スモールステップの原理と目標設定理論; 5. 英語表現 ③「プレゼンテーションのロールプレイ、練習をする」

こんにちは! 我が家の夫婦ゲンカは第5フェーズへ移行中~のPino(@Pinocan4)です。 ・・・って、相当ヤバイかも!?, フェーズ(英語:phase ) ① 物事のありさま。相。様相。 ② 変化する過程の一区切り。局面。段階。, 英語のphase(フェーズ)は、ギリシャ語phásis「現われること」の意が語源の言葉で、, このように何らかの出来事が起こっている場合の「変化する過程の一区切り」を意味します。, 例文は新種のウィルスが発生し、動物からヒトへ感染して世界的に広まってゆく過程の、次の段階への移行を指すものです。, 【参考までに★】 国連のWHO(世界保健機関)が定める、新型インフルエンザに対する警戒指標は『パンデミック警戒フェーズ』と呼ばれ、6段階に分かれています。, *終息期の2フェーズ ▼ポスト・ピーク:ピーク後の再流行の可能性が残る時期 ▼ポスト・パンデミック:パンデミック後の常態=パンデミック間期, ▶パンデミックとは? ⇒感染症などが広い地域(世界的)で同時に流行すること、あるいは、世界的に流行する感染症のことを指します。, 例文のようにシステム開発などのプロジェクトを、いくつかの工程に分けて作業してゆきます。, また、各フェーズの最後には「フェーズゲート」というポイントが設けられ、そこのフェーズ作業における所定の条件を満たしていなければ、その「ゲート」を通過して次のフェーズに進むことはできません。, ⇒(ある過程の)段階,進歩,はかどり,進捗(しんちよく). フェーズ ⇒段階。局面 ”物事が変化する過程の一区切り”を意味する. 『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)や、『伝える極意』(集英社)といったプレゼンスキルアップの本を読む。 !4期】第18話「罠」2クール第5話ネタバレあらすじと感想をガッツリ紹介, 【ハイキュー! steps, 国語辞書で調べる そして実際にレクチャーをやってみて、「ここはうまく伝わったな」と思うこともあれば、「もっとこうすればよかった」と改善点も出てくる。これが、体系だった、成長するために必要な学習のプロセスなのです。, しかし、4つの選択肢で、レクチャーを目標にして、実際に行動できる人はそれほど多くありません。, なぜかと言えば、これらの選択肢は①から④の順でレベルが高くなり、当然④は一番負荷のかかる選択肢であるからです。, 実は、人が成長するには「負荷(ストレス)」が必要です。筋肉をつけるにしても、筋肉痛を感じるくらいのトレーニングをしないといけません。, しかし、人は辛いことを避け、負荷を嫌いがちです。そんな負荷から逃げず、積極的に立ち向かい、乗り越えるためには、「こうなりたい」という「理想」が必要なのです。, 一流のアスリートたちは、毎日激しい練習をしています。心身ともに過酷なはずです。でもなぜ、彼ら彼女らはやれるかというと、記録を伸ばしたい、試合に勝ちたいなど、強い理想を持っているからです。, つまり、成長するためには、自分がなりたい理想の姿を描き、そこに向けて負荷を恐れずに挑戦することが必要なのです。, たとえば、「プレゼンテーションの力を高めたい」と思う人はたくさんいるでしょう。しかし、人前で話す機会が与えられると、緊張するなぁ。うまく話せなかったらどうしよう。自分よりもうまく話せる人がいるんじゃないか。ここで恥かくのイヤだな。もうちょっと練習してからやりたいな。などと、「やらない理由」を考えてしまう人が同じくらいたくさんいるのです。, そう考えてしまう人は、結局やらないままになってしまい、今のプレゼン力と明日のプレゼン力が変わらない、現状維持の人になってしまうのです。, そんな私が挑戦できたのは、負荷を「苦痛」と思うのではなく、「成長痛」と捉えることにしたからです。, 筋肉を鍛えるには、筋繊維が断裂して、筋肉痛になるくらいの負荷が必要なように、仕事で成長するにも、成長痛を感じるくらいの負荷が、どうしても必要になるのです。, 先ほど、マイナスの言葉を3秒ルールでプラスに変えるとモチベーションをキープしやすいとお伝えしましたが、切り替える言葉が思いつかないときは「成長痛」と言えば、ほとんどのマイナスの言葉をプラスに変えられます。, 成長に必要な負荷が大きくかかっているときに、「苦痛だ」、「辛い」とできるだけ思わず、言ってしまったり、頭によぎってしまっても、すぐに「成長痛」と言い換えみててください。, たとえば、みなさんの前に「内閣総理大臣になりませんか?」といきなり打診されることはありません。, 建築設計×AIで460億円の未開拓市場に挑むスタートアップ企業にIPO前投資する方法, 銀行預金を大きく上回る利回りが魅力!知っておきたい融資型クラウドファンディングという選択肢, 「世界三大投資家 ジム・ロジャーズ」と「インド人大富豪 サチン・チョードリー」に学ぶ富の築き方, 人材採用・育成のコンサルティングや就職支援事業を行う株式会社Legaseed(レガシード)の代表取締役。1979年岡山県生まれ。2009年enジャパン調査の学生が選ぶ「こんなプロになりたい大賞」において10位。独自の人材採用手法が、テレビや雑誌をはじめ多数のメディアにも取り上げられ、NHKの『クローズアップ現代』『ソクラテスの人事』『めざせ!会社の星』、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』、FMラジオ・J-WAVEなどにも出演する。2013年株式会社Legaseedを設立。ゲーミングシミュレーション、アクションラーニング等を用いた人材採用や人材育成の仕組みを全国450社以上の企業に導入。研修の受講生は延べ8万人を超える。同社も、創業6年目で社員30名でありながら年間1.7万人を超える学生が応募する人気企業に。. 5.1. (本記事は、近藤 悦康の著書『はたらくを、しあわせに。』株式会社クロスメディア・パブリッシングの中から一部を抜粋・編集しています), 人間の成長を生み出す5段階ステップ、1つ目は「知る」、2つ目が「分かる」、3つ目が「行う」、4つ目が「できる」、5つ目が「分かち合う」です。, たとえば、あなたが人に伝える力、プレゼンテーション力を高めたいとします。そのために、これからお伝えする4つの実行アイデアがあるとしたら、何を選ぶかを考えてみてください。, ①「プレゼンテーションについて書かれた本を読む」