同市街は南北と東西に直交する「碁盤の目」といわれる街路を特徴とし、主要な通りに限らずほとんどの通りが固有の名称を持つ。, 西暦794年に日本の首都となった平安京の条坊制に基づく南北と東西に直交する大路小路に端を発し、近世における天正の地割や京都市三大事業やその後の都市計画事業による拡築などによって形を変えつつも、南北と東西に直交する街路を基本とする「碁盤の目」と呼ばれる現在の形になっている。, 京都市街においてはほとんどの通りが名称を持ち、場所(交差点・住所(所在地))を表すためにも用いられる(通り名を用いた場所の表記を参照)[注釈 1]。, 794年に造営された平安京の中央には、南北に幅28丈(約85メートル)の朱雀大路が位置し、南端には都の正門である羅城門、北端には大内裏の正門である朱雀門につながっていた。また、東西南北には、17丈(約50メートル)から8丈(約24メートル)まで5種類の幅を持つ大路、幅4丈(約12メートル)[注釈 2]の小路[1] により、40丈四方の街区「町(まち)」に区画された。, その範囲は、北端が現在の一条通、南端が九条通、東端が寺町通にあたる。なお、西端は、概ね現在の葛野大路通付近にあたるが、都の西半分である右京が寂れたこともあり、街路としては継承されている訳ではない。, 10世紀初期の『延喜式』においては、平安京内の縦横に設けられた街路の幅員について詳細に示されている。しかしながら、固有の街路名は「朱雀大路」が見えるだけであり、外周を「東極大路」、「南極大路」などと示すのみである。, 街路(大路小路)が固有の名称を持つ時期は定かではなく、自然発生的に生じたと考えられるが、10世紀後半には、町尻小路・町口小路、室町小路、油小路、具足小路(錦小路)、綾小路、塩小路などの名称が用いられ、大路小路が固有の名前で呼ばれるようになった。, 平安時代後期になると、都は左京中心になるとともに、都市域が一条を越えて北へ広がり、街路も北進した。また、白河殿の設置など二条大路を介して鴨川東岸へも広がった[2]。, 中世以降、街路の幅は狭小化した。これは、街路を中心とした向き合う部分がコミュニティを構成する両側町の成立とも大いに関係する。, 戦国時代末期には、現在使われる「通(とおり)」という表現で呼ばれるようになり、またこの戦国時代から織豊期に掛けての時期に、現在にも伝わる新しい名称が多く生まれ、近世に掛けて定着した。, また、この時期、京都の町割りに大きな変更を行ったのが、豊臣秀吉である。御土居を築造し、寺町通・室町通間及び堀川通以西で半町ごとに新しい街路を南北に通す、天正の地割を行った。, 江戸時代においては、大きな変化はなかったものの、河原町通・木屋町通など鴨川西岸、鴨東と呼ばれる鴨川東岸の開発が進んだ。, 明治時代から大正時代に行われた三大事業によって、烏丸通、千本通・大宮通、東大路通、丸太町通、四条通、七条通の拡築と市電の敷設が行われた。また、その後の都市計画事業として北大路通・西大路通・九条通・東大路通の市内外周道路のほか河原町通などの主要道路の拡築が行われた。市街地周辺部の街路も土地区画整理事業とともに、この時期から整備されていった。, 第二次世界大戦時には防火を目的に強制的に建物疎開が行われた。高辻通、智恵光院通等において消防道路の敷設のため、また御池通・五条通・堀川通などに沿って大幅な防火帯の形成のために建物疎開が行われ、戦後の道路拡幅に用いられることになった。, 市内中心部の交差点は、交差する2つの通り名の合成により、たとえば烏丸通と丸太町通の交差点は、それぞれの名称から「通」を除いたもの(「烏丸」「丸太町」)を続け、「烏丸丸太町」のように称される。, 但し、東大路通と交わる交差点に関しては、東大路通の別称である東山通が用いられ「東山○○」と称す(例:「東山五条」)。また、東大路通と四条通の交差点が「祇園」(交通情報等においては「祇園石段下」)、東大路通と今出川通の交差点は「百万遍」、西大路通と丸太町通の交差点を「円町」、西大路通と今出川通の交差点を「北野白梅町」と称す等の例外も一部存在する。, 基本的には南北の通りを先に記すが、東西の通りが主要なものである場合そちらを先に記すこともある。, なお、通常「上ル」「下ル」「東入」「西入」までを記し、町名や番地は省略して記さないのが一般的である。, また市内周縁部でも、可能な場合は上記の方法で住所表記することが一般的に行われている。, 市内の中心部(市制施行時に市域であった場所)においては、その場所を上記の方法で示したうえで町名と番地を付したものが、住民票等に記される公的な住所(所在地)の表記方法として用いられる(例として、京都市役所の所在地は「京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地」と表記される)。, 現在、公的な書類では「上る」「下る」のように平仮名の送り仮名しか認められなくなっているが、かつては正式な表記が「上ル」「下ル」であり、現在でもこちらが一般的である。, また「東入」「西入」は送り仮名を振らないのが通例であるが、「東入ル(東入る)」「西入ル(西入る)」とすることもある。, 直交する通り名の合成による地名(交差点名)の表記は11世紀初頭から、また、現在も用いられる「○○通○○下ル」などの表記については17世紀中期からその用例が見られる[3]。, 京都市の中心部の東西・南北の通りの名を覚えるために、通りの名前を編み込んだ唄がいくつか知られている。その中でも代表的なものが下の2曲である。節の最初を取り、南北の通りについては「寺御幸」(てらごこ)、東西の通りについては「丸竹夷」(まるたけえびす)とも呼ばれる。なお、丸竹夷が口伝えに伝えられてきたものであるのに対し、寺御幸は一度途絶えてしまったものを、過去の史料をもとに再編したものである。, KBS京都は1990年頃『姉三六角蛸ワイド』(あねさんろっかくたこワイド)というテレビのワイド番組を放送したことがある。京都銀行が「寺御幸」を、聖護院八ツ橋総本店が「丸竹夷」をテレビ広告で使ったこともある。また、フィクションでは『名探偵コナン 迷宮の十字路』に登場している。, 歌詞についてはいくつかのバリエーションがみられる。ここに示すのはその中の一例である。, 寺町、御幸町、麩屋町、富小路、柳馬場、堺町、高倉、間之町、東洞院、車屋町、烏丸、両替町、室町、衣棚、新町、釜座、西洞院、小川、油小路、醒ヶ井、堀川、葭屋町、猪熊、黒門、大宮、松屋町、日暮、智恵光院、浄福寺、千本, 丸太町、竹屋町、夷川、二条、押小路、御池、姉小路、三条、六角、蛸薬師、錦小路、四条、綾小路、仏光寺、高辻、松原、万寿寺、五条、 四国 中部 北アメリカ 近畿 アフリカ. 四綾仏高 松万五条  雪駄屋 ちゃらちゃら 魚の棚, ろくじょう さんてつ とおりすぎ  ななじょうこえれば はち くじょう #豊臣秀吉 日本を代表する観光地、京都。その景観の美しさもさることながら、古都らしく珍しい名前の地名が多く残るのも魅力のひとつとなっています。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』の著者・英学(はなぶさ がく)さんは、そんな中でも「恐ろしく、そして切なくもある由来」を持つ地名を紹介してくださっています。, 今となっては世界中から沢山の観光客が訪れる美しい古都・京都も実は恐ろしい由来を持つ地名がいくつも残されています。1,200年の長きにわたり何人もの権力者たちがこの地を目指し、戦乱によって多くの人の血が流れた場所でもあります。そのため、京都の地名をひも解くと「そうだったのか!」と背筋が凍るような言い伝えの数々が残されている場所が少なくありません。諸説ありますが、今回はそのうちの一部をご紹介します。, かつて洛中で亡くなった民衆は、洛外の葬送の地に葬られていました。当時は風葬なので、遺骸を覆い隠すのに覆う布棉が絹かけや衣笠だったというわけです。当時死者が放置され、葬られていた山がのちの衣笠山となったと伝わります。, また、宇多天皇が真夏に雪が見たいと望まれたので、山に白絹をかけたという故事から「衣かけ山」と呼ばれたとも言われています。こちらの由来のほうがいいですね。, 現在、衣笠山やきぬかけの道があるエリアは金閣寺、龍安寺など世界的に有名なお寺が点在する大人気の観光名所のひとつです。周りの多くは閑静な住宅地で立命館大学の衣笠キャンパスなどもあり、アカデミックでとても文化的な場所です。, コロナ不況を読み解くには?株式投資のプロが選んだ「厳選推奨銘柄」を無料で利用する方法, 今後のマーケット動向はどうなる?無料で使える株式投資のプロ直伝「厳選推奨銘柄」とは, 年末年始の17連休案は「空気読めてなさすぎ?」菅内閣の盲点とは【2020-2021】. This page author : TABIZINE 編集プロダクションを経てフリーランスに。自然が好き。堅苦しいことが苦手。旅するときはあまり計画をたてない。一度国際線に乗り遅れたことがある。. 京都の地名に隠された由来. #寺町通り オセアニア・南太平洋 #風情, 観光 京都府 関東 六条 三哲 とおりすぎ  七条こえれば 八 九条, 通り名の歌を覚えておけば、きっと道に迷うことも少なくなるはず。京都へ旅行の際は出発前に覚えて、通り名のウンチクとあわせて、みんなに披露してみては?, 古都,寺町通り,由来,豊臣秀吉,風情 | 観光,豆知識,近畿,京都府,観光,豆知識, 秋、京都散策が気持ちの良い季節がやってきました。京都にはさまざまな市が立ちますが、昨年始まった、毎月10日前後に平安神宮前の岡崎公園で開催される「平安蚤の市」がにわかに注目を集めています。京都をはじめ全国各地から、和洋のアンティークを扱うお店が集います。よくよく目を凝らせばお宝発見!秋の空の下、京都の新しい蚤の市に出かけてみませんか?, SNS映えする「花手水」が話題となっている、京都の由緒あるお寺「柳谷観音 楊谷寺」で、紅葉イベントを実施中です。京都の紅葉を存分に楽しめるような、この期間のみの企画がいろいろと用意されていますよ。限定人数で公開されるライトアップも注目です。, Go Toトラベルキャンペーンは始まっていますが、今もまだ慎重な行動が必要なようですね。しかも酷暑。京都の夏はとにかく暑いのです。というわけで旅の気分だけでも味わっていただこうと、今回は京都のパワースポットとして人気の高い下鴨神社、そして鎮守の森、「糺(ただす)の森」をご紹介します。, 京都の嵐山といえば、お寺、渡月橋、竹林といった散策スポットがたくさんありますが、そんな嵐山で食べ歩きにピッタリの限定スイーツがありました!それが、ふんわりロールケーキがおいしいロールケーキ専門店「ARINCO(アリンコ)京都嵐山本店」のワンカップスイーツです。嵐電・嵐山駅のはんなりほっこりスクエアの1階に構えるロールケーキ屋さんが提案する、抹茶とケーキの食べ歩きスイーツを紹介します!, 京都のおいしいが集まったJR京都伊勢丹の地下1階にてお土産を探していたところ、広島の新しいスイーツを発見しました。広島のもみじ饅頭の老舗「藤い屋」から誕生した新ブランド「COCONCA(古今果)」(ココンカ)です。伝統ある“あん”が洋菓子と出会い、瀬戸内の果実や素材を使って生まれた新日本菓子。「COCONCA ジェイアール 京都伊勢丹」で出会った京土産と同じくらい魅力的な広島の斬新スイーツを紹介します。, 京都の観光地で人気の嵐山。渡月橋、竹林、天龍寺など人気のスポットが多々ありますが、その喧騒を離れ、ひっそりと心を落ち着かせることができる場所があります。渡月橋と反対側の奥嵯峨の方面に佇む、竹林に囲まれた尼寺「祇王寺」です。朝の早い時間に訪れると、決して広くはなく派手でもないその尼寺には、ただただ静かに時が流れ、無限に四季の美が広がっていました。, 大阪梅田駅の高架下、阪急三番街のお向かいに、タピオカドリンクの看板を見つけました。2020年1月にオープンしたばかりの、京都宇治の日本茶を使用した宇治抹茶専門店「metcha matcha & SALON (メッチャマッチャアンドサロン)梅田」です。宇治抹茶を練りこんだ独自の生タピオカに、抹茶スイーツも豊富でこだわりのものばかり。テイクアウトもできて、2階にはカフェもある梅田の穴場を紹介します。, 京都の『清水寺』には、「車椅子境内参拝マップ」なるものが存在します。ただし、そこは1000本の手を持ち、“全ての人の思いを受け入れること”をモットーとする御本尊、『千手観音菩薩』の精神を可視化した世界。決して障害者や高齢者のためだけの特別なルートではありません。人によっては、“裏ルート”と呼ばれたりもしますが、それは、誰もが通っているのに、その優しさや魅力に気付いていないだけの道です。, 訪れるたびに新しいお土産にわくわくする古都京都に新たなチョコレートスイーツが誕生しました。全国の百貨店に店舗を構える洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」と「京都御所南チョコレート研究所」から生まれた「京都さんかくショコラサンド」です。どんなお土産にしようか迷っている方、要チェックのお土産です, 京都市街の河原町から鴨川沿いに歩くこと3分ほど、そこには涼しげな暖簾がゆれるジェラート屋さんがありました。イタリアのウエハースで有名な「BABBI(バビ)」が、2019年秋にオープンした「BABBI GERATERIA KYOTO(バビ ジェラテリア キョウト)」でした。京都ならではの味など種類豊富なジェラートを鴨川を眺めながら優雅に楽しめる最高のジェラートスポットを紹介します。, 観光 中国 TABIZINE > 近畿 > 京都府 > 観光 > 【京都】通り名の由来から感じる、古都・京都の風情, タテヨコにまっすぐ伸びていることから「碁盤の目」にたとえられることも多い京都の通り。市街地を走る通りには、一つひとつ名前が付けられているのをご存知ですか?, 今回は、京都の通り名と、その由来をご紹介。読んだ後に京都を歩けば、今まで知らなかった古都・京都の風情を感じられるかも!, 京都の町は、「ナクヨウグイス平安京」でお馴染みの平安京の都を基盤に作られています。つまり、1200年以上も前の道が、今も残っているんです。一条通りは、当時の都の北端に作られた通り。一番北なので一条。そこから南に下がるにつれ、二条、三条、四条と数字が増えていきます。, 平安京の北端にあったのは一条通りですが、東端にあったのは東京極(ひがしきょうごく)通り。安土桃山時代の1591年、豊臣秀吉によって都市改造が行われ、この通りの東側に多くの寺院が強制移動させられました。そこから寺町通りと呼ばれるようになり、今ではその呼び方が定着しています。かの有名な本能寺も、このときに現在の場所に移転したとか。寺町通りの一つ東にある新京極通りは、「新しい東京極通り」という意味。このふたつの通りは、京都を代表する繁華街として発展してきました。, 1589年、この付近に当時日本最大の遊郭が設けられ、その周りにきれいな柳並木がつくられたといいます。ときは流れて1604年、同じ場所で大規模な馬揃えが行われました。馬揃えとは、騎馬を集めてその優越を競い合う武家の行事。柳並木と馬揃えを表す名前として“柳馬場”となりました。, 河原町通りも、豊臣秀吉による都市改造のときに作られた通り。名前のとおり、鴨川の河原を整備して作られました。当時の鴨川の川幅は、現在より200メートルほど広かったそうです。, 「立売」というのは、読んで字のごとく「立ち売り販売」のこと。かつてこの通りには、お店を構えない立ち売りの商人たちが並んでいたそうです。呉服商人を中心に、多様な商人が並んだ通りは、今でいうマーケットのようににぎやかだったことでしょう。中立売通りの北には「上立売通り」が、南には「下立売通り」があります。, 京都には、このほかにも読むのに苦労する名前の通りがたくさんあり、地元の人でもすべてを覚えるのは大変。そのため、通り名を覚えるわらべ唄が古くから歌い継がれています。この曲、作者は不明ですが、京都ではかなり有名。京都ローカル局のテレビ番組で流されこともあり、京都人なら誰でも歌えるとか。丸太町通りから順番に、通りの頭文字をとって歌詞が作られています。, まるたけえびすに おしおいけ  あねさんろっかく たこにしき アジア 今となっては世界中から沢山の観光客が訪れる美しい古都・京都も実は恐ろしい由来を持つ地名がいくつも残されています。1,200年の長きにわたり何人もの権 … ホテル お土産 京都 市街において ... 直交する通り名 ... 中心部の町名に「図子」や「突抜」とあるものは図子に由来する。 背中合わせの路地を繋いで図子とした経緯を物語るものもある。中ほどで直角にあるいは鍵の … ヨーロッパ 中南米・カリブ 観光 豆知識, トレンドインタビュー現地ルポ/ブログ世界遺産人気ツアーグッズ絶景旅のハウツーリゾート特集ランキング豆知識, 北海道・東北 Copyright (C) 2020 TABIZINE All Rights Reserved. タテヨコにまっすぐ伸びていることから「碁盤の目」にたとえられることも多い京都の通り。市街地を走る通りには、一つひとつ名前が付けられているのをご存知ですか? 今回は、京都の通り名と、その由来をご紹介。読んだ後に京都 … 九州・沖縄 ミクロネシア グルメ #由来 現地ルポ/ブログ 豆知識, #古都 豆知識 近畿 (雪駄屋町)、鍵屋町、(銭屋町)、(魚棚)、六条、三哲、七条、八条、九条、十条、東寺, なお、雪駄屋町通は現在楊梅通、銭屋町通は現在的場通、魚の棚通は現在六条通。三哲は塩小路通。, 下を「五条」で唄を終えることもある。また、魚の棚以南の個所には異なって伝わっている歌詞が多くある。比較的よく歌い慣らされているのは、上記の通り、十条通を歌い込むものだが、三哲通(塩小路通)が七条通より早く歌われるとともに、九条通にある東寺を十条通とともに掲げるなど、実際の通りの順序と異なって歌われている。さらに十条通は昭和期に作られた新しい通りであることなどから、語呂合わせを混ぜながら時代により変化していたとも考えられている。, なお、上は丸太町通から始まっているが、江戸時の町家の上手はおおむね丸太町から始まり、下は五条程度であった。また、昭和初期まではその外では田畑も多かった。このため終わりが七条までになっている歌詞もある(下表参照)。, なお、万年寺通は現在花屋町通で、「珠数屋二筋」の上珠数屋町通・下珠数屋町通より北にあり、これも通りの順序が入れ替わって唄われている(中珠数屋町通である正面通は唄われていない)。, また、丸竹夷の最初につけて丸太町通から北の東西通り名を歌いこむ歌詞として、以下のものがある。, 鞍馬口、寺之内、上立売、五辻、今出川、元誓願寺、武者小路、一条、中立売、上・中・下長者町、出水、下立売、椹木町, また、丸竹夷も、寺御幸についても、上に掲げるもの以外のバリエーションは数多く存在する。また、丸竹夷(東西の通り)に続いて、寺御幸(南北の通り)を歌うものもある。, その他有名なものとして、丸太町通から松原通までの東西の通りを歌うものとして以下のものがある。, みずのながれは夷川(えびすがわ)二条(にじょう)でこうたきぐすりをただでやるのは押小路(おしこうじ), 丸太町通、竹屋町通、夷川通、二条通、押小路通、御池通、姉小路通、三条通、六角通、蛸薬師通、錦小路通、四条通、綾小路通、仏光寺通、高辻通、松原通, 地割の内部にアクセスするため、路地(ろーじ)[4]が作られる。多くは袋小路で、表の通りから路地への入り口には、門が設けられたり住民の表札が掲げられたりすることがよくある。表の家屋の二階が上を覆っている場合もある。, このように、京都における路地はきわめて内部的なもので、部外者の通行が自由である通りとは画然とした区別がある。道幅は人の擦れ違いが出来ないようなものから、軽自動車が行き違えるようなものまで様々である。, 先斗町通と木屋町通を繋ぐビルの通路は、建物が現代化されても生き残っている路地といえよう。, 袋小路の路地の突き当たりを貫通させ、通路として開放したものを図子(ずし、辻子とも表記する)と呼ぶ。路地と異なり、一般の通り抜けが認められている。, 図子には「革堂図子」や「紋屋図子」など、名前がつけられているものがある。中心部の町名に「図子」や「突抜」とあるものは図子に由来する。, 背中合わせの路地を繋いで図子とした経緯を物語るものもある。中ほどで直角にあるいは鍵の手に折れ、その前後で道幅が違っている。京都の「通り」の直線的で遠くを見通せる形とは違う姿が図子には見える。, 特に図子の集中する地域として、上京区の一条通以北が挙げられる。この地域はもともと平安京の範囲外だったが、市街地の拡大により南北方向の通りが北に延長され、これらを東西方向に連絡するための図子が作られた。, ()内は通りの別名(一部区間のみの別名も含む)。また同じ行に記した通りは南北または東西の同一直線上にある。また、市街地のほとんどの通りに固有の名称がつけられていることは日本の大都市では希有な例である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=京都市内の通り&oldid=80278307.