不動産投資自体はグローバルで盛んに行われ、歴史のある投資手法です。また、電話営業自体は(拒否したのに再度かけてこなければ)法的に問題ありません。しかし、中には悪質な業者もいます。このようなしつこい勧誘を撃退するための方法をアドバイスします。 うことや売ること、こういった不動産取引に関することはわかりにくいことが多く、業者が営業をかけた初めの段階ではお客様が「まだ結構ですから・・・」とか「やっぱり断ります・・・」となることはよくあることです。昔は、「営業は断られてからがスタートだ!」などと教えられていたものです。, お客様にとっても業者の営業は正しい情報をタイムリーに入手するひとつの重要な手段です。営業の仕方が必要以上に規制されると、インターネットや雑誌などからの断片的な情報だけで大事な不動産取引を判断しなければならなくなってしまうような不健全な状況すら生みかねないのでは、という危惧もあります。, ただでさえ大人しい草食系の営業マンが増えたと言われている不動産業界。, 上司が「断わられてもいいから当たって砕けてこい!」と言っても、「それ業法違反ですから」と部下から言われたりして。, これで業界の先行きは明るくなるんでしょうか・・・。, もっと日本が良くなっていますように。, 今回の記事はいかがでしたか?, 世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる, 「ハッピーリッチ・アカデミー」の「カワセ君のコラム」.

不動産屋も人間ですから、求められていない訪問や、 しつこい電話営業はしたくない のが本音。 多くの会社で下のような 営業のプロセスを管理するノルマが設定 されています。 不動産でこんな営業訪問ってあるんですか? とりあえず、名刺も見せない、名刺くれっていったら、そちらの名刺も下さいとキチガイな事を言う。 夜八時の突然の訪問すら、夜八時くらいなら普通です。と … 不動産営業では電話や訪問による営業は基本的な活動のひとつです。ほとんどの業者は真面目に常識と節度を持って電話をしたり訪問をしたりしています。 私が夜10、11時にアポなし訪問した理由 ↑今日の住宅営業マン日記のテーマはこれ おはようございます。 菊原です。 今日は愛知県で講演があります。 その後、東京で仕事です。 ちょっとハードですが頑張ります。 「訪問しないで売れる営業に変わる本」の文庫版!