Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.

『【地域経済の活性化を!信金の新たな挑戦】』2020年10月29日(木) 05:45〜07:05 テレビ東京【レギュラー出演】 秋元玲奈 , 大浜平太郎 , 西野志海 , 矢内雄一郎 , 角谷暁子【ゲスト】 肖敏捷 , 内田稔 , 南川明【声の出演】 森本裕貴 , 池田雄之輔【その他】 宮川成司 , 熊田孝子 , 廣瀬慶人 , 椎名弘直 , 台正昭 , 川本恭治 , 大槻奈那 , 手塚明日香 , ビル・ジャニク , ジョージ・バケリス, 米・ボーイングは来年年末までに従業員をさらに大幅に減らす方針を明らかにしたと米メディアが報じた。ボーイングの従業員は今年1月時点で約16万人だったが人員削減をすすめ、来年末には約13万人にする見込みだという。ボーイングが28日に発表した7−9月期の決算は4億6600万ドルの最終赤字となった。新型コロナで旅客機の需要が低迷していることや、2度の墜落事故を起こした737MAXの運航停止が影響した。赤字は4四半期連続だが、人員削減などで赤字幅は前の四半期から縮小している。, アメリカの議会上院の商業科学運輸委員会は28日、ツイッター、フェイスブック、グーグルのCEOを招き、公聴会を開いた。SNSの投稿管理や、表現の自由をめぐる追及に対して、各CEOは政治的な中立性や偽情報対策に取り組んでいると主張した。議論の焦点は通信品位法230条で、この条項はSNS企業に利用者の投稿について幅広く免責を認める一方、問題がある投稿の削除を認めている。トランプ大統領や、共和党議員の一部は「保守的な言論を検閲している」などとして見直しを求めているが、各CEOは反論し、慎重な検討を求めた。一方で、フェイスブックのザッカーバーグCEOは「SNS企業が多くの判断を下すべきではない」と述べ、時代に対応した法改正は必要との認識を示した。, クレジットカード大手マスターカードの7−9月期の決算は1年前と比べ減収減益で一株利益は市場予想を下回った。新型コロナの影響で消費者の海外への渡航が落ち込み、主要事業の一つである海外でのカード決済手数料収入が市場予想以上に減少した。決算を受けて株価は8%以上下落した。, 大和証券CMアメリカの森本さんに電話で話を聞く。ダウ・ナスダックの値動きを伝えた。ダウ続落の背景は?森本さんはダウ下落の要因として「ヨーロッパ各国が行動制限を道入。感染再拡大が実態経済に影響。大統領選など控え様子見姿勢が強く押し目買いが入りづらい環境」等とコメント。森本さんは株式相場の今後の展開について「過去のケースでは大統領選の通過後に株式相場のボラティリティが低下することが明らかになっている。今回も大勢が判明しボラティリティが低下すれば株式市場への資金流入が期待できる。MMFは選挙後のリスクオンを示唆」等とコメント。, 大和証券CMアメリカの森本さんに電話で話を聞く。ダウ・ナスダックの値動きを伝えた。, ダウ続落の背景は?森本さんはダウ下落の要因として「ヨーロッパ各国が行動制限を道入。感染再拡大が実態経済に影響。大統領選など控え様子見姿勢が強く押し目買いが入りづらい環境」等とコメント。森本さんは株式相場の今後の展開について「過去のケースでは大統領選の通過後に株式相場のボラティリティが低下することが明らかになっている。今回も大勢が判明しボラティリティが低下すれば株式市場への資金流入が期待できる。MMFは選挙後のリスクオンを示唆」等とコメント。, 欧州で感染再拡大、世界景気への影響は…。ヨーロッパ経済について内田さんは「特にサービス業のPMIはユーロ圏は2か月続けて50を割ってきていてこの後警戒されるのは製造業への影響。そうなるとサプライチェーンにも出てきて世界全体の荷動きにも影響が出る」等とコメント。中国への影響について肖さんは「すでにヨーロッパとの人の行き来も止まってるし中国では今基本的に内需で回ってます。中国でもこの冬再発するかどうか念頭に置くべき」等とコメント。, 三菱UFJ銀行の内田さんのドル円予想レンジは103.85円〜104.55円。今日の見通しを内田さんは「昨日はリスク回避的となる中でドル円は続落して104.10まで下落する場面があった。先週水曜日に105円を割り込んで一瞬105円回復した今週月曜日をはさんで104円台での動きが4日間続いている。こういった動きは2016年11月以来4年ぶり。長期的レジスタンスや短期的にもレジスタンスラインの影響力が増していて、ドル円のリスクは下向きになっている。今日は値幅は狭いながらも104円割れがあってもおかしくないと思う」などと話した。注目ポイントは「アメリカ経常赤字の意味」。内田さんは「アメリカは政府部門が資金不足で民間部門も資金不足。国全体として資金が不足している経常赤字となる。日本は政府は資金不足だが民間部門は資金余剰なので国としては経常黒字。投資の結果は経常赤字が悪いということではないが、外国の投資家から資金を引っ張ってくる必要があり、その時に重要なのが金利水準。過去18年間のアメリカの経常収支と長期金利の関係では逆相関になっており、経常赤字が大きい時ほど高い金利が必要となる。金利面で魅力がなくてもドルが値下がりすればドル建て資産の割安感が出てくるので、投資家が資金を投じてくれることになる。アメリカの経常赤字と低金利が続く限りはドル安圧力が続く可能性が高い。来週は大統領選挙があるが、どちらの候補者が勝っても経常赤字を削減するような緊縮財政はコロナ禍の中で難しいと思う。今後の材料にもよるが、年末までに100円に迫る場面もあり得ると予想している」などと話した。, 野村證券の池田さんの日経平均予想レンジは22900円〜23400。今日の東京市場について池田さんは「コロナの感染拡大で欧米株は急落した。アメリカ大統領選についても早期決着の鍵を握ると見られているフロリダ州でバイデン氏のリードが縮小しており、東京市場も株価は弱い推移となりそう」などと話した。注目ポイントは「アメリカの個人消費の強さ」。池田さんは「大統領選も重要だが、年末までの日本株を占うという意味ではアメリカの個人消費も重要だと考えている。27日に発表された週次の小売売上高は6週連続で前年比プラスとなっており、基調も上向いている。大統領選が落ち着けば年末商戦への期待感が株価押し上げ要因となって、コロナ禍でも消費マインドが崩れなかったということになると、年末に来年に向けても強気材料になると考えている。アメリカ大統領選のチェックポイントは2つある。フロリダなど開票の早い接線州ですぐに結果が出れば、どちらが勝ってっも株高。もつれるようなら不透明感が高まって株安。上院を民主党が奪還すれば大型追加財政への期待感から株高。奪還できなければ株安。重要なのはいずれの場合でも個人消費の強さに目が向くと、プラス要因として株高に働いてくる。民主党が大統領と上下院を獲得する『ブルーウェーブ』が今のところ最有力で、この場合日経平均は年内に25000円に迫る可能性もあると考えている」などと話した。, JR東日本とJR東海は決算を発表し、民営後初の赤字となったことを発表した。JR東日本の4-9月期最終損益は2643億円の赤字で、中間決算の最終赤字は初めて。新型コロナウイルスの影響で鉄道の利用が大幅に減少し、駅ビル店舗やホテルの収支が悪化したため。JR東海の最終損益は1135億円の赤字で、新幹線の利用が前年比7割減少したことが原因。, ソニーは21年3月期の業績予想を、従来予想の5100億円から57%引き上げた。巣ごもり需要でゲームソフト販売が好調に推移した。また、プレイステーションユーザーの9月の総プレー時間は前年比3割上昇した。, 大塚家具は、大塚久美子社長が12月1日付で退任することを発表。経営責任を明確にすると本人が辞任を申し出、取締役会が受理した。後任はヤマダホールディングスの三嶋恒夫会長が兼務する。大塚家具は21年の4月期予想最終損益が、28億9000万円の赤字に転落する見込み。, 携帯料金の引き下げをめぐり、KDDIは格安ブランドのUQモバイルで20ギガバイト月3980円の新プランを発表。来年2月をめどに開始する。一方ソフトバンクもワイモバイルで20ギガバイト月4480円で利用できるプランを12月下旬から導入する。10分以内なら国内通話は何度でも無料。, 内田は「基本的に菅政権はアベノミクスを踏襲すると言っている。円高への警戒は強いが、為替介入はしにくい。ETFを買い増しして金利を押し下げるなど、実効性のある策は少ない」と話した。, コマツは2021年3月期の純利益が1年前に比べ48%マイナスになる見通しだと発表。新型コロナ感染拡大でげ急減したが、足元で徐々に回復したが従来予想から1309億円上方修正したが中国での販売は伸び悩む。(日本経済新聞)ヤマダHDは2021年純利益は1年前に比べ30%プラスの見通しと発表。従来の計画を上回り二期連続の増益だ。巣ごもり需要の拡大で家電の好調が続く。(日本経済新聞)日立製作所の2021年純利益は1年前に比べ3.4倍になりそうだと発表した。従来予想より下方修正した。(日本経済新聞)コーセーは42年ぶりとなる国内新工場を1年延期する。訪日客が激減しているためだ。(日本経済新聞), コマツは2021年3月期の純利益が1年前に比べ48%マイナスになる見通しだと発表。新型コロナ感染拡大でげ急減したが、足元で徐々に回復したが従来予想から1309億円上方修正したが中国での販売は伸び悩む。(日本経済新聞)コマツの終値を確認した。, ヤマダHDは2021年純利益は1年前に比べ30%プラスの見通しと発表。従来の計画を上回り二期連続の増益だ。巣ごもり需要の拡大で家電の好調が続く。(日本経済新聞), 日立製作所の2021年純利益は1年前に比べ3.4倍になりそうだと発表した。従来予想より下方修正した。(日本経済新聞), コーセーは42年ぶりとなる国内新工場を1年延期する。訪日客が激減しているためだ。(日本経済新聞), 日本では日銀の黒田総裁が、ヨーロッパではECBのラガルド総裁が会見を行う。アメリカでは7月から9月のGDP速報値の発表のほか、ガーファと呼ばれるIT大手などが決算を予定している。日銀・黒田総裁の記者会見は動画配信サービス「ビジネスオンデマンド」や「テレ東NEWS」で午後3時半からライブ配信する。, 日本では日銀の黒田総裁が、ヨーロッパではECBのラガルド総裁が会見を行う。アメリカでは7月から9月のGDP速報値の発表のほか、ガーファと呼ばれるIT大手などが決算を予定している。, 日銀・黒田総裁の記者会見は動画配信サービス「ビジネスオンデマンド」や「テレ東NEWS」で午後3時半からライブ配信する。, 11月4日(水)の番組終了後、Onlineセミナーを開催する。パックンや堀古英司さんはじめスペシャリストが勢揃いする。テレビ東京ビジネスオンデマンドで配信。, 朝活タイム、深読みリサーチのコーナー。きょうのゲストはオムディアの南川明さん。南川さんは電子機器や半導体の産業の分析が専門。きょうのテーマは「米中ハイテク戦争の行方」。南川さんは「ハイテク技術は経済にも重要ですし、これから軍事技術にも適用されるので戦争と言ってもおかしくないと思います。」等と話した。アメリカによる中国への規制を伝えた。19年5月にはファーウェイへアメリカ綺語王からのブヒンの輸出禁止。20年9月にはファーウェイへアメリカ技術を使った半導体の輸出禁止。10月には中国・半導体受託製造大手「SMIC」へ輸出規制をかけた。これらによって中国が受ける影響について南川さんは「中国は世界で半導体を最も使っている国です。それが止められると、あらゆる電子機器が作れなくなってしまうということになります。日本や台湾も9月の措置に向け、アメリカの技術を使って半導体を作っているので、それも輸出できないということが起こると思います。」等と話した。アメリカが規制を強める背景について南川さんは「中国のハイテク技術が育ってきているので、それは国がサポートする。そしてコピーする。それをアメリカには問題視しています。半導体は軍事技術に転用できます。」等と話した。スマートフォンで使われる半導体などの電子部品を伝えた。日本がシェアを占めているのは画像センサーやメモリーなどとのこと。米中ハイテク戦争は日本企業へどのように影響を与えるのか?南川さんは「ファーウェイとの取り引きが大きい企業については短期的にはマイナス影響が出ると思います。ただ長期的にはオッポやシャオミなどで採用されていく。さらにもう1つのポイントは市場の拡大。ハイテク産業のイチ場は拡大するとみられている。半導体は重要性を今回再認識されている。アメリカ、中国それぞれが3兆円規模の投資をしようとしているという。南川さんは「半導体事業そのものが急成長すると考えられます。日本企業は今萎縮してはいけないと思います。中国という巨大な市場があるので、そこは取りに行く。」等と話した。日本企業の強みについて南川さんは「日本は半導体を支えている材料や製造装置がトップクラスです。こを全面に押し出していく戦略が必要じゃないかと思います。」等と話した。, モーサテ朝活Onlineの告知。午前7時7分ごろ〜投資のヒントを「ビジネスオンデマンド」でライブ配信するとのこと。, 中国人民銀行は、複数の金融機関を傘下に持つ金融持株会社の監督を強化する。金融持株会社を法律上規定し、11月からは大手には当局への登録を義務付ける。保険大手の安邦保険集団などが大株主として傘下の銀行や証券を私物化した問題の再発を防ぐ。金融機関に予防的な資本増強を求めるなど、金融リスクを抑える体制を整える。(日本経済新聞), 東京・品川区にある城南信用金庫 大井支店の駐車場では、福島・矢祭町の農家を支援する団体が、月2回に早朝に収穫した野菜を東京に運び販売をする「矢祭もったいない市場」を開催している。地元農業が東日本大震災や高齢化の影響を受ける中、販路の開拓を支援できないかと県内の信用金庫が城南信用金庫に相談したことがきっかけで始まったという。3時間ほどの販売で1回の売上は30万円ほどだという。信金の職員が商品の陳列やお客さんの案内などのフォローをし、近所の飲食店の野菜の仕入先となった。この日、飲食店の来店客数を増やすために信金が作ったチラシも配られた。信金同士の連携は、東日本大震災の復興支援をきっかけに一気に広がり、福島・いわき市でリサイクル事業を行う「トラスト企画」も、地元信金による支援を受けている。トラスト企画は様々な廃棄物から作った、自然界で分解される素材によるごみ袋や食品トレーを開発しており、その原材料は高温で焼成することで強アルカリ性の抗菌力を持つ貝殻だが、近場でなかなか手に入らずに困っていた。そこで、地元のひまわり信用金庫が全国の信金に状況を説明し、千葉県の銚子信用金庫から、貝殻の処分に困っていた食品加工会社との橋渡しが実現したという。今年7月、羽田空港のすぐそばに全国151の連携拠点「羽田イノベーションシティ」が立ち上がった。企業との商業スペースを設け、ネットワークから生まれた新商品のPRなども行なっている。施設の運営やネットワークのまとめ役が城南信用金庫で、企業の置かれた状況を詳細に把握する地元信金が企業を登録し、スピード感のあるサポート体制となっている。立ち上げから3か月余りだが、常に300件を超す商談が行われている。企業側は、信金の紹介があれば無料でこのシステムを利用でき、信金が業務を多角化させる中、地域金融機関をめぐっては金融庁が業務範囲の拡大や出資規制の緩和の議論を進めている。地域金融に詳しい専門家からは、信金がコロナ禍で果たした役割が評価されている。, JR東日本とJR東海は最終赤字に転落した。JR東日本の4月から9月期の最終損益は2643億円の赤字で中間決算の最終赤字は初だ。新型コロナの拡大で鉄道の利用が大幅減となり駅ビル店舗やホテルの収支が悪化した。JR東海の中間決算も最終損益が1135億円の赤字となった。新幹線の利用が前年比7割減った。両社は通期予想も国鉄民営化以降初めて赤字に転ずる見込みだ。, 前回の大統領選挙でトランプ氏の当選の原動力となったのがミシガン州などを含むさびついて工業地帯、ラストベルトで働く白人労働者達だ。勝敗の鍵を握る労働者たちの変化について取材した。オハイオ州の北東部には長い行列ができている。トランプジュニア氏の集会前で支持者達が列を作っているのだ。トランプジュニア氏はテレビ東京の「父親は勝つと思うか」と聞かれ、YESと答えた。前回トランプ氏は圧勝した。民主党の地盤だった小さな村でもバイデン氏を応援する看板が立つ一方、トランプ氏の看板もある。トランプ氏は大統領に当選した半年後にこの地域を訪問し、この地域に雇用を取り戻すと約束するが、地元を支えていたGMは19年にローズタウン工場を閉鎖する。この工場で働いていた元従業員はトランプ氏に失望していた。バイデン氏は9月以降2回オハイオ州に入るなど奪還に力を入れ、トランプは約束を守っていないと話す。しかしこの町でのトランプ人気は衰えていない。トランプトレインを作るバケリスさんは自費で作ったと言う。再選を祝うために電車を作ったというのだ。最新の世論調査ではオハイオ州でのさは0.6ポイントの差で大接戦だ。勝負の行方は?, アップルがグーグルの検索エンジンの代替となる独自の検索機能の構築を検討してるとフィナンシャル・タイムズが報じた。アップルはすでに開発を進めており最新の基本ソフトを搭載したスマホでは一部で独自の検索結果を表示している。開発の背景にあるのは司法省などが起こしたグーグルの独占禁止法違反での訴訟。司法省は訴訟でアップルはグーグルの検索エンジンをスマホの初期設定にする代わりに年間80〜120億ドル受け取っていると指摘していて今後、訴訟の過程で、この取り引の終了を求める可能性もある。, アップルがグーグルの検索エンジンの代替となる独自の検索機能の構築を検討してるとフィナンシャル・タイムズが報じた。アップルはすでに開発を進めており最新の基本ソフトを搭載したスマホでは一部で独自の検索結果を表示している。開発の背景にあるのは司法省などが起こしたグーグルの独占禁止法違反での訴訟。司法省は訴訟でアップルはグーグルの検索エンジンをスマホの初期設定にする代わりに年間80〜120億ドル受け取っていると指摘していて今後、訴訟の過程で、この取り引の終了を求める可能性もある。欧米の複数のメディアはトランプ陣営が27日に大統領選は「きょう」と書いた誤った広告をフェイスブックに送り、そのまま表示されたと報じた。フェイスブックは大統領選での混乱・助長する広告や投稿を制限していおり、すでに広告は排除されてるがフロリダ州・アリゾナ州などの激戦州を中心に20万人の利用者に表示されたという。, 調査会社「アドビ・アナリティクス」は28日、今年のアメリカの年末商戦でオンライン販売の売上高が過去最高になる見込みだと発表した。1年前に比べ33%増え1890億ドルになる見通し。新型コロナの感染拡大を防ぐために再び店舗が閉鎖されたり政府による現金給付第二弾が実施されれば売上高が2000億円に達する可能性もあるとのこと。, 欧米の複数のメディアはトランプ陣営が27日に大統領選は「きょう」と書いた誤った広告をフェイスブックに送り、そのまま表示されたと報じた。フェイスブックは大統領選での混乱・助長する広告や投稿を制限していおり、すでに広告は排除されてるがフロリダ州・アリゾナ州などの激戦州を中心に20万人の利用者に表示されたという。.

Copyright (c) WireAction, Inc. All Rights Reserved.