All Rights Reserved. ・ホワイトレディー = (ジン + コアントロ― + レモン) ホワイトラム、ホワイトキュラソー ... 1,300円 (11/14 00:27時点) ... バカルディ ラムの特徴と代表的な商品!バカルディラムの美味しい飲み方とは 【厳選】ラム酒にあうおつまみはコレ!ぜひ試してみて . (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"ペパーミント ジェット27 [ リキュール 700ml ]","b":"PIPPERMINT GET(ペパーミントジェット)","t":"-","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/41ns0hpQSNL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B0034XNF48","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1568735","rakuten":"1568732"},"eid":"wWYUl","s":"s"}); レストラン、バーの内装や照明が明るくなり、女性の衣装も淡い色のものが好まれる時代となり、それに合わせて色を調整して1976年に開発されました。. あなた「ご飯食べてきたばかりなので、デザート代わりにコアントロ―をロックでもらおうかな?」 フルーツ系リキュールの定番『キュラソー』を使ったカクテルは、手軽に作ることのできるおいしいお酒です。自分だけのレシピをホームパーティーで振る舞えばとても喜ばれることでしょう。そんなキャラソーについて、基本情報やその魅力を紹介します。 バーテンダー「レモンかライムをおしぼりしましょうか?」 ・サイドカー © Copyright 2020 デートで使える!バー初心者ブログ. ・カミカゼ ※トリプルセックというのは三倍辛いという意味ですが、実際には甘いリキュールです。, コアントロ―は、オレンジの風味でそこまで美味しいというリキュールではありません。甘いのですが、カシスみたいに糖度が高いという甘さではなく、本来のオレンジの甘味を活かしたリキュールです。アルコール度数は40度でウイスキーとかウッォカと同じくらいの度数です。, 女性、男性を問いません。柑橘系のカクテルや味が好みの方におすすめです。これ単体で飲むとデザートのように甘いのですが、いろんなカクテルのベースに使われ、ライムとレモンの果汁と非常に相性がいいので、柑橘系が好きな人には非常にいいです。, また女性と一緒で、男性が飲んでもカッコいいです。ボトルのデザインも真四角でウイスキーっぽくて男らしいリキュールです。, 食前ではあまり飲まれないです。ソーダ―で割ってもいいのですが、清涼飲料水のような感じになるので食事とも合わせずらいです。どうしても食事に合わせるならコーラーと合うもの例えばハンバーガーやピザは比較的相性がいいですが、そんな合わせ方はごく稀です。, 食後に関していえば、お酒の強い方はレモン果汁を絞ってロックで飲む。お酒の弱い方にはソーダもしくはトニックウォーター割がおすすめです。そうするとCCレモンとかジンジャエール的な甘い清涼飲料水の感じで軽く飲みやすいです。, コアントロ―はデザートカクテルとして、食後や2件目の食後酒として飲まれる方が多いです。男性でチョコとかアイスとか甘いものを食べない人でも、デザート代わりに飲む方がいるくらいです。, リキュールは何かで割って飲むのが基本ですが、コアントロ―をレモンを絞ってロックで飲むと非常に男っぽいです。私の主観ですが、ウイスキーをロックで飲む人よりも通っぽくみ見えます。, 本日はカクテルではなく、コアントロ―のカッコいい頼み方を音声付きでご紹介いたします。, バーテンダー「ご注文はお決まりでしょうか?」 趣味カクテル、特技カクテル。 フルーツ系リキュールの定番『キュラソー』を使ったカクテルは、手軽に作ることのできるおいしいお酒です。自分だけのレシピをホームパーティーで振る舞えばとても喜ばれることでしょう。そんなキャラソーについて、基本情報やその魅力を紹介します。, 果実の皮を使って作られる『キュラソー』とはどのようなお酒なのでしょうか。詳しく紹介します。, 一般的に『キュラソー』といえば、オレンジの果皮を使ったリキュールで、果実系リキュールの代表的存在です。, あらゆるリキュールの中でも、『キュラソー』は多くの銘柄が発売されており、『グランマニエル』などはとても有名です。, キュラソーは、ブランデーや中性スピリッツなどをベースに、香り豊かなオレンジの皮を、シロップなどの甘味料とミックスすることで造られます。, これにより果皮の苦味が中和され、芳醇でありながらスッキリとした味わいを楽しむことができます。, 年間を通して人気のある飲み物ですが、特に夏など暑い季節に飲むと爽快感を味わえるでしょう。, 柑橘系のキュラソーはさまざまなお酒に合いやすく、『ブランデー』や『テキーラ』、『ジン』などアルコール度数の高いお酒と合わせやすいのが特徴です。, カクテルを作る上でも、さまざまなアルコールと合わせることができるので、人気の高いリキュールとなっています。, 意外に思うかもしれませんが、『キュラソー』はコーヒーととても相性が良く、コーヒーにキュラソーを入れて嗜むアレンジは定番です。, 18世紀ごろにはすでにフランス王妃マリー・アントワネットの母であるマリア・テレジアが、コーヒーにキュラソーやホイップクリーム、ときには小粒のキャンディを入れて味わっていたといいます。, このレシピは『カフェ・マリアテレジア』と呼ばれ、現代でも多くの人に愛飲されているほどです。, 柑橘風味であるキュラソーはチョコレートやケーキなどのスイーツと一緒に楽しむことで、スイーツの甘味を一層引き立ててくれます。, キュラソーをジンジャエールで割り、マドラー代わりのポッキーを添えるキュラソージンジャエールなども手軽にできておすすめです。, 『キュラソー』という不思議な響きをもった言葉ですが、その名前の由来はいったいいつごろ、どこから生まれたのでしょうか。, 当時、島に育っていたオレンジの果皮をオランダに持ち帰ると、そのオレンジは本国とは違い野生化していたためとても苦く、ほとんどが捨てられてしまいました。しかし、その苦味を持つオレンジをリキュールの素材として再利用したのがキュラソーの誕生だといわれています。, キュラソー島は赤道近くに位置するため、一見すると暑い島国のイメージですが、東方から流れるように吹く清涼風により、年間を通して平均気温が27度という快適な気候に恵まれています。, そのためマリンスポーツが盛んで、澄み渡ったカリブ海にあるキュラソー島には約40カ所ものダイビングスポットがあります。, また美しいビーチもところどころにあり、『ダイバーたちにとっての聖地』とも呼ばれて人気を博しているのです。, 『キュラソー島』の素晴らしさは、ビーチだけではありません。オランダそのものの街並みが楽しめるのです。, プンダとオトロバンダという二つの地域に分かれたキュラソー島の中心部である『ウィレムスタットの歴史地区』は、ユネスコの世界遺産にも指定されているほど美しい景観を守っています。, 現在、オランダである島全体の風景は、植民地時代の17、18世紀に建造されたカラフルな家々が立ち並び、幻想的な雰囲気です。, キュラソー島はアメリカ圏内やヨーロッパからのアクセスが良いのも特徴で、欧米諸国から訪れる人が多い人気の観光スポットになっています。, 同じ『キュラソー』でもキュラソーの銘柄や素材などの配合によって、さまざまな種類のキュラソーを作ることができ、見た目も味覚も全く異なる、豊富なバリエーションで楽しむことができます。, 無色透明なオレンジ果皮エキスにホワイトリカーと、シロップで作られた『ホワイトキュラソー』は軽やかな甘みや風味が特徴の定番キュラソーです。, また、カクテルだけではなく、チョコレートやケーキなどのスイーツ作りにも使用することのできる便利なキュラソーです。, オレンジ果皮にブランデーを配合し、樽で熟成させて作るのがブランデーベースの『オレンジキュラソー』です。, 熟成させることでオレンジの匂いに加え、ブランデーの香りも楽しめるのが特徴でしょう。お菓子作りで使用すれば、良いアクセントになります。, 色鮮やかなカラーキュラソーの中でも『ホワイトキュラー』を青く着色した『ブルーキュラソー』が最も有名ですが、それ以外にも好みによりグリーンやレッドなど、色鮮やかなキュラソーを楽しむことができます。, 着色料を入れているので、その分、純粋なホワイトキュラソーよりも少し苦味が入りますが、その苦味もキュラソーを使ったカクテルのアクセントになっています。, 『ホワイトキュラソー』を使ったカクテルは、たくさんのレシピがあり、さまざまな味を楽しむことができます。, 『ホワイトレディー』はレモンジュースとホワイトキュラソーの相性が良く、ベースであるジンの度数の高さをあまり感じさせない上品な味わいのカクテルです。, 『白い貴婦人』という意味のホワイトレディですが、そのネーミングは、世界で初めて純白のウェディングドレスを着用したヴィクトリア女王に捧げられたからともいわれています。, また、ジンをウォッカに変えるだけで『バラライカ』となり、簡単にアレンジが楽しめます。, カクテルの中でも知名度の高い『マルガリータ』は、柑橘の酸味とテキーラの風味が程よく融合しています。, グラスのふちに塩をつけることで、甘いカクテルが得意でない人にもぴったりのスッキリと味わえうことができます。, マルガリータの由来には諸説ありますが、あるバーテンダーの亡くなった彼女の名前が『マルガリータ』だったので名付けられたなど、ちょっと切ないネーミングエピソードもあり、ロマンティックな大人のカクテルとしてもふさわしい1杯です。, これらの素材をシェイクして、塩でスノースタイル(グラスのふちに塩を付けた状態)を作ったカクテルグラスに注げば完成です。, 『XYZ』がアルファベットの最後であるため、「これ以上良いものはない究極のカクテル」という意味の名前が込められています。, ベースはラムを使用しているのでアルコール度は高いですが、すっきりとした飲みやすさのため、何杯でも飲めてしまうカクテルです。, 定番の『ホワイトキュラソー』はレシピをちょっと変えるだけで、いろんな種類のカクテルを作ることができます。ここからは、ホワイトキュラソーを使用したその他のカクテルを紹介します。, ブランデーをベースにホワイトキュラソーとレモンジュースを加えると『サイドカー』のでき上がりです。いろいろな銘柄のブランディーを使い分けることで、風味の違いを味わうことができます。, スライスしたオレンジをグラスのフチに装飾すれば見た目も素敵な『サイドカー』の完成です。落ち着いた琥珀色で、大人の雰囲気バツグンでしょう。, シェイクするときにカットやスライスしたオレンジを一緒に入れても風味が引き立ちます。, 見た目の美しさだけではなく、ウォッカをベースに甘酸っぱいクランベリージュースと柑橘の酸味が相性良く混ざり合い、クセがなくとても飲み口がいいカクテルです。, 『コスモポリタン』は国際人やグローバルといった意味を持ち、女性の社会進出や国際社会化がめざましく発展しはじめた1980年代ころに、頑張る女性をイメージして作られたとされています。, そんなコスモポリタンを作るのに必要な材料は以下で、これらを合わせてシェイクしていきましょう。, ワインをベースにした『ワインクーラー』は、赤でも白でも好きなワインを選べるのでワイン好きにはおすすめです。安価なワインでもこのようにカクテルで使うことで、一段とおいしくアレンジすることができます。, カラーキュラソーの一つ『ブルーキュラソー』も、さまざまな種類のカクテルを作ることができます。, ハワイの美しい海を連想させる透き通るようなブルーのカクテル『ブルーハワイ』は、一度は聞いたことのあるカクテルではないでしょうか。, 甘い香りのラムがベースになり、ブルーキュラソーの鮮やかな色彩は見ているだけでうっとりします。, パイナップルジュースとレモンジュースが加味され、さわやかな口あたりで、装飾されたフルーツと一緒に食べると、その名の通りにハワイにいるような気分になれます。, これらをシェイクしたらクラッシュドアイスを詰めたグラスに注ぎます。デコレーションカットしたパイナップルや季節の花などを飾り、ストロー2本を添えます。, ストローを2本添える意味は、二人で寄り添って飲むためだけではなく、クラッシュドアイスが詰まってしまったときの予備としての役割もあるのです。, また、アレンジ例としては、レモンジュースをココナッツミルクに変えると、『ブルー・ハワイアン』になるので、こちらも楽しんでみてはいかがでしょうか。, カリブ海生まれのトロピカルカクテル『ブルーコラーダ』は、ココナッツのまろやかさとパイナップルジュースの甘酸っぱさ、そしてブルーキュラソーの鮮やかな色合いで視覚も味覚も同時に満足させてくれるカクテルです。, 入念にシェイクしたらクラッシュドアイスを詰めた大型グラスに注ぎます。仕上げにレッドチェリーやカットしたパイナップルを飾りましょう。, ドランブイのハーブと、テキーラの芳醇な香り豊かな、青く透き通る海を思わせる『コルコバード』は、微炭酸の入った人気のトロピカルカクテル。, 炭酸の代わりにミネラルウォーターを入れてもおいしく飲むことができます。『コルコバード』の名前の由来は、リオデジャネイロの有名な観光地からとられたといわれています。, 最初にソーダ以外の材料をシェイクしたら、クラッシュドアイスを詰めたタンブラーに注ぎます。最後にソーダを注ぎ、軽くステアしたらライムを飾って完成です。, 300年の伝統と技術を誇る名門リキュールメーカー『デカイパー社』から販売されているキュラソーです。, 『デカイパー ホワイトキュラソー リキュール 700ml』は、キュラソー島のオレンジ果皮からキュラソーを生産しています。価格も1000円代と手頃で、気軽にカクテル作りができるでしょう。, アルコール度数は24%と高めですが、老舗メーカーの商品だけあって、人気が衰えることが無く、安定した味をいつでも提供してくれます。, 『BOLS(ボルス) ブルーキュラソー 21度 700ml』は、キノーオレンジという種類を使い、フルーティーな味わいに仕上げたオレンジフレーバーが特徴的なブルーキュラソーです。, 数種類のハーブとオレンジの果皮を使用した、ボルスの数ある商品の中で最も歴史のあるリキュールの一つになっています。, 人気のリキュール『キュラソー』は簡単に購入することができ、色数も豊富で、一手間加えれば本格的なカクテルになります。ホームパーティーなどで、ゲストをもてなすのにも使いたいですね。, 香り豊かな『キュラソー』を取り入れたカクテルは気軽に作ることができるので、まずは自宅でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。. ・バラライカ    = (ウッォカ + コアントロ― + レモン) ・サイドカー    = (ブランデー + コアントロ― + レモン) 今回は、アラウンド・ザ・ワールドというカクテルをつくります。 ジンがベースの爽やかなショートカクテルです。   目次 アラウンド・ザ・ワールドの由来アラウンド・ザ・ワールドのレシピアラウンド ... スティンガーとは針のことで、ブランデーのコクとミントの爽快感が合わさり、味わいに鋭さがあります。, ミント系のリキュールは他にも何種類かありますが、このジェットはバーでもよく使用されています。. さっぱりとしたラム酒の飲み方をしたい方にはホワイトラム、香りをじっくり楽しみたい方にはダークラムやゴールドラムがおすすめです。 また、フレーバーラムなどをロックで飲むのも、存分に甘い香りを楽しむことが出来るでしょう。 香りだけではなく、甘みが感じられるものもあるので� 数々のカクテルの立役者である、おすすめのホワイトキュラソー。銘柄でいえば、デカイパーのホワイトキュラソーも有名だ。また、コアントローもその一種。飲み方やレシピなども知っておきたい。美味しいカクテルにおすすめのホワイトキュラソーについて完全網羅! ・XYZ       = (ラム + コアントロ― + レモン) 本日はコアントロ―の飲み方・頼み方、そして簡単にカクテルの作り方までいろいろご紹介いたします。 コアントロ―の歴史 コアントロ―はフランスで生まれたホワイトキュラソーというオレンジの皮の部分をスピリッツ(蒸留酒)につけて作られるリキュールです。 ・ソーダ 適量 ・オレンジジュース 10ml, ジンとチンザノベルモットエクストラドライ、チンザノベルモットロッソ、オレンジジュースをステアして、グラスに注いだら完成です。, ブロンクスは、アメリカ・ニューヨーク市の区名である「ブロンクス」が由来のカクテルです。アメリカの禁酒法があった時代(1920年~1933年)に密造された粗悪なジンを飲むために、考案されたといわれています。, オレンジの甘味とジンのキレのある辛口、ベルモットの風味がマッチしたカクテルです。マティーニにオレンジジュースを加えたようなカクテルで、度数は25度ほどあるので高めです。, ブロンクスに卵黄を加えると「ブロンクス・ゴールド」になり、卵白を加えると「ブロンクス・シルバー」になります。, ・ジン 25ml キュラソーとも呼ばれる、オレンジを使ったお酒である「オレンジリキュール」。カクテルとしてだけではなく、お菓子作りにも欠かせないリキュールです。世界中で愛されている「オレンジリキュール」の飲み方や選び方、おすすめの商品についてご紹介します。, 嫌いな人が殆どいないフルーツ「オレンジ」を使ったリキュール「オレンジリキュール」。キュラソーとも呼ばれており、カクテルとしてだけではなく、お菓子作りにも欠かせないリキュールです。, 世界中ので愛されている人気のリキュール「オレンジリキュール」の飲み方や選び方、おすすめのオレンジリキュールについてご紹介します。, オレンジリキュールとは、オレンジの果皮で風味を付けたリキュールであり、キュラソーとも呼ばれています。オレンジリキュールは香りが強く甘いのが特徴であり、カクテルやお菓子のアクセントとして世界中で愛されているリキュールです。, オレンジリキュールがキュラソーと呼ばれている所以は、西インド諸島キュラソー島特産のオレンジが用いられたことがきっかけです。オレンジリキュールはリキュールの中でも特に銘柄が多いことでも有名です。, オレンジリキュールの歴史は17世紀に始まりました。オランダ人が西インド諸島キュラソー島からビターオレンジの果皮をオランダに持ち帰り、蒸留酒に漬けてリキュールを作ったのが起源とされています。オレンジリキュールの別名である「キュラソー」も、この島の名前に由来しています。, オレンジリキュールの製造方法としては、大きく分けて2つの種類があります。まず1つは、ホワイトキュラソーと呼ばれるオレンジリキュールの製造方法です。ホワイトキュラソーは、無色のオレンジ果皮エキスにホワイトリカーとシロップで作られます。, 一方、オレンジキュラソーと呼ばれるオレンジリキュールの製造方法は、オレンジ果皮とブランデーから作られ、樽での熟成を経て完成します。, 他にも、ホワイトキュラソーを合成着色料で着色した、青色のブルーキュラソーや、緑色のグリーンキュラソー、さらには赤色のレッドキュラソーといったオレンジリキュールも存在しています。, 芳醇な香りと甘い飲み口から、世界中で高い人気を誇るオレンジリキュール「キュラソー」。 世界中のバーはもちろん、お菓子作りにも無くてはならないリキュールとして親しまれています。オレンジリキュールはそのまま飲むのも美味しいですし、紅茶に加えるのもおすすめです。, しかし、オレンジリキュールが最も輝くのは「カクテル」としてだと思います。オレンジリキュールがアクセントとなった、美味しいカクテルはたくさんあります。その中でも特に人気の高いおすすめの飲み方をご紹介します。, カクテルの中でも抜群の知名度を誇る「マルガリータ」もおすすめです。オレンジリキュールとテキーラを使ったカクテルであり、バーテンダーがなくなった恋人の名前を付けたというエピソードは非常に有名です。作り方は材料をシェイクし、塩でスノースタイルにすれば完成です。, 常夏の島ハワイの青い海をイメージしたカクテル「ブルー・ハワイアン」もおすすめです。ラムの甘い香りとブルーキュラソーの鮮やかなブルーが特徴的です。ココナッツミルクをレモンジュースに変えると、ブルー・ハワイというカクテルになります。材料をクラッシュアイスと共にミキサーにかければ完成です。, バラライカとはロシアの民族楽器であり、カクテルグラスによく似た三角形の弦楽器のことです。この民族楽器の名を持つカクテルが「バラライカ」です。ロシアを代表するお酒ウォッカに柑橘の香りを加えたカクテルであり、程よい甘さと爽やかな香りが魅力です。材料をシェイクすれば完成です。, オレンジリキュールはリキュールの中でも特に銘柄が多いことでも有名です。それゆえ、オレンジリキュール選びで迷われる方も多いようです。そこでオレンジリキュールの選び方についてご紹介しますので、参考にしてみて下さい。, これら3つのオレンジリキュールは色はもちろん製法も異なりますので、特徴も異なります。オレンジリキュールの選び方としては、まずこれら3つの種類の特徴を把握することが必要です。, まず「ホワイトキュラソー」についてご説明します。ホワイトキュラソーは最もポピュラーなオレンジリキュールであり、無色透明です。ブランデーなどのスピリッツにオレンジの果皮を漬け込み、蒸留後シロップを加えて作ります。香り・味わい共にシンプルなオレンジリキュールです。, 次に「オレンジキュラソー」ですが、これは「ホワイトキュラソー」を樽で熟成して作られるオレンジリキュールです。樽での熟成が加わりますので、オレンジの香りに加え、ブランデーの香りを併せ持つのが特徴です。, 最後に「カラーキュラソー」ですが、これは「ホワイトキュラソー」に着色したオレンジリキュールです。青く着色した「ブルーキュラソー」が有名です。着色料の分、ホワイトキュラソーよりも少し苦いのが特徴です。, 前述した通り、オレンジリキュールはリキュールの中でも特に銘柄の多いお酒です。しかし、定番中の定番のオレンジリキュールというものがあり、ほとんどのバーでは同じオレンジリキュールが使用されています。そんな圧倒的人気で定番となっているおすすめのオレンジリキュールをご紹介します。, ホワイトキュラソーのおすすめは「コアントロー」です。コアントローはフランスの酒造メーカーであり、まろやかな甘さと芳醇なオレンジの香りが特徴です。品質の高さからホワイトキュラソーの定番として世界中のバーで愛されているオレンジリキュールです。多くの銘柄がありますが、最もおすすめできるホワイトキュラソーです。, オレンジキュラソーのおすすめは「グランマルニエ」です。こちらもフランスのメーカーのリキュールです。コニャックにオレンジの蒸留エキスを加え、オーク樽で熟成させたオレンジキュラソーです。芳醇で豊かな香りが魅力であり、フランスではお菓子作りに欠かせないリキュールとして有名です。オレンジキュラソーで最もおすすめのオレンジキュラソーです。, 日本の酒造メーカーサントリーのブルーキュラソー「ザ・ブルー」がカラーキュラソーではおすすめです。カラーキュラソーは様々なカラーがありますが、爽やかなブルーキュラソーが多くのカクテルに使える汎用性の高さからおすすめです。なかでも「サ・ブルー」は、バランスの取れた香りと鮮やかな色合いから評価が高く、おすすめです。, このページは、ピントルのリキュール専門ページです。リキュールの種類や特徴などを詳しく解説すると共に、おすすめランキングや選び方などについても紹介していますので、リキュールについて詳しく知りたい方は必見です。.