宇宙の広さ、大きさを実感するために画像でまとめました。そこには星々からなる怖いものが存在します。想像しかねる宇宙の広さや大きさを、画像を見ながらイメージを膨らませます。怖い現象もありますが意識の広がりを星や宇宙で感じることができます。 宇宙の広さ、大きさを実感するために画像でまとめました。そこには星々からなる怖いものが存在します。想像しかねる宇宙の広さや大きさを、画像を見ながらイメージを膨らませます。怖い現象もありますが意識の広がりを星や宇宙で感じることができます。, 誰しも宇宙の大きさについて考えたことがあるでしょう。しかしそれをきちんと想像することは大抵の人できないでしょう。ここでは地球や太陽を基準にして比較していくことでさらなる大きさを実感してもらえればなと思います。だんだんと怖くなってくる人もいるかもしれませんね。, まずは太陽系。太陽を除く左から三番目の青い星が地球。小さいですね。太陽からの距離にして約1億5千万キロメートル。, 水星から始まります。最初の四つはほぼ同じ大きさで何も感じませんが、木星から急に巨大になりちょっとした恐怖を感じます。, 太陽系の主な距離です。一番遠い冥王星まで60億キロメートル。身近なもので比較すると、野球場のホムベースに置いたコインを太陽だとすると冥王星はセンターくらいの位置になります。, 直径は地球の約109倍。体積は約130万倍程度です。地球からの距離約1億4960万キロメートル。, 太陽に吹き上がる10万度にも及ぶコロナです。地球より大きいです。地球より大きな火柱を想像するととても恐ろしい。NASAがとらえたの太陽の画像です。最近NASAが、重力レンズ効果を利用し太陽をレンズとした宇宙望遠鏡の建造案を発表しました。, 上部の青い光は木星のオーロラです。綺麗ですが地球よりはるかに大きいオーロラで、なんだか怖く感じます。地球をゴルフボールに例えると木星はバラスボールくらいです。ハッブル宇宙望遠鏡でとらえたものです。, 月の位置に木星があったら例えば木星は地球からこう見えます。直径は約13万9000キロメートル。地球の約11倍。, 地球と土星の比較です。地球をゴルフボールに例えると土星はビーチボールくらい。直径は約11万6000キロメートル。地球の約9.6倍。, 月の位置で比較する海王星。気球をゴルフボールと例えると海王星はバレーボールくらい。直径は約4万9000キロメートル。地球の約4倍。, 地球をゴルフボールに例えると天王星はサッカーボールくらい。天王星や海王星はダイヤモンドの海と例えられるように綺麗青色をしています。直径約5万キロメートル。地球の約4.2倍。, 太陽系は天の川銀河に属しています。天の川銀河を俗に銀河系と言います。銀河系とは、太陽みたいな恒星を約2000億個含む星の集まりです。直径約10万光年。, 銀河系と太陽を比較すると、例えば太陽が文中のこの丸(。)だとすると銀河系はアメリカ合衆国に相当します。太陽系と天の川銀河の中心までの距離は26100光年。太陽系の銀河回転速度は240 km/sになります。, 天の川銀河には渦を巻くように何本かの腕が渦を巻くように伸びています。その中でもオリオン腕と呼ばれる腕の中に我々の太陽系は存在します。, 地球から見た銀河系(天の川銀河)下に見える大きな星のようなやつは天の川銀河の隣にある銀河です。小マゼラン雲(左)、大マゼラン雲(右), 馬頭星雲はオリオン座にある暗黒星雲です。暗黒星雲とは、背後の星の光源によって影として浮かび上がる星間雲で天体の一種です。星間雲とは、銀河系を含む銀河に見られるガス・プラズマ・ダスト(塵)の集まりを総称したものでです。, 銀河系をさらに広げてみた範囲を局部銀河群と言います。有名なものでアンドロメダ銀河で、光度も一番大きくなっています。次に我々の所属する天の川銀河、次にさんかく座銀座となります。局部銀河群には約50つの銀河が存在し、未確認の細々したものを含めると約一万の銀河で構成されています。銀河系からアンドロメダ銀河までの距離は約239万光年。, 局部銀河群の階層を表している画像です。地球のカテゴリがどんどん広がって行きますね。, 局部銀河群の銀河サイズのランキングは1位 アンドロメダ銀河2位 天の川銀河3位 さんかく座銀河質量ランキングでは天の川銀河が1位となっています。, 宇宙の光量ランキング1位。とても強い光を放つ天体のことをクエーサーというが、正体はブラックホールであるが、これはその中でも最大級。「WISE J224607.57-052635.0」という名称。, 局部銀河群をさらに大きな枠組みで見ると、おとめ座超銀河団という範囲に含まれます。おとめ座超銀河団の中におとめ座銀河団があり、局部銀河群があります。おとめ座銀河団の大きさは直径約1200万光年でおとめ座超銀河団ランキング1位。, おとめ座超銀河団よりさらに広い枠組みで見るとラニアケア超銀河団という超銀河団が見えてきます。直径約5億光年。うみへび座、ケンタウルス座超銀河団を含みます。, ラニアケア超銀河団はグレートアトラクターという銀河間空間内の重力異常現象の影響下にある銀河で構成されています。うみへび座・ケンタウルス座超銀河団の範囲内に位置します。, この繋がりのような構造を、銀河フィラメントと言います。どんどんズームアウトしていくと宇宙にはこの銀河フィラメントが広がっていて、それを宇宙の大規模構造と言います。, ラニアケア超銀河団をさらに広げたカテゴリーがうお座・くじら座超銀河団Complexになります。シャプレー超銀河団や、かみのけ超銀河団も含まれます。赤字のvirgo superclusterがおとめ座超銀河団になります。隣のHydra-Centaurus Superclusterがうみへび座・ケンタウルス座超銀河団になります。この辺りがラニアケア超銀河団になります。, MACS0647-JDは地球からの距離が約319億光年で、最も遠い天体の1つです。, NASAは観測可能な宇宙の範囲内にある銀河の数を2兆個と発表。観測可能な宇宙の直径は930億光年になります。, 観測可能な宇宙の宇宙の外を人は想像することができません。そこはビッグバンの外ということになります。, 宇宙の想像は想像を拡大させなければならず、それは意識の拡大にも繋がります。宇宙の大きさをイメージすることで思考や意識を広げ脳の活性化を行うこともできるでしょう。そしてそれは恐怖という感情と結びつき、より印象付けることができます。新しい思考感覚を目指して宇宙への想像を膨らませてみようではありませんか。, 宇宙の大きさ・広さを実感する39枚の画像が怖い!星の大きさを比較すると?のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。. 渦巻き状にうごめく銀河系に混じりながら太陽系周辺の星たちが浮かび、その中に太陽系があり、地球がある…。なんとも感慨深い。, ちなみに、一番近い銀河でも約4万光年(秒速30万kmで4万年)の距離があると言われている。絶対にたどり着けない。, 同じような局部銀河群がいくつもあるが、見てみると地球のある局部銀河群はこの中でもかなり小さいほうだということがわかる。上には上がいるのか…。, ここまでくるとさすがに現実味がなくなってきてしまうが、とりあえず信じられない数の星があるということだけはわかる気がする…。, 観測出来ている宇宙の様子ということなので、もちろんこれより大きい可能性は十分あるだろう。宇宙からしてみれば、地球の中の人間の存在なんて本当にちっぽけなものだ。, 謎を解き明かす人物が我々人類の中から誕生するのか、未だ出会うことのない別の星に住む人物なのか…。眠れなくなるほどのロマンが広まる一方だ。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1,190円~1,490円で買えるH&Mのワンピースが信じられないほど豪華なんです!, 今もまだ広がり続けているという宇宙の大きさをわかりやすく8枚の画像で示してみたところ、やっぱりもの凄い大きさであることが確認できた。, やっと気づいた!オタクのファッションがダサいんじゃなくて、ダサいのがオタクなんだ!, 【炎上】ちきりんが「大学の授業に出ている人は思考停止の馬鹿。あたしを見習え」と発言していんちきりん, 「すしざんまいの社長がソマリアの海賊を壊滅させた武勇伝はインチキ」 ノンフィクション作家が指摘. 宇宙に果てがあるとしたら端っこってどうなってるのか?素朴な疑問かも知れませんが、この事については昔から専門家の間でも議論になっている事です。今回は、この壮大過ぎる宇宙の果てに、観測可能な限界でわかる情報で考えてみたいと思います。 宇宙137億年のなかの地球史 p.118 には、「 現在の宇宙の広さは、780億光年以上あると考えられている」と紹介されていました。(その根拠は説明されていませんでした。) そんなに広いのだったら、 130億光年先の天体が観測できても不思議ではありません。 ビッグバン理論(ビッグバン仮説)に基づいたビッグバン・モデルでは、宇宙は時間と空間の区別がつかない一種の「無」の状態から忽然と誕生し、爆発的に膨張してきた、とされる。近年の観測値を根拠にした推定により、ビッグバンは約138億年前に起きたと推定されるようになった。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3, 以前は、137億年前といわれていましたが、欧州宇宙機関の発表によって、138億年前に修正されたようです。, 宇宙の年齢はこれまで考えられていたより約1億年長く、138億歳とする最新の研究結果を欧州宇宙機関(ESA)が22日までに発表した。【中略】03年には米航空宇宙局(NASA)のWMAP探査機による宇宙背景放射の観測をもとに、宇宙は137億歳とされ定説となっている宇宙は138億歳、従来説より1億年高齢 欧州機関が解析 :日本経済新聞 2013/3/22 10:08, 100億光年のかなたからやってくる光を見れば、100億年昔の宇宙の状態を見ることができる。, ということは、138億光年先の光を見ることが出来れば、ビッグバンの状態を見ることが出来るというように考えになります。, でも、目指していることは、宇宙が無限に小さい点から爆発的に広がったという仮説と矛盾します。, なぜなら、現在の科学では、アインシュタインが言っている「何者も光速を超えることができない」という理論が採用されているからです。, 宇宙が、光速より遅い速度で広がっていれば、ビッグ・バンの光は、宇宙の最外部に達してしまっています。, つまり、少なくとも、宇宙が誕生してから50億年分の光は、地球を通り過ぎていることになるはずです。, どんなに条件に恵まれても、88億光年よりも遠くの光は見えないということになりそうな気がします。, ところが、すばる望遠鏡のホームページを見ると、「130億光年先の天体が、実際に観測されている」と書かれています。, 宇宙においては、遠くの天体を観測することは、昔の宇宙の姿を見ることになります。宇宙誕生は約140億年前。すばる望遠鏡は、約130億光年かなたの銀河を続々と発見しています。当時は星の大集団・銀河がまさに形成される時期にあたり、宇宙の歴史上でも最も興味深い時代です。, 宇宙137億年のなかの地球史 P.118 には、「 現在の宇宙の広さは、780億光年以上あると考えられている」と紹介されていました。(その根拠は説明されていませんでした。), そんなに広いのだったら、 130億光年先の天体が観測できても不思議ではありません。, でも、誕生して138億年しかたっていない宇宙が、なぜ、780億光年もの広がりをもてるのでしょうか?, 「光を含む電磁波により人類が地球から観測可能な宇宙の果て」と言うと、我々が観測できる光のなかでも、最も古い時代に光が放たれた空間のことを指している。この空間から光が放たれたとき、つまり約138億年前(宇宙の晴れ上がり直後)、この空間(=観測可能な宇宙の果て)は地球がある位置から(地球を中心とする全方向に宇宙論的固有距離において)約4100万光年離れたところにあった。そして当時この空間は、地球の位置から、光の約60倍の速度で遠ざかっていた、とされる。この空間までの現在の距離である共動距離 (Comoving distance) は、約450億光年と推定されている。宇宙の晴れ上がりの直後から約138億年の間に、宇宙は約1090倍程度に膨張したと考えられている。この空間は現在、光速の約3.5倍の速度で地球から遠ざかっており、かつ宇宙が生まれてから現在に至るまで(その膨張速度は)常に超光速を保っている。つまり現在我々が電磁波によって観測できる天体の中には、その天体が生まれてから現在に至るまで常に超光速の後退速度となるものが存在する。, >>光速の約3.5倍の速度で地球から遠ざかっており、かつ宇宙が生まれてから現在に至るまで(その膨張速度は)常に超光速を保っている。, これが事実だとすると、「ビッグ・バンによる初速によって物質が広がっているため、宇宙が膨張している」という考え方は破綻しています。, (ポアンカレ予想の証明において「閉じた空間」と「開いた空間」という考え方が持ち出されていました。宇宙では、その「閉じた空間」が「開いた空間」に変化していて、その変化に伴って膨張が起きると考えてはどうかと思います。このような話を、宇宙の膨張と光速 や ビッグ・バン でも説明しています。), 最近、「宇宙,無からの創生―138億年の仮説はほんとうか (ニュートンムック Newton別冊)」を読みました。, インフレーションが起こり、宇宙は、「無」の状態から10-27秒後に1000km程度の大きさになり、その後、ビッグバンが起こったと説明されていました。, インフレーションのときに、何億光年もの大きさになっていたとしたら、138億年前の光を、現在観測できる可能性がある理由になるかと思い、ちょっと書籍を見直してみたのですが、そうではないようです。, ということで、「138億年前の光を、現在観測できる」という根拠は、今のところ、「 現在の宇宙の広さは、780億光年以上あると考えられている」ということのようです。, この本の内容には、スピリチュアルな話も混ざっているのですが、非常におもしろかったです。, この「大きな意識がひずみをつくった」という部分が、もしかしたら、インフレーションのことを指しているのかもしれません。, 書籍によれば、ひずみはやがて解消され、もとの、ひずみのない状態に戻っていくのだそうです。, これ(たったこれだけのこと)が、今の宇宙で起こっていることだとして受け入れると、宇宙科学も、また、新しい理解につながっていきそうで、ちょっと楽しい気持ちがしています。, 次の動画「ホーキング博士の宇宙」では、重力の説明を、「アインシュタインの相対性理論によれば、重力は力ではなく空間の曲がりである」と説明しています。(6分58秒~8分40秒あたり), 「重力は空間の曲がりによる見せかけの力で、実際の力ではない」ということらしいです。, でも、動画の最後の方では、「宇宙の始まりは重力が強く、その後、重力は弱まった」と説明しています。, せっかく、「重力は空間の曲がりによる見せかけの力で、実際の力ではない」という結論を導き出したのだから、物体の運動を予測する際に便宜的に用いる力として割り切って、何らかの方程式を代入して、4つの力から除外すればいいのではないかと感じています。, あなたにもある心を回復する機能心の仕組み、心の苦しさの本当の原因とその解決方法を解説しています。もう、苦しまなくても良いんです!, 「なぜ、130億光年かなたの星を望遠鏡で見ることが出来るのか?」 ビッグ・バンとインフレーションなどを絡めて考えてみました, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3, 宇宙は138億歳、従来説より1億年高齢 欧州機関が解析 :日本経済新聞 2013/3/22 10:08, 宇宙,無からの創生―138億年の仮説はほんとうか (ニュートンムック Newton別冊), 宇宙の始まりはビッグバンではない! ビッグ・バンではない宇宙の始まり方 – ノン・ビッグバン理論 ( How the universe started, not the Big Bang – Non Big Bang Theory ), 「数十億光年を隔てて位置するクエーサー93個の自転軸の向きが揃っている」ということは!?, 「首を切断された『プラナリア』は頭の再生と同時に記憶も再生される事が明らかに」という記事に関連して, 今、話題のオキシトシン。人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。. 宇宙はどうやって誕生したのか? 地球に生命が存在するのはなぜか? そして、宇宙はいつ終焉を迎えるのか? ここではいまだ解明されない「不思議な宇宙の謎9つの説」についてご紹介しましょう。 今もまだ広がり続けているという宇宙の大きさをわかりやすく8枚の画像で示してみたところ、やっぱりもの凄い大きさであることが確認できた。 1.まずは我々の住む地球だ。この星を基準にして宇宙の大きさを追っていく。 広さを認識できる有機物(私たち)が小さいのか、たぶんそうではなくて、この宇宙の方が大きい。でも、これほどまでに広くなくてもよいのでは??>各々の格子状の長さがもし、だいたい同じなら、バラバラです。そもそも「格子状のものが