診察料もばかにならないし、ないよりもうステロイドと縁を切りたいので、 セックスも3年間今の彼だけです。(彼は痒みなしです) (これはフェミニーナ軟膏のせいでしょうか?) いったいどうすればいいのでしょうか?とてもつらいです。 もう通っていませが、どんどん悪化してきて、過去最悪な状態です。 更に、もしかしたら明日頃から生理が来てしまうので あまり一般的でない原因には、乾癬や硬化性苔癬などの皮膚疾患があります。硬化性苔癬は腟口の周囲の外陰部に生じる薄い白斑を特徴とします。硬化性苔癬を治療しないでいると、病変部に瘢痕ができ、外陰がんのリスクが高くなります。 その薬剤師さんは考えた後、他の薬剤師さんに 私も、出産後生理が再開する前の数か月、何をしてもかゆくてつらい時を過ごしました。 私も同じく40代主婦です。 ●普段の量はどのくらいかわかりませんが、多いほうですよね? 感じでしたが・・。 月曜には病院に行こうと思うのですが、 .生検翌日は消毒で通院、異常なければシャワーはOK 少なくとも生検(病変部の一部を採取して、検査すること)をやってくれる、安心できる病院を選んでくださいね。, 他の回答者さま方が書いていらっしゃることと重複しますが、お医者さんを変えて、もう一度診てもらうべきだと思います。 わたしはそんばーゆをつかっています。ホームページあり。 昨年の9月に、たまたま不正出血で婦人科を受診しました。 いうと、膣より上部)翌日から何日も排尿の痛みがあり、大変でした。 .1週間後抜糸(私は3針縫合しました) また白斑症と診断されてから自然に治ったという方はいますか? なので、普通のおばさんのアドバイスとして見てもらえればありがたいです。 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に 大学病院皮膚科では「白斑はガンの可能性もあるので『生検』をしましょう」ということで 何をしても強烈にかゆかったので、日常生活が思うように送れずストレスもかなり溜まりました。 月経血にしみるのでは…と心配です。 (肌が弱いので蒸れて痒くなることは多々あります) 逆にトイレを我慢してしまって お風呂では母は普通に下を洗っているようですが、 特異な症例の場合、医者自体の知識の量で病名と適切な治療方法を取れるか ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。 「硬化性萎縮性苔癬」病名確定まで約10年. 男性の先生が多いですが、医者はもう何人もの女性の陰部(というか患部)を見ているのです。 タイトル通りです。先ほど気が付いて明日見ていただける皮膚科を3件電話して確保しました。硬化性萎縮性苔癬(こうかせい いしゅくせい たいせい)の画像に凄く似ています、1週間ほど前から白くなり痒みの感じ方が変わりました。すごく怖 どなたか同じ症状に罹った方いらっしゃいましたら ここ最近そのかさつきが気になって、そういえばいつからあるのかと考えてみましたが思い出せません。 一般的にはそういうものなのでしょうか? 今は大学病院の皮膚科教授に看て貰っていますが知識と治療方針は今までで最高ですね。 皆さんの意見等を詳しく説明していただけないでしょうか…?? お願いします。, 他の回答者さま方が書いていらっしゃることと重複しますが、お医者さんを変えて、もう一度診てもらうべきだと思います。 2年前の外陰部は、皮膚がポロポロとめくれ、妙に白髪が増えていた>< 2年程前から痒いです。当時、婦人科と皮膚科へ行きましたが、 ただシャワーで当てるだけでは汚れはとれませんよ。 できものの症状の場所が陰部なので、チョットはずかしくて病院に行くのもためらってしまいます。 と聞かれ、「陰部が一部白くなってます。白斑症ですね。」と言われました。 36歳の子持ち女です(^.^) 現在も同じ感じで対処しています。また。水ぶくれみたいな感じでない様です。 実は外陰部白斑症と一緒に、会陰部に白く硬くなった皮膚病変があるということで 途方に暮れています。 日帰りらしいのですが、全身麻酔するほどのことなのか?と不安です。 かゆいなと感じ始めたのは小6頃でしょうか?(生理が来たのは小5です) 大きいのをしたときは、周辺をアルコール除菌のウエットティシュで消毒する。 硬化性萎縮性苔癬(lichen sclerosus et atro-phicus;LSA) CQ1.他の病名で呼ばれることはあるか? 推奨文:硬化性苔癬(lichen sclerosus)と呼ばれる ことが多くなっている. 推奨度:なし 解説:本疾患は,皮膚科領域ではHallopeauによっ (4) 脂肪腫 1週間ごとに通い、そのたび薬を変更したり1カ月試してみましたが、やはり改善しません。 皮膚科でも「これは体質だから。治らないよ。こうやって薬と併用してうまく付き合っていくしかない」って言われてきました。 白いところがこのような色に, 陰部の近くの粉瘤は 形成外科で 手術したほうがいいですよね。 家の近くに 皮膚科がありません。なので, 金魚が最近ふと見るとひっくり返っていました。転覆病でしょうかもしそうでしたら、誰か治す方法を教えてく, この、目の下の白い1つのポツはなんでしょう?ピンセットで潰そうとすると痛いです。皮膚科に行く以外でこ, 変な白い面を頭に被った人 昨日(教会で)頭に白い布みたいなものを被せ、顔には白いプラスチックみたいな, 皮膚科受診時の費用についての質問です。 私の母親が先月皮膚科で水虫の検査を受け水虫と診断されました。, 5月1日にやけどをして皮膚科に行けていません。 茶色やけど後は消えますか?皮膚科に行けていないので心, この足巻爪ですよね? 病...続きを読む, こんにちは。薬剤師さんがそう考えた理由はおそらくこうだと思います。 大陰唇に発生することが...続きを読む, 20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。 病名も初めて聞きましたし、その病院でここ数年、毎年人間ドックを受け、 市販の薬(フェミニーナ軟膏)をつけてもおさまらないので、 表面が凸凹でまるで乳頭のように発育して、単発で比較的大きいのが特徴ですので、コンジロームと鑑別できます。大きいものだと数センチにまでなります。中年以降にできることがほとんどです。手術で摘除します。 1年後、同じ皮膚科へ症状を見てもらいに行きましたが、 またこれといった治療法もないと。ただまれにがんに移行する...続きを読む, 初めまして、よろしくお願いいたします 甘いものも食べないし原因が分かりません。 他にも色々と原因はあるかと思いますが、女性ホルモンのバランスが崩れた時も強烈にかゆみが起こる事があるようです。 一度皮膚科にいかれてみてはいかがでしょうか?局所麻酔ですむかもしれません。 将来赤ちゃんができたときに、奇形児にならないかとても心配です。 この病気を知らない医師が多過ぎる。 困っている人の為になるかな?と思い、過去10年の病院通いと病名が分かってからの日々を綴ります( ´ ` ) でも、その前に、もう一度、診断を受けてくださいね。 【医師監修・作成】「硬化性萎縮性苔癬」思春期や中年以降の女性に多い、外陰部の粘膜の病気。粘膜や皮膚が白く変色し、進行するとびらんや水疱などができることもある|硬化性萎縮性苔癬の症状・原因・治療などについての基礎情報を掲載しています。 1年後、同...続きを読む, 皮膚科が良いでしょうね。 さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れないくらい痒くて死にそうな状態になり、また皮膚科で薬をもらって治す・・・という繰り返しで10年ほど過ぎてきました。 症状を上手に説明出来ませんでしたが、何か良いアドバイスがありましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。, わたしも大陰唇にぷくっとしたできものができたことが何度もあります。 36歳の子持ち女です(^.^) 家に帰ってお風呂に入るまで、 なので、普通のおばさんのアドバイスとして見てもらえればありがたいです。 よろしくお願いいたします。, 3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 私は女性の医師でしたし、早く原因を知りたかったのでその日の内に町医者と大学病院に駆け込みました。 ●他の何かの病気ですか? 宜しくお願いします。, 文章だけじゃ判断できません。写真でも貼れば、00だと、解説できるでしょうが、・・・・ 軟膏で翌日には排尿の痛みもなくなり、症状は落ち着いたので、皮膚科の 特に皮膚科医に関しては今までの経験上、医師の知識レベルの差が激しいと感じます。 「硬化性萎縮性苔癬」では陰部に萎縮と瘢痕様変化が起きます。多くは閉経後の女性に発症しますが、男性にも発症します。小児に発症することもあります。原因不明です。ステロイド外用を行います。有棘細胞癌の発生母地になるため、注意が必要です。 父は寝たきりで、極力陰部の清潔を� 婦人科の中では、子宮ガン、卵巣ガンについで多く、婦人科ガンの3%前後みられます。60歳以降に多いですが、40歳以下にも10%強発生します。発生するのは大陰唇に95%程度と多く、性質としては、皮膚と同じガンが85%、悪性黒色腫6%などで、ほかにバルトリン腺ガン4%などであります。初期には無症状で、かゆみからはじまり腫瘍の増大とともに灼熱感・腫瘤感があります。診断は一部を摘出して組織検査が主ですが、悪性黒色腫は別です。可能な限り手術で摘出するが、放射線療法も併用することもあります。早期発見が可能で、大きさやタイプ、リンパ節への転移などにより違いますが、おおむね予後が良いようです。, 文章だけじゃ判断できません。写真でも貼れば、00だと、解説できるでしょうが、・・・・ ページェット病 硬化性萎縮性苔癬(こうかせい いしゅくせい たいせい)の画像に凄く似ています、1週間ほど前から白くなり痒みの感じ方が変わりました。すごく怖 . 「だいぶ良くなってきてる」とは言われたものの、 (2) 汗腺腫 文字どおり汗腺から発生し、1~1.5センチ程度の円い「できもの」になり、手術で摘除する。 皮膚科では「グレムニゾラ?」という塗り薬を処方して もともと洗いすぎな感はあり、毛深いです。  引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 婦人科の知識は素人レベルに近い現役の看護師をしています。 外陰ガン 表面が凸凹でまるで乳頭のように発育して、単発で比較的大きいのが特徴ですので、コンジロームと鑑別できます。大きいものだと数センチにまでなります。中年以降にできることがほとんどです。手術で摘除します。 メンソレータムを何日か頻繁に塗って、触ると痛くてフニャフニャになってきたころ、ティッシュをあててこすると、血と膿がでました。 二次感染の防止にはなっても、治りが遅いのでは 塗ると痒みは治まりますが、数日経つとまた痒くなります。 まだ今は軟膏があるので、それでしのいでいるのですが・・・ ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。 あと、私は繰り返し何回もかかっていて、あきらめたころに治りました。 意見を聞きに行き、「クロマイ-P軟膏」の方が 性交経験済みです。 もしかしたら、ホルモンバランスの乱れの可能性もあるかもしれませんよ。, はじめまして。 古い文献を説明するような医師までいます。ネットで誰でも調べられる時代ですから 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 ナプキンにかぶれたのか、だんだんヒリヒリしてペーパーで拭くのも痛くなり、 文字どおり汗腺から発生し、1~1.5センチ程度の円い「できもの」になり、手術で摘除する。 ちなみに、薬局でも、最近はとてもよい座薬と軟膏が売られています。 さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れ...続きを読む, 経験者です。 いるので、ペーパーなど刺激になって、ただれてしまったのだろうと。 特に痒みもなく過ごしていましたが、今年の6月、生理が終わる頃から、 この記事は1,137回アクセスされました。, 外陰がんは非常に稀な疾患ですが、発症リスクが高い人は少なくありません。外陰がんの発症率は低いとはいえ、症状や徴候は把握しておいた方がいいでしょう。外陰がんの症状を認めたら、医療機関を受診して診断を受ける必要があります。がんの進行度によりますが、多くの場合、外陰がんは治療による完治が可能です。, 当社はwikiHowの利便性を高めるためにクッキーを使用しています。当ウェブサイトを利用することにより、利用者は当社の, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/8\/85\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-1-Version-2.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-1-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/8\/85\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-1-Version-2.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-1-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, Centers for Disease Control and Prevention, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/d\/d3\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-2-Version-2.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-2-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/d\/d3\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-2-Version-2.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-2-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/3\/34\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-3-Version-2.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-3-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/3\/34\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-3-Version-2.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-3-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/fb\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-4-Version-2.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-4-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/fb\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-4-Version-2.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-4-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/4\/46\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-5.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-5.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/4\/46\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-5.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-5.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/0\/0b\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-6.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-6.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/0\/0b\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-6.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-6.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/c\/c8\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-7.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-7.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/c\/c8\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-7.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-7.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/8\/81\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-8.jpg\/v4-460px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-8.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/8\/81\/Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-8.jpg\/v4-728px-Recognize-Vulva-Cancer-Symptoms-Step-8.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/vulvarcancer.html, http://www.cdc.gov/cancer/vagvulv/basic_info/symptoms.htm, http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/vulvar-cancer/basics/risk-factors/con-20043483, http://www.cancer.gov/types/vulvar/patient/vulvar-treatment-pdq#link/stoc_h2_0, http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/vulvar-cancer/basics/tests-diagnosis/con-20043483, http://www.cancer.gov/types/vulvar/patient/vulvar-treatment-pdq#link/stoc_h2_3, reconocer los síntomas del cáncer de vulva, Riconoscere i Sintomi del Cancro della Vulva, Reconhecer os Sintomas do Câncer de Vulva, reconnaitre les symptômes du cancer de la vulve, योनि या वल्वा कैंसर के लक्षणों की पहचान करें (Recognize Vulva Cancer Symptoms), 外陰部の健康状態を経時的にチェックして、正常な状態を把握し、異常が発生した場合に特定できるようにしましょう。, ヒトパピローマウイルス(HPV)性感染症に感染すると、外陰がんのリスクが高まります。, 前がん病変、もしくは、硬化性苔癬など外陰部の皮膚疾患の既往歴がある人は、外陰がんの発症リスクが高まります。, 外陰部を触ることに不快感を感じたり気後れする必要はありません。正常な行為であり、健康を守るために大切なことです。, 外陰部を隅々まで優しく触って、しこりやイボ状病変などの異常がないか調べます。小陰唇を広げ内部の触診も行いましょう。, 外陰部の皮膚を定期的に観察し、正常な外陰部の状態を把握することで、異常が生じた際の特定に役立ちます。, 外陰皮膚に変色や肥厚化などの異変が出現していないか確認しましょう。イボや潰瘍のような病変も外陰がんの可能性があります。, 外陰がんの多くは大陰唇に発生します。大陰唇は、女性器の外陰部にあり、腟のまわりを取り巻く左右対称の厚い皮膚を指します。, 信頼関係のあるパートナーがいれば、外陰部に異変がないか聞いてもいいでしょう。自分よりも相手の方が早く異変に気づける場合があります。, 婦人科医を受診しましょう。婦人科医は外陰がん診断に精通しており、診断の設備も整っています。必要に応じて、ほかの病院や専門医を紹介される場合もあります。, 外陰がんの最も一般的な検査法は生検です。外陰部の細胞や組織を少量採取し、研究室で検査して、がんかどうか判定します。, 生検によって外陰がんと診断された場合、がんが浸潤や転移していないか追加検査を受ける必要があります。, 追加検査には、婦人科内診、コルポスコープ診、X線検査、CT検査、MRI検査、リンパ節生検などが行われます。, 外陰がんに適応される治療法は、手術療法、放射線療法、化学療法、生物学的療法の4つが一般的です。, 臨床試験に参加することも検討してみましょう。より新しい治療法を受ける機会を得ることができます。ステージIもしくはIIであれば、切除手術で治癒可能ですが、ステージIIIやIVになると広範囲に及ぶ切除および放射線療法や化学療法が必要になります。, 症状を放置しないようにしましょう。がん細胞が鼠径リンパ節に転移すると、体内にがんが広がる危険があります。, HPVは感染しても根治させる治療法はありません。30歳以下の人は、HPVの関連疾患の発症リスクを低減させるため、HPVワクチンの接種を検討しましょう。.