「あなたが感じる大阪人の特徴を一つあげて下さい!」 つまり関西弁と一言で言っても、真っ先に連想されるであろう大阪弁だけではありません。, そこで今回は、大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山を地域別に分けて、それぞれの関西弁の特徴や発音について詳しく解説します。, 関西弁について知らない方に知って頂きたいのはもちろんのこと、関西人の方も『あるあるやなぁ』と共感しながら読んで頂けると嬉しいです!, 使う言葉や言い回しの違い、発音の違い、よく使われる語尾など、大阪弁をベースにしつつ少しずつ違います。, 大阪といえば人情深く親しみやすいという印象がある反面、ヒョウ柄のおばちゃんのような強烈なイメージを抱いていると思います。, 『気を遣う』は『気ぃ遣う』というように、を が抜けてそのかわりに直前の母音を伸ばします。, 『なんでやねん』や『せえへん』など、単語や文章の最後は ん の音で終わることが多いです。, アホとバカは同じ意味ですが、関西人が言うアホは、本当にバカだと思っているわけでは全くなく、可愛いなぁ という意味が含まれます。, 『しらんけど』 大阪人は、『〜らしいで、知らんけど』というように、文章の最後に 知らんけど と言う癖があります。, 自分の発言に対して責任を持っていないという印象を持たれがちですが、決してそんなつもりで言っているわけではありません。, もし間違っていたらごめんね!でもきっとそうだと思うよ!と、自分の持てる知識を最大限に教えてあげたいという気持ちから、このような発言につながっているのです。, 基本的に大阪弁と同じですが、大阪弁ほどきつくなく、上品・かわいいイメージの強い関西弁です。, 男性からも女性からもかわいいと思われることが多く、関西人でもひそかに神戸弁を羨ましいと思っている方が多いです。, 『なにしているの?』は、大阪弁では『なにしてんねん』になり、神戸弁では『なにしとぉー?』となります。, 京都弁は『はんなり』という言葉に表されるように、物腰柔らかく丁寧なイメージがあります。, ゆっくり話すので、同じ関西弁でも早口でまくし立てるような大阪弁とは雰囲気が全く違います。, 『話せない』は、大阪弁では『話されへん』になりますが、京都弁では『話せへん』になります。, 大阪弁で『話せへん』というと、『話さない』を意味するので、話すことができないのではなく、話したくないから話さないというニュアンスになります。, ちょっとした違いですが、地域によって意味が異なるので、その人の出身地や文脈から判断する必要があります。, 関西弁の中でも特徴は少なく、若い世代が使う言葉は、ほとんど大阪弁と変わりがありません。, 『おそろしい』から来ていますが、意味としては恐いではなく、ひどい・めんどくさいという意味になります。, 『せんどゆったのに』は『何回も言ったのに』、『せんど待った』は『長時間待った』という使い方をします。, 『〜ない』は『〜やん』に変わるので、例えば『できない』は『できやんやん』になります。, 『〜している』は、『~しちゃある』に変わります。こちらも例を出すと、『もう来ている』は『もう来ちゃある』になります。, ほかにも『おもしろい』は『おもしゃい』になるなど、『やん』や『ゃ』が表現の中にたくさん出てきます。, 以上の和歌山弁は、関西弁話者なら理解できますが、ほかに和歌山県民にしか伝わらない表現もたくさんあります。, 青あざができることを『にえる』と言い、『行こう!』と誘うときは『行こら!』と言います。, 冷蔵庫の発音は『れいぞうこ』ではなく『れいどうこ』、ゾウの発音は『ぞう』ではなく『どう』になるんですね。, そんな三重県で話される三重弁は、関西弁と名古屋弁のどちらの特徴も入った独特な方言となっています。, 語尾に「○○な」と付くのが伊勢弁で、伊賀弁では「○○さ」が語尾に付き、志摩弁では「○○に」と付くという違いが大きいです。, 関西弁はよく話題になりますが、この特徴や発音の違いを知っているだけで、関西人とぐっと距離を縮めることができます!. で、さらにもっと分けると大阪でも北部と南部の方々が話すことばもまったく異なるんです。, しかし、すべてを解説するとハンパないボリュームになってしまいます。だから、関西といえばここでしょ!と、誰もが知っている三都、大阪、京都、神戸の人たちが話すことばのちがいについて詳しく解説いたします。, といっても、幼少期から関西地区内を転々と9回ほど引っ越した経験(大阪市、尼崎市、西宮市、伊丹市)のある、ぼく自身がじっさいに住んでマスターし話すことができる大阪弁と神戸弁、そして、京都在住の友人知人が話す京都弁をもとに解説します。ですので、生粋の関西人ではあるけど、あくまでもぼくの主観でのお話である。ということをご理解ねがいます。, まずは、どのような話し方が大阪弁、京都弁、神戸弁なのか?を具体的にイメージしてもらうために、それぞれの方言をつかう芸能人を数人ピックアップしてみました。, 関西弁を話す芸能人はたくさんおられますが、大阪、京都、神戸とできるだけ地域別にネイティブな方言を話している芸能人を探しました。, aikoさん、久本雅美さん、和田アキ子さん、このお三方はわっかりやすいバリバリの大阪弁を話されます。, その他にも、吉本興業の芸人さんなども大阪弁を話す方がたくさんおられます。が、居住地を都内にうつしたり、大阪弁以外を話すたくさんの方々と関わりを持っておられます。, だから、そういった影響でネイティブとは呼べない東京弁?のまじった変則的な大阪弁を話しておられます。ですので、除外させてもらいました。笑, 安田美沙子さん、横山由依さん(AKB48)、中村玉緒さん、このお三方の話しことばやイントネーションが京都弁のわかりやすいたとえとなります。, また、舞妓さんや格式ある料亭の女将さん、年配の方などはテレビドラマにでてくるような昔ながらの美しい京都弁を話されます。が、現代の京都のネイティブさんたちは、やんわりとほっこりさせてくれる京都弁独特の雰囲気あることばを話されます。しかしガチガチの京都弁は話されません。, 北川景子さん、戸田恵梨香さん、藤原紀香さん、この美女お三方が神戸弁を話されます。藤原紀香さんは西宮市出身ですが、西宮の人は神戸弁よりの関西弁を使うのでエントリーさせてもらいました。, 「えっ、ちょっと待って下さい。お三方とも知ってますが、神戸弁を話している姿がまったくイメージできないんですけど?」とお思いになられましたか。 あと、京都在住の友人から貴重な情報をゲットしました。京都の人は同じことばを2回くり返す方が多いらしいです。, 寒い→さっぶさぶい みなさん、関西弁についてどんなイメージをお持ちですか? キツイ、こわい、はたまた可愛いなど、色んな意見が出てくると思います。 ところで、関西とは近畿地方から三重県を除いた2府4県のことを指します。 つまり関西弁と一言で言・・・ 小さい→ちっさちっさい, このような感じに使うみたい。リサーチしている時に偶然みつけたサイトにも まったく同じことが書かれていたので信ぴょう性が高い情報です。, 全国的に大阪弁、京都弁はメジャーですが、神戸弁ってなんじゃ?そして、この記事ではじめて神戸弁の存在を知った方もおられることでしょう。, しかし、大阪のお隣の県である兵庫県民のおおくは、大阪弁ではなく神戸弁を 使います。, ここでは標準語を大阪弁、京都弁、神戸弁で話すとどうなるのか? まことに申し訳ありません。がんばってリサーチしたのですが、神戸弁を話しているわかりやすい芸能人を見つけることができませんでした。, しかし、お三方ともプライベートではペラペラと流ちょうな神戸弁を話しておられるらしい、との情報をキャッチしたのでエントリーさせてもらいました。, ちなみに、現在、尼崎市在住のぼくの話しことばも神戸弁です。土地勘のない人は西宮や尼崎と言われても、どこにあるのか?すら分からないと思います。 近畿方言とは、近畿地方で用いられる日本語の方言の総称である。 上代から近世まで日本の中心は畿内だったため、上代は奈良盆地、平安時代以降は京都 の方言が長らく中央語とされ、文語も平安時代の上流階級の京都方言を基に成立した(中 古日本語)。 ですので、3つそれぞれのちがいを知るだけで、どの方言をつかっているのか?を理解することができるようになります。, ですから、うまいねん。そーやねん。なんでやねん。このように語尾に「~ねん」がつく話しことばは100%大阪弁だ、という認識をして頂いてけっこうです。, 語尾が「~してはる」「~やし」という風になります。 丹後弁(たんごべん)は、京都府北部の丹後地方で話される日本語の方言。舞鶴市も旧丹後国であるが、アクセントや語法に大きな違いがあり、その境界線は宮津市南東部を通っている。以下ではこの境界線より西(京丹後市、伊根町、与謝野町、宮津市大部分)の方言を「丹後弁」とする。方言学では、丹後方言(たんごほうげん)または奥丹後方言(おくたんごほうげん)と言う[注 1]。, 丹後弁のアクセントは東京式アクセントである。また、断定の助動詞に「だ」を用い、「違(ちご)うた」ではなく「違った」と言うようにワ行五段動詞の連用形が促音便になるなど、近畿中央部の方言との違いが大きい。一方で、中国地方、とりわけ山陰地方の方言との共通点があり、中国方言の「東山陰方言」に入れられる(東条操、都竹通年雄による)。東京式アクセントは中国方言の特徴であり、「だ」という断定の助動詞やワ行促音便は山陰方言の共通項である。このほか、丹後弁の特徴として、「赤い→あけぁあ」のような連母音融合の盛んなことや、「行きなる」のように尊敬の助動詞「なる」を用いることがある。, 丹後内で東京式アクセントを用いるのは、京丹後市、伊根町、与謝野町、宮津市の橋北(与謝野町の北側)・吉津地区である。宮津市役所のある宮津地区や栗田地区以東では垂井式アクセントが用いられ、その境界は宮津市南東部を通っている。また、断定の助動詞の境も、はっきりと分かれるわけではないが、概ねこの境界の西側が「だ」、東側が「や」「じゃ」となる。この境界より東は近畿方言の系統である(舞鶴弁、丹波方言参照)。, 丹後方言の内部も、京丹後市久美浜町とそれ以外の地域に分けられる。久美浜では、古代の「アウ」という連母音が「アー」に変化したものが残っており、主なものでは「…だらあ」(…だろう)や「かあた」(買った)などがある。この特徴は、但馬弁(その中でも但馬北部のもの)などの山陰方言に共通するものである。, 丹後弁には、次のような連母音の融合がある。アクセント境界線の東側では一般には聞かれないが、1の融合のみ宮津市内や舞鶴市田井の高齢層で聞かれることがある[2]。名古屋弁や静岡弁等でみられるものと似た変化である。, 「アイ→エァー」の融合は特に盛んであるが、その他については融合しない場合も多い。「アイ→エァー」は、新しく取り入れられた語であっても、「ネァーフ」(ナイフ)、「ペァープ」(パイプ)のように規則的に変化する。発音は、[æː]または[æe]で、地域によっては「ャー[jaː]」(ない→にゃー)となったり[3]、久美浜では「アー」(あかい→あかー)となったり[2]することもある。, 「アウ→アー」の変化は京丹後市の久美浜町と網野町西端のみに見られ、但馬北部以西の山陰方言と共通した特徴である。動詞や形容詞の活用においてこの変化が起き、「だらあ」(だろう)、「かあた」(買った)などの特殊な活用を生み出した。これらは、であらむ→であらう→だらあ、買ひた→かうた→かあた、のように変化したと考えられる。, 近畿方言に認められる一音節語の長音化(「手→てえ」など)は、丹後弁ではあまり認められない。, ガ行の子音は環境に関わらず[g]で、鼻濁音[ŋ]はない[4][5][6]。「せ・ぜ」はシェ・ジェと発音するとされたが、1961年時点ですでに丹後にはないとする報告もある[6][4]。, 丹後弁のアクセントは、「みずが」「やまが」「そらが」のような東京式アクセントであり、そのうち名古屋弁や岡山弁などと同じ「内輪東京式」に分類されている。ただ、場合によっては「みずが」のように一拍目が低くならないことがある。また、三拍形容詞のアクセントは「あかい」のような中高型に統一され、平板型の語はない。三拍動詞では平板型の語と中高型の語がある。「日」「毛」などの一拍名詞第2類の語(東京では「ひが」のような平板型になる)は平板型になるものと頭高型(ひが)になるものがある[7]。このほか、「いつ」「何」は頭高型で、「誰」「どこ」は平板型になる[7]。, 動詞の活用には、共通語と同じく五段・上一段・下一段・サ行変格・カ行変格があるほか、ナ行変格活用の「死ぬる・いぬる」がある。, 活用形は、共通語と大きく変わるところはない。ア・ワ行五段動詞の音便形[注 2]にはウ音便と促音便が並立している。三音節以上の動詞では「貰って」「払って」「笑った」「違った」のように促音便に統一されるが、「買う」は「こおた」、久美浜・網野町西端で「かあた」と言い、「買った」が点在する[8]。西日本方言一般ではこれらは全て「貰うて」「食うた」のようにウ音便を用い、西日本の伝統方言で促音便を用いるのは丹後以西の山陰地方に限られる。また、サ行五段動詞は「出した→だいた・でぁあた」「外した→はずいた」のようなイ音便があり、近畿中央部でほとんど無くなっているのに比べると、かなり規則的なイ音便が認められる。, 仮定には、「音便形[注 2]+たら」と、「仮定形+ば」の融合した「書きゃあ・起きりゃあ」のような形の両方を用いている。, 形容詞の連用形には近畿方言と同じくウ音便が用いられる。「…ai」型のもの(「高い」など)は、「たこおなる」のように「…oː」になるが、久美浜は「たかあなる」のように「…aː」になる。また、「あつて」(暑くて)のように音便を省くこともある。, あかん・あかへん・あけへん:だめだ。肯定の「あく」を「あっかえ」「あっけぁあな」と反語的に用いて否定を表すことがある。, なつべる・まつべる:片付ける・仕舞う。「まつめる」「なとべる」とも。(この意味で「直す」は用いない), えらい・えれぁあ:疲れた・しんどい・(体の)具合が悪い 〔京丹後市では「しんどい」をほとんど用いない〕, 『日本語方言辞書別巻全国方言会話集成』より。原典はカタカナ表記だがひらがなに直し、アクセントの高音部を太字で示した。↑は文節末の特に上がる部分。訳は一部修正した。なお、それぞれの会話は必ずしもつながっていない。, 平山輝男「全日本の発音とアクセント」NHK放送文化研究所編『NHK日本語発音アクセント辞典』(日本放送出版協会、1998年4月)中の分布図。, 佐藤亮一「現代日本語の発音分布」飛田良文・佐藤武義編『現代日本語講座 第3巻 発音』(明治書院、2002年)中の分布図。『日本方言大辞典』所蔵の「音韻総覧」から引用されたもの。, 室山敏昭「京都府与謝郡伊根町方言の音声生活について」中の例文より引用。原典はカタカナ表記だがひらがな漢字混じりに直した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=丹後弁&oldid=67996223, 京丹後市・伊根町・与謝野町・宮津市(北部・西部)…東京式アクセント。アイ→エァーあり。断定の助動詞「だ」。敬語「…なる」。この範囲が本項で扱う丹後弁。, 宮津市南東部以東…垂井式アクセント。アイ→エァーなし(宮津・舞鶴の一部には若干あり)。断定の助動詞「や・じゃ」。, アイ→エァー[æː]  (例)あかい→あけぁー、参る→めぁーる、行きたい→行きてぁー, 井上史雄ほか編(1996)『日本列島方言叢書 13 近畿方言考1(近畿一般)』(ゆまに書房). デカい→デッカデカい 動画は文字や画像だけの場合にくらべて5000倍の情報量がある。とされていますので関西弁に詳しくなりたいあなたは、ぜひ以下の動画をご覧ください。, 文字で読むだけではなく、じっさいの話し方を聞くことで、確実に理解度がふかまったことと思います。, 全国的には、関西弁=大阪弁という認識をされている方がほとんどです。ですが、おなじ関西在住者であるものの、大阪人、京都人、神戸人、それぞれ話しことばもちがえば、気質も異なるのでひとくくりにしないで、というのが本音です。, 大阪の人は小学生の低学年の頃から、バナナや茄子でエアー電話をかけることができるほど高度なノリツッコミのスキルを標準装備しています。また、オマケがあたりまえの文化でもあります。, 京都の人は、おしとやかだし本音と建前をイヤミなくうまく使い分けることができます。そして、大阪人はすぐに値切るしことばも下品だから一緒にして欲しくない、と思ってます。, 神戸の人は海があって山がある美しい港町神戸を愛しています。ライバルは大阪でもなく京都でもなく横浜。そして、大阪のアニマル柄が大好きなおばさんとちがって、神戸マダムはとにかくオシャレな方が多いです。, このように、おなじ関西でも住んでる場所がかわれば人のカラーもガラッと変わるのです。 だから、イントネーションや発音の微妙なちがいを理解することができるでしょう。しかし、それら以外の方はおそらく、ヨクワカラナイ状態?なのではないでしょうか。, そして、個人的に文字で伝えるには限界があるな、と感じたので 3分ほどの動画をとりました。 幼少期から関西地区内を9回ほど引っ越した経験のある、ぼく自身がマスターし話すことができる大阪弁と神戸弁、そして京都在住の友人知人が話す京都弁をもとに解説。それぞれの方言をつかう芸能人の紹介や、「なんでやねん!」の違いなど生粋の関西人の主観のお話です。 という具体例を解説いたします。, 関西に住んだことがある方でしたら、これらのことばを頻繁に耳にします。 と質問されると、おおくの方がコテコテの関西弁をイメージするのではないでしょうか?そのような誰もが知っている関西弁。ですが、関西といっても地域によって話すことばやイントネーションがまったく異なるんです。, たとえば、大阪のネイティブが発する「なんでやねん!」ということば一つとっても、お隣である兵庫県や京都府では、ちがう言い方をするんです。