横浜DeNAの山崎康晃投手が投げているボールで、本人はツーシームと呼んでいるが実際の変化はスプリットのような軌道です。 ツーシームと呼ぶ由来は「大学時代に先輩の東浜巨投手(ソフトバンク)からこのツーシームを教わった」と山崎投手本人がテレビなどで紹介したからです。

2011年、山﨑と薮田が亜細亜大学に入学する。 2011年~2012年、東浜が山﨑と薮田にシンカーの握りを見せる。九里が山﨑と薮田に東浜のツーシームの投げ方を教える。 ツーシームというとシュート系(シンカー系)の変化球と認識している人がいますが、厳密にはそれは誤りです。 しかしピッチャーで、ツーシームを投げる選手以外はその球種としての特徴や、長所・短所については明確に理解していないと思います。

-スプリット, ツーシーム, ファストボール, 亜大ツーシーム. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (function(d, s, id) { }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); 変化球は様々な種類があり、近年は既存の変化球をベースとした新しい変化球も続々と登場しています。そんな中、「魔球」と言われ... 世界的に流行中!現代の魔球「ツーシーム」とその軌道について〜シュートとの違いは何か?〜. Copyright © BASEBALL GATE All rights reserved.

ここ最近、多くのピッチャーが使うようになった『ツーシーム』。バッターの手元で動いて芯を外せるので、覚えておくと非常に便利で投球の幅が広がりますね。この記事では、ピッチャーやこれからピッチャーを始める人、指導者の方のために、様々なツーシームの握り方、投げ方のコツについて解説します。, ツーシームはほぼストレートとほぼ同じ球速で手元でわずかにシュート気味に落ちる軌道のボールです。指の握り方、引っ掛け方で変化の仕方を変えることができます。ツーシームは基本的には、バッターの手元でわずかに変化するボールになるため、芯を外して内野ゴロなどの凡打を打たせたい時に使う球種です。もちろん、変化幅が大きいツーシームを投げる場合は、空振りを取るための球種にも使えます。, ツーシームは、名称がついている種類はなく、『ツーシーム』のみになります。しかし、プロなどで投げている投手を見ると大きく2つに分かれます。, これはオーソドックスなツーシームで、ストレートに近い球速で、バッターの手元で小さくシュート気味に変化します。プロ野球などでも多く目にすると思います。, これはベイスターズの山崎康晃投手が有名ですが、ボールの握る幅を大きくすることで、落ちる変化を与えています。, ツーシームの握り方にも複数の種類があります。握り方に正解はありませんので、どのようなボールを投げたいか、という目的から逆算して握り方を試してみましょう。変化を決める要素は下記です。, ここでは様々なツーシームの握り方を紹介します。これらの握り方を参考に投げながら、良い握り方を見つけていってください。, 基本的には。投げ方はストレートと全く同じで、ストレートを投げるつもりで腕を振ります。リリースの瞬間も特に意識しません。握り方の違いによってほんの少しだけ変化するようになります。, 腕の振りはストレートと同じですが、リリースの時に、手首を少しだけ外側に向けたり、人差し指・中指で押し出すように投げるピッチャーが多いようです。, 腕の振りはストレートと変えず、ボールの握りを深く、指の広げる幅を大きくしていくことで、スピードが落ちる分、下に落ちるように変化するようになります。また、リリースの瞬間に手首を外側に少しだけ向けるか、指で外側に押し出すようにすることで、沈みながら横にも動くようになります(こうなると、ほぼシンカーですが)。, 以上が、様々なツーシームの握り方、投げ方のコツでした。ぜひ参考にしてみてくださいね。みなさまの野球人生がより良いものになりますように。, 野球プレーヤーの皆様向けに、 リンク先の記事をブックマークしておくと、困ったときに便利ですよ。.

2019年11月現在、プレミア12の報道が各地で行われているように、野球人気はとどまることを知りません。, その中には「名前は聞いたことがあるけれど、どのように他の変化球と違うのかわからないというものも多くあると思います。, シュートは縦方向への変化は少ない代わりに、投手の利き腕方向に曲がる変化球の名称です。, 下方向の回転でバックスピンがかかるストレートに対し、シュートはスピンの回転数が少なく、また水平方向の回転が加わりサイドスピンがかかっています。, 基本的には、人差し指を縫い目にそって握り、中指を人差し指に揃えて投げることでシュートを投げることが出来ます。, シュートを投げる代表的なピッチャーとして、「カミソリシュート」の異名で知られる元大洋ホエールズの平松政次投手などがいます。, 一般的にストレートは、ボールが1回転する間に、打者から見て縫い目が4回通過します。, 一方、ツーシームは、握るボールの角度を90度傾けて投げるため、ボールが1回転する間に、打者から見て縫い目が2回通過します。そのため、「ツーシーム」と呼ばれています。, ツーシームの具体的な握り方としては、2本の縫い目それぞれに1本ずつ人差し指と中指を置いて握るというものです。, これはシュートを投げる際の握り方とほぼ同じのため、ツーシームの握り方をするとシュート方向に変化することが多いです。, また、握りの深さを変えることによってシュート方向への変化を大きくしたり、フォーク方向への変化を大きくして落ちる球にしたりなど、投手がどういう球を投げたいかによってアレンジを加えることが出来ます。, このツーシームを投げる代表的なピッチャーとしては、元広島東洋カープの黒田博樹投手などがいます。, これまで、「シュート」と「ツーシーム」という2つの変化球の違いについて説明してきましたが、実際のところ、投手によって微妙にこれらの変化球の定義が異なっています。, そのため、シュートの曲がり方をしているのに投げた本人は「ツーシーム」と宣言するなど、投手によって定義はバラバラになっています。, この2種類の変化球は日米間でも差があります。一般的に昔から日本ではシュートが投げられ、アメリカではツーシームが主に投げられていました。そのため、以前は日本人でツーシームを投げる投手はあまりいませんでした。, しかし、現在では日本人がメジャーに挑戦する機会が増えていることもあり、日本人でツーシームを投げる投手の数が増えてきています。, このように、よく似たもののように思える2種類の変化球には違いがあります。このような違いを知った上で野球の試合を見てみると、今までよりさらに楽しめるのではないでしょうか。. ツーシームは比較的に近代的な変化球であり、ピッチャーによって様々な種類のツーシームがあると言われています。最近のプロ野球で代表的ななのが、山崎康晃(やまざきやすあき)投手が投げている「亜大ツーシーム」と呼ばれるボールが有名です。これは、野球の変化球において球種ご … ツーシームは比較的に近代的な変化球であり、ピッチャーによって様々な種類のツーシームがあると言われています。, 最近のプロ野球で代表的ななのが、山崎康晃(やまざきやすあき)投手が投げている「亜大ツーシーム」と呼ばれるボールが有名です。, これは、野球の変化球において球種ごとの明確な線引きが無く、投げている本人がそのボールを何と呼んでいるか?ということも関係しています。, ツーシームを習得できれば、相手バッターにゴロを打たせられる確率も上がり、球数を少なくして多くのイニングを投げることに役立つでしょう。, 今回は、そんなツーシームの握り方や投げ方、効果的な配球のコツなどをご紹介していきます。, ツーシームとは、一般的な変化の軌道として「シュート方向に小さく変化して少し沈む」変化球です。, 変化の幅はシュートより小さく、打者の手元で急激に曲がるのが優秀なツーシームと言えるでしょう。, ツーシームの名前の由来は、「ボールが1回転する間にシーム(縫い目)が2本見える」ことから付けられました。, ツーシームの際にボールに与えられる回転はシュート方向ですが、シュートほど水平方向の強烈なスピンをかけるわけではありません。, そのため、スピードが活きて変化のタイミングがキャッチャーミットに近い位置になるのです。, 握り方やリリースの際の手首の向きによって、フォークやスプリットのように大きく縦に落ちるツーシームを操っている投手も存在しています。, 中には、一般的にツーシームをされるような変化球を「シュート」と呼んでいるピッチャーもいれば、シュートのようなボールを「ツーシーム」として投げているピッチャーもいるわけです。, テレビ中継などで見ていると、ほとんどストレートとの差がわからないくらいのツーシームもあるでしょう。, バッターから見ていてもそれは同じで、ほぼストレートのような軌道で来るので打ち損じも多くなります。, 他にも、ムービングファストボールや、シンキングファストボールと表現されることもああります。, もう一つは「亜大ツーシーム」と呼ばれ、亜細亜大学出身者が多く使用しているという下に落ちるツーシームです。, ここまで大きく変化に違いが出るので、それぞれツーシームの持つ役割や効果も変わってきますね。, バッターにはスイングの瞬間までストレートだと思わせて、インパクトの直前に鋭く変化するような、そんなツーシームを投げたいわけですね。, 基本的にはシュート方向に曲がって少しだけ沈みますから、ゴロを打たせることが多くなるはずです。, しかも、ストレートに近いボールなので、コントロールがしやすいという利点もあります。, 3ボールなどバッテリー側が不利なカウントでも使いやすく、一発で凡打に仕留められる可能性も高いという便利な変化球なのです。, ゴロアウトが増えれば野手陣にもリズムが生まれやすいので、大量点で援護してくれることに期待できます。, シュートに近い変化をするので、木製バットの場合は、バットの芯を外して折れてしまうこともあるかもしれません。, また、亜大ツーシームのように大きく落ちるツーシームを使っている場合は、「空振りを奪う」ことが大きな目的になります。, 今はまだほとんど亜細亜大学出身者しか投げていないので、ここでは一般的なツーシームを中心にその握り方やコツを見ていきましょう。, ツーシームの握り方はいくつか種類があり、自分で投げてみて理想の変化軌道を追究してみてください。, 縫い目が狭くなっている部分に人差し指と中指をかける形が一般的で、そうすると指と縫い目の向きが同じになります。, これであまり思うようにツーシームが投げられなかった場合は、他の握り方も試してみてください。, 中指だけを縫い目にかけ、最後のリリース時に中指で押し出すような投げ方をすると上手くいく場合もあります。, ストレートの軌道と勘違いさせたい変化球なので、腕の振りが緩んでは意味がありません。, ボールを放つ際にほんの少しだけ手首(手のひら)を外側に向ける気持ちでリリースすると、ストレートと違った軌道でシュート気味に曲がるでしょう。, 後の意識としては、ボールの中心よりも少しだけ内側を押し出すつもりで投げると、ツーシームの意図通りの変化を起こしやすいです。, ツーシームは大幅な変化になることが少ないので、練習で投げているだけではちゃんとバッターを抑えられる有効な球種になっているのか判断しにくいところがあります。, そのあたりはキャッチャーの感覚を聞いたり、実際に打席にたってもらったフィードバックをもらいながら行うのが有効です。, それでも思ったほどツーシームの動きが出ない場合は、次のことに気を配ってみてください。, 人差し指と中指を置く間隔を少し広げてみると、ボールを押し出す力が若干少なくなります。, また、ボールを浅く握るのか深く握るのかという違いでも、ボールの質が変わってきます。, 深めに握ると指先でボールを押し出す動作が若干だけしにくくなるので、スピードが抑制されて変化の方に重きをおくことができるでしょう。, ツーシームの縦方向への落差を大きくしたい場合は、指の幅と握る深さを変えてみてください。, また、もう少し利き腕方向への横変化を加えたい場合は、リリース時に手のひらを若干外側に向けておくのが良いです。, もっと繊細な部分では、人差し指または中指でボールの中心より少し内側を押し出すようなリリースをします。, やり過ぎるとシュートと変わらなくなってしまうので、あくまでもストレート系の変化球であるということは前提の上調節していきましょう。, ツーシームに絶対的な自信を持てたとしても、ツーシーム一辺倒の配球では相手打線にいずれ捉えられてしまいます。, ツーシームをどのような場面で使うのが最も効果的なのか、配球の仕方を見ていきましょう。, ツーシームの最大の目的は「バッターの芯を外して詰まらせ、打ち損じさせる」ということです。, ということは、ツーシームを武器とする投手の意図として「球数を少なく抑えたい」ということも隠れているわけですね。, その試合での初対戦のバッターに対しては、初球をツーシームで入り、あわよくば一球目で凡打に打ち取るということも狙えます。, 投げるコースで言えば、バックドアまたはフロントドアとなるコースに投じるのも有効です。, フロントドアはバッターのインコース側のボールゾーンからギリギリでストライクに入ってくる球。, バックドアは、バッターから見ればアウトコース側のボールゾーンからギリギリでストライクにかすっていく球になります。, 近年では、メジャーリーグから広島東洋カープに帰って活躍した黒田博樹投手が得意としていた投球術です。, ボールとストライクの見極めが難しいので、変化球の中でも制球しやすいツーシームなら上手くハマるかもしれません。, ツーシームを使ってなるべくゴロで打ち取りたいということであれば、バッティングカウントで使うのも良いでしょう。, バッティングカウントとは「1ボール0ストライク」「2ボール0ストライク」「2ボール1ストライク」のように、バッターが有利なカウントのことです。, この局面はバッター目線から見ればストライクが来る可能性が高いので、手を出す気満々で待っているでしょう。, 打ち気のバッターに対してストライクゾーンにツーシームを投げ込んで誘い出せば、ストレートのつもりで手を出してくれたバッターを打ち取れるかもしれません。, ツーシームは大きな変化でバッタバッタと三振を取るための変化球ではありませんが、急激なシュート方向の変化で打者を打ち損じさせることに長けています。, 三振を狙うよりも少ない球数に抑えられる可能性があるので、特に先発ピッチャーにとっては長いイニングを投げるのに協力な武器となるでしょう。, ストレートに近いので比較的コントロールがしやすいことも特徴で、投球のバリエーションを増やす良い変化球です。, 内野ゴロを打たせてリズムよく試合を進めたいピッチャーは、絶対にツーシームを覚えるべきでしょう。, 他にも空振りを狙える変化球を習得したいという方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, フォークは日本ではとてもポピュラーな変化球の一つですよね。 最近ではホークスのエースである千賀投手が「お化けフォーク」と称されるほどのフォークボールで球界を代表するピッチャーに上り詰めています。 昔でも、「大魔神」と呼ばれた佐々木主浩さんがいましたし、元ロッテのマサカリ投法で有名な村田兆治さんもフォークを操って大活躍していました。 そんな野, スプリットはアルファベットで「SFF」と表記される、現代野球の変化球です。 スプリットフィンガーファストボールと呼ばれることもあり、比較的最近になって投げる投手が増えてきました。 プロ野球選手でも、メジャーで活躍している大谷翔平選手や田中将大投手など、超一流のピッチャー達がスプリットを使っていることで有名です。 そんな、身に付ければワンラン, 小学生から根っからの野球大好き人間です。自分が本気で野球に取り組んでいた経験はもちろん、現在は柔道整復師として接骨院の院長を務めております。野球の練習方法やトレーニングだけでなく、身体の仕組みからみた正しいケア方法なども発信していきます!, 相手バッターにゴロを打たせられる確率も上がり、球数を少なくして多くのイニングを投げることに役立つでしょう。. ・変化(落差)が大きい ツーシームの具体的な握り方としては、2本の縫い目それぞれに1本ずつ人差し指と中指を置いて握るというものです。 これはシュートを投げる際の握り方とほぼ同じのため、ツーシームの握り方をするとシュート方向に変化することが多いです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 通常のフォーシームに対し、スピンの回転数を落とし、揚力を減らすことにより変化させる変化球になります。, なお、この際スピン軸を変えることで、「直球に近い球速を出す」ことや「横方向の変化を増やす」ことや「縦方向の変化を増やす」ことができます。, またツーシームのスピン軸を調整することや、握りの深さでスピン量を調整して投げ分けるピッチャーも存在します。, 比較的容易でありながら、調整範囲があり、自分の武器を見つけやすい点も、持ち球とする選手が近年多い理由かもしれません。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 理由は、その有効性が有名になったこと、メジャーで多用されていること、シュート系がツーシームと括られるようになったことがあげられるかと思います。, 本項では、筆者の独断で代表的だと思うツーシームを投げるピッチャーを三人紹介したいと思います。, 今のように強くはなかったカープをエースとして支え、投手タイトル獲得(最多勝利’05、最優秀防御率’06)、毎年のように180投球回以上投げる活躍の後、渡米しロサンゼルス・ドジャースに入団し活躍。, 更にニューヨーク・ヤンキース移籍後も活躍しますが、ドジャースやバドレスのオファーを固辞。古巣カープに復帰し、チームを優勝に導くと、2016年限りで引退しました。, メジャー移籍前は直球(フォーシーム)とフォーク、スライダーを投げる投球でしたが、移籍後はツーシームを主体とした「打者の狙い球を投げて、打たせて取る」投球にモデルチェンジ。, 「ツーシーム系を内に、スライダー系を外に、フォークで高低をつける」投球でメジャーでも活躍しました。, メジャーでは7年間で通算79勝79敗となっていますが、援護がすくなかったこともあり、防御率は日本での3.55に対し、3.45と改善させています。, カープでの最後の2年間も連続二桁勝利をあげており、ツーシーム主体へのモデルチェンジで得られた好成績と息の長い現役生活であったと言えるかもしれません。, 2006年にドラフト1位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、数々の投手タイトルを獲得するなどし活躍。, 特に2013年に記録した24勝0敗、勝率1.00はプロ野球史上初の大記録となりました。その後はニューヨーク・ヤンキースに移籍。, このシンカーを田中選手はツーシームと呼んでいます。フォーシームに近い球速にも関わらず沈みながら利き腕方向に変化することが特徴です。, この球で右バッターの内と突き、スライダー(カットボール含む)で左バッターの内をしっかり付けることで、よりスプリットを効果的にしていると考えます。, 「ナックル」の記事でも説明した山崎選手ですが、横浜DeNAベイスターズ入団一年目から守護神を任され、「小さな大魔神」と呼ばれる球界を代表する押さえのピッチャーです。, ツーシームを決め球としていますが、一般的なツーシームとは違い、落差の大きい落ちる変化が特徴です。, その変化からスプリットに間違えられることもありますが、れっきしとしたツーシームになります。. ・スイング率(手を出すか出さないか) 2011年、山﨑と薮田が亜細亜大学に入学する。 2011年~2012年、東浜が山﨑と薮田にシンカーの握りを見せる。九里が山﨑と薮田に東浜のツーシームの投げ方を教える。 ・ゴロ割合(打った場合どうなるか), 詳細は割愛するが、上記の4つの要素から互いに似た性質を持つ球種を分類した結果が下の図だ。分類の番号の下にはグループごとの大まかな傾向を記載している。縦に並んでいれば似たような性質を持ち、例えば①に分類されたストレートとスライダーは、近い性質を持つ。また表中の数字はのべ人数であり、ストレートを投げる投手のうち、②のグループに分類されるのは113人、⑥に分類されるのは110人、といった具合になる。, 結果から見ると、亜大ツーシームはいずれも⑤のグループに入った(のべ6人は2015~17年の山崎康晃、17年の薮田和樹、16・17年の東浜巨。300球に到達した年度がない九里亜蓮は除く)。⑤のグループはフォークやチェンジアップなど落ちる系の球種を中心に構成されており、ここでもゴロが多く、空振りが多い(コンタクトが少ない)要素が強く反映されたようだ。この分析結果から、やはり亜大ツーシームはフォークと非常に近い性質を持つ球種だと捉えて問題ないだろう。, クラスター分析を用いた分類の中で、亜大ツーシーム以外にも気になるものがいくつか見つかった。その一例をあげておこう。シュート系やカットボール、スライダーなど、さまざまな変化球が混ざる④のグループの中に、ストレートが分類された投手がのべ8投手いた。一覧は以下のとおり。, この中に阪神・桑原が入っていたためすぐに気がついたが、このメンバーの多くはストレートがナチュラル(意図している場合もあり)にスライダー方向に動く、いわゆる“まっスラ”といわれるストレートを投じる。これらの投手のストレートが、変化球が多く集まるグループに分類されたということは新たな発見だ。「ストレートだけどストレートじゃない」。こんな球種も性質を元に球種を判断することで、あぶりだすことができる。, 今回分析に使用した要素もいうなればごく一部であり、トラッキングデータなどを用いることで、より多くの要素(変化量や回転数、リリースポイントなど)から、さらに詳細に各球種の性質がわかるようになるかもしれない。球種名にとらわれない分析をすることで、「ある投手のスライダーは、実はチェンジアップに近いんだよ」なんていうことがわかるかもしれないし、「第二の亜大ツーシーム」といえるような特殊な球種が見つかることもあるかもしれない。, このオフにはパワーカーブ(球速の速いカーブ)の習得を目指すと宣言した投手が続出している。しかし皆一様に同じ球種を覚えるということではなく、実際それがどのようなスピードで、どのような軌道で、どのような効果をもたらすかということはふたを開けてみないと分からない。もし球種の詳細なデータがMLBのように一般に公開されることがあれば、球種の持つ性質をもとに観戦の楽しみが広がる未来も、あるのかもしれない。, 日本は145年以上も前から野球に熱狂し続けてきた。これほど国民的に愛されてきたスポーツが、ほかにあるだろうか。そんな日本野球の魅力を満載したWebメディア“BASEBALL GATE”が、ついに誕生。メジャー•マイナー問わずあらゆる情報を、愛と情熱にあふれた視点で配信。野球が大好きな人も、ちょっと興味ありの人も、ぜひ来てください。日本の野球愛を未来へつないでいくために。. この球は大学時代に誕生したそうで、亜細亜大学出身の投手が揃って使っていることでも知られており、「亜大ツーシーム」とも呼ばれています。 亜細亜大学時代に2学年上の先輩に東浜巨投手(ソフトバンク)、1学年上の先輩に九里亜蓮投手(広島)がいて、彼らに握りを教わったそうです。 大学時代は先発投手として起用されていたので、少しでも長いイニングを投げるために効果的な球を覚えたいという意図で覚えたそうです。最初はこのツーシームも芯を外して打ち取るためのボールで、東浜投手 … フォーシームと同じフォームであることから、習得も用意な変化球であり、体への負担も少ないと考えますが、スピン量を減らす為に握りを深くするなどすることでリリース時に力が入ってしまうと肘等への負担が増える傾向であるため注意が必要です。 js = d.createElement(s); js.id = id;