WRCへの参戦も、そこで得た技術や技能を織り込んだ プロドライバーとともに すべてのユーザーに届ける。 あのロンドンタクシーがEVで登場 1120万円だけどこれいい!! INTERIOR, SAFETY & 原点回帰を目指した“GR-FOUR”も。 トップドライバーたちの grヤリスと通常のヤリス名前は同じ『ヤリス』ですが共有しているのはプラットフォームと、ライトや内装の一部のみです。 ボディサイズを比べると、grヤリスの全高は1460㎜。ヤリスは1500㎜とgrヤリスの方が4㎝も低いです。 フロントマスクもヤリスよりもシャープでいかにも『走るぞ! grヤリス スープラ ステッカー (その他)が通販できます。grヤリスgrスープラ のステッカーですa5サイズくらい3枚目、4枚目はヤリスのa4クリアファイルになります写真は拡大してるのですが、a4サイズですよろしくお願いします GR YARISに込められた思い、 リス太郎mxpa15 (トヨタ ヤリス) 4駆の標準ヤリスに乗っています。 管理人にとって人生3台目となる専用車で、一人を謳歌する ... 親戚の車(廃車になりました) (トヨタ カローラ) 車好きの伯父が生前乗って … そしてGR YARISがもたらすもの。, すべてはここから始まった。 徹底的に磨き上げた足回りも。 剛性を徹底した。

専用製造ライン“GR Factory”も。 gr yarisはマスタードライバー モリゾウの「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という想いのもと、「モータースポーツ用の車両を市販化する」、という逆転の発想で開発したトヨタ自動車初となるモデ … 2月13日-赤色のgrヤリスが、wrc第二戦ラリー・スウェーデンのゼロカーとして走行。 6月2日 - 日本でのラインナップが発表。発売時期は9月頃とアナウンスされた 。 8月21日 - 発売日が9月4日とアナウンスされた 。 9月4日 - 公式発表・発売 。 その想いがずっと、私の心にはありました。 約20年ぶりのトヨタ完全 なお2つの異なるシャシーを用いていることから単独のプラットフォームで構成される4代目「ヤリス(GA-Bプラットフォーム)」と同一ファミリーであるとはみなされず、グループAの公認取得には「GRヤリス」のみで25,000台[要出典]の生産を必要とされる[注釈 2]。, エンジンは新規開発となる『ダイナミックフォースエンジン・スポーツエンジン』の第1弾となった、排気量1.6Lのターボエンジン『G16E-GTS』型を搭載する。「ヤリス」に搭載された1.5Lの水冷直列3気筒DOHCエンジンの「M15A-FKS」/「M15A-FXE」型と同じく直列3気筒エンジンとなるが、「G16E」型はモータースポーツでの使用を念頭に置いた専用設計のエンジンとなる。, シリンダーの内径(ボア)が87.5mm、そして行程(ストローク)が89.7mmとなり、排気量が1,600ccを僅かに上回る1,618ccとなったのは、ラリーでの常用域において最大の性能を発揮できるように設計されたからである。圧縮比は10.5で、直噴とポート噴射の併用技術「D-4S」を採用する。最大出力272馬力/37.7kgm(340N/m)を発生し、0-100km/h加速は5.5秒以下、最高時速は230km/hを実現する[8]。なお同エンジンは、ダイナミックフォースエンジンの特徴であるレーザークラッドバルブシートではなく、バルブシートを工夫して打ち込んでいる。これはメンテナンスやチューニングのしやすさも考慮しているためである。インタークーラーはラリーでのメンテナンス性を考慮して空冷式を採用している。なお『RZ“High-performance』には冷却スプレー機能が追加装着される。このほか、A25A-FKS型エンジンやM20A-FKS型エンジン、M15A-FKS型エンジンと同様にアイドリング時の振動対策として1次バランサーシャフトがクランクシャフトの直下に組み込まれており、エンジンの回転が特定の回転数に達した時に自動的にクランクシャフトから切り離される仕組みとなっている。, トランスミッションは既存の12代目カローラシリーズ(無印セダン/ツーリング/スポーツ)[注釈 3]、およびC-HRなどで先行採用された、自動ブリッピング機能を持つ『iMT』(インテリジェントマニュアルトランスミッション)を装備。パーキングブレーキは基本的にスピンターンを実現するため電動ではなく手引式となっている。, センターデフには電子制御式カップリングの、新開発のスポーツ四輪駆動システムを採用。この技術は往年の『GT-FOUR』に対するヘリテイジの意味も込めて『GR-FOUR』を名乗る。トルク配分を通常の60:40、スポーツモードで30:70、トラックモードで50:50の三段階で選ぶことが可能である[注釈 4][9]。一方で前後には、改造を前提にオープンデフを採用している[10]。, このほか『RZ“High performance”』グレードには、トヨタ系の自動車部品会社であるジェイテクトの開発したトルセンLSDが装着される。, シャシーは3ドアで、カーボンルーフを採用するなど徹底的に軽量化・低重心化・剛性の強化が図られている。これによりパワーウェイトレシオは4.71kg/psに達する。またWRカー化する上で重要な空力特性も考慮され、リアのルーフ位置を下げてリアスポイラーに風を当てやすくなっている他、リアのフェンダーは大きく盛り上がっている。, また安全運転支援システムの「Toyota Safety Sense」は、本車両のみ全グレードでメーカーオプション設定となっている。, 1.6Lのターボエンジン「G16E-GTS」型と6速マニュアル、四輪駆動システム「GR-FOUR」を搭載した最上級グレードとなる。そしてハイエンドモデルの『RZ“High performance”』では、BBS製の専用鍛造アルミホイールとミシュラン製の高性能タイヤ「Pilot Sport 4S」が装備され、トルセンLSDとブレーキの冷却用ダクト、さらにインタークーラーの冷却システムも搭載される。さらに内装ではフロントシートに専用設計のプレミアムスポーツシートが装備され、サーキットでの走行を考慮したモデルとなっている。また、スポーツモデルでありながらアイドリングストップ機構も標準で装備される。, ディスプレイオーディオなど快適装備を撤去して軽量化した競技車両製作用のグレードで、エンジンや駆動システムなど基本的なメカニズム部分は「RZ」と共通であるが、フロントブレーキはラリー用のタイヤとホイールが装着できるよう「RZ」のディスクローターを1インチ小径化し、さらにワンピース構造とした「RC」専用品が装備される(前後のキャリパー自体は「RZ」と共通である)。それに加えてタイヤとホイールは「RZ」の18インチから17インチへと変更されている。なお、ホイールはスチール製ではなく「RC」専用デザインのアルミホイールとなっている。, 外装は「RZ」と共通ながら[注釈 5]パワートレーンを「ヤリス(5ドアハッチバック)」と同じ1.5Lの自然吸気エンジン『M15A-FKS』型へ換装し、さらに前輪駆動へと変更したモデルである。これによって車重が「RZ」の1,280Kgから1,130Kgと大幅な軽量化を実現している。トランスミッションは、発進用ギアを兼ね備える『ダイレクトシフトCVT』に加え、「ヴィッツ GR」で実用化した「シーケンシャル10段変速MTモード」を搭載する[注釈 6]。パーキングブレーキはRZ/RCグレードと異なり、「ヤリスクロス」と同じく電動式を採用している。, 2020年1月の東京オートサロンにてTOYOTA GAZOO Racingの姉妹チームとなるROOKIE Racingから、スーパー耐久のST-2クラスへ参戦が発表。規則の関係上で、ラリーより先にサーキットでデビューすることとなった。初走行となった2月29日のテストでは、ほぼノーマルの状態でありながら、40馬力上回りかつ熟成も進んでいた三菱・ランサーエボリューションXとほぼ同等のタイムを記録した[11]。開幕戦富士24時間レースではモリゾウ(豊田章男トヨタ自動車社長)・井口卓人のタイムアタックで予選1位を獲得し、夜に大雨に見舞われた決勝でも終始レースをリード。同じくデビュー戦であったトヨタ車のGRスープラ・クラウンRSと共にクラス優勝でデビュー戦を飾っている。この時モリゾウ直々に、新車としての問題点を洗い出すために「壊せ」という指示が出ており、終始ハイペースでの周回であったが、全くのノートラブルであった[12]。, 2020年2月にはユホ・ハンニネンがテストドライブするWRカー仕様の走行映像も公開され翌年の参戦に備えていたが、新型コロナウイルス流行の影響による開発の遅れもあり、同年6月15日に投入の見送りが発表された[13]。, グループAの公認条件は「直接的なモデルは2,500台、車種全体で25,000台を12ヶ月間に生産」であるため、もし同一ファミリーとして認められていれば2,500台の生産で済んだ。, 無印セダンとツーリングはいずれもガソリンエンジン搭載モデルの最上級グレード(「W×B」)のみ設定。また、スポーツはガソリンエンジン搭載モデルの全グレードに設定される。, WRCドライバーに4日間スノー・グラベルでテストドライブさせた結果、スポーツモードの30:70は車を縦に使う, 「RS」ではリアゲート部分に「GR-FOUR」エンブレムが装着されないので、これが外観上における唯一の識別ポイントとなる。また、この「RS」のみストラットタワーバー取り付け用のアンカーボルトが削除されている。, 本機能はパワートレーンを流用する「ヤリス(5ドアハッチバック)」のCVT搭載車には採用されておらず、GRヤリス「RS」専用の変速システムとなる。, トヨタGRヤリスの396万円はバーゲンプライスだ!「GRヤリス」と「ヤリス」はまったく別のクルマだ, スポーツカー「GRヤリス」で挑むトヨタ生産方式の進化「GRファクトリー」、「作り手の意思がこもった多品種少量生産」と友山茂樹 プレジデント, https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30976357.html, https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/32665480.html, https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33516955.html, “トヨタ GR ヤリス、欧州仕様を発表へ…ジュネーブモーターショー2020[中止]”, https://response.jp/article/2020/02/28/332132.html, “トヨタ、「GR ヤリス プロトタイプ」。市販予定、WRCに直結した3気筒 1.6リッターターボのスーパー4WDマシン”, https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1225795.html, “GRヤリスが速い! 走り出しから1分54秒688を記録【スーパー耐久2020・S耐公式テスト富士】”, 富士24時間:GRヤリスがデビューウイン!「すべてのスタッフに感謝」モリゾウも喜び, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トヨタ・GRヤリス&oldid=80435103, 12月15日-TGRF(TOYOTA GAZOO Racing Festival)にて、プロトタイプのデモ走行及び展示を披露。. トヨタ grヤリス の公式サイト。機能・装備、安全性能、コネクティッドサービス、走行性能などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 『GRヤリス(ジーアールヤリス、英語表記:GR YARIS)』は、トヨタ自動車が生産している3ドアハッチバック型のスポーツ車である。, トヨタ自動車のスポーツ車専門ブランド『GR』を展開する「Toyota Gazoo Racing カンパニー」が開発した車種で、本ブランドの専売車種としては2019年に発売された「GRスープラ」に続く2台目の車種である。, 前述の「GRスープラ」と2012年に発売された「86」は同業他社との共同開発によって誕生した車種であったが、本車種は2007年に生産を終了したミッドシップスポーツカー「MR-S」以来13年ぶりに同社が独自に開発したものとなり、また4WDの市販スポーツ車としては1999年に生産を終了した「ST205型セリカ“GT-FOUR”」以来となり、さらに1500-1600ccクラスのクーペ型3ドアハッチバックとしては『カローラレビン』/『スプリンタートレノ』のAE85/86型以来、33年ぶりの投入となった。, 2020年に発売されたコンパクトカーの4代目「ヤリス」と車名は同じだが(一部のメカニズムを除いては)別の車種として設計されている[1]。, 1999年のシーズンを最後に「FIA世界ラリー選手権(WRC)」を撤退したトヨタは2017年に同選手権へと再び参戦している。その際に用いられた参戦車両が3代目「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」だったが、当車種の開発段階では競技車両への転換を想定していない設計だったこともあり、競合相手の参戦車両に比べて不利となる部分(全長を伸ばしにくいサスペンションの構造や高めの全高など)が多く、さらなる戦闘力の向上を図るには本競技での使用を前提とした専用車種の開発が必須となった。, そこでホモロゲーションモデルとして本車種の開発がスタートし、グループAの公認取得条件となる25,000台の生産を目標に掲げた[2]。現在のWRC[注釈 1]は当然ながら、ローカルラリー等でも勝てることを目指した。, 2009年に発売されたスーパーカー「レクサス・LFA」専用の生産設備であった「LFA工房」を基礎として、本車種の生産から稼働する『GRファクトリー』と呼ばれるスポーツカーなどの少量生産に対応したベルトコンベアを用いない『セル生産方式』の生産設備を愛知県の元町工場に導入した[3]。, 開発はドライバーから現場で開発ドライバーのフィードバックを受けてその場で改善し、すぐにコース上に送り返すというモータースポーツのテストと同じやり方が採用されている。開発ドライバーは石浦宏明と大嶋和也がメインで、WRCドライバーのオイット・タナク、ヤリ=マティ・ラトバラ、クリス・ミークらもテストを行った。トヨタには成瀬弘を祖とする市販車のテストドライバーたちが多数いるが、レーシングドライバーがメインの開発ドライバーとなるのは同社では珍しい事例である。, 車両の基礎となる車台(シャシー)はすべて「GAプラットフォーム」で統一されているが、モータースポーツでの過酷な使用状況における走行性能を考慮した結果(GAプラットフォームとしては初となる)車両の前半部分と後半部分で車両クラスの違うもの組み合わせるハイブリッド構造を用いて設計されている。前半部分には「ヤリス」等のコンパクトカーが採用する「GA-Bプラットフォーム」を、後半部分にはカローラ等のミドルサイズ車に採用されているGA-Cプラットフォームを用いることで軽量かつ強靱なシャシーを実現した。 まったく逆転の発想で造り出したクルマが、 五大陸を渡り、幾多の道を走り抜いた。 空力を突き詰め、軽さを極め、 そして、トヨタの「匠」が集う場所が生まれた。, トヨタのスポーツカーを取り戻したい。