もし、東海道新幹線に6列の転換式クロスシートの車両を走らせると飛行機に乗客を取られ、新幹線の経営が成り立たなくなります。 東海道新幹線で2階建て車両が消えたのは 車重と車体の関係で最高速度が制限されること(2階建て車両は現在240キロ) そこで東海道新幹線の100系と違い、大量輸送を目的とした新たな二階建て車両を開発することになり、1994年に誕生したのが「e1系」と呼ばれる二階建て新幹線でした。 最大の特徴は「全車両二階建て」 … 東海道新幹線は建設時期が古く、路盤の強度が弱いので、e1系e4系のような総二階建ての「重い車両」は走れないのです。 かつての100系も二階建てなのは一部の車両だけで、それも基本的には定員の少ないグリーン車でしたよね。