© Guard Kanasaru., Ltd. All Rights Reserved. 【直前インフォメーション】J2‐15[H] 京都サンガF.C.戦のポイント(20.8.29), 【直前インフォメーション】J2‐26[A] 京都サンガF.C.戦のポイント(19.8.4), 【直前インフォメーション】J2‐16[H] 京都サンガF.C.戦のポイント(19.6.2), 【直前インフォメーション】J2‐26[A] 京都サンガF.C.戦のポイント(18.7.29), 【コメント】J2第34節ザスパ対東京V     ザスパ攻守に覇気なし、3失点惨敗  奥野僚右監督コメント, オ ジェソク「僕としてはアダイウトンに来てほしかったので、そういった準備もしていました。そこには自信はあったので」【名古屋vsFC東京】試合後の選手コメント, 【マッチレポート】J2-33[A] 京都サンガF.C.戦『井出遥也の一撃を見たか』(20.11.12), 【監督・選手コメント】J2-33[A] 京都サンガF.C.戦に向けて ~永井監督、近藤、福村~(20.11.10), 【無料記事】【お知らせ】音声コンテンツ『SBGラジオ部』活動報告(20.11.7), 【無料記事】【お知らせ】音声コンテンツ『SBGラジオ部』活動報告(20.11.5), 【無料記事】【お知らせ】音声コンテンツ『SBGラジオ部』活動報告(20.10.21), 【無料記事】【お知らせ】音声コンテンツ『SBGラジオ部』活動報告(20.10.17), 【マッチレポート】J2-29[A] モンテディオ山形戦『ゼロの行進』(20.10.25), 【マッチレポート】J2-28[H] ジュビロ磐田戦『プロ20年目の平然』(20.10.22), 【トピックス】特集『ルーツ探訪 阿野真拓を生んだヴェルディS.S.小山』後編(20.10.19), 【監督・選手コメント】J2-34[A] ザスパクサツ群馬戦に向けて ~永井監督、山下~(20.11.14), 【直前インフォメーション】J2‐33[A] 京都サンガF.C.戦のポイント(20.11.11), 【直前インフォメーション】J2‐34[A] ザスパクサツ群馬戦のポイント(20.11.15), 【代表通信】ただの言い間違いではない、フラッシュインタビューで久保建英が”勝ち点3”と言った理由, 浮上してきた湘南ベルマーレのハイプレス考察。リバプールにも通じる戦術はなぜうまく機能してこなかったのか?【Jラボ】, カギはどこでボールを奪えるか 臨機応変な修正に期待したいゲーム【横浜FM戦プレビュー】, 石丸清隆監督「この(対戦)チームが特に上位だから、下位だから、ということでスイッチが入る、入らないというのは本来おかしいかなと思ってる」【11/13練習後コメント】, 今節も何かしらのテストを実施する可能性が高い。大幅にメンバーを入れ替える策も。ポステコグルーの大胆な采配に注目 [J27節 浦和戦プレビュー], 注目は両サイドMFのプレー。浦和は相手を”嵌められる”か。【Match Preview】[2020Jリーグ第27節]横浜F・マリノスvs浦和レッズ, 「1・4」ルヴァンカップ決勝について大金直樹代表取締役社長の説明【Web囲み取材第2報】, 「大勢のサポーターが見学に訪れた県民の日の公開練習。今季の集大成を見せるラストスパートへ」【練習レポート】, 【真紅の輝石】浦和レッズ大槻毅監督が語る「戦い方の基本理念」と「アカデミーの現状認識」.

どうも、F氏です。今日は、“2020シーズン 明治安田生命J2第33節 vs京都サンガF.C.戦(AWAY・19:00キックオフ@サンガスタジアム by KY…

昨年は悪魔的な破壊力で攻撃サッカーを展開した京都。最終的には8位でフィニッシュでした。, 今年はサッカーラグビー専用スタジアムであるサンガスタジアムが竣工するなど縁起の良いスタートとなっています。, さて、どうやら選手の大幅入れ替えが行われたようですが、今年のチームはどうなのでしょうか?, 昨年ヒットした攻撃サッカーに魅力を感じてか、ウタカ選手・中川風希選手・李忠成選手・森脇選手に荒木選手など一線級の多彩なタレントが入団してきました。, セレッソをプレシーズンの相手に迎えての新スタジアムこけら落としは素晴らしいものになりました。, 若手も昇格組のほかブラジル帰還組などが興味深いが、ここでは帝京長岡出身の谷内田選手に注目したい。テクニックはすでに超高校級だっただけにJ2のタフなフィジカルを乗り越えて活躍してほしいですね。, この位置にはヨルディバイス選手が入るでしょう。どちらも覇王色の覇気が使えるので今年もディフェンスは迫力がありそうですね。, ほかにも昨年のアタッキングフットボールを見せてくれたオフェンス三羽ガラスがチームを離れ、J1へ個人昇格していきました。, 昨年は「ずっと攻撃してれば守備いらないじゃん」と圧倒的なパスで崩す高度なアタッキングサッカーを展開した京都。今年は中田監督から實好監督に交代。チームメンバーも大きく入れ替わっています。, 攻撃ではパワープレーとポストが出来るウタカ選手を軸に中川選手など技術のある選手ががセカンドトップ拾っていく「より現実的で力強いスタイル」ではないかと考えます。, わかっていても止められないピーターウタカ選手に合わせるのは庄司選手。中央でビルドアップからのサイド展開の絵が浮かぶようですね。これは連携が高まればJ2では必殺パターンになりうるのではないでしょうか。, 新スタジアムで盛り上がりたい京都サンガですからおそらく昨年の横浜FCよろしく今年は年間を通してお祭りムードでいくでしょう。, 「あの選手がいるなら見に行こう!」そう思える選手がいることはチームにとってプラスでしかないですよね。, そして李忠成選手。浦和でもマリノスでも、どこに行っても移籍を惜しまれる素晴らしい選手です。思えば森脇選手と浦和コンビ再燃ですね。盛り上げ隊長として、リーダーとして、京都にタイトルをもたらしてほしいですね。, サッカーチームの難しいのは、スポーツなので結局結果が問われるというところです。昨年の若手主体のアタッキングサッカーは非常に面白く、最終的な順位もプレーオフ寸前までいきました。, 今回はここではあえて書きませんが、勝つこと叶わず、中田体制は1年のみになりました。, ここまで見ていただいた通り、昨年の主力メンバーはいないため正直同じサッカーは出来ないでしょう。今年もチームビルドのために結果は尻上がりかもしれません。, 苦しいときも、嬉しいときも、選手・フロント・サポーター、年間通してお祭り騒ぎで頑張って欲しいですね。, トレーニングマッチメンバーを中心に決めました。前線にウタカ選手、DFにバイス選手。心強いですね。公式戦が待ち遠しいですね。, だいたいの方はもう加入してると思いますが、J2の試合を見るには加入するしかないのでまだ登録してない方は入らないとですね。, 試合のない時期は解約している方もそろそろ加入する時期だと思います。チーム応援には必須なのでサポさんで加入してない方は上のリンクからどうぞ。, 僕は寒いのも暑いのも嫌なんで引きこもりつつPC観戦で現地は行かないのですが、チケットは以下の方法で買えます。, チケット売買サイトです。ホームで売り切れみたいなチケットもちょっと安くなるかもしれないですね。ご希望の場合はこちらからどうぞ。, こちらの画像がリンクです。セブンでチケットを買うってあんまりイメージないですけど時代ですね。, アルビレックス新潟 公式サイト|ALBIREX NIIGATA OFFICIAL WEBSITE, 僕は結構京都が好きで、子供ができる前は奥さんと休みが合わないときは1人で旅したりしました。, 筋トレとサッカーが好きな盛り上げ屋のオタク。毎日を盛り上げる方法を発信していきます。元気があれば何でも出来る。. 1-2(前半1-0)水戸ホーリーホック