お使いのブラウザはJavascriptが無効になっているため、サイトを快適にご利用いただけないかもしれません。Javascriptを有効にして下さい。, 毎年5月の半ばを過ぎると、大手企業を中心に決算の発表や報告についてのニュースが増えてきます。また5月の後半から6月の上旬にかけては株主総会に関するニュースが増えてきます。, その理由は、多くの企業は3月決算であり、その報告や株主総会がこの時期に集中しているからです。, なぜ、3月決算が多いのでしょうか。また、その理由とは。今回は、決算と決算期について解説します。, 国税庁は毎年、法人税や所得税等各種税目別の申告者数や申告金額などを統計資料として発表しています。, 参考Webサイト 国税庁統計情報 宝飾業界と広告会社を経て2008年 NOC入社。営業や制作ディレクターを経験し、現在はWebマーケティング担当兼当コンテンツの編集を担当。 「中小企業の数を半分以下にせよ」――。そんな日本再生論が話題を呼んでいる。「小さな事業者が多すぎる国は生産性が低い」という主張は国際統計にも裏打ちされたものだ。“弱き存在”として様々な保護を受けてきた中小企業を巡る環境に、今までにない変化が起きつつある。 連載/あるあるビジネス処方箋 昨年11〜12月に、中小企業の経営者7人程の取材をしてあらためて思ったことがある。今回は、それを紹介したい。 会計の世界でも「グローバル化」が存在しています。日本の大企業、中小企業の海外進出がますます進んでいくと、12月決算の企業がもっと増えるかもしれません。もしかしたら皆さんの会社も来期から12月決算に移行なんていう発表があるかもしれませんね。, NOC 当コンテンツの編集者。 決算期を決めるにあたり、その会社の繁忙期や資金的な余裕を考慮して決定することも多いようです。それにも関わらず、なぜ特定の時期に決算日が集中するのでしょうか。, 3月決算が多い理由として考えられているものにはいくつかありますが代表的なものを3つ挙げてみましょう。, 1. 福利厚生は充実しても人 12月決算が多い理由. 一般に、中小企業・小規模事業者は信用力に乏しく、民間金融機関だけで資金繰りを円滑に進めることは困難な場合も多い。 このため、各地の信用保証協会が、中小企業の民間金融機関からの借入れに対して保証を行い、返済が滞った際には、代わ 会社と言っても、業績や業種によって規模は大きく異なります。そうした違いがあるからこそ、大企業と中小企業という言葉が生まれるのです。とはいえ、中小企業でもかなり大きな規模を持つ企業もあるのです。今回は、普段聞くことはあっても意外と知られていない、大企業と中小企業の違いについて解説していきます。, よくニュースなどで耳にする大企業や中小企業と言った、企業の規模を端的に表す言葉。言葉は何度か聞いたことがある人がほとんどですが、具体的な定義などは意外にも知られていません。単に大雑把な規模で決めているのではないかと思われますが、実は明確に決まった定義があるのです。, 基本的に企業の大まかな規模は、中小企業基本法というもので決まってきます。これは中小企業とはどういうものなのかが定義されており、基本的にこの定義に当てはまるか否かで区別されるのです。, 日本には様々な企業がありますが、その大半は中小企業と言われています。全国的に知られている企業でも、実は中小企業の一つだということはよくある話です。ではなぜそのようになっているのか、それは先程出てきたあの法律に当てはまっているからなのです。, つまりいくら全国展開していたとしても、中小企業基本法に当てはまっている時点で中小企業とされてしまうのです。ではその法律の内容とはどういうものか、そしてのようにして判断するのかについて、次の部分で解説をしていきます。, 中小企業基本法で定義されていることは主に2つあります。そのうちの一つが社員の数です。この企業には現在どのくらいの人を雇っているかを表しています。当然多ければ多いほどその会社の規模が大きいことがわかります。, 基本的にはこの数が300人以下かどうかということになります。しかし業種によっては、この人数が100人や50人と、さらに少なくなる場合もあります。社員の数で企業の区分が変わることはわかりましたが、実は社員数の他にももう一つ判断基準があるのです。, 企業の規模を知る上で最も重要なもの、それが資本金の額もしくは出資の総額です。社員数と同じように、これらが多ければ多いほど規模なども大きいということがわかります。, こちらは基本は3億円以下と定められています。また社員数と同様に業種によって1億円以下や5千万円以下など、基準が下がる場合もあります。資本金の額ないし出資の総額、もしくは在籍している社員の数どちらかを満たしている場合、中小企業と位置づけられるのです。その結果日本に多くの中小企業が存在することとなるのです。, 資本金や社員数で大企業なのかどうかが決まるということについて解説しましたが、実際に仕事をする人にとって知りたいことというのは、もっと他にもあります。その中でも特に多いのが、給与面です。こちらは企業の業績によって当然異なりますが、大企業と中小企業とを比べると、割合的には規模の大きい企業のほうが給料が良いです。, しかしここ最近は、大企業でも給料が下がりつつあります。今大手企業に勤めたからといって、高額の給与が保証されるわけではない時代になっているということは認識しておくべきでしょう。, ニュースでは大企業の給与が安くなったりなどの話題が出てきますが、それよりも前から地方などの小さめの規模の給与面は不安が多くあります。大きい会社と比べると、給料はどうしても相対的に低くなってしまいます。また大企業とは違い毎年必ずボーナスが出るとも言い難いため、その部分の不安がかなり大きいです。, さらに地方に行くと、後継者問題などで廃業をせざるを得ない企業も徐々に増えてきています。せっかく入社したのに後継者がいないという理由でやがて倒産してしまうということも、今後は増えていきそうです。, 大手企業の良さは給料だけではありません。会社の信頼度なども高く、そして福利厚生が充実しているというメリットがあります。信頼度が高ければクレジットカードなどの審査も通りやすく、福利厚生が充実していることで生活なども豊かになります。, しかしその一方で、人間関係で悩むことはかなり多いです。特に社員数が多い場合年が離れた上司、たくさんの同僚との競争などが発生し、常にピリピリした状況で仕事をしなければならないこともあるでしょう。さらに、なにかをするたびに上司に許可などを取ることが多いため、意見や提案が通りにくいこともよくあると一般的に言われています。, では中小企業の場合はどうなのかというと、良いとも言い難いですが悪いとも言い難いです。簡潔にいうと企業によって様々です。最近では中小企業でも福利厚生がしっかりしている企業も増えてきているなど、ちょっとした変革期を迎えています。, 人間関係についても会社によっては雰囲気が良いところもあるため、場合によっては有名会社よりも働きやすいです。とはいえ自分と職場の雰囲気が合わなかった場合、余計働きづらいことになる可能性もあります。, 大企業と中小企業の間で業態に違いはあるのかというと、実際は会社の規模による違いというものはありません。ネット販売などの最先端事業に進出している中小企業は沢山あります。また、特定の事業においては中小企業がトップの座に君臨していることも珍しい話ではありません。, どんな業種でも、大企業もあれば中小企業もあるのです。従業員の数や一定の規定に該当するかなど違いはありますが、どの業界でも就職の選択肢はある程度あります。, 大企業と中小企業は従業員数にも大きな違いがあります。何となく、大企業は従業員がたくさんいて中小企業は少ないというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。そのイメージは先に解説した「社員の数」で間違いではないといえます。, 中小企業の求人を見ると、「アットホームな職場」と書かれていることが多いです。アットホーム、つまり家にいるようなリラックスできる環境という意味をもちます。, たしかに中小企業は従業員の数が少ないため、人と人との関係が近く、濃くなるものです。特に従業員数が10人未満の会社は「アットホームな職場」といううたい文句が多用されます。逆に中小企業でも従業員数が50人や100人となるとあまりアットホームな職場とはいえないでしょう。, 近く深い距離は家族のような絆と安心感がありますが、逆に人間関係に悩むケースも少なくありません。従業員数が多い会社は競争が激しい反面、あまり従業員同士の関わりは深くならない傾向にあります。個人の人間関係が苦手な人やコミュニケーション能力に自信がない人は、意外と従業員数が多い会社の方が向いていた…ということもよくある話です。, 大企業の方が業務は細分化されている傾向が強いです。ブランド力も高いため、社会的地位が高くなりやすいのも大企業の特徴です。人手が多い分、ルールの整備もしっかりとしています。, 中小企業は人手が少ないため一人一人の業務が幅広くなります。その分負担も大きくなるでしょう。また、上司に相談しやすいのは中小企業の大きなメリットですが、社長の一存で事業の全てが決まってしまうというデメリットもあるのです。, 一方大企業は業務までの工程が多くなる傾向もあり、ミーティングが重なることがよく起こります。また、上司が変わるだけで業務内容がまるっきり変わってしまうことも多いようです。, 大企業か中小企業かどちらを選ぶか決める際は、事業内容だけでなくどんな働き方をしたいのかイメージしておくと良いでしょう。, 高度経済成長期の頃の大企業というのは、入社したらそのまま年功序列で給与が上がるなど、まさにエスカレーターのように出世できるようなものでした。しかし現在はそのようなことはなく、出世はかなり難しいです。とはいえそれでも安定した給料面や福利厚生は、現在でも残っています。, 安定して収入を得たい人や福利厚生を重視している場合は、大企業で働くのがおすすめです。しかし最近は早期退職などのリストラを行っている企業も増えてきているため、長期間安定して働けると考えている場合、後々散々な目に合うこともあるので注意しましょう。, せっかく会社で働くのであれば、自分がこの会社を変えてやる、というチャレンジ精神旺盛な人は中小企業で働くのがおすすめです。特に福利厚生などが比較的多いベンチャー企業の場合、働きやすくてなおかつ出世もできるため、まさにチャレンジ精神旺盛な人にとっては最高な環境となっています。, しかし地方の中小企業の場合、昔の考えをそのまま持っているという会社も多いため、どうしても人間関係や価値観の違いなどの部分で働きづらいということも出てきます。もしも中小企業に転職しようと考えている場合、しっかりと転職先の候補の企業を調べるようにしましょう。, 大企業と中小企業の違いについて説明をさせていただきましたが、大企業の中にも新規事業をどんどん立ち上げチャレンジ精神を求められるような企業があります。反対に中小企業の中にも、親会社が大企業であり、安定した収入や福利厚生が整っている企業も多数あります。, 転職を検討している場合はこういった「社風」に関してもしっかり把握したうえで選ぶようにしましょう。, 転職エージェントを使うことで、経歴や希望条件を加味したうえで最適な求人をピックアップしてくれます。ただ求人サイトを使っているだけでは見逃してしまう求人にも巡り合えるのです。, 大企業との根本的な違いについては法律によって変わっていませんが、勢いとしては大企業よりも中小企業のほうが大いにあるといえるでしょう。, 小規模ながらも革新的な製品やサービスを発表し、それがヒットすることによってさらに勢いを増すという動きが増加しています。そしてその勢いはやがて大企業も太刀打ちできないほどのものになるのです。ここ最近の日本では、そうしたベンチャー企業を始めとした中小企業による下剋上が増えているのです。実際にここ数年、ベンチャー企業の上場ニュースが毎日のように飛び込んできます。, 【徹底比較】SIer vs SES!2つの違いはそもそも何?業界事情から将来性まで徹底解説!, 産休の法律を徹底解説!産休の期間からその期間の給料まで。これを押さえておけばOK!, コロナが流行っていても転職活動はするべき??オンライン面接などを導入している企業も多くあります!, 【徹底比較】フロントエンド vs バックエンド!両者の違いから必要なスキル、将来性まで分かりやすくご紹介します!, 【徹底比較!】PM vs PMO!役割の違いから必要なスキル・資格まで幅広くご紹介します!, 【徹底比較】Unity vs Unreal Engine!どう違うの?ゲームエンジンの説明からメリット・デメリットまで解説します!, 面接で希望年収を聞かれたら、正直に言うべき?質問のウラに隠された面接官の意図とは!, プラットフォームについて徹底解説!その特徴から代表的なプラットフォームまで分かりやすくご紹介します。, 【2020年 IT業界トレンド速報】今年伸びる注目のIT技術や今後必要とされるスキルについて徹底解説します!, .a,.c{fill:none;}.b{clip-path:url(#a);}.c{stroke:#3a3a3a;stroke-linecap:round;stroke-linejoin:round;stroke-width:1.334px;}転職に関するお問い合わせ, .a,.c{fill:none;}.b{clip-path:url(#a);}.c{stroke:#3a3a3a;stroke-linecap:round;stroke-linejoin:round;stroke-width:1.334px;}採用に関するお問い合わせ, .a{fill:none;stroke:#3a3a3a;stroke-linecap:round;stroke-linejoin:round;stroke-width:1.499px;}.b{fill:#3a3a3a;}よくあるご質問, Copyright © Geekly Co.,LTD. 2103 0 obj <>stream なぜ中小企業が多いのか . https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm, その中に「決算期別の申告法人数」(年ごとに統計年報/直接税/法人税の中にあります)のデータがあります。 日本の教育制度が4月~3月という期間であるため 「なぜ中小企業が多いのでしょうか?」逆の言い方をすれば、「なぜ大企業が少ないのでしょうか?」こちらの文章すべてお読み頂けますと、上場している0.1%の経営者の考え方を理解していただくことができます。大企業の経営者への理解が深まりましたら幸いです。