マストの意味や使い方を徹底的にご紹介します。マストは「must」と「mast」という言葉があり、マストはとてもたくんさの意味があります。マストアイテムやビジネスシーンで使われるマストだけじゃなくワインや船にもマストという言葉は使われています。, 記事に記載されている内容は2018年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, グローバル化が進む日本では英語を取り入れる企業がとても増えています。英語を取り入れることで、ジャパニーズイングリッシュと言われるカタカナで表記する英語が発祥の言葉が増えてきています。そのなかの1つである「マスト」もジャパニーズイングリッシュです。しかし、ジャパニーズイングリッシュが増えるなかで意味をきちんと理解しておらぬまま使用している方も増加しています。英語の知識を増やすことはとても良いことですが、意味を履き違えているととても恥ずかしいおもいをする可能性もあります。「マスト」の意味や使い方に徹底的にご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。, マストとは英語では「must」と書きます。中学校で習う英語の1つであり、認識度はとても高いです。「must」の意味のなかで1番使われている日本が「しなければならない」という意味です。英語でmustが入っていると「しなければならない」と訳す人がとても多いです。しかし、日本で使われている「マスト」の意味は動詞に修飾されるよりも、名刺や代名詞に修飾されることが多いです。例えば、野球チームのエースのことを「彼はこのチームでマストだ」などと絶対的に必要なことを表すケースが多々あります。物やアイテムに対しても必要なものという意味で「マスト」と使われることがとても多いです。, ビジネスシーンでもマストという言葉をよく耳にします。デスクワークの方にとっては、パソコンは「マスト」です。また、交渉時に絶対に必要な条件に対して、「マスト条件」ということもあります。ビジネスシーンの多くでは、マストとは「必要不可欠なもの」という意味で使われることが多いです。本来の英語での「しなければならない」という意味と少しニュアンスが異なることが多いため、マストの意味を混乱させてしまうことがありますが、間違った意味で理解しないように気をつけましょう。, 船の用語の1つで「マスト」という言葉があります。船のマストとは帆を張るための棒や支柱のことを表します。これはビジネスシーンで使われる「マスト(must)」とは全く異なる言葉です。そのため意味も異なります。日本語の発音であればどちらも同じマストですが、実はスペルが船のマストは「mast」と書き、英語で書くと別の単語であることがはっきりとわかります。マストが何本備わっている船かにより船の大きさも異なり、1番背の高いマストのことを「メインマスト」と言います。また船などの帆のこともマストと呼ばれます。, IT業界ではIT用語という言葉が多く、そのほとんどはマストと同じくジャパニーズイングリッシュがほとんどです。IT業界でのマストの意味は「重要なこと」や「大事なこと」という意味で使われます。ちなみにその他のIT用語ではい「イニシアチブ」は「主導権」、「コミット」は「約束や契約」、「フィックス」は「最終決定」、「コンセンサス」は「合意」という意味があります。これらは全てマストな単語であり、IT業界以外のビジネスシーンでも使われることがあります。, マストのその他の意味のなかで「甘い汁」という意味があります。その延長線にワイン用語として使われる「マスト」があることをご存知でしょうか。ワインがお好きな方ならご存知の方もいらっしゃいますが、ワイン界でのマストの意味は「搾汁されたブドウ果汁」という意味があります。要するに、ワインを造るときの発酵させる材料のことをマストと言います。日本語では「もろみ」などと言われています。, 建築業界でもマストという言葉は大活躍です。建築業界でのマストも「musut」ではなく「mast」と書き、意味は「掘削」を表します。土や砂や岩などを掘り出すという意味があります。建築用語の1つでは「ジャックナイフマスト」と言われることがあります。日本ではあまり浸透していない意味の1つです。英語のしなければならないという意味でのマスト以外にも日本語として使われているマストはとてもたくさんあります。, 「マスト」の意味として最も一般的に使われている「しなければならない」という言葉の反対の意味は「してはいけない」ということになります。日本語では「マストじゃない」などという使い方で反対の意味を表しています。マストじゃないの使い方として、東京で車を持つことはマストではないなど、絶対に必要ではないという意味があります。, マストのしなければならないという意味の反対の意味は「してはいけない」という意味になります。英語の「must」の場合は「not」をつけて否定形にすることで反対の意味を表します。その他の言葉では「don't」という言葉もとても近い意味があります。してはいけないということは言い換えると、する必要がないという意味にもなります。マストは必要があるかどうかということはとても重要です。このことから必要でないということもマストの反対の意味として認識されています。, 実際に日常のコミュニケーションのなかでマストを使った例文をご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。日常のなかでも幾度と無くマストという言葉が飛び交っています。マストを使いなれない人でも使っている人の意味は理解できるようにしましょう。言葉はどんどん変化していくので、マストと別の言葉を繋げて新たな意味やニュアンスが誕生していることもあります。言葉の流れに取り残されないように常に最新の言葉をインプットしアウトプットをしていきましょう, マストではないというフレーズを日常でよく耳にします。例えば、「残業をすることはマストではありません。」と残業が当たり前になりすぎると、残業はマストであると勘違いしているケースがあります。その他にも「これからの日本の社会では英語はマストですが、イタリア語はマストではありません。」などと使うことができます。仕事のなかではとくに、マストかマストでないかで分ける傾向が強く、マストでないというフレーズもよく使います。, マストハブとは「must have」のことを言います。「must」はしなければいけないという意味と「have」持っているという意味を繋げた「マストハブ」という言葉は持っていて当たり前という意味を表します。若い世代で流行っている言葉であり、ファッション関係でよく使われています。「マストアイテム」ととても似ています。「有数モデルがつけているかわいいブレスレットは女子にとってマストハブです。」などというように使うことができます。, 英語では必要なもの、すべきこと、しなければいけないに近い言葉がいくつもあります。その中でもマストが1番要求性が高く絶対に近い意味を持っています。では、その他の似た言葉のニュアンスをご紹介します。マストの意味を確認すると同時に知っておくと英語のシーンでもとてもお役に立ちます。これからは日本でも英語を使う機会が増えてくる見込みです。これから英語を本格的に勉強しようとお考えの方にもご参考にしてください。, 中学校で習う英語の中に「have to」がありましたが、マストと一緒に習います。どちらもしなければならないという意味の英語で使い分けが難しいです。「have to」も同じくしなければいけないという意味がありますがマストに比べるとその要求性は少し低く、絶対という強い意味がありません。, 「ought to」は義務がある、責任があるという意味があります。マストと同様にしなければいけない、必要性が高いというニュアンスがあるのは責任感が強いというニュアンスがあるからです。, 「should」はすべきであるという意味があります。マストに比べ断然必要性は低く、した方がいいよに近いニュアンスがあります。英語の文法としてはマストと同じポジションで使われる言葉であり、英会話の中でも頻繁に使われる言葉です。, 「need」は必要であるという意味があります。例えば、空港に行く必要があるという文章であれば「I need to go the airport」となります。ここでマストを使った場合は絶対に行かなければならないという意味になります。日本語では「need」の場合も行かなくてはならないと訳すこともありますが、その必要性はマストに比べると英語では低い意味になります。, マストの語源は英語ですが、マストと他の言葉を組み合わせ別の意味を表す慣用句があります。マストの慣用句についてご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。英語は言葉を組み合わせることで熟語になったりパズルのようでとても興味深いです。全く違う意味に変化することもあるので注意も必要です。, 「musy be」は違いないという意味があります。例えば「he must be teacher」だと「彼は先生に違いない」となります。マスト自体に違いないという意味も含まれていますが、beと組み合わせて使われることが一般的です。, 「must buy」を直訳すると「買わなければならない」という意味になります。つまり、「必需品」という意味にも訳すことができます。, 「must not」はしなければいけないという意味の否定形となりますので、してはいけない、必要でないという意味になります。マストじゃないと同じ意味になります。否定的な印象がとても強いためあまり英会話でも多く使われるフレーズではありません。, 日本語でも使われることが多い「must item」は絶対に必要なもの、つまり、必需品という意味になります。ファション雑誌などでも「マストアイテム」という言葉をよく目にします。使い勝手が良いかわいい商品などを「マストアイテム」などと紹介されていることが多々あります。, 「マストブック」とは例えば購読している本や、読むべき本のことを言います。「マストアイテム」と同じような使い方で「マスト+名詞」で絶対に必要なxxなどと表現することがあります。自分にとって大切なものや重要なものをマストxxということもあります。, 外来語、和製英語、ジャパニーズイングリッシュとたくさんの英語から作られて日本語がありますが、その中でもマストは日常会話でも頻繁に使われており、身近な和製英語です。そんなマストを使いこなすためのコツや注意点をご紹介します。, マストは文章の前後で意味が変化することがあるので十分に気をつけなければなりません。船の話をしているからといって、マストという言葉がでた場合、帆を意味する「mast」という言葉とは限りません。セーリングをすることは人生のマストなことなどと言う場合もあります。誤訳にならないように気をつけましょう。, マストの意味を把握したあとは実践で使うことで本当の意味やニュアンスを掴むことができます。知っていると使えるは違うので実際に使ってみることで使い方やバラエティーを増やすことができます。会話が上手な方の言葉の使い方をよく聞き、コミュニケーションのテクニックを盗むことも勉強方法の1つです。自分で文章を読み覚えることには限界があります。また、実際に使わなければマスターしたとはいえません。, たくさんのジャパニーズイングリッシュが日本で使われていますが、必ずしも英語と同じ意味とは限りません。初めて聞いた言葉を英和辞書で調べたとしても会話として意味が成立しないこともあります。この場合のほとんどが英語が日本で意味だけ変化をして一人歩きをしていることがあります。これはもはや英語ではなく日本語として使われているため、英語の本来の意味とかけ離れた意味として独立している場合があります。言葉は日々変化するものであり、一度覚えた言葉でも今後は別の意味を持つこともあります。, マストの意味や使い方についてのご紹介はいかがでしたか。マストという言葉はとても奥が深く、実際にうまくマストを使いこなせている人でもマストの一部しか知らないということがあります。本来の英語の意味と日本語として使われるマストの意味を完全にマッチさせることは言語が違うため不可能ですが、別の言葉と考えて日本語としての新たな使い方として採用されることも多くあります。言語は使われている方の割合で意味が受け継がれていくため、若者がよく新たな言葉を作るように時代にあった変化を遂げる可能性があります。英語の意味でのマストと日本語の意味のマストの両方を知っておくことがベストです。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 稼げないタクシー運転手には特徴があります。効率よく車を回したり、顧客の立場に立った接客ができなければ稼げるタクシードライバーになることができません。また、自分の普段の作業を振り返ることで稼げない原因を突き止めることができます。, バッテリーは、電気を蓄えるもので中にはバッテリー液と言う液体が入っています。バッテリー液は、自然と少なくなってしまい最後には性能を発揮することができなくなります。また、バッテリー液が無くなってしまうと火災などの原因となりますので注意が必要です。, ドライバーの身だしなみについて解説しています。ドライバーが気を付けるべき身だしなみのポイントや身だしなみ以外に気を付けるべき点についても説明しています。ドライバーのどのような身だしなみや態度がお客様にいい印象を与えることができるのかヒントを得られるでしょう。, エンジンオイルの漏れが気になることはありませんか?こちらでは、エンジンオイルの漏れによる影響を7つご紹介していきます。エンジンオイル漏れの対処法や費用が気になるという方は、ぜひご覧ください。車のオイル漏れについて理解を深めてみましょう。, キャッシュレスで便利なタクシーチケットはお客様の交通費などに使われるイメージですが、個人で利用可能です。個人で利用すると交通の管理などに便利です。今回はタクシーチケットの購入方法や購入の際の注意点についてご紹介します。タクシーチケット購入の参考にしてください, 車が好きで運転が得意で地理にも詳しい人なら、希望する職種に「運転手」を思い浮かべるでしょう。ただし「運転手」といってもその種類はさまざまです。ここでは「役員運転手」という職種に焦点を当て、役員運転手を目指す人に必要な資質や心得について考えていきましょう。. あなたは、「バジェット」という言葉の意味を知っていますか?この記事では、ビジネス用語として使われるこの言葉の意味や具体的な使い方、英語表現などについて詳し... 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 マストには、「~しなければならない」「必ず」「必須」「欠かせない」「義務」などの意味があり、ビジネスシーンでも同じ意味として使用しています。 また、日本語のビジネス用語である「マスト」の意味は英語の「must」と基本的には同じ意味を表します。英語では例えば、「Submitting this document by today is a must.」「この書類を今日中に提出するのは必須です。」などの形で使用この言葉を使用することができます。 また、英語の「must」には … Something Career(サムシングキャリア)「何者かになりたい」人々へのキャリア選択アドバイスメディア, 「落とし込む」のビジネスシーンでの意味とは?使い方をマスターして恥ずかしくない社会人になろう, 「コンソーシアム」の意味と使い方とは?会社における「コンソーシアム」のメリット・デメリットなどを解説, コンフィデンシャルの意味と使い方とは?ビジネスシーンでのコンフィデンシャルの使い方などを解説, 「ディレクション」の意味と使い方とは?「マネジメント」と「ディレクション」の違いなどを解説, 「散見(さんけん)」の意味と使い方とは?「散見(さんけん)」の間違った使い方などを解説, 「このカフェの予約はマストではないが、待ち時間があるのであれば電話しておく方がベターでしょう。」, 「着なくなった服を廃棄しようとしたところ、友達から「I want it!」と譲ってくれるように頼まれた。」, 「ユーザーの欲求に対応するためには、ウォンツとニーズをセットで考える必要がある。」, 「新しい車を買った時に、お店のスタッフから「オプションのカーナビなどはどうですか」とすすめられた。」, 「ビジネスホテルでは、「Take free」(テイクフリー)と最低限の生活用品に書かれているので、わざわざ用意する必要はない。」. })(); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © サムシングキャリア. 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ]. 「マスト」とは英語の「must」のことで、「しなければならない」「義務である」「必要である」という意味があります。ビジネスで使われる「マスト」はおおむね「絶対に必要なこと」「なくてはならないもの」「必需品」「必須」というニュアンスで用いらることがほとんどです。 マストとは、必須・欠かせないなどの意味を持つ英語をカタカナ語にした言葉です。マストは、ビジネスのシーンでの使い方とファッション分野での商品を指す使い方をします。マストの本来の意味は?ベター・ウォント・フリーなどのマストの対義語など例文を交えながら説明します。, マストの対義語であるベター/betterについて詳しく説明します。ベターは、マストと同様によくビジネスのシーンで使われる言葉です。マストには、「しなければいけない」といった義務的な意味があります。一方で、ベターには、「した方がよいです」といったおすすめの意味があります。, またベターは、他項で説明したように、他と比較して良いことという意味の使い方をします。ベターを使った例文としては、「その方法は、ベストとは言えないが、ベターだね」「お店で待つのを嫌うのであれば予約しておくことがベターですよ」などベターは、無難・より望ましいといった意味の使い方をします。, マストの英語の意味は「しなければならない」になり、ベターの英語の意味は「比較的よいこと・さま」です。このようにマストとベターは英語の意味としては違うことになります。しかし、マストには欠かせないもの・必需品といった意味があり、ベターと同じような意味で使うことがあります。, 例えば、「暑い夏にはエアコンはマストです」と「暑い夏にはエアコンがあった方がベターです」と使った場合は、どちらも暑い夏にはエアコンがあった方がよいと同じ意味になります。, 「絶対に必要な」の意味があるマストの対義語には、事柄や物に制約などがなく、自由なさま、無料の意味があるフリー(free)があります。マストは、事柄や物に対して強制的な意味合いがあります。制約などがなく、自由なこと、無料の意味があるフリーはマストの対義語になります。フリーは、フリートーク、フリーマーケットなどの使い方をします。, マストと同じように英語の意味をそのままカタカナ語にしたベター・ウォントの対義語を紹介しました。ここでは、マストの日本語の意味としての対義語について紹介します。マストの日本語での対義語には、充分にある、不必要、余計にある、無駄なもの・こと、結構、不要品、必須ではない、必要がない、なくても良い、おすすめできないなどがあります。, マストは、物や事柄を限定する意味合いがあります。物が充分にあるなどの意味で使われる「充分にある」「余計にある」は限定していないことの意味があるので、マストの対義語と言えます。, また、マストには「~があった方が良い」や「~しておいた方が良い」の意味があります。その対義語が「なくても良い」になります。さらに、マストには「必須」の意味があり、その対義語は「必須ではない」になります。, ビジネスにおけるマストの使い方と例文を紹介します。言葉を何でも短縮して表現することや、頭文字をとって略称で表現したり、英語の単語をカタカナの言葉として使ったりすることが多くあります。中でも、ビジネスのシーンではそのような形で使われることが多いのが現実です。, ビジネスで使われているマストは、英語のmustをカタカナの言葉として使っています。何かを絶対にやらなければならない、絶対にやって欲しい、絶対に欠かせないと相手に伝える時に、マストの言葉を使って表現しています。, ビジネスにおけるマストの例文には「このプロジェクトの計画作りは5時がマストでお願いします」「取引先の相手からマストな条件が出せれました」などがあります。, ビジネスのマストは、絶対必要なもの、絶対必要な仕事、欠かせない事項などを表現する時に使います。例えば、この仕事は絶対にやって欲しいとか、これは絶対に必要なもの、絶対に欠かせないといったことを伝えたいときに使います。絶対といった少し強制的な表現を柔らかくしてくれたり、スマートなイメージにしてくれたりするのがマストという言葉です。, マストの例文としては「この季節にとってマストな製品をご紹介します」この例文には、この季節には絶対に必要になる製品の意味があります。「マストな条件が提示されました」の例文の意味には、絶対に外すことが出来ない条件が提示されたといった意味があります。, 「これはマスト案件です」この例文は、ここに提示された案件を最優先でやらなければならないことになります。つまり、優先順位を伝えるために使っているのです。上司からこのような指示を受けたら、提示された案件を素早く処理することを忘れないようにしましょう。. ビジネス用語の「フィックスする」は英語の「fix」から来ているのをご存知でしたか?ここでは、ビジネスシーンでの「フィックス」の意味や使い方、英語でのもとも... ビジネスシーンでのマストが使われる例文の1つ目は、「これはマストです。」です。非常にシンプルで簡潔な言い回しですが、だからこそ相手に刺さる言い回しです。この例文を使用する具体的な状況を挙げると、例えば会議中に「これは相手に押さえてもらいたい」という案件について紹介する際などに使用できます。, 例えば、「来月の健康食品シンポジウムに出席する際の出品商品選定についてですがこれはマストです。」などの形で使用できます。相手に「これは重要なんだな、必須なんだな」という印象をすっきりした形で伝えられます。特に仕事では自分が使う言葉のインパクトに繊細になることが大切です。ぜひ意識してみましょう。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の2つ目は、「この春のマストアイテムとして弊社でも売り出していくことになりました。」です。この「マストアイテム」という言葉は、ビジネスでも特にファッション業界で良く使われる言葉です。あなたも雑誌の中の文章などでこの言葉を目にしたことがあるかもしれません。, この「マストアイテム」とは、簡単な言葉にすると「絶対に持っておきたい、必須のアイテム」という意味です。消費者にも刺さりやすい言葉なので、マーケティングでも頻繁に使われるキーワードとなります。例文のように、「この春のマストアイテム」など季節の言葉を重ねて使われることが多いでしょう。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の3つ目は、「重要なのでマストで処理してもらえると嬉しいです。」です。これは、例えば職場で重要な案件について相手に必ず処理して欲しい、という自分の意向を伝える際に使用できる例文です。言い換えると「重要なので必須で処理してください」という意味になりますね。, 状況にもよりますが、このようにマストですと相手に伝えられた案件についてはできるだけ協力的になってあげると良いでしょう。ただ、自分の仕事もしっかり終えることが基本ですので、どうしても自分では無理な場合ははっきりと断って他の人に依頼してもらいましょう。先述しましたが、仕事の優先順位付けは非常に大切です。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の4つ目は、「明日までにマストでお願いします。」です。これは、相手に提出期限を示しながら、それまでの提出が必須なことを伝える例文です。ビジネスでもできる限りで期限を守るというのは非常に大事ですよね。特に相手からの提出物については言葉を工夫して伝えたいものです。, この例文は、「明日までに必須でお願いします。」と表現した際よりもいくらか柔らかく聞こえます。このことから、例えば自分からは提出物を催促しにくい目上の人などに上手く使うと効果的だと言えるでしょう。それぞれの言葉が表すニュアンスに着目しながら、状況に合ったものを自分で選べる力を養っていきましょう。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の5つ目は、「これはマストではないと言えます。」です。この例文は、否定文の形で「これは必須ではないでしょう」という意味を表します。このように、マストという言葉を否定文の中で使用することももちろんあります。何かの優先順位について伝える際に使用できます。, 様々な仕事をこなしていく中で、相手にとってはマストに見えることでも、自分からしたらそうではなく、むしろ優先順位が低いということもあるでしょう。その場合は、きちんとそれを相手に伝えてそこから次にどんな具体的な行動が取れるかを話し合いましょう。そうすることでお互いに協力して仕事を円滑に進められます。, ビジネスでも使われるウォントの意味は「望むもの」です。例えば、「我々は常に消費者のウォントを考えなければならない。」などの形で使用されるのがこの言葉ウォントです。これは、「私たちはいつも消費者の望むものを考えるべきだ」という意味になります。英語でも「want」とは「望むもの」という意味があります。, また、他の例を挙げると、例えば「この案件はマストというよりもウォントです。」という使い方もできます。これは、「この案件は必須というよりはあれば良い、という程度のものです」という意味を表します。このように、マストとウォントという言葉を使用してある物事の優先順位について話す際にも使用することができます。, また、「ビジネスでも使われるウォントはマストに比べて優先度は低い」と言えます。先の例でお伝えした通り、マストは「必須」という意味があるのに対して、「ウォント」は「望むもの」という意味を表します。この意味を比べてみるだけでも、前者が優先順位が高く、後者が低いというのは一目瞭然です。, ここまでの記事内容でもお伝えしてきた通り、「マスト」という言葉は特に仕事での優先順位に関わる言葉でした。そしてこの「ウォント」という言葉も同じことが言えます。自分の仕事の内容や期限、それにかかる期間や労力など複数の要素を加味しつつ、この2つの言葉を上手く使い分けられるようにしていきましょう。, マストを使用する際の注意点の1つ目は、「他のビジネス用語と併用しない」です。マストを使用する際は、特にその必要性がない場合以外は他のビジネス用語との併用を避けましょう。例えば、「昨日の会議のあのトピックについてはマストでキャチアップする必要がある。」などです。ビジネス用語の盛り込みすぎには注意です。, マストを使用する際の注意点の2つ目は、「緊急性や重要性のないものには使用しない」です。お伝えしてきた通り、「マスト」は緊急性や重要性があり、優先順位が高いものに対して使用します。逆に言うと、それ以外に使用すると誤用となります。しっかり自分の責任でその内容について吟味して使用してください。, 当記事では、「マスト」という言葉の意味と使い方について具体的な例文も交えながら詳しくお伝えしてきました。「マストアイテム」などの言葉をちらっと耳にしたことがあっても、その具体的な意味については知らなかったという方も多いかもしれません。「ウォント」との意味の違いについても解説してきました。, この記事でも一貫してその重要性について触れてきましたが、仕事で優先順位をつけるというスキルは「マスト」です。その意味でも、ぜひこの記事内容をマストアイテムとして参照していただき、ビジネスでも活用してもらえればと思います。, 下記関連記事内では、英語「バジェット」の意味について分かりやすくまとめています。ホテルで使われるものや、ビジネス用語とその例文も豊富にありますので、気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。.