|―幅広剣 ●射出武器 デーン人が用いた戦斧を起源としているのがポール・アックスである。 ドイツのハルバードと並んで、イギリスのほうの長柄武器の中では最もポピュラーな武器として知られる。 槍の穂先、スパイクのついた金槌、直角の刃を持つ斧頭、更に側面に鉤爪(突起)を備えているので、かなり多機能な武器となっている。 フットマンズ・アックスに近い形状であるものの、細かい点がいろいろ違い、特に大きく違うのは円形の鍔(ガード)を備えていることである。 また、フットマンズ・アックスには無い側面 … |―長柄大刀

頻繁に使うのは槍の部分ではなく斧なのでしょうか?.

|―両手曲剣 同時にポールウェポンも細分化・複雑化していき、その頂点となるのがみんな大好き ハルバード だろう。 長柄武器のできるおおよそ全ての攻撃法を行えるこの複合斧槍は、熟練の下士官や傭兵たちに愛用さ … |―長槍 |―曲剣 ハルバードやポールアックスなどの重量級のポールアームで戦うときはどのように構えるのですか?.

ただし、銃火器無双の時代が到来するとともにその役目もなくなり、稀に下仕官などが使う程度になっていったという。 フットマンズ・アックスに近い形状であるものの、細かい点がいろいろ違い、特に大きく違うのは円形の鍔(ガード)を備えていることである。 |―手裏剣 |―日本の投擲武器 力任せで攻撃すルタイプの集大成のような機能を備えており、特にスパイクハンマーの打撃とアックスの斬撃は非常に威力が高いと言える。 |―投げナイフ・投刃 ●両手剣

|―歩兵用刀剣

|―刺突短剣 ただし、全てを使いこなすには相応の技量が必要となる。

ドイツのハルバードと並んで、イギリスのほうの長柄武器の中では最もポピュラーな武器として知られる。 実際、その威力は非常に高かったと言われており、徒下の兵士たちに普及されていくこととなる。 |―短槍

|―両刃短剣 |―連接棍棒 |―片刃短剣 |―特殊長柄武器 ポールアクス時代は強さを実感できませんが、ハルバードにグレードアップすることで、物理攻撃力だけでなく対大型モンスターへのダメージがアップするため、ピアースの火力が大幅に強化されます。槍騎士の武器はハルバード一択と言っていいかもしれません。 「ウォー・ハンマー」にも似ているが、鍔の有無で見分けることが出来るので、間違えないようにしてあげて欲しい。, 15世紀はじめからその姿を見ることが出来る。 |―曲刃短剣 |―投擲棍棒 …続きを読む. ●打撃武器 ハルバード ハルバード(ハルバード、ハルバート、またはスイスのバルジとも呼ばれます)は、14世紀と15世紀に顕著に使用されるようになった両手持ちの極武器です。ハルバードという言葉は、ドイツ語のハルム(スタッフ)とバルテ(ax)に由来する場合があります。 しかしポール・アックスは非常に高い評価をされていた武器で、王族を守るの宮廷警護兵に使用されたりするほどだったと言う。, 穂先のスピア部分で突く、スパイクハンマーで金属鎧ごと打ち砕く、アックスで叩き切る、鉤爪部分で引っ掛けたり殴打する。 ハルバードやポールアックスなどの重量級のポールアームで戦うときはどのように構えるのですか?. *1 紀元前2900~2400年頃の新石器時代末期から銅器時代を経て青銅器時代初期にかけ、ヨーロッパ北部一帯に広まった一連の考古文化。, ポールウェポンとは、長い竿状の柄に攻撃用のパーツを据えた、ロングリーチタイプの白兵戦用兵装である。, 簡単に言えば長い棒と先に取り付ける石なり鉄の刃があれば作れる、有史以前から狩猟具や農具として使用されてきたもののガチバトル特化型である。, こうして戦争の中でポールウェポンは発展していき、同時にそれを用いる兵士のための戦訓も蓄積されていった。, 現在では儀礼装備としての価値以外に存在意義を残されておらず、ほとんど銃火器に取って代わられている。, そして、これはある意味蛇足かもしれないが……RPGや無双シリーズなどで登場するポールウェポンは人外専用のモーションと威力に調整されており、, 恐らく世界最古のポールウェポン。ドイツのシェーニンゲン遺跡で発見された物は約30万年前のもの。, 材料である竹が特定の地域でしか採取できないので一般的ではないが、恐らくは古代から使われていた手槍。, 魚を突いて獲る道具。斧と同じく古代から漁猟用に使われていた道具の一つ。金属加工技術により生まれた。, 洋の東西を問わず、狩猟具から発展した最も簡素かつ有用な武具。ここでは日本のそれについて述べる。, 平安時代末期に広まった先に刃物のついたポールウェポン。元々長刀と呼ばれていたが、江戸時代から薙刀と呼ばれるようになった。, 先端に三から四本の鉤爪がついているポールウェポン。元は農具から発展した武器で、平安時代から使われるようになった。, 「げき」または「ほこ」と読む。矛と戈の機能を統合した、中華版ハルバードのようなもの。, 大刀(だいとうと読む。太刀じゃないよ?)という長い柄の先に湾曲した重い刃を据えた武器の発展形で、斬撃と言っても重量で叩き斬るタイプの明代の武器。, 中国のトライデント。日清戦争まで使用されていた。ちなみにトライデント風の物は「三叉槍」だが、実はこちらは漁猟ではなく農具が発祥。, 明の時代に誕生した槍の一種で、最初は枝のついたチクソウタケを切って竹槍として使用していたがその改良され、鉄製の穂先が付けられるようになり軍の制式装備となった。, 西洋諸国の大昔の槍を指し、片手または両手で持つ。そもそも英語圏の槍の総称であり、大雑把な括り。, 紀元前4世紀頃、ギリシャを拠点に大きな力を持ったアレクサンドロス大王率いるマケドニア軍が使用した長槍。, スイスで誕生した最長8m、最短でも3mの長い柄を備えた歩兵槍。登場した15世紀から17世紀後半まで歩兵用装備のスタンダードを担った。, 水兵が船上でも使いやすいように柄を短くしたポールウェポン。斧型や槍型など様々な種類がある。, 穂先の根本に穂先側を向いた「返し刃」が付いている三叉槍もどき。これは敵の攻撃を受け止めたり、深く刺さりすぎないためのもの。, 1.8mから2mほどの長さで矢のような穂先をし、その根本の片側ないし両側に小さな返しを持つ, ジャベリンの一種で、古代ローマ軍が使用した先端が針状の槍。投げ槍としても使われた。古代ローマにおける主戦力武器。, こちらも古代ローマ軍で使われていた刺突用の槍。ラテン語でハスタとは「槍」を意味する。要するにスピア。, 古代トラキア人が使っていた西洋風長巻。主に騎馬相手に使い、馬の足を切ったりしていた。, ヴァイキングの長柄の戦斧(デーンアックス/デーニッシュアックス/ヴァイキングアックス)からイギリスで発展して、ハルバートのように穂先や鉤爪を具えた斧槍。, ハルバートのように穂先や鉤爪を具えた斧槍。さらにスパイクハンマーやサイドフックもついている。, スコットランドのハイランダーと呼ばれる高地人が愛用していた鉾槍。バルディッシュのような幅広の刃を備え、鉤爪もついている。, 日本だと鎌といえば手持ちの草刈鎌がメジャーだが、欧州は地続きの大陸なので農地もそれなりに広い。, 棒の先に鉤爪一本がついたもので、主に農民兵などが馬上の人間を引きずり落とすのに使用した。, 高い木の枝を切る農具のビルフックから発展したもので、フックと尖った部分が一体化している。, ビルやサイズと同じ農具。刈り取った麦や干草、葉、ブドウの実、そのほかの農作物など柔らかいものを持ち上げたり、投げたりする道具。, ショートスピア:もっとも基本的なスピア。主に1~2mで軽く、訓練が楽で歩兵用に普及した。, フリウリスピア:刃根元の両側に設けられた突起が、外側に反ったコルセスカ。ウィングドスピアの発展形。, 身の丈を超える武器をぶいんぶいん振り回しながら、並み居る雑兵をばっさばっさ…ロマンですなあ -- 名無しさん (2015-01-15 23:30:10), 鎌とかもポールウェポンだし、バリエーション多いのが魅力 -- 名無しさん (2015-01-16 00:17:38), 竜ミルド思い出した -- 名無しさん (2015-01-16 03:57:36), ライドルスティック -- 名無しさん (2015-01-16 09:23:21), バルディッシュは柄の長い斧(斧オンリー)、ハルバードは槍+斧+鉤爪だから、類似どころか別物じゃないかえ。ハルバは突きもいけるけど、バルは突けないし。ポールウェポンに間違いはないけど -- 名無しさん (2015-01-16 12:13:04), ↑なぁに長い柄に刃物付けりゃあポールウェポンさ -- 名無しさん (2015-01-16 17:58:25), ハンマーは違うのかな? -- 名無しさん (2015-01-16 21:18:06), 剣より槍とかポールアックスが好きになったのは電王とかスパロボの飛影(爆竜)の影響、間違いなく -- 名無しさん (2015-01-16 22:03:20), っ芳しく香る粘液 -- 名無しさん (2015-01-24 18:10:52), 大鎌の文章の所で大鎌が大釜になっている -- 名無しさん (2015-01-25 11:23:31), ただの柄の長い斧 or 戦斧をハルバードって言ってるのを見ると、複雑になる...。 -- 名無しさん (2015-03-16 11:42:26), そーいや、頼光四天王に大鎌使いがいたんだっけ? -- 名無しさん (2016-08-01 21:24:20), 最上義光の鉄棒も入るんかな? -- 名無しさん (2017-09-29 12:33:11), ↑ 鉄棒はポールウェポンというより、ウェポンになったポール。先に小さくても刃物か打撃用の突起がついてるとかなら話は別だが… -- 名無しさん (2017-10-08 08:44:37), 薙刀が「女性の武器」とされている一方で、有名な使い手に武蔵坊弁慶という「強い男」の代名詞がいるのが面白いな。 -- 名無しさん (2018-09-18 13:42:21), ぶっちゃけ薙刀でくくっても、全然時代が違うからな。初期はそもそもそれほどリーチもなく、戦国時代には個人が振り回して戦う薙刀よりも洗練された集団戦法に特化した槍に主流が移り、江戸以降には武器としての大型の薙刀の所持が禁じられ、一方で小型の薙刀はおんな薙刀として女性向け流派へ発展した。重量の割に扱いやすく威力が出やすいこと、最悪支え切れなくても刃先が相手の足元に落ちるので足払いとしては十分なこと、城内など狭い通路ではリーチのおかげで死角を潰せることから、城内を守る女性に都合がよかったと一般的にはいわれる。WW2あたりまでは女子の体育科目として採用されていたとも聞く。あくまで競技的な個人の勝負ならリーチとパワーのおかげで刀より有利 -- 名無しさん (2018-09-18 14:13:28), 薙刀と剣道で戦ったら薙刀が勝つ、みたいな話無かったっけ?やっぱり武器はリーチだよね(ICBMを発射しながら) -- 名無しさん (2018-09-18 14:32:25), ↑ あれはリーチよりも薙刀は足に攻撃してくるのに対して剣道はそれを防御したらルール上不利になるから。フェンシング対剣道もそうだけど、剣道は縛りがキツ過ぎる -- 名無しさん (2018-09-18 19:41:50), ↑では使ってみたまえ -- 名無しさん (2019-11-03 02:13:16), ↑2 薙刀と剣道(竹刀)の試合では、薙刀の柄の部分に剣の側が当てれば、それだけで有効打になるので、薙刀側のほうが実力がないと厳しい、とか聞いたことがある -- 名無しさん (2019-11-03 08:42:30), ↑薙刀は脛を打てるので、単純なリーチも含めて有利。本当に薙刀の三倍くらいの段持ちじゃないと勝てない。 -- 名無しさん (2020-11-02 19:16:44). フットマンズ・アックスのような単純な構成のものから、ポール・アックスのような複雑なものまで、様々な種類が存在していた。 |―両手刺突剣 突く、払う、打ちおろす、といった使い方ができる点で、ハルバードなどに似ていますが、こちらのポール・アックスのほうがシンプルな形状をしています。 ただ長い柄を備えた斧、として登場することもありますが、たいていは槍の穂先を持ち、突き刺して攻撃することもできるのが特長で� |―刺突剣 |―槌矛 |―複合長柄武器 非常に重く鋭い切先を持つため、両手で持って敵と相対する必要があった。 |―特殊刀剣 |―左手用短剣 これは複合機能を持つ武器の宿命の欠点なのだが、逆に言えば使いこなせればこれほど心強い武器はないということでもある。

●長柄武器 これら複合機能武器を持つ相手と相対したときは、相応の腕を持つ相手だと思ってかかった方がいいだろう。, ●片手剣 |―片手半直剣

以下の画像では斧の部分で攻撃しようとしていますよね?.

|―騎兵用刀剣 |―両手直剣 ハルバード ハルバード(ハルバード、ハルバート、またはスイスのバルジとも呼ばれます)は、14世紀と15世紀に顕著に使用されるようになった両手持ちの極武器です。ハルバードという言葉は、ドイツ語のハルム(スタッフ)とバルテ(ax)に由来する場合があります。現代のドイツ語では、武器はヘレバルデと呼ばれています。歴史的なヨーロッパの武道(HEMA)では、プロのber刀師は刀師と呼ばれています。は、長い, ハルバード(ハルバード、ハルバート、またはスイスのバルジとも呼ばれます)は、14世紀と15世紀に顕著に使用されるようになった両手持ちの極武器です。ハルバードという言葉は、ドイツ語のハルム(スタッフ)とバルテ(ax)に由来する場合があります。現代のドイツ語では、武器はヘレバルデと呼ばれています。歴史的なヨーロッパの武道(HEMA)では、プロのber刀師は刀師と呼ばれています。は、長いシャフトに取り付けられたスパイクで覆われたaの刃​​で構成されています。 mountedの裏側には、装着された戦闘員をつかむためのフックまたはとげが常にあります。これは、設計と使用法における特定のフォームのバルジに非常に似ています。は通常1.5〜1.8メートル(5〜6フィート)の長さでした。, ポラックスは、ヨーロッパのポールアームの一種です。中世の歩兵が広く使用していました。また、poleaxe、pole-axe、pole axe、polax、Hache(フランス語はaxeを意味します)という名前でも知られています。この用語は、打撃を与えることで伐採または打ち倒すことと同義語になりました。, 金属製の頭に取り付けられた長い棒で構成される手武器。頭部はxに似た刃で構成され、通常はスパイクまたはフックです。, 背部にスパイクが付いた短柄のxで、以前は搭乗、寄宿者への抵抗、ロープの切断のために海軍戦で使用されていました。, 古代の長い柄の武器で、頭には点があり、いくつかの長く鋭い縁があり、曲がっていたりまっすぐで、時には追加の点がありました。頭は時々非常に精巧な形でした。, | ar | bg | bn | ca | cs | da | de | es | et | fi | fr | hi | hr | hu | id | it | iw | ko | lt | lv | ms | nl | no | pl | pt | ro | ru | sk | sl | sr | sv | te | th | tl | tr | ur | vi | zh. 槍の穂先、スパイクのついた金槌、直角の刃を持つ斧頭、更に側面に鉤爪(突起)を備えているので、かなり多機能な武器となっている。

|―日本刀 デーン人が用いた戦斧を起源としているのがポール・アックスである。

●短剣

●盾, ※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。. |―投斧 |―棍棒

|―短刀及び和製短剣 逆に言えば、両手持ちの必要がある反面、金属鎧で武装した騎士の鎧を打ち砕くのに十分な威力を備えていることになる。 |―戦闘用つるはし ●投擲武器 また、フットマンズ・アックスには無い側面の鉤爪やスパイクハンマー等、割と区別はつけやすい。 |―ハルバード |―戦斧

|―投槍