平衡状態では、E=0 T: 環境温度 (K) 濃度は物質収支から考えたもの。つまり測りとった量 3)相(気相、液相、固相)の数は理想気体が凝縮して液体になった、と記述していないので一定 大学でアトキンス物理化学を勉強しているんですが、今一つ活量の持つ意味が良くわかりません。これから結構でてくるようなのでだれか教えてください。お願いします。活量と濃度について濃度は物質収支から考えたもの。つまり測りとった量 「気相での成分aの蒸気圧Paが、溶液中のモル分率Xaに比例する」…(※) 液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。 この87回問21では、クロロホルムが溶質Bにあたると思うのですが、クロロホルムは揮発性の溶質であり、ヘンリーの法則が成り立つのは分かりますが、なぜラウールの法則が成り立つのでしょうか?ラウールの法則は上記で述べたことより不揮発性の溶質じゃないと成り立たない気がするのでですがどうでしょうか? p, 2p, 3p,...,(q-1)pをqで順に割った際の余りを考えてみる。 原点Oから法線ベクトル(h,k,l)の方向に進み、平面(2a)とぶつかった点をA(p,q,r)とします。 質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ? 1)温度は変化したと記述していないので一定 3)物質の相の数 自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べる...続きを読む, 溶液中の溶媒の活量を実験によって求めたいのですが、方法がわかりません。 もうひとつ近似を入れると、蒸気圧曲線の傾きだけではなく、『蒸気圧曲線そのもの』を求める公式を得ることができます。 質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?) R 理想気体定数: 8.31 (J/mol.K) ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、 dP    L さて(hkl)面に相当する平面の方程式を一つ考えてみましょう。一番簡単なものとして と書き直す必要があります。 です。 しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む, オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。, w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。 > μ,B=μ*,B+RTlnx,B 自由エネルギー変化ΔGについてです 点と直線の距離の公式を使わなくとも、次のようにすれば求められます。  x,A=1のとき式(1)から μ,A=μ*,A となるので、先と同様に、μ*,Aは純液体Aの化学ポテンシャルです。 宜しくお願い致します。, 2成分A,Bからなる溶液を考えます。この溶液に成分Aを1モル加えたときの溶液の体積変化をAの部分モル体積といいます。ただし溶液はAを1モル加えても濃度の変化がないくらい多量にあるとします。これを用いると溶液にAをdnAモル、BをdnBモル加えた際の体積変化は以下のようになります。VAはAの部分モル体積です。 よろしくお願いします。, クラウジウス-クラペイロンの式は、蒸気圧曲線の傾きを求める公式です。 グラフが作成される ここで、疑問に思いました。 Kansai Chemical Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.  先と同様に、式(1)が成り立つということは、x,Aが1に近いとき成分Aについてラウールの法則が成り立つことを意味します。一方、式(3)が成り立つということは、x,Aが1に近いとき成分Bについてヘンリーの法則が成り立つことを意味します[注2]。ギブス-デュエムの式から、「2成分溶液において溶媒についてラウールの法則が成り立つならば、溶質についてはヘンリーの法則が成り立つ」ということがいえます。 活量は濃度に等しいと見なせるので、a(Ag+)・a(Cl-)=[Ag+]・[Cl-] とする。 部分モル体積とは何なのでしょう? dT  R T^2 ö—¯ƒvƒ‰ƒ“ƒgE—nÜ¸»ƒvƒ‰ƒ“ƒgE^‹ó¸—¯ƒvƒ‰ƒ“ƒgEö”­ƒvƒ‰ƒ“ƒg. そして、薬剤師国家試験第87回問21にアセトン-クロロホルム混合溶液の「縦軸:圧力(bar),横軸:クロロホルムのモル分率」を取ったグラフがありました。 温度 T のときの蒸気圧曲線の傾き dP/dT は、温度 T のときの気化熱(蒸発熱)L、温度 T のときの飽和蒸気の体積 vg、温度 T のときの液体の体積 vl と、式(1)の関係があります。 つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。  分子論的にはμ゜,Bは、「個々の溶質分子Bが十分な量の溶媒分子Aに取り囲まれていて、溶質分子B同士の相互作用が全く無視できる(仮想的な)溶液中の、成分Bの化学ポテンシャル」と解釈できます。μ゜,Bの値そのものは、溶質分子Bとそれを溶媒和している溶媒分子Aとの相互作用で決まる、と考えます。 故に、Eo={RT/(zF)}・ln[{a(Ag+)・a(Cl-)}/a(AgCl)] をどうぞ。「講義資料」から「テキスト 第3章」をダウンロードして読んでみてください。(pdfファイルです) http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABN0129902X 2)圧力 活量=α×濃度で表されるように濃度と活量は希釈した エンタルピー,エントロピーは対象とする系の log{[Ag+]・[Cl-]}=2・(-0.280)/0.0591=-9.475 2)圧力は17MPaから100KPaに変化 活量は  すでに全てのデータ範囲が対象となっている 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。 hx + ky + lz=0  (1) ln(P/101325Pa)=(L/R) (1/Tb - 1/T)     (3) 一方の成分の化学ポテンシャルが 圧力は変化していますが温度が変化していないのでΔH = 0。