点滴のミキシングについて質問です。ソリタT-3(500ml)にバイアル4本を混注する指示が出ました。バイアルには専用の溶解液はなく、ソリタをシリンジで吸って、バイアルに入れて溶解するのはわかりますが、どのように4本やるのかを教えていただきたいです。, まず、4本溶解できそうな量のソリタをシリンジに吸い、4本すべてにソリタを入れ、最後の1本に針を刺したまま溶解しシリンジに吸い戻していました。この方法で正しいでしょうか?, 4本となるとソリタ10mlで溶解するには、溶液が足りないために溶解ができないことがあるでしょう。そこで、50mlのシリンジを使用し、各バイアル内に可能な量のソリタを注入しミキシングを実施してください。全部のバイアル内の薬品の溶解を確かめ、シリンジ内に吸引し50mlあることも確認。その後、ソリタT-3本体へ戻すことが理想と考えます。, こんにちは。消化器外科病棟に勤務する看護師です。消化器外科は、術後に多くの薬液を投与する機会が多いため、ミキシングすることも多くなります。特に抗菌薬の場合は、バイアル数が多くなると溶解が困難な状態になることがあるため、私が調べた方法が質問内容に似ていたので回答させていただくこととなりました。よろしくお願いします。, 飽和水溶液について理解することで、ミキシングを効率よく実施できるようになると思います。これからもふとした疑問があれば、ハテナースにて質問していただけたらと思います。頑張ってくださいね。応援しています。. その増加分が、100mgバイアルと500mgバイアルでは異なることから、溶解後のアリムタ濃度が実測で25mg/mLになるように、溶解液の量は、100mgバイアルは4.2mL、500mgバイアルは20mLに設定されています1,2。, 1. 合され分散・溶解されます。, ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。, ※上記の表は横にスライドします。, モーターは日本電産テクノモータ(æ ª)製の全閉外扇屋内型を使用しています。, 15A・20A型のホッパーは標準で2ピース仕様となります。(上記右図参照)。, 接続ポートは、IDFヘルール・IDFねじから選択いただけます。, 5A型とK-5型、10A型とK-10型はそれぞれ装着している内部インペラーのみの違いのため互換性があります。. 点滴のミキシングについて質問です。ソリタT-3(500ml)にバイアル4本を混注する指示が出ました。バイアルには専用の溶解液はなく、ソリタをシリンジで吸って、バイアルに入れて溶解するのはわかりますが、どのように4本やるのかを教えていただきたいです。 アリムタ アリムタ Copyright © 2020 Eli Lilly Japan K.K. 溶解後の溶解液をシリンジで抜き取った際にバイアル内に残存する液量等を考慮し、アリムタ溶解後の濃度( 25mg/mL の溶液)として、 500mg バイアルで 20mL 、 100mg バイアルで 4mL が採取しやすい様に設計され 1, 2 、 100mg バイアルでは 8.5% 、 500mg バイアルでは 2% の過量仕込みが行われて … Copyright © 2020 Eli Lilly Japan K.K. このコンテンツにアクセスするにはログインして下さい。このまま進む場合は 「続ける」を、元のページに戻る場合は「戻る」をクリック下さい。, 当社製品の副作用・不具合に関わると思われる事項につきましては、必ずお電話にてお問い合わせいただけますようお願いいたします。医療関係者向けお問い合わせ窓口:0120-360-605受付時間:8:45~17:30(土・日・祝祭日及び当社休日を除く), 以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。, 溶解後の溶解液をシリンジで抜き取った際にバイアル内に残存する液量等を考慮し、アリムタ溶解後の濃度(25mg/mLの溶液)として、500mgバイアルで20mL、100mgバイアルで4mLが採取しやすい様に設計され1,2、100mgバイアルでは8.5%、500mgバイアルでは2%の過量仕込みが行われています3。, なお、アリムタのバイアルを溶解した際、溶解後の液量が溶解に使用した液量より若干、増加しますが、その増加分も考慮して溶解液量が設定されています3。 解説. 適正使用ガイド(悪性胸膜中皮腫編) https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Alimta/PDF/ALM_TEKISEI_GUIDE_NSCLC.pdf. 適正使用ガイド(非小細胞肺癌編) アリムタ(ペメトレキセド)の2製剤(100 mgバイアルと500 mgバイアル)で溶解液量が違うのはなぜですか?, 溶解後の溶解液をシリンジで抜き取った際にバイアル内に残存する液量等を考慮し、アリムタ溶解後の濃度(, なお、アリムタのバイアルを溶解した際、溶解後の液量が溶解に使用した液量より若干、増加しますが、その増加分も考慮して溶解液量が設定されています. ミキシング(輸液準備)は、不安から患者の心身状態を細かく観察し、何か問題があれば迅速に対処しなければいけません。 ここでは、ミキシング(輸液準備)の看護に関して詳しく説明していますので、適切なケアを実施できるよう、看護師の方は是非参考にしてみて下さい。 第1の1の(9)の表の第1欄に掲げるアルデヒドの種類ごとに第1の1の(9)のとおり操作して得たアルデヒド類-2,4-ジニトロフェニルヒドラゾンの再結晶を、それぞれ同表の第3欄に掲げる分量ごとにアセトニトリルに溶解して100mlとしたもの All rights reserved. https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Alimta/PDF/ALM_TEKISEI_GUIDE_MPM.pdf, https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Alimta/PDF/ALM_TEKISEI_GUIDE_NSCLC.pdf. ※バイアルに入っている溶解薬剤を注射用蒸留水で溶解する演習も可能です。 ・12023-200(KNG-2) 実習用アンプル5ml(注射用蒸留水タイプ)、1箱100本入 ・12023-400(KNG-4) 実習用バイアル(溶解薬剤タイプ)、1箱100本入 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Alimta/PDF/ALM_TEKISEI_GUIDE_MPM.pdf, 2. 適正給水量とは溶解機の性能を最大限発揮させるための液体の流入量のことです。 給水量が極端に多すぎると液体ばかりが吐出されてしまい、少なすぎると粉詰まりの原因となります。 0.7mlとれたら次は溶解用のバイアルに全量うつします。うつすとき針とシリンジの接続部から液がもれやすいので慣れないうちは接続部をおさえながら…の方がいいかもしれません。うつし終えたら溶解用バイアルのエアを0.2ml位抜きます。 All rights reserved. 薬剤の種類によりますが、バイアルに入っているような粉末の場合は、十分な溶解を行うため10ml~20mlのシリンジを使用し、微量のアンプル1ml~2mlの薬液の場合は、1ml、2.5mlのシリンジを使用することが正しいです。 3.0.0 | VV-MED-81296/2020年2月