋で12月2日まで, 今週は「Internet Week 2017」、東京・浅草橋で12月1日まで開催、インターネット関係者が多数集う, 「Internet Week 2019」が開幕。年に一度、ネットを支えている人たちがオフラインで集う. 2,弊社担当より人数・規模感などを確認させて頂きます ・空間演出も思いのままできる, こちらは、クラウドベースの遠隔通訳プラットフォームです。あらゆる場所から、いつでも、何ヶ国語でも、参加者が何人でも気にせず、会議やイベントで同時通訳を利用できます。 これは、配信者側だけではなく参加者の環境も同様ですので、事前に推奨するPCのスペックなどを伝えておくといいかと思います。, また、オンラインイベントでは音声がしっかり聞こえるということも大きなポイントです。 ・挙手機能で双方向のやり取りOK リアル謎解きゲームを使った企業イベント実績100社以上の株式会社ハレガケ(本社:東京都豊島区、代表:黒田洋介)は、企業様向けにオンライン謎解きゲームを提供するサービス「謎解き社内イベントオンライン」の提供を2020年6月1日(月)より開始しました。 この状況を打破する手段のひとつとしてイベントをオンライン化しているところは多いかと思います。, オンラインイベントは移動の必要もなく、主催者側も来場者側も場所を選ばず参加ができます。またコスト面でも会場費や設営費等が大幅に削減できるというメリットがあります。, 最近では、オンラインイベントを盛り上げるさまざまなツールもあるため、個性豊かに楽しい演出をすることも可能になってきています。, こういった課題は最低限計画段階で想定しておき、事前に対応方法を検討しておくべきです。 ・直感的な操作で手軽にタブレット授業をスタートできる リモートワークが増え、社内コミュニケーションの活性化にお悩みの方も多いのではないでしょうか。本記事では、オンラインでも実施できる社内交流イベント30選をご紹介!コミュニケーション活性化やチームビルディングにお役立てください。 イベントを考えるとなると、どうしても目新しいアイデアに偏ってしまうもの。しかし、イベントのそもそもの目的を失ってしまっては、元も子... セミナーを開催することによって、自社の経営に具体的にどのようなメリットがあるのか疑問に思う方もいることでしょう。今回の記事では、セ... セミナーの開催に欠かせない受付業務は、セミナー受付システムを導入することで業務を効率化し、人的ミスを減らすことが可能となります。本... セミナーの受付終了後、リマインドを行うための受付メールをおろそかにしてしまう企業は多いのではないでしょうか?実は、セミナーのキャン... 当社がこれまでお手伝いさせていただいた様々なイベントの実施プログラム事例をご紹介。, 当社がこれまでお手伝いさせていただいた周年・社内イベントを、 業種・参加対象・人数規模別にし、コンテンツ例とご予算をご案内しています。, 当社がこれまでサポートしてきた企業イベント事例をご紹介しています。様々な業種の企業イベント事例の中に貴社のイベントにも当てはまる成功のヒントがあります。, 〒104-0061 東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビルディング9階 / TEL 03-4500-4758. ・専用の撮影ルームでクオリティをあげられる, 前章では、オンラインイベントに使えるいくつかのツールをご紹介いたしましたが、この章では、イベントをオンライン化する際の注意点と課題に触れたいと思います。, 新型コロナウイルスの影響を受けて多くのオフラインイベントは自粛を余技なくされ、現在もガイドラインを遵守した上で制限されたイベント開催しかできない状況です。 ・聴衆からのリアルタイム投票で、会議やイベントをよりインタラクティブに演出できる ・WEB会議ツールのアカウントなどは当社側で準備いたします。 ・授業支援だけでない、学級経営に使える, 次は少しインパクトのあるイベントを演出できるツールをご紹介します。 音楽ライブやプレゼンテーション、ファンミーティングやトークイベント、動画鑑賞などさまざまなシチュエーションで活用可能です。, ・誰でも無料でイベント作成ができる Copyright ©2018Impress Corporation. ・全国500校以上での導入実績 「3密対策をしてイベントを開催したいが、人手が足りない」 ・資料共有機能付 例えば、ビデオ制作や企業のキャラクターとして商品の販促、Webサイト、研修ビデオに使ったりすることができるでしょう。, ・写真から簡単にしゃべる3Dヘッドが作成できる 一都市での拡大がパンデミックへと発展した新型コロナウイルス感染症(COVID-19 以下コロナ)。感染拡大によって多くのイベントが延期・中止を余儀なくされました。完全な終息『Afterコロナ』の見通しが不透明な中、広がり始めた『Withコロナ』という選択。 一般社団法人 日本展示会協会 ”展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドライン(2020.6.10)”. ・参加可能人数は4人〜1000人、所要時間は60〜90分程度です (詳しくはお問い合わせください。また人数が多い場合もご相談ください。), 他にもオンライン上で行うイベントを開発中ですので気になった方はぜひお問い合わせください。, ■ 直接の問い合わせ も可能です■ Impress Corporation. ・手軽に面接でき、再チェックも可能 単なるチャットだけでなく、「いいね」や「投票」も行えるため数値で視聴者の動向をとらえやすく、視聴者も視覚的に意見をとらえられるので使いやすいのではないでしょうか。, ・質の高いQ&Aセッションを開催できる 設立年月日:2013年11月22日 (37.5度以上の発熱が確認された場合は入場NG), ・感染疑いが発生時のマニュアルを制作し、対応手順や担当者など関係者に周知徹底させる, やはり、3密を避けたレイアウトの検討と来場者への事前の案内や会場案内サインの準備、当日は関係者すべての体調を調べ、衛生面の徹底が必須です。運営マニュアルの作成と事前の計画段階でしっかり対策を練っておきましょう。, また、運営面では来場者を誘導し人数コントロールしながらイベントを進めるスキルが必要になってきます。, 直接人に会えるイベントはやはり魅力的なのは間違いないと思いますし、来場者の熱量も高いです。そういった面でオフラインイベントをやりたいという企業様からのお問い合わせも多々いただいております。, オフラインイベントの開催方法に関しては、グループ会社の株式会社ウィズアスのブログで詳しく説明させていただきましたので、併せてご確認ください。, この章では、イベントをオンラインへ切り替えたみなさま、もしくは切り替えをご検討されているみなさまへ向けて、オンラインイベントで使えるツールのご紹介をいたします。, こちらは、PCやスマートフォン、タブレットがあれば、いつでもどこでも面接できるというものです。時間や場所の制約が少ないため、書類選考のような手軽さで面接可能となっております。, ・応募者が簡単に面接予約できる 社内イベントのオンライン化 ランサーズでは週次と月次で全社イベントを行っています。 というのもランサーズには”超オープン超フラット”というカルチャーがあり、 全社の情報共有 や、 フラットなコミュニケーション を大切にしています。 三越伊勢丹グループのイベント事例! 物販・展示・アミューズメントなど、可能性は無限大!, オンラインへの移行が功を奏したアクション(コスト削減・効率化につながったアクション). 株式会社ハレガケ ※PCかスマートフォンお持ちで、ネット環境がある場所からであれば参加が可能です。 (C) Copyright 2020 株式会社レオマートAll rights reserved. 一都市での拡大がパンデミックへと発展した新型コロナウイルス感染症(COVID-19 以下コロナ)。感染拡大によって多くのイベントが延期・中止を余儀なくされました。, 東京商工リサーチ(TSR)の調査によると、コロナによる影響のうち最多となった回答は『イベント、展示会の延期・中止』の2,835社。構成比にして51.5%もの企業へ打撃を与えています。, 出典:東京商工リサーチ『第2回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査(速報値)』, 完全な終息『Afterコロナ』の見通しが不透明な中、広がり始めた『Withコロナ』という選択。コロナと共生・共存する社会の在り方、そしてその社会の中でイベントはどうあるべきなのでしょうか。, 本記事では、Withコロナ社会に関するイベマチの考察、イベントの在り方について解説します。, コロナの影響によってモノ・コトの価値が見直され、何をするにもまず『オフラインであることの必要性』を問うプロセスが加わりました。モノ・コトの価値観はこの後も加速的に変化していくでしょう。, イベマチでは、これからの社会が『強制的なオンライン社会』『安心・安全な社会』『セレンディピティ(=偶然の出会いを楽しむ力)社会』の3つを軸に発展すると考察しています。, コロナの感染拡大で、生活基盤や慣習化された行動の一部を、オンラインあるいはリモートへ移行することが推奨されました。企業説明会や結婚式などオフラインを代表するイベントさえも一部オンラインへと舞台を移しています。, 後者に関しては感染縮小後も積極的な実施が予想できます。今後はオフラインで実行してきたことの棚卸しがさらに促進し、半ば強制的にオンラインへ移行すると考えられます。, 安心・安全を求める消費者と有事に備える事業者という構図は今後一層強くなるでしょう。, いわゆる『3密(密閉・密集・密接)』を避ける行動や手指消毒薬の使用など、新しい生活様式の一部は社会に根付くと考えられます。, とはいえ、オフラインの場が不要になるわけではありません。オンラインで実現できなかったモノ・コトに対しては、オフラインで実行するための再設計・再構築が進められると予想できます。, インターネットはユーザーが求めるモノを齟齬なく提案できるように最適化された世界です。オンライン社会として発展する中、その合理性はさらに価値を高めるでしょう。, つまり、オンライン社会の発展とは対照的に、偶然の出会いを楽しむセレンディピティ消費への欲求も高まると考えられます。, イベントテーマの持ち方、中でも『How(= どのように)』はこれまで以上に検討が必要になるでしょう。, イベマチでは、Withコロナに適応した社会の中で、あるべきイベントの姿を考えています。, オンラインが強い社会で、当然オンラインイベントの需要・供給は増加が予想できます。しかし、すべてのイベントをオンラインで実施するのは得策とは言えません。, それぞれの特性を踏まえ、どのような使い分けができるのか、具体的に見ていきましょう。, オンラインは、場所・時間・コストといった物理面の問題を解消できる点が最大の強みです。ただし、展開のハードルが低い分、オンラインには多くのコンテンツが溢れています。競合優位性を担保するには、消費者との必然的な出会いをどれだけ作れるか、視覚・聴覚のみを使ってどれだけの体験を提供できるかが課題になります。, 例えば、三越伊勢丹では世界最大級のVRイベント『バーチャルマーケット4』に初出展し、百貨店の価値をバーチャル空間に再現。疑似的な店内空間で、視覚と聴覚をフルに使ってショッピング体験ができる新たな取り組みを行いました。このように、デジタルの中にリアリティを追求する手段も有効だと考えられます。, また、オンラインは、スペースを気にせず大きなモノを展示できるほか、レジに並ぶ必要がないため購入もスムーズ。『モノ消費』に適した場と言えるでしょう。, オンラインがモノ消費なら、オフラインは『コト消費』の場と言えます。オフラインの最大の強みは、商品やサービスを五感で体験できること。五感を使った体験は、感動・驚き・喜びなどさまざまな感情をもたらす、他には代えがたいリアリティです。, ただし、それは『安心・安全が担保されている』ことが前提。場所・設備の選び方はこれまで以上に慎重さが求められるでしょう。, また、オンライン・オフラインを区別せず、双方をシームレスにつなぐという取り組み方もあります。オフラインイベントでは触覚・嗅覚・味覚へ訴求し、消費はオンラインへ促すなど、テーマの持ち方次第で可能性は無限大に広がります。, コロナによる影響で延期・中止になったイベントも、まもなく新しい形で再チャレンジできる時期に差し掛かろうとしています。, しかしながら、これからのイベント開催においては、オンライン・オフラインどちらの場で提供するのか、これまで考慮しなかった領域から設計する必要があります。もし、イベント開催に少しでも不安な点がありましたら、ぜひイベマチにご相談ください。イベマチでは、多角的な視点で貴社のイベントをサポートします。, パンデミックを引き起こした新型コロナウイルス感染症は、世界中の暮らしを一変させました。そしてこれからも第二波・第三波が発生するという懸念もあります。Withコロナを選択し始めた今、これからの社会は『強制的なオンライン社会』『安心・安全な社会』『セレンディピティ社会』になっていくと考えられます。, 外出自粛が緩和されつつある状況下、選択肢はオンラインだけではありません。『実現したいテーマ』に合わせて、イベント企画を進めてはいかがでしょうか。, イベントの企画・開催において不安な面がありましたら、ぜひイベマチにご相談ください。イベマチでは貴社と伴走し、イベントの成功をサポートします。. 前章では、オンラインイベントに使えるいくつかのツールをご紹介いたしましたが、この章では、イベントをオンライン化する際の注意点と課題に触れたい … 「社内運動会が中止になってしまった」 「 3 密を避けられる社内イベントを探している」 そんな方におすすめのイベントが、リモート環境下で実施可能なチームビルディングイベント「リモ謎」です。 リモ謎とは 「リモ謎」はオンラインで実施可能な、チームビルディング謎解きイベントです。 パソコンのスピーカー機能を使うのではなく、ノイズキャンセリング機能がついたヘッドセット等を使うことで音質を担保することができます。, こちらは、例えばオンライン上でワークショップをしたいので、全体の参加者をグループに分けたいなど運営上必要な対応がうまくできなかったりすることが考えられます。, 主催者側が運営もやりながら、しかも多くの人数が集まる中、インタラクティブな演出を加えながらの運営となると、トラブルが起こった際に手が回らなくなることがあります。, 進行や運営内容に不安がある場合は、その部分を外部の会社に委託することでセミナー内容や参加者の反応に集中することが可能になると思うので、運用のプロである専門業者に依頼することもおすすめします。, こちらは、オンラインイベントの欠点でもあるかと思いますが、イベントの雰囲気や温度感が伝わりづらく、熱量を持って聞いてもらえなかったり、集中力も欠けがちになってしまうことです。, この課題を少しでも解決するため、前章でいくつかツールのご紹介をしました。 3,弊社が用意したWEB会議ツールに入るURLを共有させて頂きます ・部門を越えて名刺交換した方たちの情報を可視化・共有することができる, 続いて、iPad、タブレット、ノートPCなど端末の種類を問わず利用できる授業支援システムです。, 緊急事態宣言発令中の中、教育現場はオンライン対応に乗り出せたところ、乗り出せなかったところと大変苦労されたと思いますが、以下のようなツールを導入することで少しでも教育環境が整えばいいと思っています。, 「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境作りのため開発されたツールで、さまざまな教材や、お手持ちの PDFの教材・写真をアップロードするだけで、生徒の学習状況をリアルタイムに把握できたり、生徒同士の解答を共有することで「みんなで学び合う」学習環境をカンタンに構築できます, ・Webブラウザだけで協働学習できる 「同僚と会社にいるのと同じ感覚でおしゃべりしたい!」――急遽テレワークを導入した中小企業の顛末記(27), CEATEC 2020 ONLINEはオンデマンド公開中!! ・一斉授業・協働学習・反転授業どんなスタイルにもフィット ・いきいきしたアニメーションを自動再生できる 年に一度の“巨大オフ会週間”もコロナ禍で…「Internet Week 2020」オンライン開催、11月17日~27日 参加費5000円で、全セッションが見放題 永沢 茂 こちらのブログでは、そんなお困りごとの参考になりますように特にお問い合わせの多いオンラインイベントで使える最新ツールやアイデアなどをご紹介していきたいと思います。, 通常のライブ配信に加え、見て聞いてくれている人が参加できる形にすることで参加者の熱量を維持させることに繋がります。, オンライン上はコミュニケーションを取りづらいことで集中が切れ離脱してしまうこともあるので、参加型イベントにするにはどのようなツールを使えばいいのか是非参考にしてください。, まず最初の章で、最新のイベントに関するガイドラインについても内容を記載させていただきました。オフラインイベントを開催する上での必要な対策が記載されております。, ここでは、「展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドライン」という6月10日付けで日本展示会協会から出されたガイドラインを元に解説させていただきます。, こちらのガイドラインは、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」において示されたガイドライン作成の求めに応じ、展示会・見本市及び付帯イベントにおける新型コロナウイルス感染症拡大予防策として実施すべき基本的事項を具体的に整理したものとなっております。, ・関係者及び出展者、来場者すべて体調確認と検温を行う ・最大50人に同時配信可能, こちらでは名刺交換ツールをご紹介します。セミナー等では名刺交換をしたい場面も多いと思います。今回は2つのツールを挙げさせていただきました。, 今はオンライン上で簡単に名刺交換ができ、データの保管も可能なので是非使ってみてください。, ・相手がsansanユーザーでなくても簡単に登録できる 通訳品質はそのままに、会議運営の業務負担を大幅削減できます。, ・コストと手間を削減できる 本社所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル 4階(JR 高田馬場駅) 双方向のやりとりを可能にすることで気軽に質問やアンケートの回答を可能にしたり、話題性のある3DやVRを活用して相手の興味を引くこともできます。, 自分たちが伝えたいことだけを伝えるのではなく、参加型イベントにすることで相手の興味や疑問にも応えてあげることで、よりリアルに近い環境を作り出せることができるのだと思います。 「オンラインに切り替えてセミナーや採用イベントをしたいが、ツールが使いこなせない」 これを機にオンラインイベントを開いてみようとご検討の方もいるかと思います。, 「どうしてもオフラインイベントを開催したい」 Withコロナ時代に突入した我々ですが、イベントの企画・制作・運営と数多くのイベントに関わってきた弊社には「オフラインでイベントをやりたい!」「オンラインイベントへの転換をしたいがどうしたらいいのか分からない!」…と日々さまざまなお問い合わせをいただいております。, 今回は、オンラインイベントで新しいシステムやコンテンツの導入を考えている企業のご担当者様に向けて、オンラインで使えるさまざまなツールをご紹介したいと思います。, 依然として猛威を振るうコロナウイルスですが、緊急事態宣言も解除となり段階的ではあるものの対策さえすればイベントの開催も許可されている今の状況。しかし、本当に開催してもいいのだろうか?自分たちでうまく出来るだろうか?とお悩みをお持ちではないでしょうか? リアル謎解きゲームを使った企業イベント実績100社以上の株式会社ハレガケ(本社:東京都豊島区、代表:黒田洋介)は、企業様向けにオンライン謎解きゲームを提供するサービス「謎解き社内イベントオンライン」の提供を2020年6月1日(月)より開始しました。, 「謎解き社内イベントオンライン」は、Web会議ツールを利用して開催できる社内イベントサービスです。当社が企業様向けに提供している社内イベントサービス「懇親会×リアル謎解きゲーム」を、オンライン開催できるようWeb会議ツールを利用してカスタマイズしました。いわゆる飲みニケーションとは異なり、チームビルディングに繋がる「協力要素」が多く盛り込まれたゲーム体験が特徴です。, 新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増える中、企業では社内の「雑談」の機会が失われ、社員同士のコミュニケーション不足が課題となりつつあります。ヒトが集まって成り立つ会社がウィズコロナを生き抜く上で、それは大きな問題です。そこで当社では、リモートワーク環境で頑張る企業様を「社内コミュニケーション活性化」や「チームビルディング」の側面からサポートしたいと考え、オンラインで実施可能な社内イベントの提供を開始しました。, 「謎解き」は、1つの謎を解くために様々な「手がかり」を入手する必要があります。弊社制作の企業様向け謎解きゲームでは、「チームで連携して手がかりを入手する」、それらをもとに「全員で考えて謎を解く」というプロセスが発生します。このプロセスの中で役割分担や自発的なフォロー、また各自の得意分野が発揮されるケースも多くあります。, 通常、弊社で提供している懇親会リアル謎解きゲームは、手元に集めた手がかりチーム全員が目にできる状態でプレイします。今回の「謎解き社内イベントオンライン」では、”オンライン”という情報交換しにくい環境を利用した「情報分断」が特徴となっています。チームメンバーの半数には「Aの手がかり」、もう半数には「Bの手がかり」というように渡す情報をチーム内で分断します。謎を解くためにはAとB両方の手がかりを合わせて考える必要があるため、より的確にコミュニケーションをとって情報共有できたチームが早くクリアできる内容となっています。それにより、コミュニケーションがより必要とされ懇親の効果を高めます。, ネット環境がありPCをお持ちであれば場所を問わず参加が可能なので、参加者の所在を選びません。また、お子様がいらっしゃる社員さんでもお家からご家族全員で参加して遊ぶこともできます。, 1チーム4〜6名の「チーム協力型」のゲームです。異なる情報を与えられた各チームが、出題された謎を解くために情報を持ち寄って協力しゲームクリアを目指します。1つの謎を突破する度に、チーム毎の役割を果たした達成感と、全体で1つの問題を乗り越えた達成感を味わうことができます。, 1,弊社ホームページのお問い合わせより企業様からご依頼頂きます