モデル街灯 道路灯 街灯柱 LED ライト白 42mm 1:150〜1:220 10本入り 鉄道模型 建物模型 ジオラマ 情... モデル洞窟 トンネルモデル 列車用レール 1/87 1本 鉄道模型 建物模型 ジオラマ 情景コレクション, 京王れーるランド(けいおうれーるらんど) 京王線KEIO駅名キーホルダー 京王電鉄【鉄道グッズ/鉄道雑貨】(*). 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 > Nゲージ 購入・予約. nゲージ、1/150 京王 初代5000系 4両編成セット (4両・組み立てキット) (鉄道模型) greenmax(グリーンマックス) 442a 鉄道模型 nを通販で販売しています。 最新のキャンセル期限は上記よりご確認ください。また、メーカー都合により商品の仕様が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, マイクロエース Nゲージ 京王9000系 「サンリオキャラクターズフルラッピングトレイン」 10両セット A7474 鉄道模型 電車, 初めて京王線のNゲージを買いました。すごい精巧に作られています(どれもそうですが)。これからも使い続けたいと思います。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazon.co.jpが発送する¥2000以上の注文は通常配送無料(日本国内のみ), マイクロエース Nゲージ 京王8000系 シングルアームパンタ 基本6両セット A8792 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王9000系 「サンリオキャラクターズフルラッピングトレイン」 10両セット A7474 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王6000系 都営地下鉄線乗入仕様車 新塗装 8両セット A7065 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王1000系 (5次車・ブルーグリーン)5両編成セット (動力付き) 30892 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王3000系 更新車 シングルアームパンタ サーモンピンク 5両セット A6575 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王7000系・新塗装・基本8両セット A3758 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 大規模改修車 ・ 高尾山トレイン ・ 白ライト 増結用中間車2両セットB 動力無し 50665 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王8000系 シングルアームパンタ 増結4両セット A8793 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王1000系 (5次車・ライトグリーン)5両編成セット (動力付き) 30895 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王1000系 5次車 ・ サーモンピンク 5両編成セット 動力付き 30894 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 大規模改修車 ・ 8011編成 ・ 白ライト 増結用中間車2両セットB 動力無し 30963 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 (8803編成・登場時・グレースカート)基本4両編成セット (動力付き) 30372 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王デヤ901・デヤ902・クヤ911・サヤ912 4両セット A7473, グリーンマックス Nゲージ 京王1000系 6次車・バイオレット 5両編成セット 動力付き 30896 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 大規模改修車 ・ 高尾山トレイン ・ 白ライト 基本4両編成セット 動力付き 50663 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王3000系 更新車 シングルアームパンタ ライトグリーン 5両セット A6576 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王 初代5000系 2両編成セット 442C 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 大規模改修車 ・ 高尾山トレイン ・ 白ライト 増結用中間車4両セットA 動力無し 50664 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 (8703編成・登場時・グレースカート)増結6両編成セット (動力無し) 30373 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 シングルアームパンタグラフ車 ・ 8702編成 ・ 方向幕時代 基本6両編成セット 動力付き 30816 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 大規模改修車 ・ 8011編成 ・ 白ライト 増結用中間車4両セットA 動力無し 30962 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王6000系 都営地下鉄線乗入仕様車 新塗装 シングルアームパンタ 増結2両セット A7070 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 東武20400型 (20420番台) 4両セット A7974 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 1164C 京王5000系 増結用先頭車 (5100) 2両セット (塗装済み車両キット), マイクロエース Nゲージ 京王8000系・元クハ+サハ連結 (8714F)増結4両セット A8787 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 8032編成 ・ ドア交換後 8両編成セット 動力付き 30727 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王5000系 京王ライナー 増結用中間車4両セット 動力無し 30729 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京成3500形 更新車 シングルアームパンタ 3536F 基本4両セット A6040 鉄道模型 電車, TOMIX Nゲージ 小田急 ロマンスカー 70000形GSE 第1編成 7両 セット 98658 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系 大規模改修車 ・ 8005編成 ・ 白ライト 増結用中間車4両セット 動力無し 30815 鉄道模型 電車, TOMIX Nゲージ 小田急ロマンスカー50000形 VSEセット 92754 鉄道模型 電車, TOMIX Nゲージ マイプラン NR-PC F レールパターンA+B 90950 鉄道模型 レールセット, TOMIX Nゲージ マルチ高架橋対向式ホーム複々線高架化セット 3260 鉄道模型用品, (JAJAN) Nゲージ HOゲージ 対応 【 連結可能 鉄道模型 ディスプレイケース 】 幅113cm 奥行11.5cm ブラック 長編成 レイアウト フル編成 アクリル扉 コレクションケース 展示ラック, マイクロエース Nゲージ 京王9000系 都営地下鉄線乗入仕様車 基本6両セット A7471 鉄道模型 電車, KATO Nゲージ スターターセット E235系 山手線 10-030 鉄道模型 入門セット, TOMIX Nゲージ DE15 2500 JR西日本仕様 ・ 単線用ラッセルヘッド付 2240 鉄道模型 ディーゼル機関車, グリーンマックス Nゲージ 京王8000系対応行先表示ステッカー フルカラーLEDタイプ ・ 交換用ライトユニットセット 8026 鉄道模型用品, TOMIX Nゲージ 211 3000系近郊電車 高崎車両センター ・ 6両編成 セット 6両 98646 鉄道模型 電車, TOMIX Nゲージ 近畿日本鉄道50000系 しまかぜ 基本セット 92499 鉄道模型 電車, TOMIX Nゲージ 225 100系近郊電車 4両編成 セット 4両 98686 鉄道模型 電車, マイクロエース Nゲージ 京王3000系 リニューアル車 アイボリー・シングルアームパンタ 5両セット A6567 鉄道模型 電車, TOMIX Nゲージ 209 2100系通勤電車 房総色 4両編成 セット 4両 98629 鉄道模型 電車, グリーンマックス Nゲージ 京王5000系 京王ライナー新宿行き 増結用中間車4両セット 動力無し 30863 鉄道模型 電車, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 購入・予約. 2017年9月~営業運転開始、2018年春より座席指定列車として運行を開始する5000系! 京王ライナーのスペシャルムービー、開発秘話、試乗会参加レポート、5000系車両の紹介 . > おもちゃ、ゲーム nゲージ、1/150 京王 5000系 (京王ライナー) 基本6輛編成セット (動力付き) (基本・6両セット) (塗装済み完成品) (鉄道模型) greenmax(グリーンマックス) 30728 鉄道模型 nを通販で販売しています。 ロング・クロスシート転換も 」 - マイナビ鉄道ニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=京王5000系電車_(2代)&oldid=79580207, 『鉄道ピクトリアル』通巻753号「鉄道車両年鑑2004年版」(2004年10月・電気車研究会), 『鉄道ファン』通巻605号付録「大手私鉄車両ファイル 2011」(2011年9月・交友社). nゲージ、1/150 京王 5000系 (京王ライナー) 増結用中間車4輛セット (動力無し) (増結・4両セット) (塗装済み完成品) (鉄道模型) greenmax(グリーンマックス) 30729 鉄道模型 nを通販で販売しています。 京王5000系電車(けいおう5000けいでんしゃ)は、2017年(平成29年)に運行を開始した京王電鉄京王線[注釈 1]用の通勤形電車である[10]。京王電鉄で初めての座席指定列車での運用を目的に開発され、クロスシートとロングシートに転換できるデュアルシートを備える[10]。2017年のグッドデザイン賞に選定されている[11]。, 本項では京王線上で東側を「新宿寄り」、西側を「京王八王子寄り」と表現する。編成単位で表記する必要がある場合は新宿寄り先頭車の車両番号で代表し、5731編成の様に表現する[注釈 2]。京王では京王八王子寄りを1号車として車両に号車番号を表示している[12]が、本稿では各種文献に倣って新宿寄りを左側として編成表を表記し[13][14][15]、文中で例えば「2両目」と記述されている場合は新宿寄りから2両目であることを示す。, 利用客の着席ニーズに対応するため、京王電鉄初の座席指定制列車を運行する目的で導入された[10]。座席指定列車として使用される際はクロスシート、それ以外のときはロングシートとなるよう転換できる座席を備え、立体形状と曲面を多用したデザインの前面形状を採用[10]、先頭車の車体長さは中間車より500 mm長くなった[5]。省エネルギー性向上のため編成中間の電動車に回生電力吸収用の蓄電池を備え、力行時に放電するほか、停電時の非常電源としても使用でき、蓄電池の電力のみで自走できる[16]。2017年(平成29年)9月29日から一般列車で営業運転を開始[4]し、2018年2月22日のダイヤ改正から京王ライナーでの運転を開始した[17]。また、都営地下鉄新宿線用D-ATCを装備しており[7]、新宿線への直通も対応している。, 従来車両よりシャープで立体的な前面形状が採用されており、京王の車両としては初めて前面が大きく傾斜している[18]。前面はスマートな列車を表現するためカラーリングに黒が多用され[10]、窓上部に京王レッドの、窓下部に京王ブルーの帯が巻かれており、包容感を感じさせる温かみの中に気品のある表情を持たせ、コーポレートカラーをシンプルにまとう上品なデザインでまとめている。傾斜した前面形状で運転台スペースが制約される中、高運転台構造を維持しつつ必要な機器を収めるため、前面貫通扉を正面から見て左側(助士側)に配置した[18]。これは京王線系統の車両では初である。正面窓下左右側に前照灯、尾灯、装飾灯からなる標識灯ユニットが配置されており[5]、いずれの光源もLED照明である[5]。車体は溶接組立構造のステンレス製であり、外板をレーザー溶接でつなぎ合わせる総合車両製作所製のsustina構体が採用されている。これにより、これまでのステンレス車体に見られた板と板を重ねる「せぎり」がなくなり、車体全体を滑らかに美しく仕上げているとともに、連続したレーザー溶接によりシール部の施工箇所を削減することでメンテナンス性の向上を図っている[5]。, また対向列車とオフセット衝突した場合に備えて、車端部の妻構体の妻柱部に衝突柱を設けることで衝突安全性の向上と、構体骨組をリング状に配置する構造と車内に内装ロールバーを採用することで車体強度の向上をそれぞれ図っている[5]。20 m両開き4扉、扉間に窓2枚の基本レイアウトが採用されたが[5][6]、扉間の窓2枚の幅は異なっており、広い方の窓のみ下降窓となっている[6]。前頭部はFRP製としており、先頭車運転台側は中間車より台車中心から車端までの長さが500mm延長された[5]。スカートも3次元的形状となり、コーポレートカラーである京王レッドに塗装された[5]。前面窓上と、側面中央部窓上にフルカラーLED式の表示装置が設置され、側面のものは従来車より大型化されている[7]。, 内装は従来のコーポレートカラー主体のデザインから変更し、高尾山の木々と織物の街・八王子の絹という多摩地域の色と素材にこだわった、華やかな室内空間を表現したデザインとしており、座席表皮は「多摩織」をモチーフとした上質な高級感を演出している[5]。室内は上に行くほど色が明るくなっており、天井両側を凸曲面とすることで開放感がある室内空間とし、ガラス製の扉部仕切りと妻引戸の採用で奥行きのある開放感をもたせている[19]。また車内の快適性を確保するため、床に静粛性の高い素材を、側窓にUVカットガラスをそれぞれ採用しており、手すりには清潔感を出すため電解加工を施して指紋が付きにくくしている。, 京王電鉄の車両としては初めて[注釈 3]、クロスシートとロングシートの転換機構を備えたデュアルシートを採用し、座席指定列車として使用される際はクロスシート、それ以外のときは基本的にロングシートとなる[10][注釈 4]。転換機構付き座席は総合車両製作所とコイト電工が共同開発し、コイト電工が製造を担当した[20][21]。扉間には1人あたり座面幅460mmの偏心機構によって回転する2人掛け座席が片側3組配置されている[19]。この座席は新規に開発が行われた座席であり、通勤電車として運用されるのと回転中の座席同士の干渉を避けるため、座席幅の確保については困難を極めたが、回転軌跡上にある窓枠下部の窓きせの形状の見直しとともに[22]、2人掛座席の両側にある肘掛けの内側を削ることで1人あたり座面幅460mmを確保した。また、複雑な偏心回転を行うクロス/ロング転換機構には、新幹線車両で十分な実績のある構造を組み合わせることで、電動式による安定的な動作を実現しており、クロスシート状態時の手動での座席転換は、肘掛けの後ろにあるレバーを引くことで座席が回転して転換する。座席の支持構造では、クロスシートとロングシートの各状態においては、座席の支持位置が変化するため、支持構造の支持部品の形状と配置の試行錯誤を繰り返しており、その結果により、クロスシートとロングシートの各状態でも、がたつきが少ない安定した着座を実現している[19]。, 車端部には、総合車両製作所とシロキ工業が共同開発しシロキ工業が製造を担当した[23]1人あたり座面幅505 mmの固定式3人掛け座席が設けられ、座席間には肘掛けが設置された[19]。座席座面と背もたれ下部は茶系の色の明暗により凹凸を表現したモケット織、背もたれ上部は濃い茶色のモール織が採用された[19]。座席表地は龍村美術織物製である[24]。全車両に設置された車椅子・ベビーカースペースには、壁掛け型のヒーターと立ち客が利用できる腰当てが設けられている[19]。この区画には他の京王電鉄保有車両と同様に優先席表示のステッカーが貼付され、優先席区画であることを示すつり革が設置されているが、京王ライナー充当時には座席指定券不要区間であっても優先席としての運用を行わない[25]。, 室内灯は、総合車両製作所とコイト電工が共同開発しコイト電工が製造を担当[23]したLED式の調光・調色式照明となり、朝の通勤時には爽やかな色、夜の座席指定列車時では落ち着いた暖色系の色に変えることが可能であり、天井両側の曲面部に照射するように配置した間接照明を採用している[19]。クロスシートとロングシートのどちらで使用されている場合でも画面が見やすいよう、各扉上部と客室天井部の枕木方向に三菱電機製[23]の17インチワイド液晶式案内装置が2台一組で各車両14組28台設置された[7]。右側の画面には運行情報を、左側には広告が表示される[7]。放送装置は、八幡電気産業製の[23]高音質ステレオ方式を採用しており、ステレオ効果が最大限に得られるように車内スピーカーはKEF社[26]製の物が1両あたり8台設置されている。天井面の左右にLとRが交互に配置されているほか、制御装置に音源を内蔵することで、イベント時にBGMを流すことができる。また、外部プレーヤが接続可能なステレオミニジャックを設けている[7]。, サービス機器として、2人掛け座席の脚台および3人掛けロングシートの肘掛け部には、総合車両製作所とシロキ工業が共同開発しシロキ工業が製造を担当した電源コンセントが設けられ[23]、UQコミュニケーションズ製[23]フリーWi-Fi装置、パナソニックとJR東日本テクノロジーが共同開発した「nanoe(ナノイー)」搭載空気清浄機を天井中央部にあるラインフローファンのバックスペースに各2台設置されている[19][18][27]。電源コンセントはクロスシートの時しか使えない設定となっている[20]。各車両に4台ずつ日立造船製の逆光補正付き車内防犯カメラが設けられている[23]。, 客室扉の戸閉機は、京王電鉄としては初めてラック機構を有した電気式ドアエンジンを採用しており、ドアの挟まれを検知するとドアの推力を変化させて抜けやすくする戸挟み防止機能のほか、長時間の駅停車時の冷暖房効果を高めるための3扉閉機能のほかに、座席指定列車時での乗降をするドアを一部に限定にする限定扉機能を有している[7]。, 2019年度に京王ライナー増発用に製造された5736編成では新たにドリンクホルダーや優先席車端部にひじ掛けが装備された。今後既存の車両にも順次装備されていく。また、天井部配色は従来のゴールドではなく、白一色となっている。, 大きく傾斜した前面形状を採用しつつ、高運転台構造の維持と視界拡大、必要な機器の搭載などの要求を満足するため、機器配置の見直しと避難経路確保のための前面貫通路を正面向かって左側にするなど、従来車両とは乗務員室のレイアウトが大きく変更されている[18]。運転室の配色はグレー系、運転台はユニットごとに取外しが可能な構造の総合車両製作所のユニット式運転台「フリージアコンソール」が採用しており、将来の改造で有利な構造としている。また、京王電鉄としては初めての採用となる3つの画面の運転台表示器を配置しており、速度計、圧力計、表示灯などの表示のほか、蓄電池とその残量、パンタグラフ、VVVFインバータ装置、主電動機との間で電気の流れを表示するエネルギーモニタ機能が備わっている[18]。速度計や圧力計などの運転に必要な計器類は、従来のアナログ式を模した白背景の丸形計器のデザインとし、それらが、運転士の着座位置と主幹制御器の中心軸上に表示されるものとなった[18]。, 主幹制御器はデッドマン装置付きのT形ワンハンドルマスコンで、運転士の操作がロータリエンコーダにより信号に変換された後に二重系で出力され、各機器に伝送される[18]。保安装置として、京三製作所製[23]京王線内用ATCに加え、日立製作所製[23]新宿線用D-ATCを装備する[7]。新たにホーム検知装置(ジェイアール西日本テクノス製[23])が備えられている。これは、乗務員室の運転士背面の中央部にホームの検知状態を示す表示灯とドア開操作の誤操作を注意喚起するブザーで構成された報知盤が設置されており、ホームの有無を車両側のセンサーで検知して、ホームが検知できない側で誤ってドア開操作をしても、ドアの開操作は行われず、ブザーで注意喚起する[18]。事故発生時の記録を目的として、両先頭車に日立造船製[23]の前方監視カメラを設置している。, 京王電鉄で初めてサービス機器への指令のみならず力行・制動などの主要機器への指令も伝送指令とし、車両の引通し線の削減を図ったK-TIMS(Keio Train Information Management System)と呼ばれる三菱電機製[23]の伝送指令システムが採用された[16]。システム全体が二重化されるとともに、主要機器への伝送経路も二重となっており[16]、クロス/ロングシート転換座席の回転指令、室内LED灯の調光・調節指令、電源コンセントの入切指令、各機器の自動試験などがモニタ装置から実行できる。力行と回生ブレーキ時での主電動機のブレーキトルクを編成で一括管理して制御することで効率的で省エネルギー性の高い運転が可能としている[16]。車両の車内案内装置を制御する編成間の伝送路には、K-TIMSと連携した100 Mbpsのイーサネット伝送が使用されている[7]。, 定格3,300V・1,800AのSi-IGBT素子とSiC-SBD素子を組合わせたSiCハイブリッド素子による、日立製作所製VFI-HR2820W型VVVFインバータ制御装置が採用された[16]。1台の制御装置で4台の主電動機を制御する1C4M構成を1群としたものを2群搭載しており、制御方式は速度センサレスのベクトル制御としている。故障の際には2群のどちらかの1群(主電動機4台)の解放が可能な故障冗長性を持っており、全電気ブレーキと定速運転機能を持っている。デハ5000形に搭載されておりデハ5050形と電動車ユニットを組んでいる[16]。, 主電動機は出力150 kWのHS33532-03RB型日立製作所製全閉型内扇冷却式かご形三相誘導電動機が、駆動装置は東洋電機製造製KD438-C-M形平行カルダン式(TD継手、TD230C-P)が採用されており、保守の軽減と騒音の低減を図っている。歯車比は85:14である[16]。, さらなる省エネルギ性を推進する目的として新技術の車上蓄電システムを採用している。これは日立製作所製[23]のリチウムイオン電池を4直列4並列接続した680V、15.2kWhの電池モジュールを、編成中央の電動車(デハ5050形5100番台)1両の床下に2個搭載したものである[16]。この蓄電システムには、ブレーキを掛けた際の回生ブレーキ時に主電動機から発生する電力を充電し、力行の時にはこれを走行用に放電することで電力消費量を削減する。また停電時には、この電池に蓄えられた電力を利用して1台のVVVFインバータ装置を起動することで編成内の電動車ユニット2両(1ユニット8モーター)を用いた自力走行が可能であり(この時では通常の6M4Tから2M8Tとなる)、橋梁上で列車が停止した場合などでも移動させることができるようになっている[16]。, 制動装置は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキのナブテスコ製[23]HRDA-1が9000系に続いて採用されたが、弁制御をアナログ電流制御方式からON-OFF方制御弁に変更され、ブレーキ性能の安定性向上を図っており、K-TIMSの編成ブレーキ制御により付随車の制動力を電動車の回生ブレーキで負担する遅れ込め制御をユニットごとの制御から編成全体の制御に変更しており、回生ブレーキのさらなる有効性を図っている[16]。また、Tc車とT車には、フラット防止機能(滑走再粘着制御)を有しており、車輪の滑走によるブレーキ距離の増大と車輪のフラット防止を図っている。, 台車は9000系用をベースとした総合車両製作所製[23]の軸箱支持装置が軸梁式のボルスタレス空気ばねのTS-1017C動力台車、TS-1018C付随台車(いずれも固定軸距2,200 mm、車輪経860 mm)が採用された[7]。台車の牽引力を車体に伝達するけん引装置は一本リンク式であり、基礎ブレーキ装置は、踏面片押し式のユニットブレーキである。将来の最高速度向上に備え、設計最高速度を130km/hとしており、さらなる乗り心地の向上のため、台車枠先端部と軸箱支持装置の軸梁の間に軸ダンパの取り付けが可能な構造となっている[7]。, 集電装置として、9000系と同形式の東洋電機製造製[23]電磁かぎ外し装置付きばね上昇空気式シングルアームパンタグラフがデハ5000形全車と、5100番台を除くデハ5050形に搭載された[5][7]。, 補助電源装置は、東洋電機製造製[23]60 Hz、440V、出力260kVAのIGBT素子の3レベル静止形インバータ (SIV)が5000番台と5200番台のデハ5050形に搭載されている。一系が故障した場合でも、待機している二系がバックアップとして作動する待機二重系方式を採用している、一系・二系の両方が故障した場合でも、乗務員室からのモニタ装置の操作により、6号車のデハ5000形に搭載された受給電接触器を作動させて、もう片方の補助電源装置からの給電を可能としている[16]。, 空気圧縮機は、ドイツ・クノールブレムゼ製のオイルフリーレシプロ方式を採用[23]した、毎分吐出容量1,750リットルの除湿装置内蔵ピストン式電動空気圧縮機はコンパクトで環境への配慮とメンテナンス性の向上を図っており、5000番台と5200番台のデハ5050形に搭載された[5][16]。, 三菱電機製[23]の屋上集中式58.14 kW (50,000 kcal/h) の冷房装置が各車に1台搭載されており、全自動運転を基本としているが、状況によりきめ細かい空調管理ができるように、乗務員室のモニタ装置の操作により、送風(換気)と除湿モードを手動で選択できるようにしている[16]。, 5000系は以下の形式で構成される[7]。各形式とも同一編成中で下2桁は同番号または同番号+50となっている[7]。下2桁は31 / 81から附番されている[7]。「デ」は電動車を、「ク」は制御車を、「サ」は付随車を、「ハ」は普通座席車を指す略号であり、形式名の前のカタカナ2文字はこれらを組み合わせたものである。, 主制御装置、パンタグラフを搭載する中間電動車である[5]。パンタグラフは京王八王子寄りに1基が搭載されている[5]。編成位置により番号の百の位が異なっている[5]。10両編成の2両目・5両目・8両目にそれぞれ5000番台(デハ5031 - デハ5036)・5100番台(デハ5131 - デハ5136)・5200番台(デハ5231 - デハ5236)に附番された車両が組み込まれている[5]。デハ5050形とユニットを組み、デハ5000形に搭載された主制御装置で2両1ユニット、8個の主電動機を制御する[16]。2017年度に15両、2019年度に3両が製造された。, デハ5000形とユニットを組み、電動空気圧縮機、補助電源装置または車上蓄電装置を搭載する中間電動車である[5]。百の位はユニットを組むデハ5000形と同一で、2017年度に15両、2019年度に3両が製造された。10両編成の3両目・6両目、9両目にそれぞれ5000番台(デハ5081 - デハ5086)・5100番台(デハ5181 - デハ5186)・5200番台(デハ5281 - デハ5286)の車両が組み込まれている[5]。5100番台以外には京王八王子寄りにパンタグラフ1基、床下に電動空気圧縮機と補助電源装置を備え、5100番台はパンタグラフなしで床下に車上蓄電システムを備える[5]。, 付随車である。10両編成の4両目に組み込まれ[5]、2017年度にサハ5531 - サハ5535、2019年度にサハ5536の計6両が製造された。, 付随車である。10両編成の7両目に組み込まれ[5]、2017年度にサハ5581 - サハ5585、2019年度にサハ5586の計6両が製造された。, 新宿寄り制御車である[5]。2017年度にクハ5731 - クハ5735、2019年度にクハ5736の計6両が製造された。, 京王八王子寄り制御車である[5]。2017年度にクハ5781 - クハ5785、2019年度にクハ5786の計6両が製造された。, 2017年度に5編成が総合車両製作所で製造された[2]。車両番号末尾31 / 81から附番されている。新宿線乗り入れのため新宿線用ATC、列車無線などの装備をもつ[7]。, 2019年度の設備投資計画で1編成10両を増備することが発表され、同年12月に運転を開始した[28]。, 乗客の着席ニーズに対応するため、京王で初めての座席指定制列車への充当を目的として導入された[10]。京王線内、都営新宿線内で試運転ののち[29]、2017年(平成29年)9月29日から京王線の一般列車用として営業運転を開始した[30]。, 2018年(平成30年)2月22日の京王線ダイヤ改正では、座席指定制列車「京王ライナー」の全列車に充当されている[17]ほか、元日には終夜運転の臨時列車「迎光号」、3・11・12月には行楽期の臨時列車「Mt.TAKAO号」「高尾山ハイキング号」[31]、東京競馬場での中央競馬開催日とGIレース場外発売で特に来場者が多い有馬記念(中山競馬場)の開催日には府中競馬正門前駅始発京王線新宿行臨時準特急にも充当されている。, 新宿発17時00分 京王ライナー1号京王八王子行(笹塚駅 2018年2月24日撮影), 府中駅ですれ違う、京王5000系。左「回送」が、2019年12月に増備された5736編成、右「京王ライナー 京王八王子行」が、2017年に落成した5733編成。(2020年1月19日、府中駅 (東京都)で撮影), 営業用車 : 7000系 - 8000系 - 9000系 - 5000系II事業用車 : クヤ900形 - デヤ901・902形 - サヤ912形, 大型車 : デハ1400形・クハ(サハ)1200形 - デハ1700形 - デハ(クハ)1710形 - デハ1800形 - 2600系 - 2700系 - 2000系・2010系 - 5000系I・5070系→5100系 - 6000系京王電軌・玉南引継車 : デハ2000形 - デハ→サハ2110形 - デハ2125形 - デハ2150形 - デハ2200形 - デハ2300形 - デハ2400形 - デハ2500形(デハ2500・デハ2501 - 2504) - 220系事業用車 : デト・デワ2900形 - デニ200形 - デト210形 - デワ220形 - チキ270形 - ホキ280形 - チキ290形 - デワ5000系 - デワ600形, 京王電軌1・9・15形 - 京王電軌7形 - 京王電軌13形 - 京王電軌19形 - 京王電軌23形 - 武蔵中央電鉄1形, クハ(サハ)1250形(クハ→サハ1251 - 1257・ クハ1258・1259) - デハ→サハ1560形 - デハ1660形 - デハ→サハ1760形 - デハ1800形・サハ1300形 - デハ1900形 - デニ100形 - 1000系I - 3000系帝都電鉄引継車 : デハ1400形・クハ→サハ1200形 - クハ1500形, 新宿 - 京王八王子間の路線を指す場合もあるが、ここでは京王電鉄の1,372 mm軌間の路線の総称として用いる。, 鉄道ファン向けの雑誌記事などでは「編成」をFと略して5731Fなどと表現されることや、編成中一番番号が小さい車両で代表して5031Fなどと表記されることがあるが、京王電鉄が寄稿した記事(, クロスシートを有する初の車両は、1929年(昭和4年)に導入された150形である(車端部はロングシート)。ただし9年後に終了。『鉄道ファン』通巻693号「京王線の元祖クロスシート車のはなし」(2019年1月 )交友社, 座席の回転軌跡上にある窓枠下部の窓きせの形状を湾曲させて幅を縮小させており、そこ以外は携帯電話や小物などを置けるように窓きせの幅を拡大させ、落下防止のための「かえし」を付けている。, 『2018年春、当社初の座席指定列車を導入します!-新型車両「5000系 」登場-』, “2月22日から当社初となる有料の座席指定列車「京王ライナー」が夜間時間帯に運行開始!”, https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2017/nr180124_keio-liner.pdf, 『MODEL 5000 Keio Corporation 京王線5000系車両』公式パンフレット, 『京王の「通勤ライナー」は他社とはひと味違う 先頭形状は鋭角で、車内案内はステレオ放送』, 『「nanoe(ナノイー)」デバイス搭載空気清浄機を京王電鉄株式会社の新型車両5000系に搭載』, https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2019/nr190426_2018tetsudo.pdf, 京王5000系が営業運転を開始|鉄道ニュース|2017年9月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp, https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr180926_takaozasekishitei.pdf, 「nanoe(ナノイー)」デバイス搭載空気清浄機を京王電鉄株式会社の新型車両5000系に搭載, 新型車両5000系 開発秘話Vol.1 京王電鉄 車両電気部 車両計画改良担当課長 若松茂則, 京王の「通勤ライナー」は他社とはひと味違う 先頭形状は鋭角で、車内案内はステレオ放送, 「京王電鉄5000系、新型車両を公開!