なぜ不安や悲しみ以上に未来への希望が勝っているのか? その答えとしては、自分の持っている願い事(夢)がきっと叶うと思っているからでしょう。, 曲の終盤においては、それまでは単に「未来」と表現されていたものが「輝く未来」と表わされるようになっています。その輝く未来で手に入っているものが、握りしめている「願い事」であり「あなた」なのでしょう。, 流星群という曲は、立ち位置や歌詞の内容から考えるに、夢を叶えようと決意して間もない頃だと思われます。, ずっとずっと夢見てたキラキラのステージへ 暗闇を照らすように光が一筋浮かぶ Planetarium (プラネタリウム) 7. 全网搜 热搜榜 vip.

あなたからもらったなにもかも道しるべにしてきたよ, 全体の歌詞を見てみますと、流星群およびプラリネの頃の「道」と、アイルでの「道」という言葉の示すものは明確に変化しています。, というのも、流星群とプラリネにおける「道」というものは、既存のレールであったり人から示された道しるべであったりというニュアンスが強いんですね。, しかしアイルでは、「道なき道」や「あたしだけの道の先で」など、誰も歩んだことのない道を自分自身で切り拓いていくというものになっています。これらはアイルのテーマではないでしょうか。「誰も歩んだことのない、自分だけの道を進む」という。, アイルという曲は、流星群とプラリネを経たジュリアが出した答えなんだと思っています。, 少し上で「プラリネは自分の弱さを受け入れた上で未来を切り開いていくという意志と、その上で流星群の頃に持っていた希望や夢を取り戻したジュリアを描いている」と書きました。このプラリネの意志と流星群の夢や希望を持ったジュリアの出した答えこそが、アイルという曲ではないでしょうか。, それは、「夢へ向かって歩み続けることそれ自体に価値がある」というものだと思います。, まず流星群とプラリネでは、未来や夢というものに焦点が当たっていました。しかしアイルでは、未来や夢といった結果よりも、道なき道を進むという過程、それ自体に焦点が当たっているように思えます(もちろん、夢や希望といった要素もこの曲には多いですが)。, これらの歌詞で思い出すのは、プラリネで出てきた「後ろ指さされるくらい怖くなんてない」という歌詞です。これらの歌詞の示すものは似ていますが、少し異なる点もあります。, 一体どこかと言うと、プラリネは「否定的評価をされても怖くない」というものですが、アイルは「叶う可能性も肯定的な評価もなくたって構わない」というものです。, 否定的な評価というのは、例え夢を叶えようとも、むしろ夢を叶えていけばいくほど大きくなっていくものでもあるでしょう。つまり、否定的な評価をされていようと夢を叶えることはできる。, しかしながら、アイルはそういった夢を叶える可能性がどんなに低くても構わないといったニュアンスになっています。, 「道なき道を進むという過程それ自体に焦点が当たっている」というのはそういうことです。, 私は、プラリネは迷いや不安を正直に描いている曲だとも思っていますが、アイルではそういった迷いすらも受け入れるようになっています。その上でなお、自分だけの道を進み続ける。これは、プラリネがあるからこそ出せた答えだと思っています。, アイルにも、目標となる未来や夢といったものが出てきます。それは「辿り着きたい場所」と表現されていて、その場所がどこかと言うと「だれも見たことのない景色」のある場所でしょう。, そんな「だれも見たことのない景色」を目指そうとも(むしろ目指すからこそ)、賞賛が貰える訳ではありませんし、先人が居ない以上勝算だってありません。, この最後の歌詞こそ、「進み続けること自体に価値がある」という姿勢の表れだと思います。, ここからがまとめ……というより、この記事はここから先のことを書きたいがために書いたんですが、曲の紹介が予想より長くなりましたw じゃあ書いていきます。, これまでの流星群、プラリネ、アイルを歌うジュリアから見られるアイドル象というのは、共に夢を歩むアイドルというものです。ある意味ではOFAの追加シナリオの雪歩に近いかもしれません。あっちは共に居るといった感じでしたが。, アイマス世界の夢に関する曲というのは、「夢は必ず叶う」といったような感じの前向きな曲が多いです。アイドルからファンへ、あるいはファンからアイドルへの応援歌といった感じですね。, 私は、流星群やプラリネやアイルというのは、ジュリアの心境が素直に表れている曲だと思っています。夢の始まりである流星群、一度夢を諦めかけたようなことを匂わせるプラリネ、そしてそれらの曲を経た答えとしてのアイル。, 応援歌のようなアイドルソングとは違い、夢が必ず叶うという保証は全くしていません。比較的希望に満ちている流星群ですらそうです。夢へと向かう希望を歌っていても、それが叶うとは言っていない。それどころか不安や迷いも歌詞に込められている。, 上記のような応援歌的なアイドルソングとは全く異なっています。安易に叶うと言ってもいないし、自分が必ず叶えられるとも言っていない。ジュリアの曲には不安と迷いがあり、必ず夢が叶うという言葉とは無縁です。, 未来は本当に信じれば光るのか、ということに対する結論は、「きっと」という言葉が示す通りジュリアの中でも出ていません。しかし、ジュリアの場合はそうした確信がないからこそ響く。, だからこそ、ジュリアというのは共に夢を歩むアイドルなのだと思います。夢へ向かう際の素直な心情、その上で出てくる迷いと無力感、そしてその歩みから導き出された結論は、間違いなく似た道を歩む人たちの励みとなる。, プラリネでは「後ろ指さされるくらい怖くなんてない」という歌詞があり、アイルには「勝算なんてなくたって構わない」および「賞賛だってなくたって構わない」という歌詞があります。, これらの歌詞は、一種の強がりでしょう。本音でもあるでしょうが、やはり後ろ指はさされないに越したことはないし、勝算や賞賛もあった方がよっぽどいい。, しかし、後ろ指をさされながら、あるいは勝算も賞賛もない状態で夢の道を歩んでいる人間には、何よりも強く響く言葉でしょう。, ここからは更に私見色が濃くなりますが、ジュリアが一番メッセージを届けようとしているのは少し前の自分なのだと思います。少し前の自分、あるいは今の自分が一番必要としている言葉を歌っている。だから、ジュリアと似た道を歩くファンの心に届く。, 上にも書いたように、ジュリアの曲というのは応援歌ではありません。自分の希望や迷い、覚悟を表現している、彼女自身の軌跡を記した曲だと思っています。, しかし、そのような曲だからこそ、賞賛も何もない孤独な道を歩んでいる人間にとっては何よりも励みになる。同じような希望や不安を抱いた人間が居るとわかるだけで、大きな力強さを感じるファンも居るでしょう。, そうした感情をつづった曲を聴く度に、いま夢への道を歩んでいるファンからすれば共に歩いているような気分になる。ジュリアというのは、そういったアイドルとしての一面も持っているのではないでしょうか。, アイル, ジュリア, プラリネ, ミリオンライブ, 流星群, 考察
1080p蓝光画质. 虚虚実実 - 19. 精选 电视剧 电影 综艺 动漫 少儿 纪录片 vip会员 s10 音乐 全部. ID: oLXytcUcRT, 2019/12/19(木) 11:20:50 ほらあたしにだって出来ることが少しずつ増えてゆくよ, 悲しくなって悔しくなって自分にもっと夢を見るの まだあたしにだって子供みたいに信じる力があるよ, 流星群の頃のジュリアは未来に対する希望に満ちていました。 腾讯视频 .

看过. La pagina é stata generata in 0.03645 secondi, Kiminchi e (きみんちへ) / Kimi no Uta (キミノウタ), Patricia (パトリシア) (Acoustic) (Bonus Track), Omokage Warp (面影ワープ) (Acoustic) (Bonus Track), nano.RIPE Out Takes -MAKING OF "Real World (リアルワールド)", nano.RIPE Tour 2012 アナザーワールド 2012.12.26 Live at AKASAKA BLITZ, Moshimo no Hanashi (もしもの話) (Acoustic) (Digital Only), nano.RIPE TOUR 2013 "Kaerimichi (かえりみち)" 2013.5.26 Live at Shibuya WWW. 楽曲: プラリネ. 음반인 the idolm@ster live the@ter harmony 04에 수록된 줄리아의 2번째 솔로곡이다. Nanairo Biyori (なないろびより) 5. 作詞: きみコ: 作曲・編曲: 佐々木淳: 編曲: nano.ripe: その他補足情報 . Tsukihana (月花) 9.

Planetarium (プラネタリウム) 7. ID: 5cFTD79TrI, 2015/09/27(日) 15:25:05 Tsukihana (月花) 9.

Tsukikage to Blanco (月影とブランコ) -Acoustic-11.
Kokyuu (呼吸) 6. 【nano.ripe】 プラリネ.