金種別合計金額、枚数表示 選別あり. 紙幣計数機 . その名の通り、硬貨を計数するのが硬貨計数機である。卓上にて使える小型のcp-11とccr-10の特徴は、その高速性能にある。1分間に1,800枚の硬貨を計測することができるのだ。 All Rights Reserved. 500枚(100円硬貨) 重量. 紙幣計数機. 備考. パターンキー:10,20,25,50,100枚指定. 信頼のグローリ製品 コンパクトサイズながら 信頼性・耐久度計測スピード 文句なしです! 75ベーシック. 計数機 パチンコ用 メーカー glory 商品名 glory jr-70 状態 良好 動作 確認済み 個数 2台 価格 ¥100,000 玉計数機 GLORY製 JR-70 - 有限会社 ファイン企画 - fine planning 高性能で低価格を実現したベーシックモデルの紙幣計数機。 ¥220,000 + 税. dcw-6000. 26kg.

お会計中や釣銭の補充中に硬貨や紙幣が詰まってしまった場合に、無理な取出し操作は自動釣銭機の故障原因となります。このページでは、自動釣銭機(rt-300)に詰まってしまった硬貨・紙幣をスムーズに取り出しできる方法についてご案内します。 700枚/分. 混合金種の計数が可能な高性能紙幣計数機。 ¥450,000 + 税. ホッパー容量.

Copyright © 2020 Japanest NIPPON. グローリー コインカウンター 硬貨計数機 glory jc-10の購入・売買の前に価格相場を調べてみませんか?オークファンなら新品から中古まであらゆる商品の価格を徹底比較できます! グローリー株式会社・紙幣入出金機RGB-100、小型紙幣計算機GFB シリーズほか, グローリー株式会社は、「お金やモノを正確に「数え」「選別し」「搬送する」技術」をコアに、貨幣処理から決済端末、セキュリティシステムまでを手掛ける機器開発・製造販売企業である。, たばこ自動販売機、コインロッカー、レジ釣銭機、カード関連機器、診療費支払機などの技術も、自社で高度なものを開発しており、現在私たちの身近な暮らしの中のあらゆる場面でグローリー社製の機器が活躍している。会社としての歴史は長く、また製品は古くから評価され、1950年の国産第一号硬貨計数機の開発以来、グローリー製の貨幣処理機は、現在国内シェア約7割を占めている。, 近年では、海外の金融機関や娯楽場でも、グローリー製の入金機や貨幣処理機が販売されている。高精度な読取センサーで偽札もすみやかに排除でき、今後の海外展開が期待される。, 研究部門はグローリーの核であり、強みである。「メカトロ」と呼ばれるお金を数えるための技術と、「認識能力・識別能力」技術の2技術を核に、セキュリティ分野などでも発展的な技術を開発しており、毎年研究開発費に投資される金額は約90億円。新製品・新技術を育てる姿勢を企業として大事にしている。グローリー製品が搭載している技術は、このようにグローリーが長年独自に培ってきたものである。この技術が、品質、機能、操作しやすさ、耐久性すべてにおいて最高のレベルを保証しているのだ。, 高まる金融商品への需要と共に、海外金融機関の窓口では顧客とのより密なコミュニケーションが求められるようになっている。それに伴い、店舗裏で行われる入出金に関わる時間をいかに少なくするか、貨幣の正確な計数や厳正な管理をいかに行うか、という課題に応えられる製品が求められている。, 2012年の1月に販売が開始された「紙幣入出金機RGB-100」は様々な機能でそれまでの業界の記録を塗り替え、大口入金、小口窓口業務、出納作業の3分野で、効率の向上と、管理のさらなる厳正化が期待されている。, 同機は窓口のハイカウンター下に収まるコンパクトサイズながら、業界最多の約17,000枚の収納数が確保されている。この収納数は従来製品の約3倍である。また、紙幣記番号の記録機能を搭載したのは、窓口向け紙幣入出金機では初めてである。さらに毎秒10枚という業界最速の入金計数スピードを達成しており、グローリーのもつ最新の技術を集めた製品といえる。, 現在アメリカを中心に輸出している同機は、今後紙幣流通量の多い新興国へも販売展開が計画されている。, 同シリーズは、銀行のテラーカウンター上で、高速紙幣計数を実現するコンパクトマシンである。1分間で1,800枚を計測することができる高速性に加え、MCCDsという高精度の紙幣読み取りセンサーに特色がある。, 紫外線、磁気インク、金属、赤外線インクの4種類を感知するセンサーを搭載しており、様々な国や地域の貨幣識別に対応できる。CF Auto Mode機能によってまず紙幣の種類が識別され、必要に応じて各MCCDsが機能する。グローリーが誇る独自技術であり、他の紙幣計算機と一線を画している。, 使い手にとって易しいキー配置、見やすい画面、マニュアル操作とオート操作が選択可能、など、操作性の高さにも優れ、今後世界中のさまざまな場面で導入されていくにふさわしい機械といえよう。欧州の紙幣計算機市場において、GFBシリーズが20%のシェアを挙げていることもその証である。, その名の通り、硬貨を計数するのが硬貨計数機である。卓上にて使える小型のCP-11とCCR-10の特徴は、その高速性能にある。1分間に1,800枚の硬貨を計測することができるのだ。また、CP-11は一度に2,000枚、CCR-10は一度に4,000枚を投入することが可能であり、大量の硬貨を素早く計数することが求められる銀行、小売店、娯楽施設などで重宝されている。, CP-11は30cm×40cmというコンパクトさ、CCR-10もスリムですっきりとしたデザインで、デスクトップ上の限られたスペースでもじゃまにはならない。, そして速さやデザイン以上に重要である、正確さは、グローリーが誇る識別技術によって他社に類を見ないレベルに達している。小さいながらも、世界中のさまざまな場面で今後大きな存在感を示してくることが期待される製品である。, Japanest NIPPONマイページでは何ができるのか、お知りになりたい方はこちら. 機能. 硬貨選別機. 処理スピード. 1000枚収納できる大容量コインbox搭載モデル。 ¥406,500 + 税. dcv-10p.

硬貨選別計数機. 硬貨計数機. 75jvm. テンキー:1から999枚まで任意 硬貨計数機cp-11/ccr-10.