寄稿やPRなどお仕事依頼は「kishikororo@gmail.com」まで。. 「猟友会ってめんどくさい」という印象を持っている人も多いと思います。そういう人間関係の煩わしさが嫌で、できることなら猟友会に入らずに猟をやりたいと願う人も少なくありません。 じつはこれ、入るべき・入るべきではない、と断定できるものじゃないんです。 猟友会に入った場合、仲良くなれる人がいたら猟を教えて貰うことが可能です。 実際に僕は銃の猟初年度、ほぼ先輩についていってました。新人歓迎の猟友会でほんとに良かったです。友人の地域では仲良くしてくれる人が一人もいないそう。 これは猟友会というよりはシステムの問題ですが、 猟友会入会を間接的に警察が誘導するという状況 が生まれてしまっています 。 警察も立場と状況を分かっていない場合が多く、猟銃の所持許可の際に「猟友会に入れ」と直接的に言ってくる場合すらあります。 「猟友会ってめんどくさい」という印象を持っている人も多いと思います。そういう人間関係の煩わしさが嫌で、できることなら猟友会に入らずに猟をやりたいと願う人も少なくありません。, じつはこれ、入るべき・入るべきではない、と断定できるものじゃないんです。だからわたしなりに考える材料を提示してみたいと思います。, まず大きな注意点として、多少の例外はあれど、基本的にハンターが入会するのは “支部” です。支部の上に県猟があり、そのうえに大日本猟友会があります。適当に例を挙げると——, ってな具合です。手続き上は支部と県猟に会費を納めたりしますが、実際には支部としか関わり合いがありません。, で、支部ごとに考え方やルールがまーーーーーったく違うので、たとえば同じ県の別の支部の人と会うと「え? おれの支部はこうやってるけど、そっちは違うの?」なんてことは日常茶飯事。, 手続きも、猟法も、マナーの考え方も、射撃会の頻度も、飲み会の頻度も……、とにかく同じ組織とは思えないくらいに支部ごとに違います。, わたしもハンター仲間や先輩などの話を聞いていて「えーーそこの支部に入りたい!」と思うこともあれば、「その支部ひどいね……」と思うこともしばしば。, 入会のルールも違うことがあり、「そこに住んでないとダメ」「駆除に参加しないとダメ」「よその地域の人は全体の○○%まで」「来るもの拒まず」など、いろいろなんです。, みんなの仲がすごくいい支部もあれば、会員同士が顔を合わせることもない支部もあります。前者がいいかと言えば、そうとも言えなくて、定期的にある集まりごとに参加しないと、煙たがられたり陰口を言われるなんてことも……。銃砲店が窓口の支部だと、後者の傾向があるのかな?, とにかく何が言いたいかと言えば、猟友会が「良い」とか「悪い」っていう議論自体ムダってこと。支部によって違いすぎます。, ある人は「猟友会なんて入っても、ルールを守らない爺さんたちが幅をきかせてて最悪。入らない方がいいよ!」と言い、またある人は「猟友会に入ったら、初心者の自分を猟に連れ出してくれて、猟のマナーから獲物の見つけ方まで教えてくれたんだ。ぜったい初心者は入った方がいいよ!」と言うわけです。, 猟をやるためには毎年あれこれの手続きがあります。それを猟友会が代行してくれることになっています。, 自分でやろうとすると平日に役所に行かねばならず、平日に休めない人にはありがたいサービスです。, ハンター保険は団体でしか入会できないため、とにかく何かの団体に所属しなければなりません。猟友会に入れば、自動的にハンター保険に入れるため便利です。, 駆除に参加することで、狩猟税や講習が免除されますし、年中猟ができるし、駆除により補助金がもらえることもあります。, 一部例外はありますが、基本的には猟友会に入らないと駆除はできないと思っていいと思います。, これは支部によりますが、交流が盛んな支部ならば、いろんなハンターと知り合ったり、一緒に猟をやるチャンスがあります。でも支部によっては交流がないこともあります。, 手続きは自分でやれますし、ハンター保険も猟友会以外の選択肢があります。駆除は難しいかな。うまくやれば、猟友会を通さずに駆除をやることもできるそうですが、初心者には難しいかも。, ハンターとの交流は、実際のところ猟友会に頼る必要はありませんね。いまどきSNSを通じて知り合うこともできます。, たとえば自営業などで、平日の手続きが苦でないならば、入らないという選択肢は大いにあります。, 1番いいのは信頼できる人に勧めてもらった支部という前提で、猟友会に入ることだと思っています。行きつけの銃砲店や射撃場で聞いてみるといいですよ。かなりの情報が集まってますからね。, 「あそこの支部はいいよ〜」とか「あそこはやめておきな(とはハッキリ言わないだろうけど)」とか、何でも知っています。, 入らないという選択肢は当然あるんですが、初めての猟期だといろいろ忙しかったり勝手が分からなかったりもします。また、ある程度地域のハンターと知り合っておくことも損ではないかなとは思います。とにかく自分に合う支部ならば、メリットが大きいです。, さらに言えば、巻狩に参加したいなら、やっぱり猟友会を通して猟隊を紹介してもらうのが一般的かな。いくらでも猟友会の外にも猟隊はありますが、初年度だとそういう情報も知らないでしょうし。, でも、なんというか、心のどこかで「もし自分に合わない支部なら抜けるのもやむなし」という気持ちを持っておいた方が心の余裕ができる気がします。, 安全意識が低く、一緒にやるのが不安になるような支部に入ってしまったとき、「そこが全て」と思うと辛くなります。そういうときは猟友会に入らないという選択肢もあることを思いだしましょう。あるいは別の支部に移籍するという選択肢も。, 行動力があり、手続きを自分でやるのもいとわないという人は最初から猟友会に入らないという選択肢もあります。, 猟について学ぶにしても猟友会に入るのが唯一の学びの場ではありません。猟友会とは関係なく集まって猟をやっている人たちもいます。そういう人たちに教えを乞いながらやるのもひとつでしょう。いまはそういう狩猟体験や猟の基礎を教えるスクール的なイベントもあります。, 独学でやることも悪いことではないわけです。ただし、自分で考えて、誰にも頼らずにやるにはある程度の意思と自制心と努力が必要です。, っていうか、猟友会に入っても猟について教えてくれるとは限りません。支部によっては顔を合わせることもないわけですから。ただの手続き代行組織として運営されている支部もあります。だから、「初心者は猟友会に入って基礎を教わるべき」という意見は正しくないと思っています。猟友会に入っても何も教わらない場合も多々ありますし、むしろ悪いことを教えてくることもあるとか。, 最近、縁あって、よその支部の方々と交流する機会が何度かあり、つくづく「良い支部は良い!」ということを目の当たりにしましたね。, 向上心があり、先輩が後輩を支え、安全と楽しさを第一にし、駆除を通じ地域貢献も真面目。でも、それを押しつけることもなく、支え合って駆除と狩猟を続けておられる支部があり、すげーなーと。そこの支部長さんと個人的に交流させて頂いていますが、支部の運営にポリシーを持っているし、テキトーじゃないんですよ。本当によく考えています。, 狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp, 猟歴1年目から、単独で山に入り、イノシシを獲ろうと模索する様子を描いたノンフィクション本です。何も知らない状態から、山でいろいろ学び、挑戦し、獲物に近付いて行く様子を楽しんで頂ければと思います。. このページの先頭へ. 確かに猟師や猟友会という存在は良くわからないもの。ネットで検索しても良くわからない記事や古い情報が多いです。むしろ出てこない情報もあります。, 実際に僕は銃の猟初年度、ほぼ先輩についていってました。新人歓迎の猟友会でほんとに良かったです。友人の地域では仲良くしてくれる人が一人もいないそう。, と不安になって撃てなかったんですよね。実際ハンターマップ(狩猟可能かどうかの地図)を見ればOKな所でも、民家が近くにあったり、道路がどこにあるかなど複合的に判断しないといけません。, そんな判断1年目の人にはまず無理です。100%安全で発砲に問題がないと撃ってはいけませんので、最初は誰かに付いていくのが絶対におすすめです。, 住宅密集地での発砲は禁止。ここはハンターマップでは狩猟可能地域です。あなたならどうしますか?, 申請の書類にはハンター保険が必要で、これに個人で入るとなるとかなりめんどくさいです。(個人では入れないので他の団体に入れてもらうことになりますが、ネットで調べても出てこない), 猟友会に入ることで、ハンター保険などの書類を揃えて県の猟友会に郵送するという手間が省けます(特に初年度はどう書けばいいのかも分からないと思います。), 猟期は11/15〜2/15と滋賀県では定められています。(鹿、猪については11/1〜3/15と延長中)。, しかしこの期間の狩猟だけでは頭数が増えすぎるので、各県や街単位で「有害鳥獣駆除」が行われます。僕は現在入っていませんが(猟友会入ってないので)、滋賀県の時は8月、9月を除く毎週日曜日に行われていました。, 駆除員に入らないと、11/15〜2/15と非常に短い期間でしか鹿や猪を取ることができないので、ちょっと寂しいです。, 有害鳥獣駆除をすることになれば、有害鳥獣駆除用の弾を買う許可も貰うことが出来るメリットもありますね。(銃の弾を買うには標的射撃・狩猟・有害鳥獣駆除とそれぞれ違った許可が必要になります。), 標的射撃の許可しかない弾の購入許可証では狩猟用の弾を買うことができません。もしこれやると火薬取締法違反になってしまいます。日本では銃の管理が非常に厳しいですからね。, 逆に有害鳥獣駆除の弾で狩猟や標的射撃をすることは可能です。間違えないようにしましょう。, 駆除隊に入って普通に、駆除ごとにお金がもらえる地域なら入るメリットは多いかもしれません。, これを猟友会に入ってる場合、300発買える許可証がもらえます。(ライフルの場合50発まで, 猟友会に入ってなくても警察に行けばもらえるらしいですが、警察に行かなくても、ベストや他の狩猟に必要な書類と共にもらえるということでメリットかなと。, ちなみに僕の猟友会でこれ着て猟している人は誰もいませんでした。2017年か2018年に新しくなったのですが、ベストが色落ちするという不備があって2億円ほど無駄にしたらしいです(金額2億かどうか忘れましたが, 初心者は入ったほうがいいですね。自分一人で猟を始めるのは結構難しいです。もし人や民家、その他にあたってしまったら大変なことになります。, 人にあたった場合は自分の人生はもちろん、相手や相手の家族の人生を変えてしまいます。, 猟友会に入らず猟を始めるのは、車の教習所に通わずいきなり公道を運転するぐらいの勢いです。. Follow@kagishimato !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 愛知県在住。猟師しながらブログとマーケティングでフリーランスやってます。 With Google+ plugin by Geoff 一般社団法人 和歌山県猟友会 wakakai 和猟 猟友会とは、狩猟者のための公益団体です。 ... 2020.09.15 令和2年11 月中における猟銃等(経験者)講習会の開催について: 2020.09.02 猟銃等(初心者)講習会の開催について: 一般社団法人和歌山県猟友会 〒640-8281 和歌山市湊通町南4-18 林業会館内2階 … 猟友会はもともと、毛皮や肉を安定的に供給するために国の主導で1929年に創設され、戦後も同じ目的で組織が継続されました。, 猟友会は現在一般社団法人なのですが、創設時の名残で市町村の行政職員が事務等の部分を肩代わりしているという問題を持つ地域も存在します。, 組織の構造としては、大日本猟友会の下に都道府県猟友会、その下に市町村支部が存在するツリー状の構造になっています。, 各支部の長は構成員の選挙によって選ばれ、大日本猟友会の長は都道府県猟友会長の選挙によって選ばれます。, 大日本猟友会及び都道府県猟友会は一般社団法人の形態をとっていますが、その下の市町村支部は法人格を持っていない(形上は都道府県猟友会の一部になる)場合が多くあります。, 非営利とは、株式会社のような「利益が出た場合に内部に還元する」ということをしないという意味です。, 大型哺乳類に関する歴史(リンク先②)でも書きましたが、狩猟によって得た肉や毛皮の販売によって生計を立てている人は現代ではほぼいません。, 猟友会が組織として共有している意識は「獲物がたくさん獲りたい」「楽しく獲りたい」というものです。, 農林業等の被害があるため大きな声では言いませんが、ジビエの構造(リンク先④)でも書いたとおり、基本的にはシカやイノシシのような獲物は多いほうが良いというのがハンターの考え方です。, ハンターが増えれば獲物が減り、自分が狩猟に入っている地域の獲物が獲り荒らされてしまうからです。, このためハンターが多数いた頃から、トラブルを避ける目的で「ナワバリ」と呼ばれる仕組みが形成されてきました。, 「この地域は自分たちが入るから、よそ者は来るな。そのかわり自分たちもよそへは行かない。」という不文律ですが、これがいまだに残っており、様々な問題を起こしています。, ナワバリという言葉が示す通り、狩猟者の多くは非常に排他的で、捕獲者が増えるような仕組みの改善に抵抗します。, 上下関係が厳しい支部も多く、50~60代の方が市町村猟友会に入った場合も、猟友会の内部はそれ以上の歳の人ばかりですので、下っ端の役回りをさせられて実質的な捕獲ができないというような地域も多いようです。, しかし市町村支部レベルでは「新人やよそ者が入ってきてイザコザが起こるより、今のままが良い」という意見が多勢を占めているようです。, 古くから各支部の間にはナワバリ争いが存在しており、隣り合った市町村支部同士は基本的に仲が悪いため、連携や共同での対策もほとんど打てません。, 大日本猟友会や都道府県猟友会は市町村支部の会費によって運営しているので、構成員の減少は致命的なのですが、市町村支部レベルでは他人事なのです。, この大日本や都道府県の猟友会に対する会費の支払いに腹を立てた市町村支部が猟友会を離脱する事例も多く聞かれるため、大日本や都道府県猟友会からはあまり強い指示は出せません。, 実際、猟友会を離れても狩猟や有害鳥獣捕獲のような捕獲には参加することができ、猟友会の外の団体も増えてきています。, そもそも大日本猟友会や都道府県猟友会は市町村支部の選挙で選ばれた人で構成されていますから、内部に不満がたまれば次期に選ばれることはありません。, 現在は猟友会を維持存続しようと様々な名目で多くの公的資金や制度が使われていますが(一民間団体ですから当然それはそれで問題です)、このように組織内の自浄作用が全く存在しないため、ほとんど効果がありません。, 加えて、構成員が捕獲に関連した事故や報奨金の詐取などの事件を起こした場合でもトップの責任が問われることがほとんどありません。, これは普通の組織から見ればかなり異常なのですが、後述する「独占」の結果このような状態になってしまっています。, しかし現在では鳥をターゲットにする狩猟者が減少しており、この事業によって利益を受ける狩猟者がかなり偏ってきています。, そもそも飼育した鳥を野外に放つ行為は、遺伝的なかく乱や飼育環境由来の感染症の拡散などの問題があり、狩猟鳥獣や環境への影響の視点でも全く望ましいものではありません。, 対策の具体的な内容としては、クレー射撃の大会を開いたり、オレンジのベストや帽子を配っているのですが、これにも弊害が現れています。, 実際の猟銃による事故は「獲物だと思った」という誤射によるものか、「人がいると思わなかった」という矢先の確認不足、銃に弾を込めたまま作業した際の暴発等がほとんどです。, 安全確認をしなかったり、射撃する時以外で弾を装填しているのは、銃の取り扱いに対する悪い慣れが原因です。, クレー射撃は「飛んでいく皿を瞬間的に撃つ」もので、「獲物かどうか、矢先が安全かどうかを慎重に見定める」態度とは真逆の訓練です。, オレンジのベストについても、「オレンジでないものは獲物である」というような思い込みから一般人への誤射を生んでおり、逆に「オレンジの帽子がヤマドリに見えた」という誤射すらあります。, 狩猟事故を抑制するためには、警察等の第三者による現場での取り締まりを強化することによって「銃の扱いに緊張感が欠けている者を正し、事故の素因がある者を除去する」ことにしか効果は望めません。, キャンペーン事業は警察による取り締まりの強化を避けるための言い訳的な性質の事業であり、実際には解決を遅らせているかも知れません。, 「3.狩猟共済事業」は共済事業で、狩猟事故を発生させた時の費用等を保障する保険のようなものです。, ただし、猟友会加入にかかる会費等は保険に比べてかなり高額で、金銭的なメリットはあまりありません。, このように社会あるいは狩猟者個人として見ても、猟友会という組織の価値がかなり低下しているのは否定できない状況のようです。, 発生率を計算すると米国よりも高い状況(リンク先④)で、その多くが猟友会員によるものです。, 事故を起こした際に「短期間の捕獲の自粛」程度の反応で済むのも、実は独占状態であることの恩恵です。, 事故が起こった際、一般的には「危険だ」という声に対して「ではシカやイノシシをどうするのか」というような意見が多く見られます。, 捕獲=猟友会という状態なら、「捕獲による事故」か「獣の被害」かという二択の議論になりがちです。, 猟友会が捕獲を独占している状態での事故は「猟友会の危険性」ではなく、このような「捕獲そのものに付随するリスク」のような捉え方になりやすく、捕獲方法や組織の体質等の議論を避けやすいのです。, 「その他の団体に頼む」という選択肢が一般の人に浮かばないのは、捕獲が独占状態にあるからで、このように批判を避ける意味でも猟友会は独占状態を維持しようとするのです。, 例えば、わずかに存在する猟友会以外の(猟友会を前身としない)捕獲団体では、第三者に損害を与えるような捕獲関連の事故はほぼ発生しません。, これは当たり前で、普通の民間団体であれば事故を一度でも起こした段階で組織の存続が危うくなるからです。, こういった捕獲を担いうる猟友会以外の民間団体は、猟友会から様々な方法で強い圧力を受けます。, 大日本猟友会や都道府県猟友会は何とか捕獲の独占状態を維持させようと、国や都道府県の施策に圧力を加えているのです。, 特に社会的な要求が大きく、そのため猟友会が組織存続の頼みとしているのは「有害鳥獣捕獲」です。, 有害鳥獣捕獲はボランティアであると言われることがありますが、実態はそうではありません。, 一つの市町村で数百~数千万円の支出となっており、都道府県、国、と合算していけば膨大な額になります。, もし有害鳥獣捕獲に参入する団体が猟友会の他にもあれば、猟友会入会のメリットが無くなって会員が流出し、比較競争の結果として組織が瓦解する恐れがあります。, つまり「猟友会員でなければ捕獲ができないようにせよ」そして「猟友会員でなければ報奨金を受けられないようにせよ」という圧力を様々な所でかけています。, その結果、本来自衛のための枠組みであった有害鳥獣捕獲なのに、被害者が自分の田畑に出てくる加害獣を捕獲できない、というような状況も生じています。, 市町村の条例の中で「有害鳥獣捕獲に従事するものは猟友会員であること」と明記されている場合すらあります。, 捕獲従事者を特定の民間団体に限定した上で報奨金を設定することは強烈な利益誘導となるのですが、この問題はまだ激しくは指摘されていません。, 独占は「狩猟(ナワバリ)」「有害鳥獣捕獲」「個体数調整捕獲」「指定管理鳥獣捕獲等事業」など、あらゆる捕獲の枠組みに及びます。, これら捕獲の枠組みは本来、目的に応じて効率的に捕獲を運用するために作られているのですが、捕獲と名の付くものが一つでも猟友会以外の手に渡れば比較対象ができてしまうため、猟友会はどの捕獲もコントロール化に置こうとします。, その結果、同じ人が同じ方法で別の事業を掛け持ちする形になってしまうため、全く使い分けができずに全体の捕獲の質と量が変わらないという非効率な状況にもなってしまっています。, 通常、銃の弾を購入する場合は警察へ申請書を提出し、購入や消費等に関する詳細な計画を求められ、更新や変更のたびに手数料等を支払って火薬類譲受許可証を受ける必要があります。, ところが猟友会に所属していると、年間300発まで無許可で弾を購入できる「無許可譲受証」をもらうことができます。, この無許可譲受証は猟友会の他に警察署でも出すことができるのですが、多くの警察ではこの対応をやりません。, 一方ではお金を支払って並んでいるのに、特定の民間団体のみに優先フリーパスが配られているような状況です。, これは猟友会というよりはシステムの問題ですが、猟友会入会を間接的に警察が誘導するという状況が生まれてしまっています。, 警察も立場と状況を分かっていない場合が多く、猟銃の所持許可の際に「猟友会に入れ」と直接的に言ってくる場合すらあります。, 繰り返しますが、猟友会とは民間団体であり、特定の民間団体を行政や警察が支援すること、そこへ利益を誘導することは大きな問題です。, こういった「捕獲の独占」と様々な介入、競争と比較の不在によって起こる高い事故率や制度の歪みが、最も根本的な問題かも知れません。, 一方で行政が実施しようとする捕獲は、多かれ少なかれ獲物の数を減らそうという意図を持ったものです。, 例えば、猟友会以外の団体などの捕獲を許可して捕獲者の総数を増やし捕獲数を伸ばしたいと行政職員が提案する場合、「信用していないのか?ならもう我々は捕獲に協力しない」と凄むというような内容です。, 獲物や報奨金の取り分が減ってしまうかも知れないので、ハンターはハンターが増えることを望みません。, あるいは、繁殖上重要なメスを捕獲しないようにする、報奨金の高い対象種は猟期に捕獲を控えて有害鳥獣捕獲で獲る、ということも可能です。, 鳥獣被害対策の協議会等の場において「捕獲しなきゃ防除柵をしたって無駄だ」と被害対策全体の予算を報奨金へと誘導することも可能です。, 残念ながら捕獲のコントロールに関して行政の内部にはほとんど専門家がいませんので、こういった狩猟者の要望や思惑の多くが通ってしまっています。, 「被害を抑える」「生態系のバランスを整える」という社会的な目的に対する施策や予算を議論する場合、本来こういった趣味の狩猟者団体の意見や利害には十分に注意しなければならないものなのです。, ましてや独占状態で捕獲を任せるのは、社会的に見ても非常に大きな負の影響があります。, 猟友会にとっても、構成員の減少と高齢化が止まらない状況で独占に頼った戦略を続けることは、長い目で見た組織の利益とはならないでしょう。, 自浄作用が無く外部の目も機能しにくい状態は、破滅的な形での組織の崩壊を招きやすいものです。, 猟友会を構成する各個人に目を向けると、危ない人も多くいますが、中には立派な人格者も当然存在しています。, それを思うと非常に残念なのですが、今後は独占状態の破綻から内部での対立や分裂が激しくなり、名実ともにバラバラの組織へと変化していくのではないでしょうか。, この内容は「狩猟」「有害鳥獣捕獲」の調査結果と合わせてご覧頂くことをおすすめします。, 「危険だ」という声に対して「ではシカやイノシシをどうするのか」というような意見が多く見られます, 「捕獲そのものに付随するリスク」のような捉え方になりやすく、捕獲方法や組織の体質等の議論を避けやすいのです。, 「狩猟(ナワバリ)」「有害鳥獣捕獲」「個体数調整捕獲」「指定管理鳥獣捕獲等事業」など、, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).