靴をネットで買うときのサイズ問題ですが、ZOZOマット(ZOZO MAT)が... こんにちは、大学生時代にユナイテッドアローズでアルバイトをしていたピース(@Peace__Blog)です。 カジュアルコーデにドレス要素をプラスできる万能さと、着脱しやすいローファーということもあいまって、パラブーツのランス(REIMS)をヘビロテしています。, 今回は、パラブーツ ランスのコーデや、サイズ感、サイズの選び方、それに履き心地なんかもレビューしていきます。, パラブーツ(Paraboot)は、1908年フランスで創業した老舗シューズメーカーですが、革靴に初めてラバーソールを採用したブランドとしても有名です。, ソールを素材から自社製造しているのは世界でもパラブーツだけで、ブランド名はゴムの原料となる天然ラテックスをブラジルのパラ港から輸入したことに由来します。, また、100% MADE IN FRANCEにこだだり、細部まで手仕事でつくられる革靴は、ジョンロブやエルメスのOEMを担っていたほど高い評価を受けています。, 例えば、ジョンロブのダブルモンクの代名詞ウィアリムはかつてパラブーツが生産し、それをリバイバルしたのがパラブーツのウィリアムなんです。, パラブーツといえばUチップのシャンボード(CHAMBORD)や、チロリアンシューズのミカエル(MICHAEL)などが有名ですが、ローファーも名作揃いです。, パラブーツのローファーといえばランス(REIMS)といっても過言ではないほど象徴的なモデルで、トゥとラバーソールのボリューム感が特徴です。, 本来ドレスシューズであるローファーでありながら、ポテっとしたフォルムがカジュアルコーデにベストマッチします。, アドニス(ADONIS)は、ランスとは対照的にほっそりとしたシルエットと端正な顔つきが特徴です。, デュプイ社の上品なボックスカーフを使い、コバの張り出しも抑えたデザインは、ドレスっぽくてフォーマルですね。, コロー(CORAUX)は、ランスとアドニスの中間のようなイメージで、カジュアル過ぎず、ドレス過ぎないモデルです。, かたちはアドニスに近くシャープですが、ステッチ使いはカジュアル、ソールも薄くて軽快なので、ローファーというよりデッキシューズに近いイメージでしょうか。, ではさっそく、わたしが普段履いているランス(REIMS)のブラック(NOIR)を使って、デザインの特徴からレビューしていきます。, なんといってもランス最大の魅力は、ぽってりとしたトゥと厚底ラバーソールからなる唯一無二のボリューム感です。, くわえてアッパーのモカシン部分にはかぶせモカが採用されており、立体感がうまれています。, 他のローファーで代えが効かないこの足元の存在感は、やっぱりランスでなければならない!という動機づけになるわけです。, サドル幅は太め、両端のビーフロールも太巻きと全体のボリューム感に負けないよう、細部のディテールも迫力感あるデザインになっています。, ビーフロールの糸巻き仕様ももちろん手巻きで、オーセンティックな雰囲気を醸し出してくれています。, こういった無骨なデザインがワークパンツからショーツスタイルまでマッチする秘密なのでしょう。, ランスは、登山靴に採用されるほどの耐久性と防水性をもつノルウェージャン製法でつくられています。, 長く履くための強度は申し分なく、そのうえノルウェージャン製法特有のアッパー、ウェルト、ソールを縫い付ける2列の極太ステッチが全体の雰囲気にマッチします。, また、ストームウェルトは山形にデザインされており、アッパーとソールの間から水やホコリの侵入を防ぐという本来の目的以外に、装飾の要素をプラスしてくれている点もたまりません。, とはいえ、カジュアルデザインながら上品な雰囲気を感じるのは、アッパーに生後6か月以内の最高級カーフレザーを使っているからなのでしょう。, オイルをたっぷりと染み込ませることで独特の光沢を放つアッパーは、リス(Lisse)レザーと呼ばれ、別名フランスの宝石と称されるほど美しい輝きを放ちます。, 忘れてはならないアウトソールですが、ランスには、MARCHEⅡ(マルシェⅡ)というブランドを代表する現行最古のオリジナルソールが採用されています。, MARCHEⅡは、パラブーツのソールの中でも高いグリップ性と耐久性を誇り、雨の日でも地面をつかむように歩けるので、梅雨時期のよきパートナーでもあるのです。, パラブーツは、日本人の幅広足にも合う広めのウィズを採用していることもあり、サイズ感は大きめです。, なかでも、ランスのサイズ選びには特に注意が必要なため、その理由や選び方などを説明していきます。, わたし個人の結論からいうと、ランスのサイズ選びは、表記サイズよりハーフサイズダウンで選ぶのが正解だと思っています。, 例えば、わたしの足のサイズはZOZOマットによると25cmくらいで、オールデンのコインローファーは6Dでジャストですが、ランスは6(24.5cm)を履いており、しかもハーフサイズ程度のゆとりがあります。, 実際、ランスの6サイズに足入れすると靴下なしで指1本分の余裕、厚手の靴下で気持ち余裕がある程度のサイズ感になります。, それならば、紐で調整できないローファーは、さらにハーフサイズ下げて5.5サイズ(24.0cm)を選ぶのがセオリーだろうと思うかもしれませんが、ランスは必ずしもそうではありません。, というのも、ランスを購入するとき5.5も試しましたが全体のサイズ感はよかったものの、小指があたって痛いのなんのって。, そうなんです、ランスは見た目よりも先端へのシェイプがきつく、捨て寸がないので、よく革靴で小指が痛くなる人はタイトフィットを避けたほうが無難なのです。, ただし、ハーフサイズ大きいとかかとが抜けて歩きにくいのでは?と思うかもしれませんが、ランスにはそうならない秘密があります。, ランスは普通のローファーに比べて、甲が深く甲全体が包まれることと、ヒールカップも深めかつ内側にきつくラウンドしています。, また、ヒールカップ内側のかかと部分はスエード素材に切り替わっており、摩擦が起きることでかかと抜けが起こりにくい設計になっているのです。, わたし自身、ハーフサイズ大きいままランスの6サイズを履いていますが、オールデンの6D同様、かかとはパカパカしにくく、歩行にストレスはありません。, つまり、ランスはワンサイズ大きめのサイズ感ではあるものの、ハーフサイズ小さめの表記サイズを選ぶのが正解だと思うわけです。, わたしも高級靴ほどタイトフィットで履くことが美徳と思っていた時期がありますが、あまりにも足が痛い場合は健康面からみてもおすすめできません。, 革靴は履いているうちに伸びて馴染むというのは事実ですが、革が伸びるには数年かかるうえ、横方向には伸びるものの縦方向には伸びにくいものです。, そのため、タイトフィットにして小指が痛いようなら、特にランスについては勇気をもってハーフサイズアップでよいと思います。, それにスーツにあわせるドレッシーな革靴でもない限り、スニーカー同様に少し大きめのほうが全体のバランスとして見え感がよかったりします。, 例えば、伸長172cmのわたしが、ランスの6を履くとこんなサイズ感になりますが、見た目的にも決して大きすぎることなくバランスがよいのではないでしょうか。, ランスは、ノルウェージャン製法による中底のコルク素材のお陰で、クッション性に優れソフトな履き心地です。, 重さも片足600gくらいなので、厚底のソールやウェルトなど重厚なデザインでありながら、そこまで重さも気になりません。, また、履き口は広めで幅があるため、着脱はしやすく、履き口がくるぶしにあたって痛いということも少ないと思います。, ただし、履き始めはアウトソールのラバーが固くソールの返りが悪い分、長時間の歩行は疲れます。, パラブーツのリスレザーは、オイルの含有量が多いことで撥水性をもつため、メンテンナンスフリーなのがうれしいところ。, それはもちろんランスも同様で、雨に塗れても革に水が染み込みにくく、雨の日でも履きやすいです。, ちなみに、リスレザーはブルームと呼ばれる白い粉が噴き出る現象がありますが、これは革に吸収しきれないオイルやロウなので、ブラッシングでもう一度レザーに戻しましょう。, とはいえ、だいたい10回履いたら1回お手入れくらいの頻度でケアするとより長く履けるでしょう。, お手入れ後は、履きしわを伸ばして湿気をとるためシューキーパーを入れておくことをおすすめします。, 当然パラブーツ純正のシューキーパーがよいでしょうが、わたしは同じくフランス製で木型が近いコルドヌリアングレーズのシューツリーを入れています。, コルドヌリアングレーズが上質であることはいうまでもありませんが、いろいろなブランドの革靴に使える分、汎用性が高いのでおすすめです。, ランスの6サイズに、コルドヌリアングレーズの6サイズを入れていますが、ちょうどよくフィットします。, いい意味でラギットな野暮ったさのあるランスは、ローファーですがキマリすぎないので、スニーカーと革靴の中間靴として気兼ねなく履けるところが最高です。, Amazonで「パラブーツのランス」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。, チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。, また、Amazonギフト券に初めてチャージする人は、5,000円以上のチャージで漏れなく1,000ポイントがプレゼントされるキャンペーン中なので、いまのうちにチャージしてみてください!. パラブーツのなかで、一番好きなモデルは?と聞かれれば、わたしはウィリアムと答... こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 カジュアルシーンからジャケパン・ドレススタイルと幅広く活躍してくれる人気ブランドで、特徴的なデザインや緑のタグを街でもよく見かけます。すでに語り尽くされた感じもありますが、今回は改めて. 当時は靴磨きなんてほと... こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1908年創業、100年以上の歴史を持つブランドで、そのルーツはアルピニストのための登山靴を作ることからスタートしました。パラブーツは現在もメイド・イン・フランスにこだわり続けており、シューズブランドでは他にない、ソールまで一貫して自社生産しているブランドです。, 多くの方は靴は全て(服もだけど)ブランドが工場で作っていると思っていますよね?私もアパレル業界に入るまではそう思っていました。, でも実際はソールは別の会社の物を使っていたり、デザインだけ行い生産は海外の工場で行なっていたりと分業のような形で行われています。全て自社生産で行なっているブランドは今では珍しくなりつつあるんですよ。, これはパラブーツの企業理念ですが、単純に歩くことだけでなく「人生の歩み」も意味しています。フランスでは大人になったらパラブーツを履けと言われるそう。それだけフランス人にとって生活の一部にあるシューズなんですね。, パラブーツは1度足を通し履き込んでいくと、その履き心地の良さからリピーターも多いブランド。改めてその人気の秘密や特徴を探っていきましょう。, 1927年にブラジルのパラ港から上質な天然ラテックスを輸入したことで、パラブーツの最大の特徴とも言える自社生産ソールが生まれます。, この厚みのあるソールが抜群のクッション性と履き心地を可能にしています。多くのモデルでこのゴム素材を使用していますが, 非常に手の込んだソールで、かつ一括した自社生産のためハイクオリティですが高価になります。手で持ってみると重たく感じますが、実は軽いシューズよりも疲れにくく履いていると気になりません。一度足を通して街を歩くとこの快適さがお分りいただけるかと。, ノルウェイジャン製法による防水性やグリップ力だけでは雨に強いとは言えませんよね。なぜならアッパーのレザーが繊細であれば水濡れに弱くなってしまいます。, しかしパラブーツの多くのモデルで採用されているオリジナルレザーはオイルをしっかりと浸透させたリスレザーという素材で、非常に高い撥水性を備えています。もともと登山靴から始まったパラブーツならではのレザーですね。, パラブーツのリスレザーは白くカビのように粉が吹いたような状態になることが。新品の状態でもよくみかけますが、これはブルームといってオイルやロウの成分が表面に出てきたもの。安心してくださいね!, 乾いた布・ウェスなどで拭き取ってあげればなんの問題もありませんよ。むしろこのブルームはたっぷりとオイルが染み込んだ上質なレザーの証明。, 各モデルについてはのちほど説明しますが、エルメスやジョンロブのOEMも手がけています。, 簡単に説明すると「パラブーツさんのモノづくり最高!こんなモデル作ってよ!」みたいな感じ。ざっくりすぎますかね(笑), パラブーツのウィリアムというダブルモンクのシューズがありますが、あれはジョンロブのコテージラインの復刻のような感じ。もともとはパラブーツがジョンロブに提供していてめちゃくちゃ評判が良かったものだからパラブーツからもリリースされたと。そんな感じ。, また、パラブーツの名作といえばミカエルというチロリアンシューズ。これも実はエルメスのラブコールから産まれたとされていますね。代表的なミカエルのフォック(アザラシの毛)はワシントン条約で毛皮を取ることができなくなったため数年前に廃盤になったので残念ながら新品はもう手に入りません。, 私の友人の女の子はフォック最後の年に青山の本店まで飛行機に乗って買いに行ったそうです(笑) おれも買っときゃ良かった・・・, 表記よりもハーフ〜ワンサイズ小さめを選ぶといいでしょう。インソールの沈みやアッパーの伸びを考慮しても通常サイズで選ぶと絶対に失敗します。かかとが抜ける・・・, という具合です。パラブーツの代名詞的なモデル・シャンボードでいえば足の甲も高めなので"幅広甲高"の典型的な日本人足には非常に履きやすいのも特徴。, 言わずと知れた、ミカエルと並ぶパラブーツの代名詞的モデル。Uチップでボリュームのあるデザインと、リスレザー&ノルウェイジャン製法による堅牢な作りで全天候型のレザーシューズと言えますね。, 所有者が多いから被るのを避けたいという方もいらっしゃいますが、私から言わせればそんな事言ったら世に溢れる名作シューズ・スニーカーなんか全て被ります。それよりも着こなし・合わせでいくらでも個性を出せますよ、と言いたい。それぐらいコーディネートを選ばず履ける不屈の名作です。, シャンボードをスーツスタイルで合わせるのはアリかナシかとよく言われますが、個人的にはナシです。せいぜいジャケパン、どうしてもスーツに合わせるならシャンボードでなく後述するアヴィニョンかなと。, シャンボードに並ぶパラブーツの傑作。エルメスのラブコールを受け特注されたことに始まったこのモデルです。ぽってりとしたフォルムが特徴的で、オイルをたっぷり染み込ませたリスレザーがどんな雨や雪からも守ってくれます。, 女性にも人気のモデルで、毛付きのモデルも数多く存在し(後ほど紹介)、ファッション性は非常に高いです。様々なブランドから別注も受けているミカエルはぜひ手にしてほしいモデル。, ミカエルにポニー(馬)の毛を施したのがこちら。短くコシのある毛がアクセントになり通常のミカエルとは違った表情を見せてくれます。, 毛足が長いため冬場のイメージが強いですが、個人的には真夏以外の3シーズンはガシガシ履き倒してもらいたいな〜と。男性らしいイメージが強いですね。, ポニーと違い、フワッとした柔らかくきめ細やかな毛が女性らしいラパン。細身のパンツにポテッと合わせてもよし、スカートにガーリーな合わせもよし、めちゃくちゃ可愛いモテシューズ。, どうしても履いてもらいたくて妻にプレゼントしましたが、手入れは私がしています。そうなることは初めから分かっていましたが・・・自分でしてほしい(泣), レイムズと書いてランスと読みます。よく後述するアドニスと同じローファーとして比較されますが、ランスのぽってりとしたフォルムはカジュアルシーンで抜群のアクセント!めちゃくちゃかっこいいです。, スニーカー感覚で履けるローファーで履き心地もよし。冬場はソックスとあわせて足元に個性を演出できます。, ミカエルのように毛がついたモデルもあります。カジュアルシーンメインならランス、オンスタイルならアドニスといった感じ。, ランスと比較し、すっきりと都会的な印象になったアドニス。この形ならばオンスタイルにも応用できますし、カジュアルなシーンであれば足元がぐっと引き締まって洗練された印象に。大人顔のローファーは一足持っておくとめちゃくちゃ便利。, 近年のビジネスシーンではローファーは好まれる傾向にあるので、外歩きが多い方にはぜひ試していただきたい履き心地。, シャンボードに似たUチップですが、よりシャープな印象を与えるのがアヴィニョン。トゥの形やサイドのステッチが効いています。, フランス本国ではUチップといえばシャンボードではなくこのアヴィニョンを指すようですね。シャンボードをスーツに合わせるのは個人的にはナシですが、このアヴィニョンはアリかなと。カジュアルスタイルより、キレイ目なジャケットスタイルを好む方にはこちらのモデルをオススメしたいですね。, フランス海軍でも使用されるパラブーツのデッキシューズ。軍モノですがおしゃれなシューズですね(笑), デッキシューズはその名の通り、船の甲板で履けるシューズで水濡れに強く滑りにくいグリップを備えているため、可愛いデザインだけではなく機能性にも優れています。夏の足元を爽やかに演出してください。, デッキシューズであるバースをベースにしたローファーがこちら。バース同様のソールを採用していながら、コインローファーとしてキレイなシルエットになったことからコーディネートの幅がぐっと広がりますね。, クールビズなどのオンスタイルでも活躍してくれるのではないでしょうか?雨にも強いですし価格帯も安い、キャッチーなローファーです。, このダブルモンクはもともとジョンロブがOEMをかけたもの。今ではなくなったコテージラインというカジュアルラインで販売されており、めちゃくちゃ人気がありました。かなり端折りますが、そのウィリアムをパラブーツが販売したのがこれ!, ダブルモンクとはいえカジュアルな見た目で、オフスタイルにもハマります。こちらもパラブーツが誇る名作で、残っている在庫でサイズが合えばラッキーです。見かけたらぜひ!, パラブーツとガリビエールはRichard Pontvert(リシャール・ポンヴェール)社が立ち上げたブランド。このアヴォリアーズは登山靴に特化したシューズを作り続け、絶大な信頼を誇るガリビエールで生産されていたシューズです。, 廃盤となっていた同モデルを復刻させる際に、世界に名の通っていたパラブーツで販売。当時の木型や素材など忠実に再現されている往年のファンにはたまらないと言われるのがこれ。, 知れば知るほど魅力だらけ、数々の名作を世に送り出してきたパラブーツ。ぜひ一度は足を通してもらいたいシューズブランド。街から姿を消すことはないでしょう。, 普段革靴をほとんど履かない私ですらパラブーツはかなり履きます。ぜひ一度お試しあれ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.