車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・愛車(5年強経過。ベージュ系メタリック塗装)にdiyで簡易コーティングをするため、電動ポリッシャーを購入して下地処理をしていたのですが、ボンネット部が部分的に白く濁 最近、愛車のヘッドライトの光が反射しない、夜間見えにくいと感じる方はいますか。そんな方には、ヘッドライト用の研磨剤を使って磨くのがおすすめです。そこで今回は、ヘッドライトの研磨方法やおすすめの研磨剤、失敗しないコツ、料金をご紹介します。, 記事に記載されている内容は2018年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ヘッドライトは、長年の使用により表面のガラスコーティングが剥がれ、変形や劣化などのトラブルが発生します。特にヘッドライトは、黄ばみや傷が入っていると透明感が失われ、ヘッドライト本来の役割に支障を来します。トラブルを防ぐためにも、今回はヘッドライトの研磨方法をご紹介します。, 1.まずはヘッドライト表面のホコリや汚れを軽くタオルで拭き取ります。汚れがひどい時は、水洗いしたタオルで拭き取るのが効果的です。2.スポンジや乾いたクロスに、ヘッドライト用の研磨剤を適量付けます。ヘッドライトの汚れている部分を擦ります。3.黄ばみやキズが落ちないときは、研磨剤をパッティングするか、1分程クロスで覆って下さい。汚れ部分に研磨剤の成分が浸透するようにします。4.その後、覆っていたクロスで擦りあげて下さい。水洗いを行なって濡れたタオルで水気を拭き取れば完成です。ヘッドライト表面が白く剥がれた状態のお車には、研磨剤の効果が出ないことかあります。これは、ヘッドライト表面が劣化しているからです。新しいヘッドライトへの交換をおすすめします。, ヘッドライトの黄ばみ、くすみ、白混濁を取り除き、新品のような輝きに変化させたい方には、ヘッドライト研磨とコーティングを同時にできる方法をご紹介します。, 例えば、ヘッドライト研磨剤の中にコーティング剤も備わっているアイテムがおすすめです。専用のスポンジも付いていますので、同時に研磨とコーティングができます。1.まずは、次にご紹介するヘッドライト研磨剤をクロス、または付属のスポンジに適量塗りつけてヘッドライトに伸ばして下さい。ヘッドライトの汚れを円を描くように擦っていきます。2.ゆっくりと擦ることで、ヘッドライトのガラスを傷つけずに劣化した皮膜だけが落ちます。ポリッシャー磨きを行いたい方は、活用してください。3.黄ばみや汚れを落としたら、水洗いをして濡れたタオルでヘッドライト研磨部分を拭き取ります。白混濁が残らないように拭き取るのがコツです。美しい輝きに変化すれば完成です。, axeのプラクリーンは、ヘッドライトの黄ばみや曇りを除去して保護コーティングが同時にできるアイテムです。この研磨剤を使って、ヘッドライトを研磨するだけで、3~4ヶ月ほど透明感のある輝きを得られます。このコーティング効果が得られるのは、2種類のコンパウンド成分が研磨と被膜形成を同時に行えられるからです。わざわざ、研磨剤とコーティング剤を使い分けることなく、プラクリーン1本で磨けます。さらに、ヘッドライト研磨用だけでなくポリッシャー磨きもできるのが特徴でです。ポリッシャー磨きなら、頑固な黄ばみ汚れにも効果が得られ、ヘッドライト表面のくすみや濁りも取り除きます。, 10年乗っている車で曇りが目立つようになり、色々と使用しましたが 樹脂性のものに塗布することで効果を発揮するようです。, 1.このおすすめ商品の研磨方法は、先ほどの黄ばみ除去ヘッドクリーナーを使って、汚れ部分を擦ります。汚れが酷いときは、タオルで30分ほどヘッドライトを覆います。2.次に、ヘッドライトを水で洗い流します。乾いたタオルで水分を拭き取り、UNIVERSALBCの硬化型ヘッドライトコーティング剤を用意します。3.UNIVERSALBCの硬化型ヘッドライトコーティング剤をスポンジで適量取り、ヘッドライトのレンズに塗ります。全体的に均一に伸ばすようにします。4.次に、専用のマイクロタオルで余分なコーティング剤を拭き取ります。コーティング剤か残っていると、綺麗な光沢になりませんので拭き残しをチェックしましょう。5.経年によりヘッドライトが変色してしまっている場合は、コンパウンドで磨きあげてください。これで研磨とコーティングが完成です。, ヘッドライト研磨剤を取り扱っているメーカーは、たくさんあり種類も豊富です。その中でも今回は、おすすめのヘッドライト研磨剤をいくつかご紹介します。, ヘッドライト表面を磨いて光沢を出すためにポリッシャーを使いたい方には、次の研磨セットがおすすめです。電動式のポリッシャーに使えるアイテムです。, BEATON JAPANの研磨セットは、磨くヘッドライトに合わせてスポンジの形状を変えられるのが特徴です。ヘッドライトの黄ばみやキズ研磨におすすめの商品です。深いキズは難しいと思われがちですが、ヘッドライトの表面をこするだけで黄ばみやキズが直ります。例えば、波型のスポンジか平型スポンジがあります。また、ポリッシャー本体パッドと専用ネジ、ウールパフが付いています。それぞれのアイテムは、マジックテープ式で簡単に取り付けることができますので、ヘッドライトのコンパウンド作業におすすめでしょう。, 気を付けないと塗装が溶けます。凸凹のタイプは回しかたをき をつけないと熱をもち溶けます。フラットなやつは大丈夫ですよ。, この商品は、ヘッドライトやテールランプ、ウィンカーレンズの白ぼけや黄ばみを落として、クリアな輝きに戻すアイテムです。復活剤により、劣化したヘッドライトレンズが綺麗になるアイテムとして人気があります。もちろん、ヘッドライト点灯時には、光量がアップするのでおすすめです。, ヘッドライトレンズの経年劣化による(特に紫外線による劣化)曇りがきれいになります。表面を研磨してきれいにするしくみです, ヘッドライトの黄ばみが気になる人、他の商品では効き目がなかった人には、「fcl.」のヘッドライト用研磨剤がおすすめです。, この研磨剤には、特殊研磨剤が配合されており、擦るだけでヘッドライトの黄ばみを取れるおすすめの商品です。そのため、他の研磨剤では効き目がなかった人でも、違いが分かります。ヘッドライトの本来の性能を取り戻して、車の運転を安全にできるでしょう。さらに、ヘッドライトのキズや曇りを取り除くこともできるため、人気の商品となっています。, いろいろ使いましたが、これは、なかなかだと思います。(同時にバルブも交換したので?)時間が有る時にこれをつかいしっかり磨きます。, オカモト産業のヘッドライトクリーナーは、くすみ取り除いてヘッドライト本来の透明感に変えます。特にプラスチックレンズをカバーでき、汚れや紫外線からヘッドライトを守ります。もし、ヘッドライトのくすみが気になる方は、オカモト産業のヘッドライトクリーナーを使ってみてください。, 使い方は簡単でスポンジに付属液を含ませて、しばらくゴシゴシした後に拭き取ります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 去年の夏頃から気になっていたエスティマ君のヘッドライトが黄色くなってしまった・・・これって紫外線があたってヘッドライトのカバーの部分が黄色く変色してしまったらしい。, ヘッドライトのカバーってガラスかと思ってたけどポリカーボネートという熱可塑性プラスチックの一種らしいので紫外線を浴びると黄ばみ・白濁・くすみができる。, これはプロじゃないと完全には治らないようで、ポリカーボネートのハードコート皮膜を除去して鏡面研磨・再度コーティングするという作業が必要みたい。, なので、そんなことは車のことを全く無知な人間(自分)にはできなく、仕方ないので一時しのぎにしかならないのだがコンパウンドで磨いてみることにした。, 寒いと車を洗ったりいじったりするのも手が凍って嫌なので、暖かくなってきたら洗車をしようと思ってた、そのついでにヘッドライトをポリッシャーで磨いてみる。, 電気ドリル用先端パーツヤナセ(柳瀬):ポリッシャー4点セット φ125 kan-pl4-set, スポンジのポリッシャーはマジックテープが付いている 。パフとコーデュロイのポリッシャーはパッドに包んで紐で結ぶタイプなのでマジックテープ無し。, 左上のパッドはインパクトドライバーには装着できなく、キリなどが装着できるドリルドライバーでしか使えない。, これ以前買っておいた家の雑用をやるときに使う安いコードレスじゃないインパクトドライバー, 手でゴシゴシコンパウンドやるのは相当つらいのでこのセットでポリッシャーにしてヘッドライト磨けたらラッキーです。, ヘッドライト磨きがうまく行ったら今度はテント(マジョリーナ)の屋根の部分のFRPもポリッシャーで磨いてみる。(今日は面倒なのでテントやらないで内部を乾燥させるだけ), こういうの売ってるけど4,5年前に買った普通の車のボディ用の2段階用のコンパウンドの荒いほうでまずはお試しでやってみる。, もしうまくいくどころかポリッシャーやってヘッドライトが曇って来ちゃったらヤバイので様子を見ながら磨く。, 右側のヘッドライトをそおっとポリッシャーで磨いたらすぐに黄色いのが取れて綺麗になってきた!, こりゃうまくいきそう、だけど強く押すとやばそうなので軽くまんべんなくポリッシャーをかけていく。, まだ荒いほうのコンパウンドをかけただけなので黄色のが残ってる(写真ではわからない)けど左側もポリッシャーかけてみる。, お試しヘッドライト磨きがうまく行ったので一気に仕上げ用コンパウンドで磨いて終わりにしちゃう。, 完全には黄色いのが取れてないようだけど気にならないレベルまで透明でピカピカになった!, ただ、前面のボディはよく山のヤブ道とか入るので細かいキズが一杯・・・これもコンパウンドで磨けば治るかな?, 洗車って不毛な作業だと思ってたけどちょっと拭いただけでピカピカになるのは気持ちいがよい。, これでしばらくは処分したくなる衝動をおさえられそう・・・あと3年くらい乗れるかな?, 今度はいつになるかわからないが、暑くなる前にテント(マジョリーナ)もポリッシャーかけたい。, テントはイタリア製なのでハッキリいって出来が悪い・・・(^_^;) FRPの切り仕舞のモールは購入後1ヶ月経たないで剥がれ落ちたりして高額の割には品質の悪さが目立つ。, 何回も処分しようか?と思ったけど・・・処分するとキャンプの時にテント設営しなきゃいけなくなるので面倒。これだったらクルクル回すだけでテント設営完了だし空中で寝るので動物来ず安心だけど近くに人がいると珍しいのか近寄ってきます(汗)そっちのほうが恐怖, このテントだとどこでも、最悪でコンビニでも寝れちゃうけど怒られたりするので街や都会では寝れないというか駐車できないと思う。, 外国だったらどこでも使えそうだけど、日本では意外と使えなく山奥の空き地とかで泊まる用のテント。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ルーフテントのマジョリーナ君の旅立ち前に現在修理中のDJI Sparkで空撮動画編集したので載せておきます。, ちょっと我が家には大きすぎる感じのエスティマ君を使っています。エスティマといってもハイブリッドではなくノーマルで1万Km行かない1年弱くらい使っていた中古車を買って6年くらい経ちました。, 裏山炭火BBQで酔っ払って帰ってきて必要ない道具とかをエスティマ君に入れてパンツとかシャツとかが炭臭くなったのですべて洗濯したのですが車のカギを入れたまま洗濯しちゃって電子キーが水没した!, エスティマ君のスマートキーを水没させて電池交換したらあっさり動いたので安心してついでに洗車してあげることにした。. 以前ポリッシャーで黄色くなったライトが、また黄色くなってきたのは放置しておけば... stacksto(スタックストー) baquet(バケット)M/25L 洗濯物入れとしてオヤジ臭の・・原因は, 熱可塑性プラスチックの一種らしいので紫外線を浴びると黄ばみ・白濁・くすみができる。.