自動車整備士が車の整備をするうえで絶対に必要な物が工具。整備工場の中には工具が支給されず、自腹ですべてを購入しないといけない所もあるそうです。, 僕が務めていたディーラーでは、入社すると必要最低限の工具が会社から支給されたのでまだ良い方かなと。, 最低限の工具では緩めたいボルトに工具が届かなかったり、ボルトが緩まなくて仕事にならない場面が多々あります。, 整備士は作業を行う上で必要な工具を自腹で買い足します。そして壊れたら自腹で買い直します。, 給料が少ない整備士にとって自腹購入は非常に厳しい問題ですので、仕事道具は会社が経費で負担するべきです。, 使用頻度が高い工具で片方がラチェット(一方方向にしか回らない歯止め)になっていて、素早くボルトを緩めたり締め付けることができます。, 一流ブランドのスナップオン、KTC、MAC TOOLSあたりで購入すると品質は良いのですが一本5,000~6,000円もして高級品です。, 安くてそこそこ使えるアストロプロダクツやツールカンパニーストレートでも一本1,000~2,000円します。, ボルトには様々な大きさがあり、板ラチェットレンチが一本あれば良いという訳ではありません。, 一般的な自動車は8mm~24mmのボルトが使われており、対応する板ラチェットレンチをすべて揃えるとなると結構な金額になります。, 広い空間があるところでしか使えませんが、ボルトを緩めたり締め付けたりができるコードレスインパクトドライバーも自腹で買いました。, これを使えば電動で動くので作業スピードが格段にあがります。しかしインパクトドライバーの購入価格は14,000円ほどで結構な自己負担となりました。, なぜここまでして自腹で工具を揃えるのか?それは整備士は時間に追われているからです。時間配分がおかしな仕事量で休憩時間がロクにありません。, 画像の工具は「クリップリムーバー」と呼ばれる工具で、テコの原理を使って外れてしまった内張りのクリップを引き抜くことができます。, この工具は安くて一本300~400円くらいで購入することができます。逆に考えるとこんなにも安い工具ですら会社は用意してくれません。, コードレスインパクトドライバーは自分用(自宅用)にDIYで使えるのでまだ使い道があります。クリップリムーバーは仕事でしか使い道がありません。, 必要最低限の作業効率が悪い工具を支給しておいて「作業効率の良い工具は自腹で揃えろ」という流れが当たり前なのです。, 会社によっては軍手や安全靴までもが自腹の場合があるようですが、工具を使って会社に利益をもたらしているのですから備品・工具は会社が負担するべきです。, 仕事道具を会社が負担しないのは徹底したコスト削減が背景にあります。昔から「徹底的に無駄を省く意識」があって整備士(従業員)に負担を強いられています。, 最近では働き方改革として残業をすることが悪になってしまいました。「残業をする=日中の仕事が遅い」と評価されてしまい、給料だけでなく手当ても減る一方です。, 例えば月の残業が〇時間を超えると「ノルマ達成手当てが50%カット」のような理不尽なシステムが導入されました。, 会社は人件費・備品・水道光熱費まで徹底的にコスト削減を実現したいので、工具を支給するのではなく、整備士が自腹で工具を買い揃える必要があります。, 整備士は少ない給料から自腹で工具を購入しなければならず、手元に残るお金はもっと少なくなります。, 自動車業界のブラック体質から早く脱却しないと、このままでは自動車整備士を目指す若者がいなくなってしまいます。, 関西在住30代2児の父。14年間務めたカーディーラーを退職代行サービスで退職した元自動車整備士。こどもと過ごす時間が好きな甘党。趣味は動画鑑賞・ガチャガチャ。. 「なにか起きたときも話を聴いてちゃんと対応してくれるのが、一番の安心。」 「いいところもわるいところも教えてくれたので、安心して買うことができました。」, そのようなわかりづらい中古車の購入にあたって、なぜ「適正価格」という考え方を知っていただきたいのか、をお伝えしたいと思います。, なぜ、格安でもなく、割高でもなく、「適正価格」なのか? そして、なぜ、わたしが「適正価格」という考え方にたどり着いたのか?, これから「安心して中古車を買いたい」と思っている方へ、わたしからの「想い」が伝わるとうれしいです。, こんにちは。埼玉県にある、ミニバン中古車専門店、(株)ラインアップ代表の野瀬です…, こんにちは。埼玉県入間郡三芳町にある、コミコミ80万円以下のミニバン中古車専門店…, 営業時間:10:00~22:00 おはようございます。株式会社ティオ代表、motown21主宰の山本です。今日は、整備工場の工場長が現場力を変えるー3の生産性改善でCSを高めよう、です。工場長として作業現場を見る場合、修理技術の優劣以上に「生産性」をどう高めるかと言う視点が重要になる。与えられた経営資源で、いかに多くの整備作業をするかだ。年々歳々工賃目標がアップする中で、メカニックを増やしていては、利益は薄くなってしまう。これからの作業現場は、メカニックの数を減らしてでも、工賃売上をアップしていくことが求められている。それを成し遂げるのが「生産性向上」である。整備工場における生産性の指標には、「稼働率」と「作業効率」の二つがある。稼働率とは、平たく言えば、お金を稼いでいる割合。計算式は「直接作業時間÷実労働時間(※)×100」。※拘束時間+残業時間-休憩時間直接作業時間は、整備作業を行っている時間で、分解、脱着、調整、清掃、計測など実際に作業を行っている時間に付帯および余裕作業時間を加えた時間。この時間が、基本的に請求時間となりますので、お金を稼いでいる時間となる。, とはいっても整備作業をしている時間全てが請求できる時間かと言えば、そうはない。作業している時間が全て請求時間であれば、手の遅いメカや整備経験浅い方が、生産性が高いことになりる。そこで請求時間を決めるのが「標準作業時間」だ。別名、作業工数とか作業点数などと呼ぶこともある。この時間が実際かかった時間と比べたのが「作業効率」となる。計算式は「標準作業時間÷直接作業時間×100」。実際にかかった直接作業時間が、標準作業時間よりも長ければ生産性は低いことになる。, 稼働率を向上させるには「実労働時間」をより長くするか、「間接作業時間」を短くする二つの方策が考えられる。間接作業時間の多くを占めるのが「引取・納車」に伴う車両回送時間。入庫車両のほとんどが引取し、整備が終わったたら届ける必要悪サービス。このパターンを改めること。ある会社では、このサービスを有料化することにした。地方の田舎町にある工場で、一回の取引で800円とした。また、代車の貸し出しは、無料だが工場での引き渡し、引き受けとした。この結果、半部以上の車両回送回数を減らすことが出来た。念のためだが、このことで他社に切り替わったお客は全くなかった。有料化が難しいとなれば、車両回送そのものを効率化すること。何人で何台回送できたかが車両回送の効率化。例えば、1台のサービスカーに2名で行って、1台の回送が出来れば、車両回送効率0.5(1台÷2名)となる。1台のバイクに1名で行って、1台回送できれば車両回送効率は1.0になる。バイクをタクシーにしたり自転車でもいい。作業効率は、稼働率と違って社内の努力次第で大いに改善できる。先ずやるべきことは「工具・部品取置き」と「作業歩行」を減らすことだ。ある車検整備における作業時間は1時間5分、歩行距離401m、歩行歩数669歩だった。トルクレンチなどのツールとブレーキフルードは、作業中に取置きをしている。これは、この工場だけのことではなく、ごく普通に見られる光景だ。これを、作業前に準備して作業することで歩数、歩行距離は格段に少なくすることが出来る。作業指示書を貰ったら、即作業に入るのではなく、必要部品、必要工具&テスターなどを取りそろえてから作業に入る、これを常識にすること。, ある工場で検討しているのが、メカニックごとのハンドツールを無くし、空のキャディを与える。ハンドツールを共用工具とし、作業指示書を受け取ったメカニックは、ハンドツール置き場に行き、必要な工具をピックアップ、次に部品庫に行き、必要部品を取り出しキャディに搭載して作業ストールに行く仕組み。こうすることによって、取置き回数を減らすことと、作業手順を考えさせることで、作業動線を短くする効果を狙った改善だ。生産性の二つの指標は、何のために必要かと言えば「コストダウン」にとって不可欠だからだ。不景気の中でレバレートの改訂(アップ)は、お客さまからの抵抗が大きく難しいのが現実だ。しかし、経営的には新しい設備投資も必要だし、定期昇給もやらなければならないなど、経営費用は間違いなくアップしている。, そのコストを左右する指標が生産性の二大指標なのだ。稼働率が高まれば売上になる時間を多くすることができ、コストを吸収したことになる。作業効率は60分の標準作業を40分で行えば、20分のコストを吸収したことになる。, このコストダウンの原点が何かと言えば「5S」。5Sとは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」のこと。工場長は、生産性の二大指標を統計データとして集計・分析し、その結果に基づいて工場の課題を抽出し改善活動を行うこと。そして、常に5Sの目を持って工場内外を定期巡視することだ。それがマネジメントである。株式会社ティオお問い合わせ, 稼働率とは、平たく言えば、お金を稼いでいる割合。計算式は「直接作業時間÷実労働時間(※)×, 直接作業時間は、整備作業を行っている時間で、分解、脱着、調整、清掃、計測など実際に作業を行っている, 作業している時間が全て請求時間であれば、手の遅いメカや整備経験浅い方が、生産性が高いことになりる。, 稼働率を向上させるには「実労働時間」をより長くするか、「間接作業時間」を短くする二つの方策, 入庫車両のほとんどが引取し、整備が終わったたら届ける必要悪サービス。このパターンを改めること。, ある会社では、このサービスを有料化することにした。地方の田舎町にある工場で、一回の取引で, 何人で何台回送できたかが車両回送の効率化。例えば、1台のサービスカーに2名で行って、, これを、作業前に準備して作業することで歩数、歩行距離は格段に少なくすることが出来る。, 作業指示書を貰ったら、即作業に入るのではなく、必要部品、必要工具&テスターなどを取りそろえてから, ある工場で検討しているのが、メカニックごとのハンドツールを無くし、空のキャディを与える。, ールを共用工具とし、作業指示書を受け取ったメカニックは、ハンドツール置き場に行き、, 必要な工具をピックアップ、次に部品庫に行き、必要部品を取り出しキャディに搭載して作業ストールに, こうすることによって、取置き回数を減らすことと、作業手順を考えさせることで、作業動線を短くする効果を, 生産性の二つの指標は、何のために必要かと言えば「コストダウン」にとって不可欠だからだ。, 不景気の中でレバレートの改訂(アップ)は、お客さまからの抵抗が大きく難しいのが現実だ。, 工場長は、生産性の二大指標を統計データとして集計・分析し、その結果に基づいて工場の課題を抽出し, 改善活動を行うこと。そして、常に5Sの目を持って工場内外を定期巡視することだ。それがマネジメントである。. Copyright ©  埼玉にある中古車屋のプロが教えるミニバン選択基準 All rights reserved. 整備士は作業を行う上で必要な工具を自腹で買い足します。そして壊れたら自腹で買い直します。 給料が少ない整備士にとって自腹購入は非常に厳しい問題ですので、仕事道具は会社が経費で負担するべき … フリーダイヤル:0120-333-685 大学卒業後、大手中古車ディーラー勤務を経て30歳でミニバン専門店㈱ラインアップを設立。現在44歳。2児の父。この業界の裏も表も知り尽くしているプロならではの視点から、悪徳中古車屋の巧妙な罠に引っ掛かってほしくないという強い想いのもと、ユーザーに正しい情報を発信し、賢い中古車選びが出来るよう情熱を持って記事を書いています。このたび、中古車選びの本を出版することになりました。『ネットに騙されない本当の中古車選び』ぜひご購読頂きお役立て頂ければ幸いです。, 問題は高額な修理代を要求されたユーザーの怒りを「そんな車を売った」中古車店に向けること。, 全ての責任を販売した街の中古車屋のせいにして、自分たちはそれを助ける正義の味方。という図式をとりたいのだと思います。. 定休日:年中無休 自働車を整備するには工具がないと始まりません。たくさん種類があって今から働く人には、どれを選べば良いのか分からないですよね。 高級... タイヤの空気圧をチェックしていますか?車のタイヤも空気入れを使えば、自分で空気圧の調整ができます。 自動車を安全に走行させるだけで... https://www.attack.work/wp-content/uploads/2019/11/atapura-rogo.png. 購入した中古車をディーラーに車検に出したら、要修理・交換箇所の多さとその見積もりにビックリすることがあります。実際、機械に詳しくない初心者や女性をターゲットに、必要の無い修理や高価な部品を売りつけるディーラー整備士は存在し、ディーラーだからと安心もできないのです。