oncontextmenu="return false;" }); カウントベイシー楽団の副リーダー格で、ベイシーと共に看板スターであった「フレディ・グリーン奏法」について解説します。, カウントベイシー楽団は1936年、ニューヨークで「カウント・ベイシー・オーケストラ」として正式デビューを果たし翌年は「ワン・オクロック・ジャンプ」などのレコードをヒットさせます。, オール・アメリカン・リズムセクションとまで言われた強力なリズム隊が自慢でしたが、その要がギタリスト「フレディ・グリーン」です。, 40年代のビバップ革命によりスイングの3連のノリはドラムのシンバルに集中しますが、それ以前はすっきりとした4つ刻みのリズム隊とスイングするホーンセクションと言うのがジャズの基本でした。, 一言で言うと、スイングジャズとモダンジャズではスイングする楽器が逆さまになったのです。, ベイシー楽団は大戦からの不況で活動停止になりますが、1951年にベイシーとフレディを中心に再結成され、ビバップ後のリズムに対応していきます。, 60年代には名アレンジャー「サミー・ネスティコ」によりモダンで現代的なビックバンドに変化していきます。, フレディ・グリーンはベイシーより少し長生きし、オーケストラの要として最後までスターでした。, 現在でもカウントベイシー楽団と言えば、フレディ・グリーン・スタイルの4つ刻みのギタリストが看板になっています。(白人が多いですが), 6弦ルートコードの場合は、6弦がルート、4弦が6度か7度、3弦が3度になるように覚えます。, 6弦に5度、4弦に3度、3弦にルートも考えられますが、これはスモールコンボの場合のみです。, コードサウンドはピアノと一体化しますので、ピアニストは上部の1~2音だけの演奏が理想です。, ピアニストはギターのコードが流れていることを意識して補助的なサウンドを演奏しなければなりません。, 4弦、2弦、1弦、は常にミュートされていますので、ピックの当て方も気を付けなくてはなりません。, もしも、一生この奏法だけで行く場合(普通は無いでしょうが)、常に座ってギターの表面版を上に向かせ、ピックは2本指でつまみ逆アングルになるでしょう。, Count Basie 5/1968 Sonny Payne, Freddie Green, Norman Keenan, フレディ・グリーン奏法にこだわりたい場合は、きちんと説明して理解してもらう必要があります。, フレディ・グリーンは1980年代までこの奏法だけで通しているので、現代ジャズとの相性が悪いわけでもありません。, しかし、音楽は人と人との信頼関係が最重要なのであまり意固地にならないほうが良いような気もします。, 15人前後のジャズオーケストラにおいてフレディ・グリーンの演奏フォームは、見る人にとってゴージャスで魅力的だったりします。, チャーリー・パーカーの歴史的な名演奏「チェロキー」は4つ刻みのギターとのデュオです。, ジョン・ピザレリは歌手やメロ楽器とのデュオを4つ刻みのみで伴奏する場合が多いです。, 彼は80年代から現在進行形のジャズプレイヤーなので、終わった奏法とは言い切れないでしょう。, メロ楽器やピアノのサポートがあれば、ヴォーカル・ジャズとして価値があるものになる可能性もあります。, フレディー・グリーンのリズム・ギター・スタイルで学ぶ スウィング&ビッグ・バンド・ギター【CD付】, 出来ればフレディ・グリーンというジャズ界のスターを知らない人たちとは演奏したくないですが、時代の流れには逆らえませんね。, Pat Martino - Quantum Guitar, Advanced Concepts マイナーコ…. 杉本 喜代志(すぎもと きよし、1942年 2月3日 - )は、日本のジャズ・ギタリスト 。 1970年代トップ・プレイヤーのひとりであり 、スタジオミュージシャンとして、ジャズ・ロック・j-pop・アニメソング・歌謡曲などのレコーディングに参加している。 ジャズギタリストなら4つ刻みのコードワークはマスターしましょう。 ただし、アンサンブルは人と人との信頼関係で出来るものです。 この奏法の良い点と良くない点を理解して、信頼してもらえる伴奏を目指すことです。 ジャズといえばハコモノ、ハコモノといえばジャズというくらい強いイメージの結び付きがありますね! 私も主にこのどちらかのタイプを使っております! その他にはレスポールタイプも比較的古くからジャズで使われていました。 enable_page_level_ads: true 杉本 喜代志(すぎもと きよし、1942年2月3日 - )は、日本のジャズ・ギタリスト[1]。1970年代トップ・プレイヤーのひとりであり[2]、スタジオミュージシャンとして、ジャズ・ロック・J-POP・アニメソング・歌謡曲などのレコーディングに参加している。, 静岡県生まれ[1]。小学6年の時、ミュージシャンを志していた父親から子供用の小ぶりなギターを買い与えられる。, 高校1年の夏休み、女流クラッシックギタリストに弟子入りするため夜汽車に乗って上京。その車中で「ボクどこ行くの」とギターを抱えている杉本に声をかけてきた男性と運命の出会いをする。その男性は東京交響楽団のチェロ奏者でギターも演奏する浅井氏で、「ジャズギタリストになりたい」との思いを聞いた浅井は品川にある自宅に杉本を招き、そして紹介されたのが奥田宗弘である。, 人気ダンスバンド「奥田宗宏とブルースカイ・オーケストラ」のバンドボーイの仕事を紹介してもい、しばらくその仕事をしていたある日、奥田から「小坂一也のバンドで2代目ギター募集しているからやってみたらどうだ」と勧められ、1960年代はじめに、カントリー音楽の小坂一也&ワゴン・マスターズに(同メンバーにかまやつひろしも在籍していた)参加する。加入後「水原弘ブルーソックス」「ジョージ大塚とザ・サンダーバード」「山下敬二郎と東京ヤンキース」とロカビリーバンドを展開していた。その後、吉屋潤グループなどでもギタリストとして活動した[1]。自らのグループを組みつつ、スタジオ・ミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加した[1]。その後ようやくジャズにたどり着き、「大沢保郎トリオ」、「岡崎広志とスター・ゲイザーズ」、「石川晶とカウント・バッファローズ」、「日野皓正グループ」、自己コンボを経て、リーダーカルテット「カントリー・ドリーム」杉本喜代志g、鈴木宏昌pf、池田芳夫b、日野元彦dsで発表する。, 1970年には日野皓正クインテットに参加し、1971年「ベルリン・ジャズ・フェスティバル(ドイツ語版)」・「ニューポート・ジャズフェスティバル」・「ニューヨーク カーネギーホール」出演を果たし[3]、当時MCをしていたイソノテルオは「日本人で初めてのカーネギー出演だ!」と興奮していた。, この時期のリーダーアルバム「バビロニア・ウインド」杉本喜代志g、植松孝夫ts、市川秀男pf、池田芳夫b、日野元彦dsという面々で発表された。クレジットにはないがパーカッションを叩いているのは日野皓正。, 1978年発表アルバム「L.A.マスター」 NYでの生活を終え日本に戻っていた杉本は“クロスオーバー”“フィージョン”というサウンドを経験していたこともあり、清水靖晃as、富樫春生key、岡沢章b、渡嘉敷祐一ds、杉本喜代志gというメンバーですぐにレコーディングをする。, 1981年ウォーレン・バーンハートpf、マーカス・ミラーb、オマー・ハキムds、大野俊三tp、杉本喜代志g、アルバムに収める楽曲を1週間で6曲のオリジナルを書き下ろしたのがアルバム「ワン・モア」。, 2001年、20年ぶりのリーダーアルバム「サーキュレーション」。グレッグ・バンディds、シンシア・マリvo、KANKAWAorg、杉本喜代志gのメンバーでライブレコーディング。オルガン奏者KANKAWAプロデュース作品。, 2004年、森山威男ds、高水健司b、杉本喜代志g、笹路正徳プロデュース「バッテリーズ・ノット・インクルーテッド」。「ドラムの森山威男さんと杉本さんの双頭バンドで作品を作りませんか?ベースは高水健司です。」と笹路から誘いの連絡があって実現したのがこの作品。, 2019年病気治療のため活動休止していたが再始動にラテンジャズ「Arcadia」で復活。石川勇人ds、福本純也pf、荒川B琢哉per、勝矢匠b、杉本喜代志g。, 2020年2月、60年のキャリアで初となる「Birthday Live」を新宿 Jazz Spot J で行った。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=杉本喜代志&oldid=80168382, ギタリスト直居隆雄、岩見淳三、水口昌昭らは高校生のころから杉本の追っかけをやっていた。. google_ad_client: "ca-pub-7801633220665271", (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({