・空港ラウンジ プラチナステージはドコモ歴15年以上が目安になってきます。 dカードGOLDの10%ポイント還元は継続.

šåˆ©ç”¨æœŸé–“15年/半年間のdポイント獲得数3,400pt:プラチナステージ. ・海外、国内旅行保険 還元率; dポイントプログラム プラチナステージ: 当月のdポイントプログラム会員ステージがプラチナステージであること +1% dポイントを貯めた回数: 前月のdポイントを 貯めた回数の合計: 50〜99回:+0.5% 100回以上:1%: dカードでドコモ料金支払い 今まで最上位ステージはゴールドでしたが、リニューアル後はゴールドの変わりにプラチナステージが登場します。ドコモの継続利用年数が15年以上でプラチナになるようなので、ドコモ歴20年の私はプラチナステージ確定です(`・ω・´)ゞ, 長年ドコモを利用している人にとっては嬉しいリニューアルとなりそうですが、肝心の特典がどんなものか気になるところです。名前だけのプラチナとなっていなければいいのですが・・・, これまでは、レギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4段階でしたが、リニューアルで1st~4thステージ、プラチナステージの5段階に変更されます。また、ステージ更新期間も、半年から1ヶ月に短縮されます。, こちらが新しくなったdポイントクラブのステージ判定になりますが、ドコモ回線の継続利用期間が判定条件になっていることが分かります。dカードの保有の有無が関係なくなっています。, これまではdカードGOLDを保有していれば誰でもゴールドステージでしたが、今後は基本的にドコモ歴15年以上の人だけが最上位のプラチナステージということになります。半年間で1万ポイント以上獲得すれば今まで同様最上位ステージのプラチナになりますけど、相当厳しい条件であることに変わりはありません。プラチナステージはドコモ歴15年以上が目安になってきます。, dカードの保有によるステージ判定への影響はなくなりますが、dカードGOLDの携帯料金・ドコモ光利用料10%ポイントバックの特典はこのまま継続されます。ステージが4th以下だとしても、dカードGOLDを保有していれば携帯料金・ドコモ光利用料10%ポイントバック特典はあるので心配は要りません。, 現在のドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額に応じたdポイント進呈「1,000円につき10ポイント」は引き続き提供いたします。もちろんdカード GOLDの方は1000円につき、100ポイント進呈。, 携帯料金・ドコモ光利用料10%ポイントバックは、dカードGOLDの特典としてお馴染みですが、実はこれdポイントクラブのゴールドステージの特典でもあるんですよね。リニューアル後はゴールドの変わりにプラチナが最上位ステージとなるので、この10%ポイントバックの特典が引継がれることも十分に考えられます。, そうなってくると、ドコモ歴15年以上なら、dカードGOLDの必要性は弱まりますよね。dカードGOLDを持たなくても、ドコモ歴15年以上で10%ポイントバックが受けられるわけですから。dカードGOLDは年会費が10800円(税込)かかるので、携帯料金・ドコモ光利用料10%ポイントバックの目的のみで持つのはお得とは言えなくなってきます。, ・dカードケータイ補償 ・ゴールドデスクなど, こういった10%ポイントバック以外のdカードGOLDの特典に、魅力を見出すことが出来るかどうかがカギになってくると思います。私もドコモ歴20年のdカードGOLDホルダーなので、ちょっとだけ複雑な気分だったりします(笑), 正式スタートを待たないと詳細は分かりませんが、状況によってはdカードへのダウングレードを考えるかもしれません。まあ、たぶんしないとは思いますけどね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ, さて、プラチナステージの特典ですが、「ずっとドコモ割」を進化させた「ずっとドコモ割プラス」がリニューアル後の特典の目玉となってきます。, 「ずっとドコモ割」は毎月の利用料金が割引されるサービスですが、「ずっとドコモ割プラス」になると割引かdポイントで貰うかを選べるようになります。そして、dポイントで貰う場合は、割引額の1.2倍になる特典がプラスされます。, 私の場合、データMパックを利用しているので、毎月の「ずっとドコモ割」は800円です。これをdポイントで貰ったとすると、1.2倍で960ポイントということになります。1年で換算すると11520ポイント。割引と比べると1920円分お得ということになりますね。, また、割引の場合は10%ポイントバックの対象金額がそれだけ少なくなることになります。割引が無くなればその分10%ポイントバックが増えるということになるので、それだけお得ということになってきますね。, これは私の携帯料金の金額ですが、このように対象金額が800円増えただけでも100ポイントの違いが出たりもします。ただ、1000円毎に100ポイントなので、端数によっては全くポイントが増えないケースも考えられます。明細書にポイント進呈の対象になる金額というのが記載されていますので、気になる方は確認しておくといいですね。, 「ずっとドコモ割プラス」でdポイントを選んだ場合、進呈されるのはdポイント(期間・用途限定)になりますが、期間は有効期限が2年あるので、そこまで気にならないとは思います。, こういった用途での利用が出来ません。ローソンなどお店での支払いや、スマホ本体の代金などには使えます。期間が2年ありますから、ある程度貯めてスマホの機種変更に利用するのが良さそうですね。私は常に機種変更の為に貯めています(笑), ・プラチナクーポン(プラチナ) ・dポイントクラブクーポン(全ステージ共通), クーポンの詳細については現在のところ未定ですが、「ずっとドコモ割プラス」と「クーポン」がdポイントクラブの主な特典となってきそうですね。, dカードはステージ判定と全く関係がなくなり、ドコモをどれだけ長く利用しているかがステージ判定の条件となってきます。ドコモ長期利用者への優遇措置と考えることが出来ますね。, 今のとこ、メリットと言えばこれくらいでしょうか。「ずっとドコモ割プラス」のdポイント進呈で1.2倍はお得になるとは思いますが、クレジットカードのプラチナに比べると特典に雲泥の差はありますね。まあ、比べるのもおかしいですけど(笑). イオンゴールドカードセレクトの招待はいつ?年間80万円利用&120回決済でクリアは本当?, Amazonファイヤースティックの月額料金はいくら?非プライム会員でも利用出来るの?, 北陸新幹線の料金は?グランクラス、グリーン席、普通指定席、自由席でどれくらい違う?. プラチナステージは15年以上か、6ヶ月累計で1万ポイント以上の方。 ドコモを15年間使っておられる方だけは、無理なく+1%になりますので、本プログラムで唯一良い所ですね。

・プレミアムクーポン ドコモの優良還元サービス・dポイントスーパー還元プログラムの還元の仕組みが、大幅に変更されました。 2020年5月10日より実施されています。. 効率よくdポイントを貯めて、プラチナステージなど上位のステージの恩恵を得たいのなら、dカードを利用すると良いでしょう。 ドコモの発行するクレジットカードである dカードやdカード GOLDはdポイントが貯まりやすい 仕組みとなっています。 dポイントといえば、携帯会社のドコモを主体とし、多数の提携店舗を持つ非常に使い勝手の良い共通ポイントサービスですよね。, dカードは単なるポイントカードよりもずっと効率よく貯められるだけでなく、クレジットカードならではの付帯保険や優待特典も備わっています。そんなdカードの魅力について、詳しくご紹介しましょう。, dカードの最大の魅力は、やはりdポイントが非常に効率的に貯められるという点です。dポイント加盟店・特約店といった提携店舗では通常の獲得ポイントに加えてボーナスポイントも貰えます。, しかも年会費は無料で利用できる手軽なクレジットカードでありながら、優待特典や付帯保険といったお得で便利なサービスも多数備わっています。, デザインもシンプルな券面の通常デザインのほか、dポイントのイメージキャラクターであるポインコがあしらわれたポインコデザインもあるので、好みに合わせて選ぶことができます。, dカードでは、家族カードを発行することができます。この家族カードも年会費が無料で家族カードの利点は、主に以下の2点です。, dカードでは、家族カードで獲得したポイントも自動的に本会員に合算されます。家族会員が増えるほど、ハイペースでポイントを貯めることができるのです。, 気になる機能・サービス面も本会員と基本的に同等となっているので、利用するうえで、家族カードだからといって不便さを感じるということはないでしょう。, dカードは電子マネー「iD」を使うこともできて便利!電子マネーですが事前のチャージは不要。レジにあるリーダーにカードをかざすだけで、支払いが完了します。, 「iD」の魅力は、何といっても使えるお店が多いことです。コンビニはもちろん、スーパーやファーストフードでも使えるところが増えてきました。, そして、dカードの「iD」は、カードがまだ手元に届いていないうちから使うことができるのです。, ネットショッピングを利用する際、心配なのはカード情報を第三者に不正利用されることではないでしょうか。, dカードは、なりすましなどを防ぐために、本人認証サービスを導入しています。カードを利用するときには、事前に登録したパーソナルメッセージを確認し、パスワードを入力して、本人であることを確認できないと利用できないようになっています。, 国際ブランドはMasterCard、VISAが利用できますが、それぞれ「MasterCard Secure Cord」「Visa Secure」から登録して使います。, dカードをご紹介するうえで欠かせないのが、やはりdポイントに関わるサービスや特典です。dカードでは、利用先に関わらずクレジット利用100円ごとに1ポイントの高レートでdポイントを獲得することができます。, また、追加カードとして電子マネーiDやETCカードを発行している場合は、そちらでの支払いについても、同じく100円につき1ポイントずつ貯まっていきます。, ドコモの携帯電話・スマホや『ドコモ光』回線を利用している場合も、こちらは利用金額1,000円(税抜)ごとに10ポイントのレートでポイントが付与されます。, 貯まったdポイントは、基本1ポイント=1円換算で様々な使い道に利用することができます。, dカードのポイント特典や、貯まったポイントの詳しい使い道についてご説明していきましょう。, dポイントサービスと提携しているdポイント加盟店では、支払いの際にカードを提示するだけでも基本100円につき1ポイント獲得することができます。, さらにdカードでのクレジット払いをすれば、もちろんそれに対しても100円ごとに1ポイントのポイント付与が受けられますから、結果としてdポイント加盟店ではポイント2倍で利用できることになるのです。, 上でご紹介したdポイント加盟店は、クレジット機能のないdポイントカードでも利用できるサービスです。, 一方、クレジットカードであるdカードの会員の方だけを対象にしたサービスとなっているのが、dカード特約店です。, dカード特約店では、dカードでのクレジット払い、もしくはdカード搭載のiDでの支払いによって、通常のポイントに加えてボーナスポイントを獲得することができます。, dポイント加盟店は普段の生活の中で利用する機会の多い店舗ばかりなので、活用度は思った以上に高いでしょう。加盟店と合わせて確認しておくことをおすすめします。, さらにお得にdポイントを貯めるためにぜひ活用してほしいのが、『dポイントスーパー還元プログラム』です。, このプログラムはエントリー制となっており、あらかじめエントリーしたうえで対象店舗にてdカードに搭載のiDもしくはd払いで支払いをすると、通常のポイントにプラスする形でポイントアップが受けられます。, ボーナス分のポイント還元率は利用状況に応じて加算されていく仕組みで、最大で7%までのポイントアップが可能です。, ただしこのプログラムを通じて獲得したアップ分のポイントは期間・用途限定ポイントとなっており、有効期間が3ヶ月間と限られているので、その点は注意が必要です。, 『dポイントスーパー還元プログラム』のポイント加算の対象となるサービスは、以下の5つです。, なお、毎月末時点での対象サービスの利用状況に応じて当月10日〜翌月9日の適用還元率が決まり、メールにて通知されます。, これら以外の方法、例えばdカードプリペイドやネット決済などは還元の対象外となってしまいますので、必ず上記の支払い方法で決済するようにしてください。, このプログラムの還元率アップが適用されるお店は多数ありますが、一部を抜粋してご紹介しましょう。, 幅広いジャンルのお店が対象となっているので、ぜひエントリーして積極的に活用していきましょう。, ただし一部のお店に関しては、支払い方法がiDのみ、あるいはd払いのみと限定されていることがあるので気を付けてください。, ネットショッピングの際にぜひ活用してほしいのが、ポイントサイト『dカードポイントモール』です。, 『dカードポイントモール』はAmazonや楽天市場をはじめとする多数のオンラインショップとつながっています。, このサイトを経由して各ショップにアクセスし、dカード決済で商品を購入することで、通常の1.5〜10.5倍ものdポイントを獲得することができます。, dカードのポイントアップモールなのに、「auPAYマーケット」の倍率が上がることが驚きです。, さらにサイト内では期間限定でポイント倍率がアップするキャンペーンを随時開催しています。, 常にどこかのオンラインショップが通常よりも高いポイント倍率で利用できますので、こちらで紹介しているポイントもキャンペーンによってさらに高くなることがありますよ!, また、対象ショップですぐに使えるクーポンや各ショップのセール情報などのお得な情報が配信されるのも魅力的です。, Amazonや楽天市場に関しては、サイト内での商品検索もできるので、購入を検討している商品はまず『dカードポイントモール』で探してみましょう。, その対象となっているのが、『こえたらリボ』という1か月の利用額が事前に設定した金額を超えた際に自動的にリボ払いに移行するサービスです。, この『こえたらリボ』サービスに登録しておくと、利用額が設定金額を超過してリボ払い手数料が発生した月に、所定のボーナスポイントを獲得することができる仕組みになっているのです。, ボーナスポイントのためだけに『こえたらリボ』を利用する必要はありませんが、リボ払いの利用も視野に入れているという方には、1つのメリットとしてぜひ注目しておいてほしい特典です。, ちなみに、後からリボ払いにする方法として、「あとからリボ」というサービスもありますが、こちらは買い物をした後に、通常のリボ払いのように毎月の支払い額を決めて返済していく方法ですので、混同しないようにしてください。, dポイントは、上でもご紹介した通り、基本1ポイント=1円として利用することができます。dポイントが使える店舗を一部抜粋してご紹介します。, こうした共通ポイントサービスというのは提携店舗での支払いに利用するもの…というイメージが強いかもしれませんが、dポイントには他にも多くの使い道が用意されています。, dカードで貯まったdポイントは、こんなにも多様な使い道に利用することができるのです。, これほど幅広い用途が用意されていれば、ライフスタイルに合わせてベストな使い道を選ぶことができますよね。ぜひ自分に合った使い道を探してみましょう。, dカードの魅力はポイント面だけではありません。お買い物やレジャーをお得に楽しめる優待特典が多数付帯しているのも、単なるポイントカードではないdカードならではのメリットなのです。, ノジマでdカード提示による1%OFF優待を受けるには、ノジマモバイル会員の登録が必要です。, ノジマモバイル会員登録は年会費も無料ですし登録も簡単ですから、ノジマを利用するなら是非登録しましょう。, なお、ノジマオンラインおよびノジマモバイルイオン戸塚、ノジマモバイルイオン柏は対象外となります。また、現金併用で支払いをした場合も3%割引の対象から外れてしまうので、注意してください。, ドラッグストアのマツモトキヨシでもdカードで決済すると4%還元と、お得にお買い物を楽しめますよ。, さらに、マツモトキヨシのポイントが100円ごとに1ポイントたまりますから、マツキヨユーザーにとっては、ポイントの二重取りが可能になるわけです。, 貯まったポイントは200ポイント→200円値引きとしてマツモトキヨシで利用頂ける為、1ポイント1円分の価値がありますね。, 高島屋もdカードの特約店で、dカードなら高島屋で2.5%もの高還元で利用頂けます。, dポイントサービスには、「dポイントクラブ」という優待ポイントプログラムがあります。, この『dポイントクラブ』は利用状況に応じて異なる優待特典の利用が可能となるステージ優待制となっており、5つのステージに分かれます。ステージを決める条件は以下のように設定されています。, ドコモ回線継続年数、もしくは半年間のdポイント獲得数のうち、どちらか優位なステージが採用されます。そして、ステージが上がるごとに利用できるクーポンの種類や数が増えていくのです。使えるクーポン等は、次から詳しく説明しますね。, 注意点としてステージ判定の対象となるdポイントは街中のお店やネットショッピング、dカード決済によって貯まったdポイントのみが対象となります。, dポイントクラブのサイトで、ポイント詳細を確認するとわかりますよ。利用履歴を見て、★マークがついているものが対象ポイントです。, アンケートやキャンペーンなどで貯めたdポイントはステージ判定対象外となりますので、ご注意くださいね。, 全ステージの方が利用できるdポイントクラブクーポンのサービス内容を一部抜粋してご紹介しておきましょう。, また、ドコモユーザーの方なら全ステージ共通の優待として「ずっとドコモ割プラス」の優待が利用頂けます。, 「ずっとドコモ割プラス」はドコモ料金の割引かdポイントの進呈どちらかを選ぶことができます。, 割引額/進呈ポイント数はdポイントクラブのステージと契約内容によって異なり、割引の場合は最大月2,500円OFF、dポイント進呈は最大月3,000ポイントとなります。, ステージ4th以上の方なら、先のクーポンに加えて、更にグレードアップしたスペシャルクーポンが利用頂けますよ。, プラチナステージの方は、下記のような抽選プレゼントに応募することができます。とても豪華な特典ですので、プラチナステージになった方は是非応募して獲得チャンスを狙ってくださいね。, 抽選にはなるものの、当たればかなり豪華なプレゼントです。プラチナステージの方は、ぜひ応募してくださいね。, 海外旅行の際に頼れる便利なサービスとして、ぜひチェックしておいてほしいのが、現地サポート窓口『VJデスク』です。, 『VJデスク』は世界各国の主要都市に設置されたdカード会員向けの電話による海外旅行サポート窓口で、主に以下のようなサービスに対応しています。, 現地での観光に役立つ情報提供や予約手配から、緊急時のサポートまで、幅広い困りごとに日本語スタッフが対応してくれるので、慣れない海外でも安心です。, 例えば、「現地でスポーツ観戦をしたいのだけど、スケジュールを知りたい」「話題のレストランで食事をしたいのだけど、予約をお願いできる?」といったような要望に応えてくれますよ。, 海外旅行に行く際には、必ず現地の『VJデスク』の有無と連絡先を確認しておくことをおすすめします。, また、カードの紛失・盗難時に関しては、年中無休24時間対応の専用デスク「グローバルエマージェンシーライン」もあるので、『VJデスク』の対応時間外にはそちらを利用しましょう。, 通常の『VJデスク』とは連絡先が異なるのでよく確認する必要があります。また、渡航先での緊急のカード発行には原則10,000円(税別)の費用が発生するので、その点も注意してください。, dカードには、日常で起こり得るトラブルに対応できる優秀な3つの保険が付帯しています。, こちらもぜひ注目してほしいサービスの1つです。それぞれの保険の詳細を以下にご紹介しましょう。, ドコモが母体となって発行されているdカードならではの保険といえるのが、dカードケータイ補償です。, ただし補償の適用に当たっては、新端末の購入時に以下の3つの条件を満たす必要があります。, これらの条件を満たしていれば、原則として新端末の購入金額または頭金及び事務手数料のうち、最大10,000円の補償が受けられます。, 携帯電話やスマホを思いがけず買い替えざるを得ない状況に陥った時には、非常に頼りになる保険ですよね。, dカードのお買い物あんしん保険、いわゆるショッピング保険ではdカードでの購入品の破損や盗難に対して、購入日から90日間まで、かつ年間最高100万円までの補償が可能となっています。, なお、お買い物あんしん保険の利用にあたっては、1事故当たり3,000円という自己負担額が発生することになります。, もし財布を落としてしまったり、盗まれたりして、クレジットカードを悪用されてしまった場合でも、安心です。, 優待特典や付帯保険といったクレジットカードとしての使い勝手の良さにつながる機能・サービスもしっかりと備わっており、年会費も無料ながら、メインのクレジットカードとしても十分に利用可能な、かなりコストパフォーマンスの高い1枚といえるでしょう。, 特にドコモの携帯電話・スマホや光回線を利用している方には、メリットの大きいカードとなります。ぜひ入会を検討してみてはいかがでしょうか?, © 2019-