「納入」は「納め入れる」行為そのものを指して使います。, 「授与」の意味は「物を授け与えること」です。 明記せずに受領したことだけを連絡すると、「いつ頃確認するのか、検討するのか」と相手が不安になってしまいます。 「受け取る」は「受領」よりも広い範囲で使うことができます。 ビジネスシーンでよく使われる言葉ですので、しっかりと理解し正しく使いましょう!, 「感心する」は目上の人には使えない?!正しい意味と使い方、「関心・歓心・寒心」との違い, 「その通りでございます」の意味と使い方、敬語と類語、英語「exactly」の使い方, 「大丈夫です」の敬語への言い換えを意味ごとに解説!【例文付き】英語表現も紹介します, お世話になっております。資料を受け取りました。新しいカタログまでご送付いただき誠にありがとうございます。取り急ぎのご報告失礼いたします。, 本日、お送りいただいた書類を拝受しました。ご多忙のところ早々に対応していただきありがとうございます。内容につきましては、これから拝読しますので、お時間をいただけると幸いです。, 本日、お頼みした商品が届きました。迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます。まずは拝受のご報告のみ失礼いたします。, 資料を添付していただいたメール、たしかに受け取りました。この件につきましては社内で検討し、今週中に回答いたします。何卒よろしくお願いいたします。, お世話になっております。お送りいただいたサンプル品を受け取りました。ご多忙のところ、ご対応いただき誠にありがとうございます。確認後、注文する商品を再度こちらよりご連絡いたします。. そのため「預り証」が発行される場合、その資産は預けた相手に返す義務があります。, ビジネスシーンにおいて重要なものを受け取ったときは、すぐに相手に伝えることがマナーです。 今回は「受領」という言葉の正しい意味と使い方を例文付きで解説します。 「査収」は「よく調べて」から受け取るという意味です。  しかし現実、そうはいかないのが行政窓口の現状。届出義務者における法令の理解不足等があって、届出書の内容に不備がありまくる場合、適切な行政指導によって補正を求めて、つまり持ち帰って直してもらって再提出してもらう方が、結局行政庁と届出者のお互いにとって、もっとも適切な結果になることが少なくない。そのため、届出書を窓口に持ってきた届出者に対して、担当職員たる私は、受付印を押すより前に中身に目を通して、間違った箇所をさんざん指摘して、結局持ち帰らせてしまうわけだ。, このような行政指導は、もちろん行政指導だから、強制力はないわけだが、水質汚濁防止法5条1項の届出には、行政指導の実効性を確保するための仕組みが用意されている。 受領:重要な金品 ちなみに、「拝領(はいりょう)」も「拝受」と同義語で「受領」の謙譲語となります。, 「受領」は主にビジネスシーンで使われています。 また、似た意味を持つ「受理」「拝受」との違いも解説します。その他の類語や反対語、英語も紹介しますので、是非参考にしてみてください。, 「受領」の意味は、「(正式に)お金などの重要な物を受け取ること」です。 主に「受領証」と同じ意味で使われています。, 「領収書」は「代金を受け取った人が、支払った人に対して何かしらの対価として金銭を受け取ったことを証明する書面」です。  ひとつが、同法9条2項の「期間の短縮」であって、届出者は、届出後60日を経過するまでは事業に着手できない(9条1項)のだが、行政庁が届出の内容を相当と認めたときは、この期間を短縮することができる、という制度だ。届出者としては、届出書が行政庁に到達しているのだからもう届出の義務は果たした、と言い切ることもできるのだが、行政庁の指導に従い、届出書の補正を行うことで、期間の短縮という恩恵を受けることができる、となると、行政指導に従うケースが多くなる、という仕組みだ。 「受領」は受け取ったことを表すため、中身を確認していなくても「受領しました」と使うことができます。 ただ「頂戴」は「もらう」という意味合いの強い言葉になります。 そのため、ビジネスシーンで使う際は「受領」を用いる際の文章を敬語表現にする必要があります。, 「受領しました」は「受領する」の丁寧語になるため、正しい敬語表現になります。 今回の調査対象は以下の4誌。, と言った感じ。 「する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」がついています。 宅配便などを受け取る際の印も「受領印」となります。 「授業料を納入する」「納入期限が迫っている」などと言いますよね。  と、いうのは、このブログの読者の皆様であれば、既にご承知もご承知、耳にタコが出来そうな話だと思いますが。 付き合いの長い相手やよく知っている相手であれば、ビジネスシーンでも「受領しました」や、その他にも「受け取りました」「受け取らせていただきました」「お受け取りいたしました」を使うことができます。 LIS誌や『情報メディア研究』は前者が年2号、後者は専ら年1号出版体制(ただしオンライン版の早期出版あり)なので、受付から最短で出せる日数には限りがあり、それが如実に反映された様子。 年4号発行なので、受理時のタイミングによってはかなり短い期間で出せることもあるようです・・・一発採録が必須条件ですが(汗) ✔「受領」の意味は「お金など重要な物を受け取ること」  もうひとつが、水質汚濁防止法施行規則6条の「受理書」の存在だ。水濁法5条1項の届出に関して言えば、受理は行政行為ではなく事実行為だから、受理書の交付を受けているか否か、ということは、届出者側が届出義務を果たしたか否かの法律関係に何ら影響を及ぼさないはずなのだが、そうは言っても、行政庁の「お墨付き」である文書が手元にあるかないか、ということは、届出者側にある種の心理的効果を与える。届出書が行政庁に到達しているのに受理書が交付されないのは、本来単なる行政庁の怠慢に過ぎないはずなのだが、その状態で届出書の不備を指導されれば、届出者としては、実際に届出内容に不備がある以上、「いいから早く受理書を出せ」とはなかなか言いにくい。 ちなみに、「受取(うけとり)」の場合は「お金や品物などを受け取った証拠としてに渡す書付け」のことです。要するに領収証のことを表しています。, 「査収」の意味は「金銭や物品、書類などをよく調べ受け取ること」です。 そんなわけで、平均的に見ると『日本図書館情報学会誌』は一番受付⇒発行までの時間が長いわけですが(1年は待つ)、「この論文は査読を無問題でパス出来る!」という絶対の自信があり、かつ掲載しないといけない論文がたまっていない状態であればかなり早く出せる目があるところでもあるのかも、と。, さらに2001-2009年の出版年ごとの受付-発行までの日数を見てみたのが下のグラフ(ついでに各年の掲載論文数はその下の表)。, こうしてみると、『情報知識学会誌』の2001年は掲載論文の少なさゆえ、『情報メディア研究』2004年は研究論文が載る号としては事実上の創刊号なので例外として、それ以外の年でも割と受付-発行の平均日数の順位は上下動がある様子。 平均的な受理までの日数・発行までの日数なら『情報知識学会誌』または『情報メディア研究』が短めですが、最短記録狙いならLISと『日本図書館情報学会誌』が狙い目ということでしょうか・・・, 次は暇があったら海外雑誌で試してみたいところです・・・むしろそっちの方が切実な気もするし。, *1:ふだん『Physical Review』シリーズとかを冊子そのままで読んでいる人がいたら怒られるかもですが・・・いや、そりゃないか。辞書だしあの厚さは, min2-flyさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 「受領」とよく似ている意味がありますが、使い方は異なります。 ✔愛情や優しさなど精神的なものには使わない 文書などを然るべき人や場所の差し出すこと・特に公の場に出すことを表します。, 「納入」の意味は「金銭や物品などを納めること」です。 四等官とは、「大宝令」における4等級の官司のことで「長官(守=かみ)」「次官(介=すけ)」「判官(掾=じょう)」「主典(目=さかん)」です。, 「受領」という言葉は主にビジネスシーンで使われており堅い言葉ですが、言葉自体は敬語ではありません。 そのため、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」というニュアンスを含みます。 そのためまだ中身を精査していない状態でも「本日確かに○○を受領しました」などとビジネスメールで使うことができます。, また、「受領」は物理的なもの以外を受け取る場合には使うことはできません。 意味は、「国司四等官のうち現地に赴任して行政責任を負う筆頭者の平安時代以後の呼称」です。 2008年はLISがこの9年で受付-発行平均日数が最短、『日本図書館情報学会誌』は最長となっていたわけですが、今年は早くも近づく様子を見せておりこの後逆転はあるのかないのか!, ・・・っていうか2008年のLISはいつになく発行までの日数が早いですね。 行政手続法が到達主義を採用したことから、行政行為としての「受理」は法の特別の規定がない限り観念し得ない。届出書が行政庁に到達した時点で届出者は行政上の義務を果たしたことになり、あとは行政庁側が改善命令等の処分をするかどうかの判断だけの問題になる。 ただ「授与」は目上の人から目下の人に対して使う言葉ですので、目上の相手に対して使うと失礼になるので注意しましょう。, 「受領証」は、「物品や金銭を受け取った人が、渡した相手に対して受領したことを証明する書面」です。 それぞれ受け取るものは 国司は「古代から中世の日本で、朝廷から諸国に不妊させた地方官のこと」です。 となります。 ちゃんと金銭や物品を受領した証になります。, 「受領印」は「物品や金銭を受け取った人が、渡した相手に対して受領したことを証明する印」になります。 「受領」と違う点は「あらゆる物、そして愛情や優しさなどの精神的なもの」に対しても使うことができる点です。 ふだん電子ジャーナルを論文単位で印刷したぺらぺらの紙しか持ってない人間には手に持って読むにも重みを感じる厚さですよ*1。 「領収書」は「受け取ったこと」をあらわす証明書ですが、「預り証」は「一時的に預かったこと」をあらわす証明書になります。