2020年千葉ロッテマリーンズの応援歌を見るならここ!最新の選手応援歌の一覧や追加新曲、チャンステーマなどのチーム共有応援歌をまとめています。歌詞だけでなく、動画で楽曲も見れます!千葉ロッテマリーンズの応援歌を覚えたい方必見です! オイ! 煌めく未来へ駆け … ロッテは9日、球団公式Instagramにて福田秀平選手への質問を4月6日16時から7日16時まで募集したところ733件の質問が届いたと発表した。 福田秀平選手は広報が自宅に電話をして35問に回答した。 回答は wacciの「歌にするから」は千葉ロッテマリーンズ福田秀平選手に向けて作られた一曲! YOKOHAMA RADIO APARTMENT - Fm yokohama 84.7 TOP 福岡ソフトバンクホークス~千葉ロッテマリーンズ、福田秀平選手の応援歌のページです。俺らの期待背に 闘志を燃やして進めよ 夢あふれる希望の道 オイ! ドラマティック・サヨナラ賞」を受賞する[98]。8月31日の対日本ハム戦では、相性の良い大谷翔平から勝ち越し打となる3ラン本塁打を放つ[99]。9月1日の対楽天戦でジャフェット・アマダーが起こした乱闘騒ぎでは、身を挺して東浜巨を守るなど献身的な姿をみせる[100]。上林誠知の台頭などで激しい外野手のポジション争いがあったが、守備や代走、代打の起用が中心ながら過去最多の104試合の出場を果たした。12月1日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円アップとなる年俸2,800万円(金額は推定)でサインした[101]。, 2018年も、前年同様、激しい外野手のポジション争いの中、開幕1軍を勝ち取る。左の代打、代走、内外野の守備固めなどの起用が中心でありながら、怪我人の多かった開幕1軍メンバーの中で1回も2軍降格することなく、前年を上回る自己最多の110試合に出場を果たす。また、前年とあまり打席数が変わらないながら、自己最多の7本塁打をマークするなど、ここ一番の勝負強さや持ち前のパンチ力を見せつけるシーズンとなった。5月16日の楽天戦では自身初の1試合4安打を記録した[102]。10月2日のロッテ戦では自身初の2打席連続本塁打を記録した[103]。12月27日、球団事務所で契約更改交渉に臨み、800万円アップとなる年俸3,600万円(金額は推定)でサインした[104]。, 2019年、開幕一軍を勝ち取るもスタメン争いには敗れた。4月10日に7番・レフトで同年初のスタメン出場。4月14日の対楽天戦では5番・レフトでスタメン出場するも、9回の第5打席でスイングした際に左脇腹を痛め[105]、翌4月15日に登録抹消された[106]。5月25日に再登録され、同日の試合で7番・ライトでスタメンとして復帰したものの[107]、5月28日の試合では負傷箇所である左脇腹の張りを訴えて途中交代した[108]。その後も試合出場は続けるも状態は上がらず、球宴明けは出場出番がないまま7月20日に登録抹消された[109]。8月10日に再登録され、同日の試合で8番・センターでスタメンとして復帰[110]。その後はシーズン終了まで1軍に帯同した、2度の登録抹消もあり出場は80試合にとどまったが、9本塁打、26打点は自己最高を記録。10月20日、読売ジャイアンツとの日本シリーズ第2戦では本塁打を放った[111]。オフシーズンの10月26日に国内フリーエージェント権を行使し[112]、宣言前から残留要請をしていたソフトバンクの他、埼玉西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスの計6球団と交渉の席に着いた[113]。ソフトバンクからは4年契約5億円の提示がなされ、他球団からは、楽天の4年7億円プラス出来高で総額10億円にも上る破格の条件をはじめ、5球団全てが、4年5億円だったソフトバンクを上回る条件を提示した[114]。, 2019年11月26日、福田は自身の後援会公式ブログ内にて千葉ロッテマリーンズの移籍を表明した。ロッテへの移籍を決めた要因について、福田はドラフト会議の数日前に当時の担当スカウトが多摩大聖ヶ丘高校を訪れ、福田を高く評価した上で「彼を指名したい」という旨を伝えており[注 2]、その担当スカウトが現在は球団本部長で福田のFA交渉の場にも同席していたこと[7][115]、プロ2年目の2008年6月に父親を心筋梗塞で亡くした際、野球を辞めようとまで考えていたところ、その直後の同年7月に乳癌で夫人を亡くした鳥越裕介2軍内野守備走塁コーチ(当時。現千葉ロッテヘッド兼内野守備コーチ)に励まされたことで「プロ野球選手として生きていく覚悟を決めるきっかけを作ってくださった」という経緯があり、同コーチから「5回以上」電話で熱烈に口説かれたことを理由として挙げている[114][116]。年俸は4年4億8000万円プラス出来高(金額は推定)となり、3,600万からの大幅アップとなった[1]。, 2020年、移籍初年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が約3ヶ月遅れ、6月19日の開幕戦、福田の古巣・ソフトバンク戦に1番中堅で先発出場したが、4打数無安打1四球に終わる。翌日、福岡市内の病院で診察を受けたところ、去る16日の練習試合の対巨人戦で藤岡貴裕から受けた死球による右肩甲骨の亀裂骨折と診断され、21日に1軍登録抹消となった[117]。 JAPANドーム)で8回1点リード一死満塁の場面で李ボム浩の代走として出場し、プロ初出場を記録した[25][26]。その後は代走で出場し、5月12日の対中日ドラゴンズ戦の6回にプロ初打席を代打で迎えたが吉見一起の前に空振り三振に倒れた[27]。5月22日の対広島戦では8番中堅手でプロ初の先発出場を果たし、4点リードの3回第2打席・一死満塁の場面で梅津智弘からレフト線へ2点エンタイトルツーベースで初安打・初打点を記録した[28][29]。中堅手としては二軍で2試合しか守った事が無かったため、7回5点リード一死二三塁の守備では石原慶幸の打球を追う際に転倒し、これが2点タイムリー打となって直後に先発・和田毅は降板、自身も城所龍磨と交代した[30]。6月6日に長谷川勇也に代わり二軍降格となったが、6月22日再昇格し、7月19日の対埼玉西武ライオンズ戦の5回2点リード一死一塁の場面で許銘傑 - 上本達之バッテリーからプロ初盗塁を記録して得点も挙げた[31]。その後は代走要員としてシーズン終了まで一軍に残り、最終的に44試合で15得点を挙げたが、盗塁は3つにとどまった。一軍では先発出場はわずか4試合、守備時は外野の全ポジションと一塁で起用された。, クライマックスシリーズでは全6試合にベンチ入りし、10月18日第5戦で8回に代走として1試合のみ出場した[32]。オフに両打ちから左打ちに専念する事を決断した[33][34]。11月3日からオーストラリアのウィンターリーグに派遣され[35]、22試合に出場して87打数24安打、打率.276、OPS.775、4本塁打、6打点、5盗塁、5失策だった[36][37]。, 2011年、同年より外野手登録へ変更された[2]。春季キャンプは2月1日のベースランニング中に右足を痛め、右足太もも裏肉離れと診断され[38]、福岡へ強制送還された[39]。一軍合流後はアピールを続け[40]、開幕を一軍で迎えた。代走での起用が続いたが、松中信彦・長谷川勇也の打撃不振により内川聖一が中堅手から左翼手起用となり、4月30日の千葉ロッテ戦で約1年ぶりの先発出場を果たし、5回同点二死一二塁の場面ではサブローの打球をフェンス際で後ろを向いて倒れながら捕球するなど活躍し[41]、その後13試合外野でスタメン起用されたが、5月17日に自身の打率が2割を切り、代わりに起用された長谷川が5月の月間打率.306と結果を出した事で先発の座を奪われた。6月1日対中日戦で多村仁志負傷交代時に活躍して交流戦優勝マジック点灯に貢献[42]、6月6日の対広島戦では代走から出場して2打席連続三塁打など結果を出し[43]、6月12日には初めて一塁手で先発出場を果たした[44]。6月18日から故郷・横浜スタジアムにて2試合に途中出場したが打席に立つことは無かった。6月23日の内川の離脱をきっかけに15試合連続でスタメン起用され[45]、7月3日の対オリックス・バファローズ戦ではプロ初のマルチ盗塁を決めた[46]。7月10日の対千葉ロッテ戦では同点の4回に二塁打で出塁し、二死一三塁の場面では一塁走者の中村晃のスタート後に捕手・的場直樹が二塁へ送球して渡辺俊介がしゃがんだ瞬間スタートを切り、ダブルスチールを成功させ決勝点を挙げた[47]。7月14日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の2回に飛びついて捕球した際に左肩を強打して負傷交代し[48]、左肩関節亜脱臼の疑いと診断され[49]、7月15日に出場選手登録を抹消された。それに伴い予定されていたフレッシュオールスターゲームへの出場を辞退した[50]。8月6日に一軍へ再昇格し、8月7日に一旦先発出場したが再び控え起用となった。調整で出場した8月30日のウエスタン・リーグ対オリックス戦で満塁本塁打を含む5打数5安打6打点の活躍し[51]、9月6日の対北海道日本ハムファイターズ戦で1ヶ月ぶりの先発出場を果たすと、2回に守備で好返球、4回には同年18勝を挙げるダルビッシュ有から決勝打となる先制の二塁打、7回にも三塁打と活躍し[52]、シーズン終了までのスタメンを勝ち取った。9月28日の対日本ハム戦では武田勝からタイムリー打を含む3安打を放ってプロ初の猛打賞を記録した[53]。9月30日の対西武戦では5回3点ビハインドの場面で西口文也のスライダーをライトスタンドに運びプロ1号となるソロ本塁打を放ち[54]、7回同点無死二三塁の場面では岡本篤志から決勝タイムリーを打って優勝マジックを1とした[55][2]。10月1日の同カードでは6回一死二塁の場面で先発の岸孝之から先制のタイムリー打を放ち、明石健志の三塁打で生還、3点リードの9回二死の場面では浅村栄斗のライト線への飛球をスライディングキャッチしてチームはリーグ連覇を果たした[56][57][33]。レギュラーシーズンは最終的に97試合に出場し、61試合に先発出場、打順は主に7・8番、守備位置は外野と一塁で起用され自己最多の22盗塁(成功率91.7パーセント)を記録した[58]。打率.252だったが出塁率.281で四球はわずか4と課題も残した。, クライマックスシリーズファイナルステージは2試合に出場し、11月5日第3戦では10回1点ビハインドで代走から出場して長谷川のタイムリー打で同点の走者として二塁から生還、12回同点の場面では牧田和久から二塁打を打ち、長谷川の安打で二塁からサヨナラの走者として生還してクライマックスシリーズ突破に貢献した[59]。日本シリーズは第1戦・第2戦のスタメンを含む全3試合に出場したが、11月13日第2戦の7回無死一二塁の場面で同点に繋がる犠打を決めたものの無安打に終わり[60]、第6戦では8回1点ビハインド二死一塁から代走起用されたが盗塁失敗した。アジアシリーズ予選リーグは統一セブンイレブン・ライオンズとの第1戦では無安打だったが、11月26日のサムスン・ライオンズとの第2戦では2回に先発の李宇善から先制のタイムリー二塁打を放って勝利に貢献した[61][62]。パース・ヒートとの第3戦は1四球にとどまった。11月29日のサムスンとの決勝戦では7回4点ビハインド二死二三塁の場面で右中間の打球をスライディングキャッチしてピンチを救い、裏の攻撃で安打でチャンスメイクしたものの、2点差と迫った8回二死一二塁・一打逆転の場面で初球凡退して試合は敗戦[63]、2005年から続いた日本勢の連覇を止めた。, 2012年は、2年連続開幕を一軍で迎えたものの控えとなり守備などで貢献した[64]。5月11日には途中出場ながら初めて二塁手として出場したが守備機会は無かった。5月22日の対広島戦の先発起用で結果を出し[65]、9試合連続でスタメンとなったが打率が2割を切って再び控えに戻った。その後は代走や外野守備を中心に出場して、13盗塁中10個を代走で成功させていたが[66]、7月18日の対オリックス戦の走塁中に左膝を痛め[67]、7月25日に左大腿骨骨挫傷のため出場選手登録を抹消され、その後は二軍公式戦も全て欠場した。同年は先発出場11試合と激減、打率も1割台で終えた。オフの11月6日に福岡市内の病院で「左大腿骨外顆軟骨損傷に対する関節鏡視下手術」を行った[68]。, 2013年、5月7日のウエスタン・リーグ対広島戦で代打として実戦に復帰した[69]。7月3日に一軍へ昇格し、7月5日の対楽天戦では復帰後初の先発起用に応えて宮川将からタイムリー三塁打を打った[70]。その後は控え中心の起用に戻ったが、8月2日の対西武戦で代走から盗塁を決めて、年度を跨ぐ参考記録ながら広瀬叔功の日本記録に並ぶ31連続盗塁成功を達成した[71]。打率.125と低調になり8月12日に二軍へ降格したが、打撃で結果を出して8月30日に再昇格し、シーズン終了まで一軍に残った。一軍出場は33試合、先発出場もわずか4試合、打率も前年を下回り、盗塁も1度だけだった。11月1日からプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、21試合に出場して84打数20安打、打率.238、OPS.664、1本塁打、7打点、3盗塁、無失策だった[72][73]。現地では元・福岡ダイエーホークス所属のペドロ・バルデス打撃コーチから打撃指導を受けた[74]。12月7日に岡島秀樹の入団に伴い、背番号を31に変更した[75][76]。, 2014年1月31日にインフルエンザに感染してキャンプ地入りできず出遅れ[77]、一旦一軍に合流したものの[78]、開幕は二軍で迎えた。8月13日に福岡市内の病院で「右大腿骨外側膝蓋溝軟骨損傷による内視鏡下デブリードマン手術」を受けると発表した[79]。さらに8月28日にも福岡市内の病院で「左肩関節の内視鏡下バンカート手術」を受けた[80]。長期リハビリを要して一軍出場なしに終わった。二軍では手術前時点の成績でリーグ2位の19盗塁を記録した(成功率90.5パーセント)[81]。11月26日に背番号を37に戻した[82]。, 2015年は、春季キャンプ中の2月20日に斗山ベアーズとの練習試合で約8ヶ月ぶりに実戦復帰を果たしたが[83]、3月23日のウエスタン・リーグ対広島戦で帰塁の際に右手を負傷し、福岡市内の病院で検査の結果、「右手第4指中節骨骨折」と診断された[84]。4月28日の三軍対徳島インディゴソックス戦で実戦復帰した[85]。5月8日に午前中の二軍戦で結果を出した事で、工藤公康新監督から同日の対楽天戦で一軍昇格即スタメンに抜擢され、結果で応えた[86]。5月9日の同カードでは10回の代走で二盗を成功させて2011年からの連続盗塁を32に伸ばして新記録となった[87]。この記録は翌5月10日の同カードで三盗に失敗して記録は途切れた[88]。同年は、レギュラー外野手の長谷川勇也の離脱などもあり、出場機会が増加し、84試合の出場を果たした。, 2016年、3月25日にコボスタ宮城行われた開幕戦、対楽天戦において、1番・右翼手でプロ10年目にして初の開幕スタメン出場を果たし、2回にはタイムリー安打を記録する[89]。5月まで先発出場で起用されていたが、城所龍磨の好調もあり、徐々に出場機会を失い、6月2日に一軍出場選手登録を抹消される[90]。7月12日に一軍再昇格[91]、9月10日に福岡ヤフオク!ドーム行われた対西武戦において、自身シーズン最多の3号ソロホームランを放つ[92]。シーズン成績は、81試合に出場、打率.231、3本塁打、11盗塁だった。12月21日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの2,300万円(金額は推定)で契約更改した[93]。, 2017年は、激しい外野手のポジション争いの中[94]、開幕一軍選手登録を勝ち取る[95]。自身が尊敬してやまない川﨑宗則の6年振りの日本プロ野球復帰戦となった4月28日の対オリックス戦において、決勝となる2ラン本塁打を放つ[96]。6月25日の対西武戦では、1点ビハインド9回2死一塁の状況で、増田達至から2ラン本塁打を放ち、プロ初のサヨナラ本塁打を記録する[97]。この活躍により、7月12日に6月度の「スカパー!