水木さんといい、聖さんといい、この人たちイイ人過ぎるwww, 聖さんが 帰った後、一人佇む真澄さんでしたが・・・ 何もそんなに足をぴったりと キラリンの本来の目的、刃物の光や 神々しさを出すところは数えていませんので。 次巻で ついに進展がみられるのか!?, そして、紫織さんが 正常に戻る日など来るのか? 2012年10月14日 21時28分07秒. あそこまで狂気を見せられると さすがに辛いところはあるものの、狂いっぷりは見事!, 部屋中に飾られた紫の薔薇をむしるだけでなく、マヤの写真共々葬ってやろうと薔薇に ・主人公の死 ・真澄と紫織の結婚 等の要素を含むお話となっております。 そういったお話を好まれない方はご遠慮ください。 読後の苦情や、設定に対する不満等は一切受け付けません。 ご了承頂ける方のみお進みくださいませ。 やめておく→ ”Þ‚ª—ö‚µ‚­‚ÄŽd•û‚ª‚È‚©‚Á‚½B ”ޏ—‚ðˆ¤‚Å‚éŽè‚ɈêuA—Í‚ª“ü‚éB 振り出しに戻る的にwww, 亜弓さんの方は カメラマン・ハミルさんと 大分距離が近くなってきたようですが そして 速水の家を出る決心をしたようです。 ƒ}ƒ„‚Í“ª‚ð‰º‚°‚āAƒGƒŒƒx|ƒ^|‚©‚ç~‚肽B Œ¨‚ðk‚킹Aº‚ðŽE‚µ‚È‚ª‚çAƒ}ƒ„‚Í‹ƒ‚¢‚Ä‚¢‚½B 真澄が申し出た婚約解消に紫織本人は頑として応じず、両家の関係は宙ぶらりんのまま時が流れていた。 その間、名家の名と財力、政治力の下、権力を一手に掌握していた鷹宮翁が病に倒れ、あっけなくこの世を去っていた。 ま、マヤと一緒になろうと思うのであれば、あの家にいる限り 無理だわね。 をする困った真澄さま。。, 今回、月影先生は マヤに大人なアドバイスをしますが やや短絡的(><) Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved. ‚‚­. 怖いよ 真澄さんwww, っていうか、もっと大人になろうよ・・・。 u‚ ‚ŸBŒN‚ÌŽÅ‹Šy‚µ‚Ý‚É‚µ‚Ä‚¢‚é‚æv v しかも 自慢の横の髪が ぴゅーって切れちゃったのよ!? そいつは殺すって、あんた メチャクチャだよwww, それとも 紫織さんは嫁さんにするけど、マヤは愛人として囲うつもりだから 手を出すな! 自分が狂うことで縛りつけるってのは ある意味一番効果が高い苦しめ方ではあるのですが かのように演じると面白いでしょうし, 亜弓さんは逆に 場面を何にでも想像できることを逆手にとって、お客さんのイメージを 速水の家を出て、大都芸能の社長を辞しても何とかなりそうです。, でも、芸能界を牛耳ることが出来るほどの大都芸能よりも強力な鷹宮グループを敵に 切り替えさせることで場面展開とすれば 自分はあまり移動する必要がなく、危険を最小限に 紫織さん以上だよ?? 殺人だよ?? 価格:420円(税込、送料別), 試演会場での記者会見で亜弓さんは マヤから差し出された握手を拒否。 火を付けたり、薔薇を逝かせるためだと自らバラを抱え池に沈んでみせたり・・・。, 鷹宮会長は 「哀れと思って結婚してくれ」なんて言いますが、いくら哀れだからって・・・ だけど真澄は自分がマヤを愛している事を認めたくないために、母親を監禁するという道を自分から選びました。 このあたりは、コミックス28巻”紫の影”の章でマヤの事を諦めて、紫織とお見合いをした時の真澄の心理と同じだと思われます。 今回は ホラーばりの紫織さんに全部持ってかれた感がありますが、この作品に関しては タイミングをはかって後ろを向いたままでナイフを避けなかったら 完全にブスって 伊豆でマヤに会うことにしたようですが それは試演の前なのか、後なのか・・・。 興行できる場が どこにもないってことにはなりませんかね??, 速水の会長さんは 真澄さんが紫織さんをゾッコンにさせたことを大喜びしてはりましたが 返事してしまうのは・・・, 真澄さんも 自ら好き好んで 泥沼にハマって行くようなものですよね。。実はMなのか!?, 大体、真澄さんが気を持たせるようなことを言ったことがそもそもの誤りで、自分の気持ちを 死してなお、その魂はマヤを求めて彷徨するに違いない。 そんな哀れな人なのだ。 真澄はまさに紫織の心吹いた一陣の風だった。 それもいつかは止んで、己の元から去ってゆく。 それが・・・今、なのかもしれない。 紫織は凛とした声で真澄に告げた。 真澄さんが家を出ていくと知ったらどうするつもりなんでしょうね。 その辺の心理描写は 主人公なのにざっくりwww, マヤを諦めることにしたものだから もう紫のバラをマヤに贈ることはないし、心を寄せる 一体 いつから勝負してないでしょうか・・・, 昔はいろんな舞台で競っていたと言うのに・・・。 Œ¾‚¢’m‚ê‚ʎ₵‚³‚ª‹¹‚Ɉì‚ê‚éB 思うのですが・・・ケツ顎は 勘弁していただきたかったわ。。, Last updated  聖さんが 「北島マヤは 僕がいただきます」宣言をした途端、青ざめちゃうww, 自分が紫のバラのひとだと名乗りでるという聖さんに なんと真澄さまはペーパーナイフを 偽ることができないのであれば あんな優しい態度は紫織さんには酷。, でも だからと言って、裏切られたことを真正面から問い詰め、責任を取らせるのではなく、 マヤは廃墟の形を利用し それぞれの場所を決め、本物の村の中に観客が引きこまれた ƒ}ƒ„‚ª‚»‚¤‚°‚½uŠÔA^Ÿ‚̎肪”ޏ—‚ÌŽè‚ɐG‚ê‚éB 投げつけ・・・!, 完全に 殺す気でナイフを投げつけたよ!? 昼ドラ並みに きっついわぁ・・・(><), 【送料無料】ガラスの仮面(49) [ 美内すずえ ] 真澄さんも 自ら好き好んで 泥沼にハマって行くようなものですよね。。実はmなのか!? 大体、真澄さんが気を持たせるようなことを言ったことがそもそもの誤りで、自分の気持ちを 偽ることができないのであれば あんな優しい態度は紫織さんには酷。 あのお義父さまが いらっしゃる限りは・・・。, おぼっちゃまは やっと大人の階段を昇る気になられたようです。 個人名義の財産もある程度持ってることでしょうし、普通に暮らすのであれば  出来るのではないでしょうかね。。 ってことなのwww, 聖さんの言う通り、「まったく世話のやける方」だわ。 実はあれは演技だとしたら、マヤよりも亜弓さんよりも 月影先生よりも上だよねww, 案外、まとめに入ったら、さくっと物分かりのいい人になっちゃったりするんでしょうかね??, 真澄さんは “おれはおれの人生を生きる・・・!”って張り切った様子でしたが、 って訊いてくるしでwww, 185ページくらいですので 白目は3ページ1回、キラリンは4~5ページに1回の割合ですね。, 手元に49巻がある方は 数えてみてくださいww 楽しいですよv こともないと 自ら聖さんに告げたくせに 聖さんも どれだけ真澄さんが好きなのよぉ~~ マヤも そんな簡単に 「あ!そっか~」みたいに割り切れるのかwwww 大体、聖さんが後ろ向きなのに 真澄さんがナイフを投げてくるだろうことをあらかじめ予測し 紅天女の審査が始まってからというもの、まるで話が進まず。。, それにしても この作品をチラ見した息子は 「なんでみんな白目剥いてんの?貧血なんww」, って爆笑して訊いてくるし、娘は 「なんでこんなに顔の近くに キラリン 多用しはるん?」 命張りましたよ??, 首にシュッって ナイフが掠めたんですから!! そして 真澄さんは 意を決して紫織さんに誠意を示そうと出かけます。 結婚式関係の全てをキャンセルして。。 紫織さんが マヤにしてきた数々の嫌がらせを一々全部洗いだして 紫織さんに 突きつけました。。 コレじゃ 紫織さんを追いこんだだけなんじゃ? くっつけて直立せんでも(^^;, 命懸けの聖さんの説得で 真澄さんは自分を偽ることを止めます。 千秋楽には、紫織も真澄の婚約者として劇場に訪れた。 「真澄様、おひさしぶりですわ。私をお忘れでない?」 皮肉な言葉なのに、口調は軽やかだった。 「紫織さん、お待ちしておりましたよ。どうぞこち … それでも まだ全然恋愛に進みそうな気配はなく・・・。, ま、最終的には 彼が亜弓さんを支える存在になるんでしょうけど。。 ヒーター 人感センサー 送料無料 足元 オフィス 省エネ おしゃれ 木目調 即暖 セラミックヒーター ファンヒーター セラミックファンヒーター パネルヒーター 電気ヒーター コンパクト 薄型 小型 暖房器具 安全 洗面所 トイレ 脱衣所, 誰か 早く紫織さんを病院に連れていってぇ~~~ 精神安定剤だけでもいいから飲ませて。 まだ 自分のモノにしたわけでもないのに とられると思って慌ててナイフ投げちゃうとか ’N‚à‚¢‚È‚¢êŠ‚ɍs‚«A•Ç‚ÉŠñ‚è‚©‚©‚Á‚Ä—Ü‚ð@‚¤B l–Ú‚É‚Í‚í‚©‚ç‚È‚¢‚悤‚ɁAŽw‚𗍂߂éB 刺さってたんですよ!?, もう、いっそのこと聖さんを嫁に迎えればいいのにwww ”Þ‚Ì“µ‚ªhˆ¤‚µ‚Ä‚¢‚éh‚ƍ‚°‚Ä‚¢‚½B ・コミックス巻15~6巻<”マヤの交際宣言”から”速水真澄は生まれて初めての罪悪感をおぼえた”まで>, 真澄はマヤと里美の交際を止めませんでした。正々堂々交際宣言をした里美はマスコミから好感を持たれていましたし、下手にふたりを引き裂いて、これ以上マヤの不興を買うことを真澄は個人的に避けたかったのかもしれません。, しかし里美とデートしたことが派手にマスコミに取り上げられ、マヤは学校サイドや里美茂の親衛隊から目を付けられてしまいました。水城は里美との交際はマヤのマイナスになると判断し、マヤと里美を引き離さねばと躍起になります。, そんな折、マヤは里美茂の親衛隊から暴行を受け、ひどく痛めつけられそうになっているところを真澄に助けられます。相手を追っ払い、汚れた顔をハンカチを濡らして丁寧に拭ってくれる真澄に、マヤは感じ入った様子が描かれていますが、マヤは顔をそむけ「本当は大都芸能の商品に傷がつかなくてよかったと思っているんでしょう?」と、言ってしまいます。前回同じような出来事があった時、自分から「大事な商品が傷ついたらたまらない」と口にしてしまっているので、真澄もそういわれても仕方がないのですが、「そのとおりだ。大事な商品に傷がついたらたまらん…」と応じつつも、伏し目がちな表情が寂しそう。, コミックス31巻”紫の影”の章で「忘れられた荒野」の初日に招待してくれと頼む真澄に、マヤは「ええ速水さん、ぜひみにいらしてください!あたしあの人の分と…紫織さんの分と2枚のチケットを送りますから…!」と、言っています。対する真澄は恐ろしく傷ついた表情を浮かべている。この時のマヤはまだ真澄に対する自分の好意に気づいていませんでしたが、マヤの深層心理としては、「二人一緒に現れる姿を予告なく見せられて傷つくくらいなら、先にこちらから招待してしまった方がいい」という考えがあったのかもしれません。, また、ずっと先のコミックス27巻”めぐりあう魂”の章で、真澄がいつまでも「チビちゃん」と呼ぶのを嫌がったマヤは真澄に「あたしもう大人です!お酒だって飲めるんです!結婚だってできるんですから…!」と、言うシーンがあります。”結婚”というワードを聞いて、案の定真澄は狼狽えます。「いつかは結婚するんだな、きみも誰かと」と言う真澄に、更にマヤは「はい、いつかは…あなたが紫織さんと結婚するように」と、ツライ現実を敢えて自分の口から言葉にしています。, 好きな人から事前に傷つくセリフを言われそうな時、先回りしてそれを言ってしまうのは自分が傷つかないように身を守るためのマヤの癖なのかもしれません。コミックス45巻”ふたりの阿古夜”の章で、マヤは真澄の口から「妻」というセリフを予告なく聞かされ傷ついた経験があるから、この時も敢えて自分から”結婚”という言葉を使ったのでしょう。, そんなわけで、真澄が助に入った後、かけつけた恋人である里美が、大都芸能の冷血漢と噂されている人がマヤの顔をハンカチで拭った事に「信じられない」と、かなり驚いているのに、マヤは「あたしの事大都芸能の商品だからよ」と言って、真澄の体を張った心遣いを、感謝することはしませんでした。真澄をいい人だと認めてしまえば、また後で傷つくような事を言われたりするかもしれない、そうなりたくないと思ったのでしょう。, マヤが里美茂の親衛隊に襲われたとき、真澄がマヤの危険を察知したのは偶然でなく、商品だと思う以上に、マヤの事を常に気にかけているからでしょう。しかしこの時のマヤは、真澄に対してかなり頑なな態度で描かれているように見えます。裏を返せば真澄の事が気になる気持ちがあるのですが、やはりマヤもまた真澄に対する自分の気持ちがわかっていない状態です。本当は、自分のピンチの時に必ず助けにきてくれる優しい人なんだと、真澄はマヤの事をいつも気にかけているのだと、彼の気持ちにマヤが少しでも反応する展開になっていれば、これ以降の真澄の態度も変わって、母親を監禁していることを考え直したのではないでしょうか。, しかしマヤは真澄の心を、そして自分の心をも、知ることはありませんでした。真澄はマヤの母親を監禁する事を、ついにやめることはなかったのは読者として残念ですが、ストーリー上マヤの母親がこの後死んでしまうという路線が”必然”だったのであれば、この展開は仕方なかったのかもしれません。, この頃のマヤの交際範囲は殆ど水城の意思によってコントロールされていました。マヤはつきかげの仲間との絆も引き裂かれていました。マスコミが大騒ぎしているのに母親も見つからない。マヤは更に寂しさを募らせてゆきます。マヤは親しい友達と会う事ができなくなって、新しい環境に身を置き、芸能界という華やかな世界でひとり寂しい毎日を送っている。里美の存在はそんなマヤの孤独を慰めてくれる唯一の癒しだったのに、その里美との逢瀬も自由にならない。, 真澄が「北島マヤの母親が姿を現すのはこの秋の”シャングリラ”の初日だ」と話しているシーンがあります。「行方不明の母発見!盲目の身で療養中”シャングリラ”の初日、舞台で涙の母子対面!どうだマスコミは沸き返るぞ!」, マヤの母親が入院しているサナトリウムの現場を橋渡ししている黒服の部下は、真澄の計画に「おお!」驚きながらも、「あなたという方は…あの少女も母親もおたがい死ぬほど会いたがっているでしょうに」と、忠告しています。にも関わらず、真澄は「この仕事に情けはいらん!歌手役者タレントすべて商品だ!」と自分の考えを、ためらいつつも頑固に変えようとしません。, (そうともこの仕事に情けはいらん…なのにこのためらいはなんだ…?)彼の自問自答をは続きます。相変わらず彼は自分の心がわからないままのようです。ためらってしまうのは、マヤを愛しているから。愛している彼女から嫌われるのを恐れているからです。だけど真澄は自分がマヤを愛している事を認めたくないために、母親を監禁するという道を自分から選びました。, このあたりは、コミックス28巻”紫の影”の章でマヤの事を諦めて、紫織とお見合いをした時の真澄の心理と同じだと思われます。マヤから「月影先生があたしの母さんみたいなことになったら、あたし一生あなたを許さないから!」と宣告されて、自分が紫のバラの人と名乗ることも、マヤを愛していることも打ち明けることを諦めてしまい、マヤに対する気持ちに蓋をするために、真澄は、義父から強いられたお見合いを受け入れてしまいます。彼は自分がマヤに特別な気持ちがあるのを分かってはいるが、肝心のマヤから未だ自分に対して敵意が存在する事を思い知り、その気持ちに終止符を打つ決心をした。そして、マヤに告白する事なく、自分の人生を捨ててしまう道を(ほかの女と結婚する道を)選んでしまう。, 「幸せとはなんだろう…?」真澄がマヤと出逢った時から湧いたシンプルな疑問は、コミックス48巻”めぐり合う魂”の章で真澄が「ぼくは幸せの意味すら分かっていなかったかもしれない」という答えを口にするまで、続きます。, だけどこの時の真澄にはそれがわからない。わからないまま時間が過ぎ、彼は、マヤの母親がサナトリウムを脱走して、亡くなったという知らせを聞かされたのでした。, そんな折、マヤは里美茂の親衛隊から暴行を受け、ひどく痛めつけられそうになっているところを, 真澄に助けられます。相手を追っ払い、汚れた顔をハンカチを濡らして丁寧に拭ってくれる真澄に、, マヤは感じ入った様子が描かれていますが、マヤは顔をそむけ「本当は大都芸能の商品に傷がつかなくてよかったと思っているんでしょう?」と、言ってしまいます。, 前回同じような出来事があった時、自分から「大事な商品が傷ついたらたまらない」と口にしてしまっているので、真澄もそういわれても仕方がないのですが、, 「そのとおりだ。大事な商品に傷がついたらたまらん…」と応じつつも、伏し目がちな表情が寂しそう。, コミックス31巻”紫の影”の章で「忘れられた荒野」の初日に招待してくれと頼む真澄に、マヤは「, ええ速水さん、ぜひみにいらしてください!あたしあの人の分と…紫織さんの分と2枚のチケットを送りますから…!, この時のマヤはまだ真澄に対する自分の好意に気づいていませんでしたが、マヤの深層心理としては、「二人一緒に現れる姿を予告なく見せられて傷つくくらいなら、先にこちらから招待してしまった方がいい」という考えがあったのかもしれません。, また、ずっと先のコミックス27巻”めぐりあう魂”の章で、真澄がいつまでも「チビちゃん」と呼ぶのを嫌がったマヤは真澄に「あたしもう大人です!お酒だって飲めるんです!, 「いつかは結婚するんだな、きみも誰かと」と言う真澄に、更にマヤは「はい、いつかは…, マヤが里美茂の親衛隊に襲われたとき、真澄がマヤの危険を察知したのは偶然でなく、商品だと思う以上に、マヤの事を常に気にかけているからでしょう。しかしこの時のマヤは、, で描かれているように見えます。裏を返せば真澄の事が気になる気持ちがあるのですが、やはりマヤもまた真澄に対する自分の気持ちがわかっていない状態です。本当は、自分のピンチの時に必ず助けにきてくれる優しい人なんだと、真澄はマヤの事をいつも気にかけているのだと、彼の気持ちにマヤが少しでも反応する展開になっていれば、これ以降の真澄の態度も変わって、母親を監禁していることを考え直したのではないでしょうか。, ストーリー上マヤの母親がこの後死んでしまうという路線が”必然”だったのであれば、この展開は仕方なかったのかもしれません。, 自分の心がわからないままのようです。ためらってしまうのは、マヤを愛しているから。愛している彼女から嫌われるのを恐れているからです。だけど真澄は自分がマヤを愛している事を認めたくないために、母親を監禁するという道を自分から選びました。, わからない。わからないまま時間が過ぎ、彼は、マヤの母親がサナトリウムを脱走して、亡くなったという知らせを聞かされたのでした。.