赤ちゃんとテレビのつけっぱなしについて。与える影響7項目!をお伝えしました! テレビやスマホなど…今では切り離せないものとなっていますね。 このようなテレビによる影響を考慮したうえで、上手に使っていきましょう! 【ママからのご相談】 Kuhl PK, Tsao FM, and Liu HM. 赤ちゃんに長時間テレビやスマートフォンなどを見せ続けると、さまざまな影響が出てきます。しかし、赤ちゃんに見せるつもりはなくてもテレビをつけっぱなしにしてしまうこともあります。 ・すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1 日 2 時間までを 目安と考えます。, この小児医学会のサイトによると、テレビを長時間見ることで、親子が顔をあわせて一緒に遊ぶ時間が減少し、言葉や心の発達を妨げると言われています。, 赤ちゃんと話す時には無意識に、ゆっくりとしたテンポでわかりやすい単語を使っていませんか。, そういった普段の生活の中での関わりが、赤ちゃんの言葉の成長を促しているので、親子の関わりを増やしましょうということを小児科の先生たちは言っています。, またテレビやスマホを長時間見ることで、視力や体力低下、さらには学力低下や脳機能にも影響してくる心配もあります。, テレビをつけていると確かに、親も赤ちゃんもテレビの方を見ているので顔を合わせる機会は少なく感じます。, この番組が終わったらテレビを消す、今日はこの番組だけみるなど自分なりのルールを決めて、1日のテレビつける時間を減らせるといいですね。, また、家の中にいるからテレビを見すぎてしまうので散歩する、絵本を読む時間を作るなど、テレビに依存しない生活を模索中です。, この記事を書いたはちここはツイッターでおでかけ情報や日常の育児について呟いています。, 【子ども(1歳児)とおでかけ育児!】 3歳5か月の息子がいます。私が家事をしているときは、必ず息子にテレビを見せています。もちろん、子供向けの番組を選んで見せてはいますが、好きな番組が終わると、次はDVDを見たがります。息子は一度見入ってしまうと、ずっとテレビの前にいるので、困ってしまいます。, 長い時間テレビを見ると、頭に良くないと聞いたことがありますが、本当なのでしょうか?, テレビの世界は、好奇心のあるお子さんにとっては、とても魅力的に感じるのでしょうね。息子さんも、おそらく、いろいろなことに興味を持っている時期なのだと思います。ただ、相談者さんが危惧されている通り、テレビの視聴については、既に専門家から慎重な意見が出ています。, 東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(脳科学)らのグループが、2013年11月、「子供が長時間テレビを見て生活すると、脳の発達や言語能力に悪影響を及ぼす」との研究結果を発表しています。調査は、宮城県の5~18歳を対象にテレビの視聴時間や家庭環境を調べ、脳画像の解析や知能テストなどを実施。テレビを長時間見た子供の方が、脳の成長が遅い傾向が出たそうです。, さらに、2004年には、大学の医師から開業医までの小児科医が集まる日本小児科学会でも、「乳幼児のテレビ・ビデオの長時間視聴は危険です」と題する緊急提言をしています。同学会、こどもの生活環境改善委員会が、乳幼児のテレビ視聴の発達への影響を検討するため、3地域の1歳6か月健診対象児、計1900人について、視聴時間別に“運動”“社会性”“言語”の発達状況などを調査しました。, 「長時間視聴は1歳6か月時点の意味のある言葉(有意語)の出現の遅れと関係がある」 ・『なぜか3兄弟全員が東大合格!「勉強しろ」と絶対言わない子育て』(講談社)/後藤眞智子・著. 「このようなテレビの影響にほとんどの親が気づいていない」, これまでの専門家による調査結果を踏まえると、長時間のテレビ視聴が乳幼児の脳へ何かしらの影響を与えているのは確かなようです。だからといって、テレビを全く見せないと決めてしまうのも性急すぎるかもしれません。, そこで、テレビの視聴に敏感な現役ママさんたちのご意見などを参考にしながら、乳幼児期におけるテレビの見せ方を考えてみます。, 日本小児科学会での調査では、子どもの近くでテレビが8時間以上ついている「長時間視聴家庭」の子どもは、有意語出現の遅れの率が高いことが明らかになっています。「長時間視聴家庭」では、親の生活がテレビに偏って親子の関わりの時間や、他の活動が少なくなるなど推察されています。, 『テレビは一方的に情報を流してくるので、(情報処理能力の未熟な)小さい子供には悪影響だと思う』(2歳の男の子ママ), 『テレビに依存すると、外遊びをしたがらなくなってしまうのでは』(3歳の男の子ママ), 『以前はニュース番組をつけっぱなしにしてしまうことがあったが、暴動シーンなど残酷な場面も出てくるので子供がいるときは見るのを控えている』(1歳7か月の女の子ママ), 前出の通り、ダラダラと長時間テレビの前に座らせないためにも、あらかじめ見る番組を選んだり、視聴時間を決めたりすることは必要なことですね。, 中でも、「食事中はテレビを見ない」というママさんが多く、食べるときは、親子で会話をする時間と決めているそうです。, また、東大生3人を育てたという『なぜか3兄弟全員が東大合格!「勉強しろ」と絶対言わない子育て』(講談社)の著者、後藤眞智子さんも、著書の中で「食事中にはテレビをつけない」決まりにして、子どもの話を聞く時間としていたとのこと。テレビの視聴もルールを決めることが大切なようです。, 小児科開業医の集まりである日本小児科医会も、2004年に「子どもとメディア」の問題に対する提言を行っています。その中で、「暴力映像を長時間見ることが、後年の暴力的行動や事件に関係しているのは明らかな事実」とし、保護者と子供で、テレビを含めた「メディアを上手に利用するルール」をつくることなどを指摘しています。, 『周囲の子供との関わり方が未熟なときに、善悪関係が明らかだとしても、暴力的な行為を正当化してしまうことが恐い』(4歳の女の子ママ), 『私も小さいころは戦いものを見せてもらえなかったので、見せる必要性を感じない』(2歳の男の子ママ), ここで紹介した専門家の調査結果や提言などからは、「見せっぱなし」というテレビの長時間視聴に関しては、未熟な子供の脳には良くはないと感じます。, また、テレビをどんどん見せた方が良いと推奨している、久保田乳幼児教室「くぼたのうけん」を主宰する久保田カヨ子さんも、「テレビを見せることで真似をして脳を刺激されるが、見せっぱなしはダメ。1時間見せたら15分休ませる」と言っています。(『エチカの鏡 ココロにキクTV』フジテレビ系 2009年5月放送), テレビを視聴する際は、時間を決めるなど親子で「ルールを決める」ことが重要だと思います。, 何よりも、お子さんが遊びたがるときは家事の手を休め、親子の関わりを大切にしてくださいね。, 【参考リンク・文献】 今、テレビはどのくらい見ているんだろう; テレビを1 Foreign-language experience in infancy: effects of short-term exposure and social interaction on phonetic learning. 子どもにとって好ましくないとは思いながら、ついテレビをつけっぱなしにしてしまうママ、パパも多いと思います。しかし、そもそもテレビのつけっぱなしは子どもに悪影響はあるのでしょうか?良い影響を与える見せ方があるのなら、どんなものなのでしょうか? おそらく、赤ちゃん時代のテレビの影響でうちの子は になってしまった! という回答は無いと思います。 ちなみにうちも結構テレビはつけっぱなしの家でした。 子供は普通に育っています。 勉強もスポーツも容姿も性格も可もなく不可もなく。 ・「子どもとメディア」の問題に対する提言|一般社団法人 日本小児科医会 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説... 今回は、理想の家を思い描いている皆さんに、永く・快適に・安心して住める家づくりを心掛け、多くの新築注文住宅を手掛けてきたホロスホームをご紹介します。. ... 赤ちゃんの成長ってとても早いですよね。 2012 May;33(4):291-7. 子どもにとって好ましくないとは思いながら、つい、テレビをつけっぱなしにしてしまうママ、パパも多いと思います。しかし、そもそもテレビの視聴は子どもに悪影響はあるのでしょうか? また、良い影響を与える見せ方があるのなら、どんなものなのでしょうか?, 実際のところ、テレビは子どもにどんな影響を与えるのか、子どもとメディアの関わりについて詳しいお茶の水女子大学の菅原ますみ教授に聞いてみました。, 「アメリカの小児科学会では、注意欠陥などとの関連性が疑われるとして、『0〜2歳といった乳児期の子どもにはテレビは見せないほうがいい』という勧告を出しています。」, 「一方で、未就学児がテレビから受ける影響についての科学的な研究は2000年くらいから始まり、15年分の研究データが蓄積されつつあります。そこには、長時間視聴と注意力減退についてのみ弱い関連が見られる、という報告も一部ありますが、因果関係が見られなかったという報告もあり、結果が一致していません。」, 「またADHDや自閉症などがテレビを原因に新たに発症するという報告は出ていませんし、テレビを多く見ていてもなんら問題が見られない子どもが多くいる事実も見逃せません。つまるところ、その勧告には強い科学的な根拠が存在する、という状況ではないのです」, 立場の違いもあり、検証もこれからという面がある模様。どちらが正しいということではありませんが、発達心理学はこうした実証的・科学的な調査研究に重きを置いており今のところ「テレビの悪影響はほとんど無い」というのが見解です。, 「暴力的、セクシャルな内容のテレビ番組からは直接の影響を受けてしまいます。子どもは大人が考える以上に物事を理解していますので、小さな子どもだからとあなどらず、注意が必要です。子どもにふさわしい教育的な内容の番組を選んで視聴するのが望ましいですね。」, 「ただ戦争や犯罪なども現実社会の一部ですから、なんでもかんでも遮断するというのも考え物でしょう。ニュース番組などからそういった情報に触れるときには、年齢に応じて親がコメントを添えて一緒に視聴すれば、社会を知るよい機会となります。」, では、実際のところ、子どもは毎日どれくらいテレビを見ているのでしょうか? 調査によると、大人が考えているほど長い時間見ているわけではないようです。, 「私が共同研究者として加わっている『“子どもに良い放送”プロジェクト』では0歳から11歳までのお子さんのいる家庭を調査しました。平均でみると子どもがいる部屋でテレビがついている時間は0歳で3時間13分、1歳で3時間24分と乳児期は確かに長いのですが、2歳では2時間44分と大幅に減り、その後5歳の2時間9分と徐々に下降します。」, 「しかも、画面を見ていない『ついているだけ』の時間も多く、実際に見ている時間は『ながら見』を含めても一番多い1歳児で1時間44分程度で、あとは90分程度となっています。」, 「具体的に何時間であれば理想的ということはありません。気にすべきは子どもの『可処分時間』です。これはお風呂、ご飯、寝ている時間などを除いた、子どもの自由時間のことで、計測してみると、小さい子も意外と忙しく、だいたい5〜6時間といったところ。そのなかで、テレビ視聴がどれくらい時間を占めているかが重要です。」, 「そこで実践していただきたいのが『視聴日誌』をつけること。一週間、どんな番組をどれぐらい時間観たのか、その他にも外で友達と遊んだ時間、室内でひとり遊びした時間、親と遊んだ時間、絵本を読んだ時間など、主要な活動について記録をつけておく。これで、全体の活動の中でどれぐらいテレビを見ているのか具体的に把握してください。」, テレビの視聴時間は、実際の視聴時間を把握して検討するべきだそうです。外でからだを動かして遊ぶ時間、絵本を読む時間、室内でおもちゃ遊びを楽しむ時間、テレビを見る時間、どれも子どもの成長にとって必要なもの。食品の栄養素と同じように考えてバランスよく配分するのが重要なようです。, 「理想的な時間は特にないとはいえ、子どもの自由時間が一日5時間しかないと思えば、おのずとテレビを観てよい時間は多くても2時間以内に収束してくるのではないでしょうか。多過ぎるな、と感じたら一度テレビを消してみて下さい。ほかにも楽しい活動があることに気付けると思います。」, 「テレビを学習のために使うのであれば、子どもへの声がけ、問いかけがポイントになります。海外の研究で、3歳児を対象に番組内容の理解度、登場する単語の習得度について4つのグループを作り、サンプル番組を使って調査したところ、最も子どもの理解度や単語の習得に効果があったのが『親が子どもに問いかけをするグループ』でした。そして、番組出演者が(画面を通して)問いかけをするグループ、親が一方的にコメントをするグループ、親が一緒に見ていただけのグループ、の順に効果が下がっていくという結果だったのです。」, 問いかけとコメントの違いですが「ウサちゃん可愛かったね」と感想を言うだけなのがコメント、「ウサちゃんはどう思っていたかな?」と考えて答える質問を投げかけるのが問いかけです。後者は『会話的な問いかけ法』というもので、考えて発言させることによって子どもの記憶に定着する度合いが高まるそうです。教育番組はお姉さんが画面を通して問いかけてくる構成にはなっていますが、それは一方通行にすぎず、親が子どもの反応をみながら問いかけることに勝るものはないのだとか。, 「おそらく、絵本を読んであげるときには自然にこの会話的な問いかけをやっていることと思います。テレビも絵本のように使うことで、ただ観せるだけよりも学びの効果をあげることができるのです。」, 子どもを構ってあげられない時、子守り代わりにテレビを流しっぱなしにしまうことがあります。これはよくないことなのでしょうか?, 「忙しく手が離せないときにはテレビに助けてもらってもいいと思います。私自身、在宅で仕事をしているとき、子どもの好きな番組を集めた『鉄板ビデオ』を作っておとなしくしていて欲しいときに見せていました。このビデオは普段は見せず、ここぞという時に使っていたので効果は絶大でしたね(笑)。子育ては大変ですが心の余裕を持つべきです。楽ができる時には楽にして、笑顔を絶やさないのがなにより子どものためになりますから。」, 平日は忙しくて子どもに構ってあげられない時間帯があるなら、そこはテレビに頼ってしまってもいい。代わりに寝る前に絵本を読んであげたり週末はいっぱい遊んであげればOK。それぐらいゆとりをもって考えればよいというアドバイスもいただき、ずいぶんと気が楽になりました。, 結局のところ、テレビが子どもにどんな影響を与えるかは親次第。子どもにとっても、親にとってもためになるテレビの使い方を、各家庭で考えてみたいですね。, 文学博士。お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系教授。専門分野は発達心理学、教育心理学。『子どもに良い放送プロジェクト』ではNHKと共同で、メディアと子どもの発達について研究を行う, 職業、エディター。恋人、娘。週末、締切に慌てる。そんな兼業ライター。2児の父。子供の頃、歳の離れた弟の面倒をみた経験から家庭内では子育てのベテランを気取るものの、その様が嫁にうとましがられている気がしなくもない40代。休日は得意の料理で、嫁子のご機嫌取りに余念がない。, 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、子どものおでかけ情報、お出かけスポットのクチコミ・親子体験情報、おでかけスポット人気ランキングなど、親子のつながり・幸せを願って日々運営しております。, ログインしている場合、ユーザーIDが送信されますので、ご登録頂いているメールアドレス宛に編集部から連絡させていただく場合があります。. 一日中テレビをつけっぱなしにすると電気料金ってどのくらいかかるものなんでしょうか。ブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビの3種類の電気代を1日中つけたままの場合で比較してみました。 うちの主人はテレビをつかっぱなしなどしません。 忙しく手が離せないときにはつい赤ちゃんにテレビを見せているママも多いですよね。しかし、テレビを見せると赤ちゃんの脳や視力に悪い影響がないか心配になることもあるのではないでしょうか?今回は、テレビが赤ちゃんに与える影響や悪影響にならないための注意点をご紹介します。. Proc Natl Acad Sci U S A. Media violence exposure and physical aggression in fifth-grade children.   2017/09/02, ですが、テレビをつけっぱなしにして長時間見せておく事は必ずしも良いとは言えません。, これからあげられる様々な影響を頭にいれて、テレビとの上手な付き合い方考えてみるといろいろありますが、一番は思考力が鍛えられないことだと思います。, 赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けると、コミュニケーション能力が低下することが心配されます。これは、テレビが赤ちゃんに対して一方的に情報を発信し続けていることが関係しています。, たしかに、カラフルな画面や楽しい音楽が流れてきたり、幼児向け番組のキャラクターが話しかけるように言葉を発したりしますが、赤ちゃんがそれに対して返事をしてもコミュニケーションが取れるというわけではありませんものね。, テレビからの一方的なコミュニケーションに慣れてしまうと、自分から相手に何かをしようとする気持ちが育たなくなってしまうのです。, 赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けると、言語発達の遅れが生じやすくなると言われています。, これは、コミュニケーション能力の低下のひとつと捉えられており、テレビの音を聞くだけで言葉にするという機会が減ってしまうことが関係しています。, その結果、なかなか言葉を発しようとしなくなり、話し始める時期がどんどん遅れてしまうようになるそうです。, 言語発達の遅れは、日本小児科学会が2歳以下の赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けることが関係していると発表しており、深刻な問題として指摘されています。, 赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けると、精神面の成長を阻害してしまうという心配もあります。, 日本小児科学会は、赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けると、落ち着きがなかったり、集中力が欠けてしまったりするなどの注意欠陥障害になる危険性が大きいと発表しています。, 視聴時間が1時間延びるごとに7歳の頃に注意欠陥障害になる可能性が10%上がると言われています。この事から、長時間のテレビ視聴は控えるべきだと言えます。, 日本小児科医会は2歳までのテレビの視聴を控えるよう呼びかけていますが、現実はそういかないことのほうが多いので困りもの。, 暴力的なシーンが多いテレビを長時間見せていると、暴力的な性格になってしまうというのはご存知でしょうか?, 勿論、テレビが子供の性格を全て決めるわけではありませんが…将来の子供の性格に大きく関わる要因の1つであることには変わりありません。, しっかり考えられた幼児向け番組やDVDは大人が見ていても心温まる内容のものもあります。, テレビは遊びやエンターテインメントの1つと考えて、大人がどのようなテレビを見せるのか吟味する必要はありそうです。, 赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けると、目が悪くなるのではないかと視力への影響が心配になりますよね。よく赤ちゃんがテレビに近づいてじっと見ている様子が見られますが、これは赤ちゃんの視力がまだ弱く、近づかないと見えないからです。, 生後6カ月でも0.2、1才半になったとしても0.4くらいの視力なので、テレビに何が映っているのかわからないまま見ているのです。, 気になる視力への影響ですが、1歳くらいになるまでは同じものをじっと注視し続けることができないので、あまりにも画面に接近していなければ、特に視力の心配をする必要はないでしょう。, また、テレビから出る光や音は刺激が強く、長時間見せると大人が思う以上に赤ちゃんの負担になります。時間を決め、明るい部屋でテレビから距離を取って見せるようにしましょう。, 近すぎて見えてないでしょ?というくらいに、赤ちゃんはテレビによく近づいてしまいますね。  テレビの周りに柵などを取り付ける家庭もあると思いますが、掃除するときに柵が邪魔になってしまいます。, 正直、赤ちゃんが全くテレビに近づけさせない方法はありませんせんが、近づく事を減らすことはできます。, 買い換えるのはお金がかかりますので、プレイマットやテレビを消すのが手早い方法ですね!, いつも斜めからテレビを見ていると、見たい対象物に対して斜めから見る癖がつき、顔を傾けるようになってしまいます。, ママやパパも、赤ちゃんが大人しくじっとしていてくれれば手がかかりませんので、一日中テレビを見せて放っておく時間が多くなってしまう危険もあります。, テレビの怖い所はテレビから受ける影響だけでなく、テレビに依存し、現実世界から学ぶことを疎かにしてしまいやすいということです。, 第一にテレビの魅力とは、映像を見せて赤ちゃんの知らない世界を教えてあげられることです。, こうしたものは絵や写真よりも映像で見せる方が赤ちゃんも分かりやすいのではないでしょうか?, などといった日常生活も、映像で見せて教える方が赤ちゃんもイメージしやすくなります。, また、子供番組には赤ちゃんが認識しやすい色、興味を持つ音使いの工夫がされています。, 3・視聴時間が1時間伸びるごとに、7歳の時に注意欠陥障害になるリスクが10%あがる。, 7・未知の世界や、日常生活の習慣など…音と動きと合わせて色々な事を知る事ができる。, さて、離乳食が始まってから2ヶ月。 ・おかず、主食を合わせて10さじ、子ども茶碗 …, もうすぐハロウィンですね! 仮装をしたり、身内でパーティーのような事をしたり…お …, 人間である以上、トラブル無しで生きていくのは難しいですよね。トラブル、と言っても ….