列強は中国内で自国の影響力を及ぼすため、各軍閥や、国民政府など各々支援しました。 4.満州事変はなぜ起きたのか 4-2.満州は中国なのか? ... 日本が一方的に悪いと断罪されることが多い「二十一か条要求」ですが、日本側の弁明が取り上げられる機会は少ないようです。 「二十一か条要求」で問題とされた第5項は7つの条文から成っています。その内容があまりにも行き過ぎだと批判を浴びたわけですが、日中の交渉の過程では、本来、この7 →「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」目次と序文はこちら 第1部 侵略か解放か?日本が追いかけた人種平等の夢 ... →「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」目次と序文はこちら 第1部 侵略か解放か?日本が追いかけた人種平等の夢 5.... タウン誌の副編集長を経て独立。フリーライターとして別冊宝島などの編集に加わりながらIT関連の知識を吸収し、IT系ベンチャー企業を起業。 その後、持ち前の放浪癖を抑え難くアジアに移住。フィリピンとタイを中心に、フリージャーナリストとして現地からの情報を発信している。. 本来の満州は内満州と外満州を併せた地域を指す。外満州はロシアに奪われたまま、今日に至っている。, 逆に清朝は日本海への出口を失い、その状態は現在の中国にも受け継がれています。日本海へ出るために、中国は北朝鮮の羅津港を租借しています。, 義和団の乱によりロシアは満州へとなだれこみ、実質上、満州全域を支配しました。清朝にはロシアに対抗するだけの力はなく、やむなく漢人農民を満州へと送り込むのがやっとでした。, その後、日露戦争により日本が南満州の権益を得ることになりました。やがて1911(明治44)年の辛亥革命により清は滅亡します。 『大東亜戦争への道』中村粲著(展転社)より引用, 辛亥革命が起きた1911(明治44)年には1800万だった満州の人口は、1930(昭和5)年には3000万人に膨れあがっています。 多くの犠牲者を出した関東大震災は、日本の経済活動にも大きなダメージを与えました。, 長引く不況、企業の倒産が続く中、人々は現金を取り戻すため銀行に殺到します。 日露戦争が終わった頃の中国大陸の様相。中国における列強の鉄道の権利と勢力範囲は密接に関連していた。, 歴史家や評論家のなかには、このときのハリマンの提案を日本が受け入れていたならば、大東亜戦争は起きなかったと指摘する論もあります。, たしかに大東亜戦争への軌跡をたどってみると、中国の門戸開放を求めたアメリカの極東政策と、満州の特殊権益を主張する日本との対立が大きな軸になっていることがわかります。, 人種戦争以外にも多くの要因が複雑に絡み合うことで大東亜戦争へと至りました。そのひとつが満州をめぐる日米の対立です。, アメリカの提案した満州の日米共同開発に踏み切っていれば、歴史の流れが変わったのかもしれません。されど、共同開発をしたからといって日米の抱える事情の違いが、埋まるわけではありません。, アメリカにとって満州は経済的な利権にかかわるだけの場所ですが、日本にとって満州は歴史的にも政治的にも経済的にも地理的にも特殊な場所であり、最終的にはアメリカとの対立は避けられなかったことでしょう。, 持てる国と持たざる国の抱える事情の違いは、両国の対立以外にたどり着く場所はなかったのかもしれません。, ー 挫折したドル外交 ー 清朝が滅び、中華民国が建国されたことで、日本は中国に対して「二十一か条要求」を突きつけました。第一次世界大戦の最中にあたる1915(大正4)年のことです。, この「二十一か条要求」はとても悪名が高く、中国ではのちの日中戦争の根本原因としてあげられているほどです。 この一連の事件を 満州事変 ... 国際連盟は、リットン調査団を満州に派遣します。 リットン調査団の報告に基づき、日本軍の満州からの撤退を勧告します。 満州国の成立を侵略行為と決定したのです。 しかし、これを不服とした日本は、国際連盟から脱退してしまいました。 日本は国際的孤立を深めて行くとともに、ファシズム化したドイツと日独防共協定を結びま 済南城を占領した日本軍, 日本の教科書では中国側の主張を全面的に受け入れ、済南事件が起きたのは日本軍が北伐に干渉したからだと日本側に非があるように記述していることが多いようです。しかし、日本軍が出兵したのは邦人保護のためであり、北伐に関してはなんら干渉していません。, 事実をねじ曲げてプロバガンダとして利用するのは、現代にも通じる中国の常套(じょうとう)手段のようです。中国側の主張を一方的に受け入れる日本の教科書の在り方に対する批判は、今も根強くあります。, これまで中国の外国人排斥運動は、もっとも広大な勢力圏を持つイギリスに向けられていました。しかし、済南事件以降はその矛先が日本に向けられるようになります。中国のナショナリズムは、反日の炎を燃え上がらせたのです。, 英紙デイリー・テレグラフは「中国人は掠奪と殺人を天与の権利であるかの知く暴行を繰返してゐる」と非難し、「日本人の忍耐にも限度がある」と述べ、日本軍の行動を「正当防衛」と論じた。 3.1 昭和4年(1929年) 世界恐慌の到来; 3.2 日本政府と陸軍上層に反対される; 4 満州国を建国; 5 満洲事変の終結; 6 石原莞爾の計画が崩れはじめる. 満州国の成立を侵略行為と決定したのです。, 日本は国際的孤立を深めて行くとともに、ファシズム化したドイツと日独防共協定を結びました。, こうした経済的不況の中、頼りない政策、そして汚職などで徐々に政党内閣への不信感が高まって行きました。, ここからは中国を中心に説明したほうがわかりやすいので、まず中国の時系列を簡単におさらいしておきましょう。, 私は現役教師ではありません。しかし、教員免許取得と家庭教師の経験を活かし、中学生の皆さんに中学校歴史教科を楽しく、わかりやすく解説しています。 辛亥革命がきっかけとなり、多くの省(しょう)が清から独立を果たします。 -5ヶ年計画, リットン調査団, 世界最終戦論, 塘沽停戦協定, 張学良, 愛新覚羅溥儀, 日中戦争, 板垣征四郎, 柳条湖事件, 満州国, 満洲事変, 犬養毅, 石原莞爾, 若槻禮次郎, 蒋介石. その事実知った軍閥は、怒りをあらわにし、満州支配を国民政府に譲ってしまいました。, 今度は柳条湖で南満州の鉄道が爆破される事件が発生しました。 戦争も辞さないと答えた学生が9割近くもいることは、現在の感覚からすれば信じがたいことですが、当時の世相を正直に反映しているといえるでしょう。, 日本人の大半が、これまでの中国側の排日運動に反感を覚え、軍事力を行使してでも満州を守ることを是としたのです。力による抜本的な解決を、日本人の多くが歓迎しました。, 幣原外交は理想を追いかけるばかりで、今そこにある危機を直視しようとはしませんでした。もはや幣原外交、および政府に任せていては満州を守れないと判断した関東軍が実力行使に及ぶことで、満州事変という結果が生まれたのです。, その意味では楽観主義や理想主義ではなく、現実に根差した外交が当時行われていたのであれば、あるいは満州事変は起きなかったのかもしれません。, 日本国民の圧倒的な支持を受け、このあと満州事変はさらなる深みへと日本を引き釣り込んでいくことになります。. 現在の中国は、中国史上最大となった清朝の時代の版図をもって中国固有の領土と主張しています。果たしてそれを「固有」と言えるのかどうかは、判断が分かれるところです。, チベットもモンゴルも清軍を追い払い、独立を宣言しています。中国にも中華民国が建国されました。それぞれの国家が清朝の征服前に戻るのが、ごく自然な流れです。, 中華民国は清を滅亡に追い込み建国されましたが、その実態は清に占領されていた一カ国が独立したに過ぎません。その中華民国が今までの支配者の国である満州を自国のものだと主張することには、論理的に見ても無理があります。, 支配されていた国が支配していた国の領土をすべて引き継げるなどという無茶が通るのであれば、現在の世界地図はかなり違ったものにならざるを得ません。, あるいは、かつて明国が満州を支配していたのだから満州は中国固有の領土であると主張するのであれば、かつて中国を支配していたモンゴルは、中国はモンゴル固有の領土であると主張できることになります。, 中国が満州を自国領であると主張する正当性は、案外薄いと言えるでしょう。それは現在の中国が領有しているチベット自治区、新疆(しんきょう)ウイグル自治区、内モンゴル自治区にも当てはまります。それらの地域を中国固有の領土とすることには、大きな問題があります。, https://blog.goo.ne.jp/ta6323blue/e/fde5d5548ceb0954065fe0ea48d7e99c より引用 孫文は行動を起こします。, 同じ国に2つの政権が共立し、さらに各地で軍閥が力を持っていることから、当時の中国は全く統一性がない国だったのです。, さらに1921年にはロシアの社会主義革命の影響を受け、中国共産党が成立します。 さらに軍閥同士が各地で争うようになります。, 「中華民国をひとつの国家にまとめあげなければならない。」 日本は日露戦争に勝利したことで、ロシアが持っていた関東州(旅順・大連を含む遼東半島南端部)の租借権と東清鉄道の内、旅順-長春間の南満洲支線、および付属地の炭鉱の租借権を譲り受けることになりました。, その直後、アメリカとの間に満州の権益をめぐる対立が生じました。先にもふれましたが、中国での権益はアメリカが強く欲していたことでした。帝国主義に出遅れたアメリカは、西欧列強に中国での権益を独占され、進出したくてもその足がかりさえ得られずにいました。, 日本が満州での権益をロシアから奪ったことは、アメリカにとっても中国進出のための絶好のチャンスでした。アメリカが目を付けたのは満州の鉄道の権益です。, アメリカの鉄道王E・H・ハリマンは、南満洲鉄道と東支鉄道を買収することを目論み、ポーツマス講和会議が始まるとともにアメリカを発って来日すると、1億円の資金援助と引き替えに南満洲鉄道を日米で共同管理したいと申し出ました。, このとき桂首相はハリマンの提案を承諾し、南満州鉄道の日米共同経営の覚書に調印しています。ポーツマス講和会議を終えて帰国したばかりの小村寿太郎外相がこれを知ると、政府の愚かな対応に激怒しました。, wikipedia:エドワード・ヘンリー・ハリマン より引用 エドワード・ヘンリー・ハリマン 1848年 – 1909年 アメリカの実業家・鉄道業者。株式仲買人から鉄道業に進出。ユニオン・パシフィック鉄道を手中に収め、後サザン・パシフィック等を統合、巨万の富を得た。日露戦争中には日本の戦時公債500万ドル分を引き受けた。日露戦争後の南満州鉄道の日米共同経営を提唱し、桂太郎首相との間で予備協定覚書を作成、桂・ハリマン協定とよばれた。外相小村寿太郎の強硬な反対により無効となった。, wikipedia:小村寿太郎 より引用 小村寿太郎(こむら じゅたろう) 1855(安政2)年 – 1911(明治44)年 外交官・政治家。外務大臣、貴族院議員(侯爵終身)などを務めた。対英米協調を主軸に大陸進出を図る小村外交を確立。日英同盟締結、日露戦争の戦時外交処理にあたり、ポーツマス講和会議の日本全権として講和条約を結んだ。第2次桂内閣の外相として韓国併合を行い、関税自主権の回復に成功した。, 小村は「12万の同胞の命と20億円の国費を犠牲にして得た満鉄を結局は米人に売却し、南満の権益を放棄するのはポーツマス条約の真髄に反する」と訴え、覚書を取り消すことに成功しました。, アメリカ資本の満州鉄道への介入を阻止できたのは、アメリカの中国に対する野望を見抜いた小村の信念があったればこそです。, 満州事変(まんしゅうじへん)の背景 より引用 昭和6年に発行された兌換券20円(20円札)に描かれた人物と、発行年の出来事をわかりやすくお伝えします。 諭吉くん今日は、ある親子の物語を勉強するよ。 親子?んー誰だー? どら猫くん 兌換券20円の人 ... 昭和6年(1931年)12月13日若槻礼次郎➡犬養毅へ内閣総理大臣が交代となる。犬養毅首相も満洲事変を解決させようとするが、関東軍の動きを止められなかった。そして翌年の5月15日には『五・一五事件』で犬養毅首相は暗殺されていまうのだ。, 昭和7年(1932年)1月28日1月28日~3月3日にかけて上海事変が勃発する。日本人僧侶が中国人に襲撃され死亡した。しかし、それは列国からの目を離すために板垣征四郎 大佐が仕組んだことだった。, 石原莞爾ら関東軍は、満州に『満州国』を建国した。万里の長城を中華民国と満州国の国境線とする。満州国皇帝には愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ)が就任。溥儀は親日派であり、中華民国と満州が分離できたことを喜んでいた。, 満州国の建国理念①五族協和日本人・漢人・満州人・蒙古人・朝鮮人が協調して暮らせる国造り②王道楽土西洋の力ではなく、東洋の徳による統治で国を造る, しかし、中華民国は国際連盟に「満州国を無効にしてくれ!」と強く訴え世界中にプロパガンダしたのである。中華民国の訴えを聞いた国際連盟から派遣されたリットン調査団は, 満州ハ中華民国ガ権利ヲ持ツ場所デース!日本ノ自衛的行為トハ言エマセンネ。シカシ、満州デノ権益ヲ認メマース!, 調査を受けた国際連盟は日本の満州権益を認めつつ、日本がやっていることは侵略行為だと言う。, 納得の行かない日本は、昭和8年(1933年)3月27日に国際連盟から脱退することになる。, 関東軍は更に、満州国の隣・熱河省(ねっかしょう)まで満州国にしようとしていた。昭和8年(1933年)の1月から熱河作戦を開始(3月まで続いた)。軍事行動は熱河省だけでなく河北省にまで拡大した。, 拡大する日本軍の軍事行動を止めるため、国民党の蒋介石(しょうかいせき)は日本に停戦を求めた。, 蒋介石は、日本が作った満州国を見てひどく感動したんだよ。何もなかった満州が、インフラ整備され大都市へと生まれ変わっていたからだ。, 蒋介石は、「日本とはなるべく争わずに国内の安定化を優先させよう!」と、日本側の条件の受け入れや『満州国』の存在をも認め『塘沽停戦協定(たんくーていせんきょうてい)』を結ぶ。これで、満洲事変は終結されたのであった。, 石原莞爾の未来構想は・西洋のボスはアメリカ・アジアのボスは日本・来たるアメリカとの戦争に備えて日本の国力を上げる!, というものを描いていた。戦争は新たな文明や平和を生むものだと考えていたんだよ。しかし、ある国の軍事力に気付き、考えをシフトチェンジすることになる。, 昭和10年(1935年)石原莞爾は、満州国から日本に戻り参謀本部の作戦課長に就任する。そこで、ソ連(現:ロシア)の軍事力が上がっていたことを知るんだ。, このままでは、ソ連に簡単に負けてしまう…そう焦った石原莞爾は『重要産業5ヶ年計画』を企てた。, 満州国の関東軍が、今度は内蒙古も中国から分離させようとしていた。石原莞爾は、すぐに計画中止を指示する。(今はそれどころではない!)だが、昭和12年(1937年)7月7日盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)が起こってしまうんだ。, 盧溝橋事件とは、中国兵が日本兵に向けて発泡したことをキッカケに交戦状態になった事件である。. 北伐(ほくばつ)と呼ばれます。, 蒋介石率いる国民政府軍のしわざに見せかけるためでした。 三民主義を唱える孫文が臨時大統領に就任します。, その袁世凱が清の皇帝を退位させます。 今日は【日露戦争】から【日韓併合】までの流れをわかりやすくお伝えします。 オイラそろそろ①の内容忘れてきたぞー。 どら猫くん 諭吉くんでは、前回までの出来事を年表にして振り返ってみようか。 明治8年( ... ロシアが占拠していた清の満州~遼東半島の関東州は、日本に貸し与えられるようになった。, 土地を借りることを租借地(そしゃくち)というよ。自由に使える土地なので、この土地に日本は鉄道を作ったんだ。, 明治38年にロシアと『ポーツマス条約』を結び、翌年の明治39年に南満州鉄道を設立。この鉄道会社は大日本帝国陸軍の一つである関東軍(日本軍)が管理していたんだよ。, 昭和6年(1931年)9月18日満州の柳条湖付近で、南満州鉄道の線路を爆発させる事件が起こる。関東軍(日本軍)は、こう言い放った。, 関東軍(日本軍)は嘘をついたんだ。真の犯人は、嘘をついた関東軍(日本軍)であり自作自演だったんだよ。, 約10名ほど関わっていたと言われているが、その中心人物が中佐の石原莞爾(いしわらかんじ)だったんだ。, なぜ柳条湖事件を起こしたか。それは、中華民国の東北軍のせいにし軍事行動を行うためだったんだ。, 当時の内閣道理大臣である若月禮次郎(わかつきれいじろう)は、事実を知り「それ以上は手を出すな」と忠告をしていた。, しかし、関東軍は若槻首相の言葉を無視して攻撃を続けたんだ。朝鮮を統治していた日本軍も満州に集まり、紛争に参加。若槻禮次郎首相は、「致し方ない」と関東軍の軍事行動を認めることとなる。そして、満州を占領。, 柳条湖事件が原因で、武力紛争が始まり満州を占領した日本軍。では、なぜそこまでして満州を占領する必要があったのだろうか。下記の3点を説明しよう。, 満洲事変を起こした原因と理由・中華民国は無法地帯だった・中華民国との満蒙問題・対アメリカに備えるため, 大正4年(1915年)に日本が中国に対して『ニ十一ヵ条の要求』をしたのを覚えているかな?別名『対華21ヵ条要求』ともいうよ。, ニ十一ヵ条の要求おおまかな内容は1,山東省のドイツ権益を日本に継承する2,南満州と鉄道経営権の99年延長3,かんやひょうこんす の日中共同経営4,中国沿岸の港や島を他国に譲渡しない5,中国政府の政治・軍事・財政・警察に日本人を採用. 「大東亜戦争への道」中村粲著(展転社)より引用, 国際社会が非は中国にありと断じたことは明らかです。済南事件によって日本人が虐殺されたことは、日本国民に中国人に対する激しい憤りを抱かせるに十分でした。, これまで見てきたように、満州事変はさまざまな要因が絡み合うことで起きています。中国による日中間の条約違反も、そのひとつです。 清朝の頃、満州が清朝の一部であったことは間違いありません。問題は辛亥革命によって清朝が滅亡した後です。, 辛亥革命の本質は、漢民族による清朝からの独立運動です。独立運動に成功して清朝から念願の独立を果たした中華民国は、清朝が支配していた地域をすべて中国固有の領土であると宣言しましたが、その正当性には疑問が残ります。, なぜなら古来より中国固有の領土は、万里の長城の内側に限られていたからです。有史以来、中国は「万里の長城」をもって北の国境線と定めてきました。漢や唐の時代に支配を長城外に拡げた時代もありましたが、ほんの一時的な期間に過ぎません。, 満州は万里の長城の外に広がっています。その意味では、満州は中国固有の領土とは認められません。 1912年、南京を首都とする中華民国が建国されます。 日本が一方的に悪いと断罪されることが多い「二十一か条要求」ですが、日本側の弁明が取り上げられる機会は少ないようです。, 「二十一か条要求」で問題とされた第5項は7つの条文から成っています。その内容があまりにも行き過ぎだと批判を浴びたわけですが、日中の交渉の過程では、本来、この7条文は要求ではなく単なる希望であることが確認されていました。あくまで交渉の過程での希望であり、交渉の場から外には一切漏らさないとの約束が交わされていたのです。, その約束を一方的に破り、希望であったことは伏し、要求されたのだと国際社会に訴えたのが中華民国の大統領であった袁世凱です。, さらに、日本が一方的に最後通牒を突きつけたことが国際社会の不興を買いましたが、これにも実は事情があります。, 袁世凱は外交ルートを通じて、最後通牒を出すように自ら日本側に働きかけたことがわかっています。要求の受諾は避けられないものの、安易に受け入れたのでは中国の人民が黙っているはずもなく自身の立場が悪くなります。そこで袁世凱は自らの保身のために、日本から最後通牒を突きつけられ、やむなく受け入れたように装いたかったのです。, 外務大臣・加藤高明はなんの疑いもなく、これを受け入れ、袁世凱の望み通りに最後通牒を突き付けました。, wikipedia:加藤高明 より引用 加藤高明(かとう たかあき) 1860(安政7)年 – 1926(大正15)年 明治-大正時代の外交官・政治家。第24代内閣総理大臣。岩崎弥太郎の女婿。三菱社員から官僚を経て代議士となり、外相。第2次大隈内閣外相として中国に対華二十一ヵ条要求を受諾させた。憲政会を組織して、第二次護憲運動に参加。護憲三派内閣として第一次加藤高明内閣を組織。普通選挙法・治安維持法を制定した。第二次内閣の在任中に過労がもとで急死。「頑固(がんこ)一徹・剛腹」の人として知られる。, すると袁世凱は、最後通牒を突きつけられ日本に強迫されたと中国人民と国際社会に対して、日本の非道ぶりを訴えたのです。

政府は銀行への貸付を行いますが、取り急ぎのものだったので、裏側は白紙の紙幣でした。, 1911年、辛亥革命(しんがいかくめい)が起こりました。

こうして清は長い歴史に幕を閉じ、滅びてしまいます。, 南京の孫文は、臨時政府の軍事的弱体を憂い、臨時大統領の座を袁世凱に譲ります(1913年) 袁世凱のずる賢さに、まさに一杯食わされたようなものです。見事に手玉に取られた加藤外相を批判する論は多々あり、日本外交史上の汚点ともいわれています。, 日本外交の失敗から生じた「二十一か条要求」をめぐる波紋は、日本を孤立化へと導くことになりました。, ワシントン会議から満州事変が起こるまでの間は、2年間の例外はあるものの、外務大臣幣原喜重郎による幣原外交が展開されました。幣原外交とは、幣原外相の理想主義に基づく平和外交のことです。, wikipedia:幣原喜重郎 より引用 幣原喜重郎(しではら きじゅうろう) 1872(明治5)年 – 1951(昭和26)年 大正・昭和期の外交官・政治家。第1次世界大戦後のワシントン体制のもとで外相を歴任し、国際協調主義的な政策を推し進め「幣原外交」と呼ばれた。第2次大戦後2代目の内閣総理大臣に就任し、天皇の「人間宣言」をみずから起草。マッカーサーの指示のもとに憲法改定にあたる。第九条を発案して日本国憲法に加えたとされている。衆議院議長に就任し、在職のまま没す。, このときの日本はワシントン会議で定めた九カ国条約を律儀なまでに守り、国際協調・経済外交優先・中国に対する内政不干渉を3本柱とする「協調外交」を推し進めました。, その頃、中国は内戦で混乱し、高まる一方の排日運動は中国と満州に居住する日本人を危険にさらしていました。しかし、幣原外相は中国への不干渉主義を貫きます。, 「今や世界の人心は一般に偏狭かつ排他的なる利己政策を排斥(はいせき)し、兵力の濫用に反対し、侵略主義を否認し、万般の国際問題は関係列国の了解と協力とを以て処理せんとするの気運に向って進みつつあるのを認め得らるるのであります」, 幣原外交の根底に流れるのは人間の善意に対する絶対的な信頼です。世界各国が兵力を安易に使うことを良しとせず、侵略主義を否定しつつあるとする見解は、第一次大戦後の世界を覆っていた平和主義に基づくものです。, 幣原外交は欧米との協調を第一としました。アメリカで排日移民法が成立し、日本国民が怒りの声を上げたときには次のように演説しています。, 「畢寛(ひっきょう=「要するに」)米国国民一般の我が国民並びに我が主張に対する正当なる理解に侯(ま)つ外はありません。性急なる態度感情に囚はれた言論は決して国際的了解を進むる途ではありませぬ。米国国民の血管の中には正義を愛する建国当時の精神が依然として流れてゐることは疑ひを容れませぬ。私はその事実が実際に証明せらるる時期の来るべきことを期待するものであります」, 1924(大正13)年、日本が支援していた満州の軍閥である張作霖が戦いに敗れ、敵が今にも満州に侵入してきそうな形勢になったとき、満州にいる日本人居留民と日本の満州での権益を守るために出兵を求めるデモ隊が外務省に押し寄せるまでの事態となりましたが、幣原は政治生命をかけて不干渉主義を貫き、兵を出しませんでした。, このときは関東軍が謀略活動を行い、敵側に寝返りが出るように仕向けたことで事なきを得ています。 満州封禁が全面解禁されたのは義和団の乱以降のことです。莫大な賠償金を背負わされた清朝は、これまでの方針を180度変え、満州への漢人農民の移住を奨励したのです。, 清朝の統治下で中国の人口は急増し、4億人を越えていました。そこまで人口が増えると、土地を持てない貧乏な農民が増え、国家の税収も悪化します。そこで漢人農民を満州に行かせることで、税金を取ろうと画策したわけです。, 満州はロシアと国境を接しているだけに、常にロシアの脅威にさらされていました。もっとも17世紀までは清朝の方がロシアより強く、1689年にロシアとの間で交わされたネルチンスク条約では、外満州(北満州)は清の領土として国際的にも認められました。, しかし、19世紀に入ると清朝の国力は衰え、アイグン条約と北京条約によって国境線はロシアに有利になるよう変更され、外満州をロシアに奪われました。これによりロシアは念願の不凍港を得て、日本海への出口を確保することになりました。, http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110117.html より引用