・ナノインフルエンサー:数千人~1万人以下のフォロワー数, 出典:インフルエンサーマーケティング「Q&Aマーケティング」 Twitterのフォロワーを増やすコツを知りたいですか? 3ヶ月半でフォロワーを1万人増やした実績がある筆者が、効率のよいフォロワーの増やし方のコツ7つ、おすすめのアプリや無料ツールなどをご紹介して … ・フォロワー数 262人増, フォローされていても活動がなかったり、あからさまに絡みがないとGoogleからのソーシャル評価もされません。, たまに3,000に人くらいのフォロワーがいるけど、ツイートしても「いいね」が1つもつかない。みたいな人がいます。, Twitterのアカウントがあれば、すぐに無料で登録が終わりますので、おすすめです。, これはフォロワーのいる国、性別、利用率などのさらに細かい調査ができるツールです。Twitter運用でペルソナを気にしている人には便利ですね。. https://bizhint.jp/keyword/149270, 「BizHint(ビズヒント)」さんは5種類です。フォロワー数や名称は図で見ていただいたとおりです。, リンク記事では、フォロワー数が決して多くはない「マイクロインフルエンサー」や「ナノインフルエンサー」に高いPR効果があると説明されています。, ここ1〜2年でインフルエンサー・マーケティングを成功させるためのキャスティング会社も多数生まれてきています。, キャスティング会社の構造は、芸能事務所と同じです。所属インフルエンサーの営業などを代行する会社です。, ちなみにフォロワー数の単価は決まっていませんが、1フォロワーにつき2~4円あたりが相場のようです。, 最近は特別単価で「1フォロワー×0.1円(税別)」なんて金額で企業にアピールしているキャスティング会社も出てきています。, 一般人でも短期間で1000〜2000人のフォロワー数を集めるのが珍しくなくなってきています。, そんな状況を考えると、強力なインフルエンサーの最低フォロワー数はいくらになるでしょうか。, やはり昨年あたりから顕著になっていますが、歪な形で名前を売ってきているブロガーさんなどはフォロワー数が多くても、影響力は微妙になってきています。, これからインフルエンサーをめざす人ならば、最低ラインの10万人を目標にして知恵を絞っていってください。, たとえば「meyou」が自動収集しているツイッターフォロワー数ランキングなんてももがあります。, 出典:Twitter日本 「クリエイター」フォロワー数ランキング 1-50位「meyou」 自分の影響力を、人のために使える; 錯覚資産として、かなりストックする; 特に僕の場合は、noteで自分のコンテンツを販売するのに、ファンとの接点が1.5万人分あるので、 コンテンツを提供するメディアとして非常に助かっています。 ターゲットユーザーにとって価値のある情報だけ、統一感を持って発信するのがオススメです。, ある人が、仮にバズったツイートをみてタイムラインを見たとします。 僕の経験ですが、転職系のアカウントを運用していて、いきなり「今日のご飯はおいしかった」みたいなツイートをすると、いきなりフォロワーが50人くらい減ったりします。 僕は有料版にしているのですが、有料にするとリムーブされた人の一覧を見たり、フォロワーが多いフォロワーを一覧で見たりとなかなか便利です。, さて、あなたはフォロワーを1万人増やしたいと思っています。最初に考えて欲しいのは目的です。なぜあなたはフォロワーが1万人欲しいのでしょうか。この目的設定はとても大事です。なぜかというと、フォロワーを1万人集めるのはとても骨が折れる作業であり、相当頭を使うことになります。それに耐えうるモチベーションをしっかりと自分の中で定義して上げる必要があります。, 特にこの、会いたい人に会いやすくなるのはめっちゃくちゃよかったです。今の会社もツイッター経由で採用だったし、ここ最近つるんでいる面白い人も全員ツイッター経由でした。自分が使っている好きなサービスの社長さんと一緒にご飯食べに行ったりすることができるのも、ツイッターのフォロワーが1つの信用証明書として働いているのではないかと、ここ最近強く思います。, さて、自分自身がなぜツイッターのフォロワーを1万人に増やしたいのかを定義し終わったら、自分が提供できる価値を定義してあげましょう。, 自分が提供できる価値を見つけるには、「なぜあなたを他人がフォローするか」を第三者の視点で見つめる必要があります。顧客(Client)と自分(Company)の視点でみることが大事です。, よくツイッターのフォロワーを増やしたいという人の中で、この視点が抜けている人がたくさんいます。それは、他人に対して価値を与えるという基本的なことができていないからです。, 他人が求める価値を客観的に見つめる方法はたくさんあると思いますが、手軽に見つける方法は、過去の自分に対してアドバイスできることを見つけるとよいです。つまり、自分自身が課題だと感じたことを、解決する情報を与えられれば、価値を与えることができるわけです。, 僕の場合だと、プログラミング初心者の時にアプリを作るまでのハードルがひたすら高くて、ググりまくっていたけれど、ある程度経験者ではないとググることすら難しいという課題感を感じていました。また、その課題を埋めてくれる情報を発信している人はほとんどいなくて、とても困った記憶があります。それから1-2年コードを書き続けて、ある程度アプリがちょこちょこ作れるようになると、昔悩んでいたことに悩んでいる人がたくさんいることに気づいたんですよね。この人たちに、昔の自分に対してアドバイスするようなツイートをすればよいのではないかと思いました。, そして、自分のようにプログラミングでつまづく人って、かなり多いのではないかと思いました。ほとんどの人がプログラミングが楽しいと思う前にやめてしまいます。だから、プログラミング初心者向けにためになる情報を発信したら、より多くの人に情報を届けることができるのではないかと思いました。, こんな感じで、自分が提供できる価値、他人が欲している情報、他に似たようなことをしている人がいないか、そしてその情報を欲している人の数が多いのかを定性的、定量的に事前調査していました。(いわゆる市場規模と提供する価値がフィットするか試していました), ちなみになぜこれが本当に必要なのかが分かったかというと、クラウドソーシングでプログラミングの質問を受けまくっていたからなんですよね。その質問を聞いていく中で、ユーザーが本当に欲しい情報にアクセスすることが難しく、一定数の人が困っていることは肌で感じていました。, また、自分が提供する価値を欲している人がいることが確認できたら、どれくらい多くのユーザーがその情報を欲しているのか調査しましょう。Google AdwordsのKeyword Plannerを利用して、プログラミング初心者が困りそうなキーワードを洗い出して、どれくらい検索しているのかを見ると、やはり一定数検索ボリュームがあることが分かりました。このように、自分の発信する情報が市場価値があるかどうかは、定量的に分析し理解しました。, さらに、競合性を確認しましょう。競合(Competitor)と自分(Company)の比較です。競合性とは、ライバルの数のことです。自分よりもよい情報を発信していたら、自分は相対的に価値が低くなりますよね。なので、自分のまわりにライバルがいないことをしっかり見ていく必要があります。, 実際、このような情報を発信しているアカウントがあまりないことも確認しました。データサイエンス界隈だと、TJOさんという人が初学者向けにデータサイエンスを解説している記事があるものの、より初心者向けの情報を発信しているアカウントはほとんどありませんでした。バグが起こった時にどう解決したらいいかとか、エンジニアとして仕事に就くにはどうすればいいかとか、そういう情報ってあんまりないんですよね。, 長くなりましたが、ツイッターのフォロワーを増やすためには、このように市場規模とニーズ、競合性が低いかチェックする必要があります。, さてさて、そんなこと言いながら実はこの市場に最初から気づいた訳ではないんですよね。, 実は、最初は営業のノウハウみたいなものをツイッターで発信していました。しかし、営業のノウハウだと、ネットで調べれば情報が腐るほど出てくるし、当時大学生の僕がやっていたのはCtoCの営業で、競合も大きく、かつ自分でなければ出せない付加価値は一切ありませんでした。そこでこの運用方針でやっていくのは厳しいと思い、1ヶ月で撤退しました。, 次にやったのが、ブログのマネタイズ方法の発信です。Google Adsenseで収益化するための広告表示みたいな情報を発信していました。しかしその時は月に3000円くらいしか稼げていないので、結局自分が出せる付加価値なんでのはなかったんですよね。そのような情報は無料でもっとすごいブロガーさんが発信しているので、付加価値など0なんですよね。, 次にやったのが技術記事。しかし技術的にかなり難しい内容でマネタイズしようとすると、市場規模は小さくなりがちです。もとめているユーザー数が少なくなるから。技術的な難易度があがれば上がるほど、市場規模が小さくなります。, そして今発信しているのは、プログラミング初心者向けの情報発信の市場です。ここは誰もプレイヤーがいなかったんですよね。それは複合的な要因があるからなのですが、ここでは割愛します。, 図1 狙うとよくない市場: 大学生の営業ノウハウ:営業ノウハウは他人から必要されているけど、自分が提供できる価値が低い, 図2 プログラミングのかなり細かい部分の技術記事:自分以外のプレイヤーは小さいが、市場規模が小さい, 図1 狙うべき市場: プログラミング初心者向けの情報発信は市場規模も大きく、自分が提供できる価値が大きい, さらに、いい市場(需要が大きく自分で提供できる価値が大きい)を見つけたら、ちゃんと差別化できるかどうか確認しましょう。僕自身はプログラミングの能力ではほかの人には負けますが、バカなので他人がわかるレベルに落とし込むのはたけていると思います。なので、ちゃんと差別化できるようになっています。, 差別化は、スキルの掛け算で見つけられるとよいでしょう。僕はマーケティングが少しできて、かつ少しプログラミングができるので、そのポジションをとれたのはスキルの掛け算のおかげです。自分自身の得意なところを2つ以上かけ合わせると、よいかと思います。, さて、提供する価値と情報が欲しいユーザーを定義した上で、さっそくフォロワー数を増やしていきましょう。, まず最初に、自分が何者なのかをしっかりプロフィールに書きます。プロフィールは、他人が自分をフォローしたくなるような、個人を信頼できるプロフィールにする必要があります。どんな価値をこのひとは提供してくれるのかが一目で分かるようにすると、フォローしやすくなりますね。, となります。これをプロフィールにするためには、具体的な実績や、経歴があるとよいです。僕はあまり経歴が華々しいわけではないので、自分の作ったアプリの実績を入れています。, といっても、正直フォロワーが1000人超えない段階であれば、いくらツイートしてもそんなに増えません。なぜかというと、RTしてくれる人の数が限られるからです。フォロワーが多い場合であれば、たくさんRTしてもらいやすくなりますが、ない場合はよっぽどバズらせるのがうまくないとできません。肌感、ちゃんと100RTを超えるようになるのは、頑張ってもフォロワーが2千人くらい超えないと厳しいです。, なので、このフェーズでは、最初に100人くらいは手動でフォロワーを集めます。この時は自分の周りの友達とかで大丈夫です。もしくは、自分の発信している情報を欲していそうなアカウントを見つけましょう。僕の場合であれば、初期はProgateやQiita、Aidemyのユーザーをひたすらフォローしていました。フォロー数を徹底的に増やして、少しでもフォロワーを増やせるようにしていました。最初はとりあえず100人フォローバックしてもらえるために、300人くらいフォローしていました。そして、そういう人たちが欲していそうなコンテンツをメインで発信していました。, さて、フォロワーがあなたをフォローするのは、有益な情報を発信しているからです。なので、その情報を濃縮して発信するのは、ツイッターでは文字数が足りません。noteでもブログでもよいので、メディアを持ちましょう。メディアをもって、どんどん発信していきましょう。, さて、僕がフォロワーが少ないフェーズでやっていたのは、すでに潜在フォロワーが多いSNSでメディアをバズらせてから、自分のツイッターフォロワーに誘導する方法です。, 実際に僕が最初にやっていたのは、News Picksでのバズです。最初はひたすら自分のブログをNews Picksに載せまくっていました。その当時は教育系の記事をブログで発信していたのですが、News Picksには教育、キャリアというカテゴリがあります。つまり教育コンテンツを読んでいる読者層が多いSNSなんですよね。なので、教育系のコンテンツを発信していると、取り上げられやすいです。なのでひたすら教育記事を書いてはバズらせていました。, ブログ更新しましたNews Picksでバズった記事をまとめてみました(100 picks以上)|Review of My Life: https://t.co/8d85LXQsnP, その結果ですが、News Picksのタブで表示される記事が増え、多くの記事がバズるようになりました。ちなみにNews Picksで記事がバズると、ツイッターでシェアすることができます。そのツイートをファボすると、フォローバックしてもらうチャンスになります。記事がバズった時はまとめて自分の記事をエゴサして、ファボしています。これだけでより多くの人に自分の記事に気づいてもらえるので、ファンが増えます。, その後、教育コンテンツでは限界を感じたので、技術系の記事に一気にシフトしました。技術系の記事はNews Picksのユーザーとは親和性が低いので、はてなブックマークとQiitaのユーザーに発信しようと思い、技術系のネタ記事を量産していました。, 【enhancement】Qiitaをエロサイトにする pic.twitter.com/wMi9rx6xXy, Qiita最近下ネタつぶやきすぎでは https://t.co/m7bIRywGL8, はてなブックマークにかんしても、同様に徹底的にバズりやすい記事を分析しました。これにかんしてははてなブックマークでブクマされた過去のトップ記事を10年版全て取得して分析して、バズるコツを見つけて記事を書いていました。こちらも記事が長くなるので、全てはかけませんが、とにかくある特定の層に向けて発信することが重要となります。, はてなブックマークで記事が拡散されたら、News Picksも同様に、ツイートされたらファボしまくっていました。そうすると、やはりそういう情報を欲している人たちが気づいてくれるので、やはりかなり増えていくんですよね。, まず、特にフォロワーが少ない段階で重要なのは、コンテンツを特化させることです。例えば、僕の場合はプログラミング初心者向けの情報に特化して、これからプログラミングを学びたいという人たちが欲しい情報に特化して発信しはじめてから、急激にフォロワーが伸び始めました。, まだ発信者が誰かわからない状態だと、「〇〇さんだ!」という認識を得ていないので、雑多な情報だと目立ちません。なので、「〇〇について発信している人だ!」という印象を持ってもらう必要があります。