。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 文学作品としての読み応えはないですが、楽しく読み進めることができて、読後感もいいです。作家独特の静かでどろっとした世界観も好きです。ファンタジーに抵抗がなければ手に取ることをお勧めします。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 名前が示すようにスズメのように「チッ、チッ、チッ」と鳴き声をあげながら夜に現れる妖怪で、山道を歩いている人の前後について来るという 。. Amazonで千早 茜の夜に啼く鳥は。アマゾンならポイント還元本が多数。千早 茜作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また夜に啼く鳥はもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 夜の鳥 ⇒ ムクドリ大~カラス大(ヨタカ、フクロウのなかま)の鳥を見る. Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 古来、傷みや成長を食べる「蟲(むし)」を体内に宿す不老不死の一族があった。その一族は地図にのらない里で、長い間、人目をはばかって暮らしていた。里の岬には、八百比丘尼とも言われる"シラ"という一族の祖を祀っていた。その末裔のなかでも強大な力を得た御先【みさき】は、どんな傷も病も治す能力を持ち、150年以上生きているとは思えぬ10代のままのような美しさで、ふたなりの身体を持ち、性別はもはや定かでない存在として畏れられてきた。今では、時の権力者の施術を生業として暮らしている御先だったが、付き人だった玄孫【やしゃご】の雅親【まさちか】をつき離し、一族の里を離れ、夜の店で働いていた傍系の四【よん】と行動をともにするようになり、ある"事件"に巻き込まれることになり……。主人公たちの過去と今が交錯し、時代を超えて現れる愛しい人……。不老不死の一族の末裔が現代の都会に紛れ込む――妖しくも美しく、そして哀しい現代奇譚。 泉鏡花文学賞受賞作家が挑む新境地。カバー挿画は、中村明日美子さんが担当。, その里は地図に載っていないという。里のお屋敷には燃えるような躑躅の花が植えられており、どんな病でも治してしまうという“蟲宿しの一族”の末裔で強大な力を得た御先が住んでいた。御先は心から慕ってくる雅親を突き放し、里を出て夜の店で働いていた四と出会う。そして“事件”は起こった…。現代の都会の闇に紛れ込み、不老不死の一族が、時を超えて愛しい人を求める、禍々しくも哀しい現代奇譚。, ●千早 茜:1979年北海道生まれ。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。09年に同作で泉鏡花文学賞を、13年『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。他の著書に『からまる』『森の家』『桜の首飾り』『眠りの庭』『男ともだち』などがある。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 概要. 「鳥」を含む四字熟語の一覧です。一石二鳥・烏鳥私情・雲散鳥没・越鳥南枝・蟹行鳥跡・花鳥諷詠・花鳥風月・檻猿籠鳥・窮鳥入懐・禽息鳥視・鵠面鳥形・四鳥之別・四鳥別離・傷弓之鳥・獣聚鳥散・獣蹄鳥跡・池魚籠鳥・鳥語花香・鳥尽弓蔵・鳥面鵠形、などがあります。 夜雀(よすずめ)は、高知県幡多郡田ノ口村(現・黒潮町)[1]、富山村[1](現・中村市)、安芸郡北川村[2]、愛媛県南宇和郡[2]、和歌山県東牟婁郡本宮町[3](現・田辺市)などに伝わる鳥の妖怪。, 名前が示すようにスズメのように「チッ、チッ、チッ」と鳴き声をあげながら夜に現れる妖怪で、山道を歩いている人の前後について来るという[1]。, 田ノ口村では、夜雀に憑かれるのは不吉とされる[1]。富山村ではこれを除けるの呪文として「チッチッチと鳴く鳥は、シナギの棒が恋しいか、恋しくばパンと一撃ち」または「チッチッチと鳴く鳥を、はよ吹き給え、伊勢の神風」などと唱えると良いという[1]。また、迂闊にこれをつかまえると夜盲症を患ってしまうという[4]。, 安芸郡北川村では鳥ではなく黒いチョウのようなものといい、「チャッ、チャッ」と鳴きながら懐の中や傘の中に入ってくるので、騒々しくて歩くに歩けなくなってしまうが、気を静めると自然と消えてしまうという[5]。愛媛でも同様にガの一種とされ、山犬の出る前触れとして、道を歩けないほどに飛んで来るという[2]。, 和歌山の本宮町でも、暗い山道で姿を見せずに「チチチ……」と泣きながら、どこまでもついて来るものといわれる[3]。また和歌山では、高知の伝承とは逆に不吉なものではなく、夜雀が憑いている間はオオカミが山の魔物から守ってくれる証ともいわれる[6]。, 夜雀に似た妖怪として、奈良県や和歌山県に伝わる「送り雀[1]」、高知県の高岡郡東津野村[7](現・津野町)、津野山[8]、同郡窪川町[5](現・四万十町)、愛媛の南宇和郡城辺町(現・愛南町)に伝わる「袂雀(たもとすずめ)」があり[9]、東津野村や城辺町では夜雀と同一視されている[7][9]。送り雀については内部リンク先を参照。, 津野山でいう袂雀は、スズメそっくりに「チ、チ、チ」と鳴き、通行人の前後についてくるが、2人以上で歩いていても、なぜかその中の1人にだけしか聞こえないことが多いという[8]。やはり山犬やオオカミの出る前触れとされ、これが現れたときには「大シラガ、小シラガ、峠を通れども神の子でなけりゃあ通らんぞよ、あとへ榊を立てておくぞよ、アビラウンケンソワカ」と唱え、木の枝を3本立てると袂雀はついて来ず、オオカミや山犬が現れることもないという[8]。, 窪川町でいう袂雀は、姿は見えないが鈴を転がすように「チリチリ」という音が通行人の背後からついて来るもので、これが袂に飛び込むことは不吉とされ、これの現れる場所を通るときには日中通るか、複数人で通ることを心掛け、それが叶わないときには袂をしっかりと握って歩いたという[5]。東津野村でも、袂雀に憑かれないよう、袂を握って歩いたという[7]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=夜雀&oldid=75194886. 朝も昼も夜も! エゾビタキ?? えーがな~ではなくエナガでした; コサメビタキ?? sh50hsで写す! 鳥がいなくても!被写体はいくらでもある。 写真を写されるだけでいいのでは? 飛んでいる鳥(すべて見る) ⇒ ムクドリ大以下(ツバメ、アマツバメのなかま)の鳥を見る ⇒ ハト大以上(ハヤブサ、タカのなかま)の鳥を見る. 2020/09/17(雨)毎日雨ばかり!昨年9月は雨だった日が6日間だった。今年は雨の多い9月だ! 天気がいい方だった9月の朝の空! 彼岸花も雨が降れば趣のある花に!! 少し水滴をつけたママコノシリヌグイ。 初めて見た白いホシアサガオ。, 公園に行けばこのサギが公園の主のように何時もいる。前回雨の中のアオサギと同固体の感じがする。2m程度でも逃げないサギ!池の上の橋を渡る。 人が来た!飛び出す!と待った。(手すりに飛び上がってここまで歩きそして逃げて反対の手すりに止まった。)  今日も多分同固体のアオサギが違う池にいた。 少し見ていたら池の中に入った。別に珍しい事ではない!少し経ってから見ると池に座っていた??このような姿のアオサギは珍しいかも??。 チョウを写していたら雨が降り出した。アオサギが気になり、見ると石の橋の上にいた!孤独な鳥?孤独が好きな鳥かも? 帰りの町中で見つけたホシホウジャック!花にピントを合わせ」、ホウジャックが来るのを待って写した。     (連射は数枚しか写されないのが辛いデジカメである), 公園に行けばこのサギが公園の主のように何時もいる。前回雨の中のアオサギと同固体の感じがする。, 人が来た!飛び出す!と待った。(手すりに飛び上がってここまで歩きそして逃げて反対の手すりに止まった。), 少し見ていたら池の中に入った。別に珍しい事ではない!少し経ってから見ると池に座っていた??このような姿のアオサギは珍しいかも??。, チョウを写していたら雨が降り出した。アオサギが気になり、見ると石の橋の上にいた!孤独な鳥?孤独が好きな鳥かも?, 帰りの町中で見つけたホシホウジャック!花にピントを合わせ」、ホウジャックが来るのを待って写した。.