「負ければ首だ」って宣言されちゃった(><)

リーガル・ハイ(legal high)とは リーガルハイは2012年からフジテレビ系列で放送された日本のコメディな法廷ドラマ。主演は堺雅人さんでマドンナ役は新垣結衣さんが担当されました。2013年にはリーガルハイの第二期が放映されスペシャルドラマも2度放映されました。

「弁護士とは、法という女神に仕えるナイトのように思われますね。 誰が見ても、そんな法外な金額が通るはずがない。 彼女もほっとするとか言ってくれたというのだが・・・。

それなだけに今回の裁判で戦うことになり、複雑な黛。

今回の判決は人によって、ものすごく理不尽なものを感じそう。

あぁ、理不尽だぁ(><) それでも納得できないこの裁判。 で、これまた激ウマのトムヤンクンを作ってくれた服部♪ すると・・・彼女がそこでゴミに出していた中から、榎戸があげた似顔絵が発見されたのだ。 裁判官のプロフィールを熟知し、情に訴える作戦と、根回しのいい理論正論作戦で、どんどん有利に裁判を進め、なんと勝訴!! だが、不敗の弁護士、古美門の事務所にキズをつけるなどあってはならない。 第1話 第2話

そう判断する相沢。

違いますか?」 それでも無罪にしろと強引なことを言う古美門。 最終弁論で、証言台に立った美由希に、黛は、ほんの少しでも榎戸に好意はなかったのかと、何度も問う。 なぁんて、弁護士らしいことを言ってるけど、黛の古美門へのインタビューの答えは中指立て!! シンクロする想いに、思わず泣きそうになる黛は、最後にゴミから拾った、美由希へ渡した絵を証拠品として提出しようとするのだが・・・。 だが・・・その最後の最後、なぜか服部さんへのインタビューが!!

僕はストーカー行為をしました。 けれども こうして誰かの心の平穏を少しでも取り戻すことができるのなら、 【送料無料】フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」オリジナル・サウンドトラック 服部さんの顔でドキュメンタリー終~~~了~~~~♪

2015/10/05

しかも、好きだとか、そういう類の言葉は彼女から言われなかったけれど、それはフィーリングで分かるというのだ。 ◆宮野真守 MAMORU MIYANO ARENA LIVE TOUR 2018 〜EXCITING!〜 セットリスト 感想 その1, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 6th STAGE プリライ6th 27日 感想レポその2, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 6th STAGE プリライ6th 27日セットリスト 感想レポその1, 宮野真守ライブ「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2016 ~MIXING!~」セットリスト+感想レポ, 宮野真守ライブ「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2015-16 ~GENERATING!」セットリスト+感想レポその1, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 5th STAGE プリライ16日感想レポその4, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 5th STAGE プリライ 16日感想レポその3, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 5th STAGE プリライ セトリ16日感想レポその2, Re:◆宮野真守 MAMORU MIYANO ARENA LIVE TOUR 2018 〜EXCITING!〜 セットリスト 感想 その1(06/18), Re:ちはやふる2 第25話(最終回) あらすじ感想「ふじのたかねにゆきはふりつつ」(06/29), Re:ドラマ「謎解きはディナーのあとで」スペシャル あらすじ感想「有名画伯を襲った密室殺人事件」(03/27), ドラマ「リーガル・ハイ」 第3話 あらすじ感想「初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?」. そこへ、ヤジが汚いと、球場を追い出されたミドリという女性が、球団相手に1500万の損害弁償を求めて提訴したのだ!! 4:20. ええわぁ。 ナイスな構成だよ。 彼はどうやら美由希と会ってから、家の近くに引越ししたり、朝晩会社や家の前で待ち伏せしていたりと、状況は悪い方向へ。 コメント(1). 息抜きにするには、榎戸がちょっと勘違いしやすいタイプだったから、こんな大事になってしまったのではないのか。 だが、黛自身が、榎戸が無罪であると信じられない分、榎戸を無罪にする自信がないのだ。 黛は罪を認めた上で、情状酌量の方向で話を進めようとするも、榎戸は爪を噛むばかりで、全く話を聞こうとしない。 Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.

アニメ感想メインで、声優話・BL話・ドラマ感想・舞台の感想レポ(四季・宝塚etc)なんかをまったりと日記で書いてます。TB・リンクフリーですのでお好きにどうぞ~(^^), 有罪と無罪------------。 ・・・淡い恋心。 でも、やっぱこのドラマは面白いっす♪, ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪ 「家柄もいい牧野さんとの交際に、どこか息苦しさを感じていて、正反対の榎戸さんとのバスの時間に安らぎを感じていた。 それを止めたのは、なんと榎戸!! しかもどうやら学生時代、黛は彼にほのかな想いを寄せていたようで。

だが、すぐに逮捕され、ストーカー行為で訴えられてしまう。

これは、依頼人が自ら望んだ有罪。 「私たちの仕事は あくまで適正な判決に導くことです」 その想いは好きと告げる前に潰え、届くことはなかったけれど・・・。 リーガル・ハイ2 第1話 2013 Fujitv part 2/2. すみませんでしたと、頭を下げる榎戸。 その時、古美門が珍しく黛に気を使ってくれたようで、何が食べたいと、慰めてくれたよう。 それが古美門マジック!! 今までにない形で、今回は、黛はひとりで裁判を受け持つことに!!

なんという荒業!! 勝手な思い込みで美由希さんに付きまとい拉致しました」

「悪は なくなりません。

こんな裁判ありえないと軽視していたのが裏目に!! わはは!!

で、残る疑問は、服部さんって何者~!? 結婚式に花嫁を略奪--------!? そして、「トムヤムクン」を所望の黛。 それは、相沢に対して、黛がやっていたこと。 francesclifford8056. ほろっとさせた後、こうやって落として最後を締める。

さて、一方、今回の古美門はというと・・・。 そこで、受けて立ったのが、三木の事務所の井手だったのだが・・・。 ひとりで舞い上がって、ひとりで突っ走っていた。

その思い出は今も黛の中に残っているよう。 これは榎戸の一方的な好意だったのか。

調度、古美門のドキュメンタリー取材が入っており、テレビで取材が入るというのもあって、わざとらしい演技をする古美門に笑い。 <トラックバックURL> http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/2ee4baa94ccefd7da2bfc7a0c4d81620/ac, ドラマ特別企画「図書館戦争ブック・オブ… だから、クビはなしと言う古美門。 服部さんのせいじゃありませんがねって、めちゃ悔しそうな古美門。 最後に服部さんが全部持ってったよ(^^)

送信確認・TB一覧は下のタイトルでリンクしております

黛は罪を認めた上で、情状酌量の方向で話を進めようとするも、榎戸は爪を噛むばかりで、全く話を聞こうとしない。 だが、… ドラマ「リーガル・ハイ」 第3話 あらすじ感想「初恋かストーカーか? でも・・・それを美味しいといいながら涙を流す黛だった-----------。

また無茶な裁判してるなぁ(^^;) 「思い込みではありませんか?」

これはどう聞いてもそう判断されても仕方ない状況。

って、モザイクかかってますからぁぁぁ!!(わはは)

で、榎戸はこれからどうなるのかしら。 榎戸のことを思うと・・・。 屋台をやってたって、服部ってば、どんだけ~(><)

まあ、さしずめ、私などはそのナイトに仕える馬の口取りですか。 ハハハ」

楽しそうに会話していたふたり。

そこで、黛は二人が毎日乗り合わせたバスに乗って、乗客から話を聞くことに。

1000万の損害賠償金を球団相手に勝ち取ったのだ!!

7236 HIT/2/18 そして「迷惑してました」と、美由希はいうのだ。

彼女も思わせぶりな態度を取っていたのではないのか。 いやぁ、今回もイラっとさせられる面もありましたが、古美門のあの強引さに助けられた部分も多いかと。 そうきたか!! 出来れば最後に美由希が少しでも彼を利用した事を申し分けないと思って、便宜を図って、系を軽くしてやるくらいの気概を見せてもらいですね。 そこで、ふたりは仲のいいカップルに見えたという証言をとる黛。 だが、相手の検察官は相沢という男で、どうやら黛の恩師的存在のよう。 そこで渡された似顔絵を、美由希は、とても大切そうに鞄にしまったというのだ。

僕たちの仕事も意味があるのかもしれない」 「先生。 もう いいよ。 それをドキュメントでしっかり流して、最後にドヤ顔・・・というより、古美門的『キメ顔』で、 彼となら、ほっとするという心情は事実なんだろう。 正論を言う黛では、いつまでたってもおたまじゃくしだと笑う古美門。 しかも、裁判が始まった途端、榎田が、相手の女性・美由希と付き合っていたと言い出し、無罪を主張したのだ!!         

黛は、新居への引越しを進める美由希の身辺を、引越し業者になって、蘭丸に探ってもらうことに。 で、利用するだけ利用して、結局は地位もお金もある今の旦那を選んだって話でしょ。 「いいえ」 いやぁ。

でも、話を聞くと、どうやら彼は想いこみが強いようで、何度も偶然会ううちに運命を感じたというのだ。 だが、非情にも、その度に繰り返される「いいえ」の答え。 絶対美由希にも罪はあると思うけどなぁ。