Apple Watch Series 1は防沫性能と耐水性能を備えていますが、水に浸すことは推奨しま せん。 Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、Apple Watch Series 3を利用するには、iOS 14以降を搭載し … apple.com/jp/watchos/feature-availability, Ion-Xガラスディスプレイ(アルミニウムケース)、サファイアクリスタルディスプレイ(ステンレススチールケース、チタニウムケース), S6 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)、W3ワイヤレスチップ、U1チップ(超広帯域), Ion-Xガラスディスプレイ(アルミニウムケース)、サファイアクリスタルディスプレイ(ステンレススチールケース、チタニウムケース、セラミックケース), Ion-Xガラスディスプレイ(アルミニウムケース)、サファイアクリスタルディスプレイ(ステンレススチールケース), Ion-Xガラスディスプレイ(アルミニウムケース)、サファイアクリスタルディスプレイ(ステンレススチールケース、セラミックケース), Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、およびApple Watch Series 3にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴う, 血中酸素ウェルネスアプリの測定値は、自己診断または医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではなく、一般的なフィットネスとウェルネスのみを目的としてい, Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)とApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)では、携帯電話通信を使って緊急SOSを利用できます。携帯電話通信機能を内蔵していないApple Watchで緊急SOSを利用するには、ご利用のiPhoneが近くにある必要があり, 海外における緊急通報機能を利用するには、Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)またはApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)が必要です。この機能を利用できる国と地域の一覧については, ファミリー共有設定でApple Watchを設定した場合、一部の機能は利用できません。携帯電話通信サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。対応している通信事業者と利用条件については、, 携帯電話通信サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。国際ローミングには対応していません。対応している通信事業者と利用条件については、, Apple Watchの1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhoneとペアリングしたApple Watch Series 6(GPSモデル)とApple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2020年8月にAppleが実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。詳しくは, Apple Watchの1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhoneとペアリングしたApple Watch SE(GPSモデル)とApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2020年8月にAppleが実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。詳しくは, Apple Watchの1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhoneとペアリングしたApple Watch Series 3(GPSモデル)の量産ハードウェアを使用し、2018年8月にAppleが実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。詳しくは, Apple Watch Series 1にはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。Apple Watch Series 1は防沫性能と耐水性能を備えていますが、水に浸すことは推奨しま, Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、Apple Watch Series 3を利用するには、iOS 14以降を搭載したiPhone 6s以降が必要, 機能は変更される場合があります。地域や言語によっては一部の機能、アプリケーション、サービスを利用できない場合があります。詳しいリストについては. Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved. GPS + Cellularモデル Apple Watch(Apple Watch Series 6のみ)で取り込まれた酸素のレベルを測定する, Apple Watch Series 6の「血中酸素ウェルネス」Appで取り込まれた酸素のレベルを測定する. 2020 Apple Watch(Apple Watch Series 6のみ) で取り込まれた酸素のレベルを測定する Apple Watch Series 6の「血中酸素ウェルネス」App を使うと、赤血球が肺から体のほかの部分に運ぶ酸素の割合を測定します。 取り込まれた酸素のレベルを知ることで、体全体の健康状態を把握することができます。 Apple Inc. All rights reserved. (血中酸素ウェルネスアプリ)2, セラミックとサファイアクリスタル裏蓋 GPSモデル, Series 6のディスプレイは、スリープ状態になりません。つまり、時間や大切な情報をいつでも確認できます。丸みを帯びた四隅まで広がる表示領域は、Series 3より30パーセント以上大きくなってい, Series 6と同じサイズの大きなディスプレイなので、より多くの情報をチェックでき、最新の文字盤もコンプリケーションもすべて使えます。手首を上げるだけで、瞬時にディスプレイの表示がオンになり, Apple Watch Series 3にはIon-Xガラスのディスプレイを搭載してい, Apple Watch Series 6に搭載された健康とウェルネスのための機能は、今までのApple Watchの中で最も先進的なものです。体に取り込まれた酸素のレベルをチェックしたり, Apple Watch SEは、通常よりも高い心拍数と低い心拍数を検知するとアラートを表示したり、現在の心拍数を測定し, Apple Watch Series 3は、通常よりも高い心拍数と低い心拍数を検知するとアラートを表示したり、現在の心拍数を測定し, 安全と緊急時のための機能は、Series 6に搭載されたものと同じです。どこにいても必要な時に助けを呼べます。騒音が聴覚に影響を与えかねないレベルに達したら、ノイズアプリがそれを知らせ, いざという時に助けを求める電話をすばやくかけたり、あなたが設定した緊急連絡先に知らせることができ, Apple Watch Series 6の裏蓋にあるクリスタルには、緑色と赤色のLEDと赤外線LEDの4つのクラスターと、4つのフォトダイオードが組み込まれていて、それらは体に取り込まれた酸素のレベルを測定するのに使われます。Series 6は、心拍数を測定する光学式心拍センサーも、回すと触覚的な反応を返すDigital Crownも搭載。64ビットデュアルコアプロセッサを内蔵したS6 SiPは、Apple Watch Series 5のS5よりも最大20パーセント高速です。常時計測の高度計は、現在の標高をリアルタイ, Apple Watch SEは、心拍数を測定する光学式心拍センサーも、回すと触覚的な反応を返すDigital Crownも搭載。64ビットデュアルコアプロセッサを内蔵したS5 SiPは、Apple Watch Series 3のS3よりも最大2倍高速です。常時計測の高度計は、現在の標高を, Apple Watch Series 3は、心拍数を測定する光学式心拍センサーも、あなたの現在地を特定するGPSも搭載してい. Apple Watch Series 6の「血中酸素ウェルネス」App を使うと、赤血球が肺から体のほかの部分に運ぶ酸素の割合を測定します。取り込まれた酸素のレベルを知ることで、体全体の健康状態を把握することができます。, 注記: 「血中酸素ウェルネス」Appは、地域によってはご利用いただけません。「血中酸素ウェルネス」Appでの測定は、医療での使用を目的としたものではありません。, iPhone(iOS 14を搭載するiPhone 6s以降)でApple Watch Appを開きます。, 「マイウォッチ」をタップし、「血中酸素ウェルネス」をタップしてから、「血中酸素ウェルネスの測定」をオンにします。, この測定では、手首を照らす明るい赤色光が使用されます。暗い場所では目立つ可能性があります。この光によって気が散ると感じるときは、測定をオフにできます。, 「血中酸素ウェルネス」をタップしてから、「睡眠モード中」と「シアターモード中」をオフにします。, 「血中酸素ウェルネス」App では、バックグラウンド測定がオンになっている場合、取り込まれた酸素のレベルが1日中定期的に測定されますが、必要に応じていつでも測定を行うこともできます。, 腕を机や膝の上に置き、Apple Watchのディスプレイを上に向けて手首がまっすぐなっていることを確認します。, 「開始」をタップしてから、15秒のカウントダウンの間、腕をしっかりと安定させます。, 注記: 正確に機能させるには、Apple Watchの背面が皮膚に接触している必要があります。きつすぎたり緩すぎたりせず、皮膚を覆いすぎないようにApple Watchをほどよくフィットさせて装着すれば、取り込まれた酸素のレベルを正しく測定することができます。詳しくは、Appleサポート記事「Apple Watch Series 6の「血中酸素ウェルネス」Appで取り込まれた酸素のレベルを測定する」を参照してください。, 「ブラウズ」>「呼吸」とタップしてから、「取り込まれた酸素のレベル」をタップします。, Apple Watchを売却または譲渡する場合や紛失したApple Watchを保護する場合. Copyright © 最も進化したApple Watch。体に取り込まれた酸素のレベルをチェックできるセンサーとアプリ、そして常時表示Retinaディスプレイを搭載。, Series 6と同じサイズの大きなディスプレイ、転倒検出機能、コンパス、常時計測の高度計を搭載。, Apple Watchは、健やかな毎日を送るための究極のパートナー。様々なフィットネス、心拍数のチェック、つながるための機能を搭載。, Apple Watch Series 3より11パーセント薄いApple Watch Series 6のケース。, アルミニウムモデルにはIon-Xガラスのディスプレイ、ステンレススチールモデルとチタニウムモデルにはサファイアクリスタルのディスプレイを搭載しています。, Series 6と同じケースサイズを持ち、100パーセント再生アルミニウムを使用しています。, 緊急SOS機能を使って、助けを求める電話をすばやくかけたり、あなたの緊急連絡先に知らせることができます3。Apple Watch Series 6は、あなたがひどく転倒した場合もそれを検知して、自動的に緊急通報サービスに連絡します。海外で緊急の出来事に遭遇した時も、Apple Watchから通報できます4。騒音が聴覚に影響を与えかねないレベルに達したら、ノイズアプリがそれを知らせます。, 血中酸素ウェルネスセンサー