・32.4-35.4及び44.0-47.9は要注意 昔、親戚が心臓付近の血管狭心症をバイパス手術したのですが、高齢だったため血管が脆く、手術が失敗して一時危篤状態になったことがあります。30代から脂質異常症が出やすくなり、年齢を重ねるとさらに悪化する傾向があります。高齢になれば手術のリスクも高くなることも知っておく必要があります。, 体質的になりやすい方も居るようですが、生活習慣の改善でかなりの予防が期待できます。, 当たり前ですが運動するのが一番。間違いなく今より運動するべし。1日30分以上の有酸素運動が効果的です。, 脂質異常症は、簡単に言えば血液中に脂が溢れる病気です。特にLDLコレステロールは「サイレントキラー」とも言われており、自覚症状が無いからと対策を怠ってしまうと、突然死を招くなど大変危険な状態に陥ってしまいます。そこで、日々忙しい生活では改善の見通しが立ちそうもないので、ここは手軽に効率良く健康を得られるモノはないかと探すことにしました。, そして、色々調べてみた結果、LDLコレステロールを下げる効果がある野菜を知りました。それは「ブロッコリー」と「キャベツ」です。この2つの野菜は「アブラナ科」の野菜で、天然アミノ酸「SMCS」が多く含まれており、「SMCS」がLDLコレステロールを下げる効果があることを研究結果で判明したそうです。簡単に言えば、肝臓で処理されるコレステロールの量が増加し、血中コレステロールが低下するという仕組みです。, この効果を得るためには、毎日欠かさず効果が出る量を食すことが重要です。それも継続的に。しかし、ブロッコリーとキャベツを毎日しっかりと食すことは結構難しいですよね。私はハッキリ言って無理です。飽きて嫌いになってしまいます。, そこで、しっかりと2つの野菜を同じ効果分の摂れるドリンクがあるのです。そもそも、2つの野菜がLDLコレステロールを下げる効果があることを知ったのはそのドリンクのお蔭でした。, そのドリンクというのが、大手企業のサンスター株式会社から販売されている「緑でサラナ」というドリンクです。この商品は、「日本で唯一、野菜の力でコレステロールを下げるトクホ(特定保健用食品)」というキャッチコピーが付いているほどで、国のお墨付きがある信頼性抜群の商品なのです。 2015/08/08 は、個人情報の取扱いを適切に行う企業としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。, 本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による日本インターネット医療協議会(JIMA)トラストマーク付与の認定を受けています。, 内科, 消化器内科, 糖尿病・内分泌内科, 整形外科, リハビリテーション科, リウマチ科, 内視鏡内科, 胃腸科, 病院もキレイで、先生はとても丁寧に対応してくれました。 スタッフの皆さんも先生もとても笑顔でした。. ・8500~9999は要注意 では都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 病気スコープはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。, 【EPARKクリニック・病院からのご案内】新型コロナウイルスによる院内感染対策についての情報を掲載しています. 毎日1時間の通勤電車でスマートフォンの音楽機能で音楽を聴いています。耳の穴に入れるイヤホンと耳を覆うヘッドホンで難聴へのリスクは変わるのでしょうか?, A. ・12.0 以下及び18.1以上は異常 男性は85cm以上、女性は90cm以上あった場合にいわゆるメタボ体型と判断され、さまざまな内臓系疾患を引きおこす要因にもなってしまうので注意が必要です。, 身体測定の再検査をおこなう必要はありませんが、結果を鑑みて医師もしくは生活習慣指導をおこなっている医院・クリニックに受診することが望ましいと考えられます。肥満は、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる病気を引きおこす恐れもあります。, Q. ・38.5-48.9が正常 先日、会社で受けた健康診断の結果が手元に届きました。過去の健康診断ではオールa判定の健康だけが取り柄だった私が今回初めて再検査の診断指示を受けました。引っかかった検査項目は「脂質検査」で、診断結果はc判定。間違いなく、『脂質異常症』なのでしょう。 近年は音楽再生機器の進化が聴力に与える影響も少なからずあり、将来難聴にならないためにも、早めの対策が大切です。, Q. 健診科,医療・健康情報 2019.10.16. ライフスタイル, 先日、会社で受けた健康診断の結果が手元に届きました。過去の健康診断ではオールA判定の健康だけが取り柄だった私が今回初めて再検査の診断指示を受けました。引っかかった検査項目は「脂質検査」で、診断結果はC判定。間違いなく、『脂質異常症』なのでしょう。アラフォー手前に差し掛かっこと、この一年間全く運動をしていなかったこと、今年の4月から異動で職場環境が変わったことが大きな要因だと自己分析しており、診断結果の中にも、, 「【食べ過ぎ】【運動不足】【ストレス】などが考えられます。心当たりのあるものから改善していきましょう。」, 今回の健康診断ではB判定を飛び越えてC判定を頂いたので、かなりショックを受けています。そこでまずは脂質について調べてみました。内容を理解して自分なりに対策をたて、予防をしていきたいと思います。, 健康診断で血液検査をすると脂質の各項目に数値が出てきます。内容は下記の通り。正常な範囲内の数値でも、昨年の検査結果と比べて変化が無いかチェックが必要です。, 脂質代謝異常の指標として動脈硬化症や肝・胆道疾患の診断や経過判定に有用です。 2019年 医療法人社団霞山会 MYメディカルクリニック 理事, インフルエンザが流行する時期になると、ニュースなどで「今シーズンは○○A型が流行」…, 本態性高血圧(ほんたいせいこうけつあつ)は、原因がはっきりせず、 もともと高血圧…, ジフテリアはジフテリア菌による感染症です。以前は日本でも流行し、死亡率も約5~10…, このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(ゴールド)付与の認定を受けています。. 脂質異常症とは生活習慣病の一種で、血液中のコレステロールや中性脂肪が基準値よりも多くなっている状態をいいます。血液中の脂肪分が多く濃い状態とはいわば血液がドロドロになっている状態です。この状態を放置していると血管に負担がかかり、動脈硬化をひきおこす可能性が高くなります。, 基準値(空腹時採血の場合)は以下のとおりで、このいずれかの数値が基準値を満たさなくなると脂質異常症となります。, しばらく前までは、総コレステロール値が220mg/dl以上となると脂質異常症と診断されていました。しかしHDL(善玉)コレステロールが増えて良い状態であっても総コレステロール値が上昇してしまうため、健康状態がよくても脂質異常症と診断される場合もありました。, と3タイプに区分されています。また、LDL(悪玉)コレステロールが基準値より低くても、他の病気(高血圧や糖尿病など)がある時のリスクを抑えるために、境界域(120~139mg/dL)が定められています。, コレステロールには「悪玉コレステロール」と「善玉コレステロール」がありますが、実はどちらも全く一緒のコレステロールで、働き方によって種類が分けられています。 会社の定期健診で、あなたはHbA1cの値が6.0なので糖尿病予備軍だから食生活改善の指導を受けなさいと言われました。何をどう改善すればよいのでしょうか?お酒も好きで毎週末会社の同僚と飲むのですが、それもやめなければいけないのでしょうか?, A.