種を蒔く 【読み方】 たねをまく 【意味】 草や木が芽を出すもとになる種子を土に散らす。または、土に散らし埋める。物事の原因を作る。 辞書で種をまくという意味の「まく」という動詞を調べると、「蒔く」と「播く」が漢字として紹介されています。ネットで調べると「播く」は農場など広範囲、「蒔く」は園芸など小規模でという使い分けや、「蒔く」は植えるという意味があ または状況によって使い分ける熟語などの言葉はあるのでしょうか, 「時 熟語」に関するQ&A: この意味のことわざor四時熟語を教えてください。, お答えいただきありがとうございます。 自分で 種を蒔い たんだから、自分で刈り取れと突き放された。; 今回の決議が、未来の戦争の 種を蒔く ことにならないと良いが。; 子どもたちの未来が輝かしいものになるように、先生は生徒の心に 種を蒔く 。; 家庭内の不和の 種を蒔く おそれがある。 播種(はしゅ)とは、植物の種子を播く(蒔く、撒く、まく)こと、つまり種まきである。 それから転じて、種をばらまいたように、細かい点が無造作・無秩序にある状態を言う。本項では、本来の播種、園芸における種まきに関する諸々を述べる。 2 (「種をまく」の形で比喩 (ひゆ) 的に用いて)物事の原因をつくる。. 播種(はしゅ)とは、植物の種子を播く(蒔く、撒く、まく)こと、つまり種まきである。それから転じて、種をばらまいたように、細かい点が無造作・無秩序にある状態を言う。本項では、本来の播種、園芸における種まきに関する諸々を述べる。, 春まきのヒマワリ、サルビア、アサガオ、ホウセンカ、マリーゴールド、ヒャクニチソウ、ケイトウ、アゲラタムなどと、秋まきのパンジー、デージー、キンセンカ、スイートピー、ケシ、キンギョソウ、エゾギク、リビングストンデージーなど、それに夏蒔きのハボタンとプリムラがある。, 園芸上は、発芽してから開花・結実して枯れるまで、一年以上・二年以内のものを二年草という。春播きのジギタリス、秋まきのカンパニュラがよく知られている。, 球根も大半がタネも売られている。チューリップなどはタネから開花までに、5年ほどかかるが、北陸や東北地方でないと、開花する前にモザイク病にやられてアウトである。球根類でおすすめは、ダリアである。春播きすると、大輪でもポンポン咲きでも、すべて秋には開花する。花は、さすがに球根から作る豪華なものに比べると見劣りするが、十分に観賞価値のあるものである。そのほかグラジオラス、カンナや秋まきのフリージア、ラナンキュラス、アネモネも一年か二年で開花する。, 意外に簡単にできるのが菊である。小菊は十分に切り花、とくに仏花に使えるものができる。厚物や管物などの観賞菊も、やはりタネをまいた年の秋に開花するが、重ねの良い大輪咲きはなかなか出ないようである。ガーベラやゼラニウムなどは、国内でもタネが売られており、播いた年に開花するが、他の宿根草も、開花までさほどの年月はかからない。, 盆栽用の松柏類(コニファー)やカエデ、ハゼノキなどは、ほとんどタネから作られている。メタセコイアやユーカリのように、タネから1年で1メートル近くなるものもある。花木類は、開花までに2,3年から10年くらいかかるものまである。果樹類のタネも売られているが、これは品種ものを接ぎ木や挿し木で増やしたほうが断然良い。タネからまいたものは、果実が小さく、また味もまずいので、タネからは作らない方がよい。, サボテンはほとんど栽培業者が実生で栽培したものである。タネから直径5cmくらいの玉にするまで数年かかるが、それでも「金鯱」や「兜丸」などのサボテンが、双葉からだんだんそれらしい形に成長するのを観察しているのは興味深いものである。, サボテンも発芽には水が必要である。それに一般の草花より遙かに高い温度が必要である。小さな浅鉢に砂またはサボテンの培養土を満たし、6月から8月に鉢に蒔き、タネが隠れる程度に覆土し、芽が出るまでは受け皿をあてがい、日陰においておく。発芽したら密生したところを間引き、徐々に乾燥させてゆく。, 多肉植物は、単子葉植物のアロエやリュウゼツラン、双子葉植物のベンケイソウ科やツルナ科のものなど、数十の科にまたがっており、タネの大きさも性質もまちまちである。熱帯性のものから、逆に暑さに弱いものまである。ほとんどタネから栽培でき、サボテンと同じように、発芽までは土に十分な湿り気が必要である。, 中尾佐助は、世界各地の農耕文化のうち、東南アジアにあるヤムのような根栽を栽培する際の播種法に点播が見られ[2]、アフリカ、アジアなどの雑穀栽培をする地域は除草をするために条播が発達し、地中海沿岸部から北では、雑草に利用できるものが多いため散播が発達したと主張している[3]。また、イギリスでは、18世紀以降、ジェスロー・タル(英語版)の提唱により条播が発達し、ホッパーとよばれる条播用の器具が出来たと言う[4]。, 種まきで一番大事なのは、播き時である。秋まきでは、数日の違いで、生育に大きな差が出ることがある。また、植物にはそれぞれに発芽適温があり、適温でないと全く発芽しないこともある。, よく、タネをまくには春と秋の彼岸頃が良いと言われるが、これは間違いである。秋分の頃は最低気温が15 - 20℃で、秋まき草花の発芽適温だが、春分の頃は東京でまだよく霜が降り、氷が張ることもある。コスモスやマリーゴールドなど、発芽温度の低いもので、ソメイヨシノが散り始めた頃、サルビアや朝顔はゴールデン・ウィークの頃、春播き草花で一番発芽温度の高いインパチェンスは5月中下旬がよい。春播き種はだいたい、温度が高ければよく発芽するので、わざとマリーゴールドやコスモスなどを7月頃にまくと、秋にコンパクトな姿で花をつける。, 秋まきの草花は、春播きのものより発芽温度が低いが、冬に向かうため、生育適温のうちに十分な大きさにしておかないと、貧弱な花しか咲かないことになる。暖かい地方では、パンジー・キンセンカ・花菜・ヴェニディウム(寒咲蛇の目菊)・ヤグルマギクなどは、9月5日頃までに播くと、年内に花を見ることができる。, 秋まき草花の発芽をよくするには、通販のカタログは5月下旬に発行されるので、タネを早めに注文し、タネが来たら一ヶ月以上冷蔵庫の野菜室に保管して、8月下旬から9月5日頃までに播種するようにする。キンギョソウや撫子(なでしこ)類、ポピーなどは秋分頃でよい。ヴァーベナやルピナス、リヴィングストンデージーなどは、10月になってから播いた方がよい。今はタネの袋に、地播き時を色分けした日本地図や、発芽適温が出ている。春播きでは最高気温がその適温になったら、秋まきでは最低気温が発芽適温になったらすぐに播くのがよい。, ハボタンは6月下旬から8月中旬頃が播き時である。また、プリムラは6月から7月が播き時である。これらは秋になってから播くと、十分に生育しないうちに観賞期を迎えてしまうからであるが、夏はやはり発芽しにくく、病虫害も多い。, 温室で栽培される鉢物は、プリムラもそうだが、特別な播き時のものがかなりある。設備も必要だし管理も大変なので、詳しく知りたい方は、専門書を読んでほしい。, 採集したタネをすぐに播くのを取り播きという。松柏類やカエデ、ツバキ、ハゼの木など、木本類では取り播きにしたほうがよいものが多い。木本類のタネは、案外乾燥に弱く、また、種類によっては、いったん寒さにあってから暖かくならないと、つまりタネが、春が来たことを自覚しないと、発芽しないからである。, ポピュラーなものであれば、街の花屋、園芸店、ホームセンターなどで手にはいる。しかし、店によっては管理がおざなりで、秋まきのタネを、真夏の日向に陳列しているところがある。タネは播くまでは、冷蔵庫に保管するのが望ましいほどであるから、涼しい場所においてあるショップから買うべきである。, 新しい品種や、珍しいものは、通信販売で入手するのがよい。今でこそ盛んなカタログ販売であるが、通販の元祖は、1887年にタキイ種苗が売り出したトウモロコシその他の野菜のタネである。かつては第3種郵便で、種子・球根・苗ものなどが100g6円で送れたこともあり、種苗の通販は盛んであった。通販のカタログは、11月末と5月末に出る。ただし有料で1冊200 - 500円くらいである。種苗の代金は先払いで、郵便振替による送金が多く、送金手数料や商品の送料はさほど高くない。, インターネットの普及で、国外からタネを買うのも容易になった。欧米の種苗カタログは、日本のもののような美しい絵や写真が少なく、説明文のほうが多い。しかも、植物の名前(学名)や科名などがラテン語表記なので、慣れないととまどうかもしれないが、検索サイトでその学名を入力して日本語のサイトを探すと、写真や説明が見られる。, 「裏サイト」からマリファナなどのタネを買うのはもってのほかだが、大手の種苗会社で売られているものでも、ケシの変種ボタンゲシ (Papaver somniferum var. 「蒔く」は植えるという意味があったという情報もありました。 趣味は読書とヨーロッパ旅行です。ドイツには5年余り滞在経験があります。某大学の人間科学部とデザイン学部を卒業。心が豊かになる知識の探索を人生の糧にしています。. 何かをしようとした時に、両親や祖父母などに「命あっての物種と言うでしょう?」と言われたことはあ … (3) ことわざ「まかぬ種は生えぬ」は「播く」か「蒔く」のどちらが適切でしょうか Bible Copyright: ©共同訳聖書実行委員会Executive Committee of The Common Bible Translation, ルカによる福音書第8ç« 4節から8節, たとえを用いてお話しになった, ルカによる福音書第8ç« 11節から12節, マタイによる福音書第13ç« 13節から15 節, コリントの信徒への手紙二第4ç« 3節4節, 滅びの道をたどる人々に対して覆われているのです。この世の神が、信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし, エフェソの信徒への手紙第4ç« 17節から19節, マタイによる福音書第13ç« 5節から6 節, マルコによる福音書第4ç« 16節から17節, ペトロの手紙一第5ç« 8節から9節 は語ります。, 信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい, マタイによる福音書第6ç« 25節から34節, あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である, これはマタイによる福音書第13ç« 23節による説明です。, 立派な善い心で御言葉を聞き、よく守り、忍耐して, 実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる, わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない, 人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ, それによって、わたしの父は栄光をお受けになる, あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと, 『種を蒔く人』のたとえと茨の中に落ちた種. たねをまく. ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. 上記使い分けが正しければ、園芸などで「じかまき」するときは「直蒔き」が適切であると思われるのですが、どちらが正しいのでしょうか 「じかまき」には「直播き」しか当てられていません。 paeoniflorum) などは、あへん成分がそれ専用の白花一重咲き種に比べ、桁違いに少ないため、欧米では園芸植物として自由に栽培できるが、日本では今のところあへん法により栽培禁止になっている。, ほとんどの野菜のタネや、安価な袋物の草花のタネなどは、花壇や畑など、露地に直接播くことができる。ケシ類・ハゲイトウ・スイートピーなど直根性の植物は、原則として栽培地に直接播く直まきが行われる。野菜などを本格的に栽培する圃場では、畝(うね)を作るが、家庭菜園や花壇では、十分に耕したら、30 - 50cmくらいの間隔で筋を造り、そこへ適当にタネを落として行く。普通、五日から十日くらいで発芽するので、混み合ったところを間引き、初めの間引きでは5cm間隔、最終的には15 - 20cm間隔にする。園芸になれない人は、間引きがかわいそうあるいはもったいなくて、密植になってしまいがちであるが、密植は、苗が徒長するだけでなく、病虫害にも遭いやすい。間引きも園芸の技のうちである。, f1(一代交配種)などの高価なタネは、種まきに適した土に播き、一粒でも多く発芽させたいものである。, 種まきに適した土は、病原菌に汚染されておらず、肥料分がほとんどないこと。また、団粒構造で、適当な大きさのものであることだ。「種まきの土」として売られているものの中には、ピートを粉と言うより、吹くとほこりになって飛んでいってしまうほど細かいものがあるが、これを鉢などに入れて使うと、鉢の中が泥沼状になり、使い物にならない。, ヴァーミキュライトが種まきに理想的な用土とされていたが、最近問題になっているアスベストを含むものがあり、使用には注意が必要である。パーライトや赤玉土などなら問題はないだろう。鉢や箱に播くときには、底のほうにはゴロ土と呼ばれる粒の粗いものを入れ、上の方1cm位だけ、細かい粒を入れる。トレーの中でピートをふやかして使う種まき容器が出ており、便利であるが、発芽したらすぐに中の水を切って乾かし気味にして育てるのがコツで、そうしないと苗が徒長(モヤシ状になること)してしまう。, 覆土(タネの上にかける土)は、大粒のタネではタネの直径の2 - 3倍、比較的小さなタネは、タネが見え隠れする程度がよい。ごく細かいタネ(微細種子)には、好光性と言って、発芽にある程度の光線が必要なものがあり、その場合は覆土をせず、タネをまいた鉢を明るい日陰に起き、下に受け皿をあてがって吸水させる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=播種&oldid=69439693, この項目では、園芸分野での播種について説明しています。病理学分野での播種については「. 言葉: 種を蒔く: 読み方: たねをまく: 意味: 何かを引き起こしたり広めたりする原因をつくることのたとえ。 出典 - 「種」を 文章にある「詰る」と「とがめる」は二つの言葉意味同じでしょう?辞書を調べたところで 全部「非難」とい. 種(たね)とは。意味や解説、類語。1 植物が発芽するもとになるもの。種子 (しゅし) 。「種を蒔 (ま) く」2㋐人または動物の系統を伝えるもととなるもの。精子。「種を宿す」「馬の種をつける」㋑(「胤」とも書く)血筋。血統。 「種を蒔く人」のたとえは、マタイによる福音書第13章1節から8節、マルコによる福音書第4章1節から9節、そしてルカによる福音書第8章4節から8節に記録されています。出発点としてルカによる記録を取り上げて、読んでみましょう。 ルカによる福音書第8章4節から8節 「大勢の群衆が集まり、方々の町から人々がそばに来たので、イエスはたとえを用いてお話しになった。 『種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、人に踏みつけられ、空の鳥が食べてしまった。 ほか … 「種」は家柄、血統の意。 苦は楽の種 (くはらくのたね) 今の苦労は将来の幸福につながるということ。 けちん坊の柿の種 (けちんぼうのかきのたね) 食べたあとの柿の種さえ惜しんで人にやらないほどけちな人のこと。極度のけちを罵って言うことば。 イエスが言おうとすることは、このたとえの真理を理解すれば、他のたとえの理解ができる、ということだと思います。, ●15節.道端のものとは、こういう人たちである。そこに御言葉が蒔かれ、それを聞いても、すぐにサタンが来て、彼らに蒔かれた御言葉を奪い去る。, ●16節.石だらけの所に、では、蒔かれるものとは、こういう人たちである。御言葉を聞くとすぐ喜んで受け入れるが、, ●17節.自分には根がないので、しばらくは続いても、後で御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう。, ●18節.また、ほかの人たちは茨の中に蒔かれるものである。この人たちは御言葉を聞くが、, ●19節.この世の思い煩いや富の誘惑、その他いろいろな欲望が心に入り込み、御言葉を覆いふさいで実らない。, そしてここでは、種が落ちた場所として、道端、石地、茨の中、良い土地という四種類の土地が用いられていますが、その四種類の土地は御言葉(神の言葉)を聞いた人の心の状態といいますか、聞き方、姿勢を表していると思います。, したがって、この種まきのたとえは神の言葉を聞いた人が正しい態度、柔軟な素直な態度で御言葉(神の言葉)を受け入れるようにということでしょう。, 種である御言葉をわたしたちが聞いて、土地の種類にたとえられたわたしたちの心がその言葉をどのように受け入れるかが問われているのでしょう。, 御霊は、み言葉を受け入れなければその人の中で働くことができないということでしょう。, 道端は人が通り踏み固められていますから、頑なな心(キリストの福音、御言葉を聞いても、全く聞こうとしない人)を表わすと思います。, 「サタンが来て、彼らに蒔かれた御言葉を奪い去る」のサタンはわたしたちの周りのサタンに支配されている一般世間のこと。, 「石」は患難や迫害のことで、それは艱難や迫害が御言葉を受け入れるのを妨害するからでしょう。, 「根がない」のは熟慮のない浅薄な心だとおもいます。簡単に御言葉を受け入れたふりをするが、何か妨害があれば、つまり、艱難や迫害があればすぐに心変わりがする。, 「茨」はちょっと分かりにくかったので調べてみますと、この世の思い煩いや富の誘惑やさまざまな欲望のこととありました。, つまり、土地自体は固くなっていないので芽を出し、育ちはするが御言葉以外の他のもの(世間のこと)も生やしているので、それが邪魔して実を結んでいないということでしょう。, ●20節.良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり、ある者は三十倍、ある者は六十倍、ある者は百倍の実を結ぶのである。」, ここの良い土地と豊かな実については、御言葉に対する正しい態度と、豊かな霊の恵みの中に生きる信仰生活を意味していると思います。, 実とは、パウロによると、「霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です(ガラテヤの信徒への手紙第5章22節~23節)」と説明されています。, 「受入れる」というのは受け身のようにとれますが、説明書によるとギリシャ語では積極的な意味を持っていると言うことですから、仕方がないから受け入れるのではなくて、喉が渇いた人が水を求めるように自ら進んで積極的に受け入れることを指すと言うことです。, ヨハネの福音書第4章14節「しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」の通りです。, み言葉を受け入れると言うことは、自分の人生や生活を豊かにすることを願って受け入れるのです。, それは当たり前のことですが、それは信仰(御言葉を信じることですから)を持つことですから、信じることは当然従うことを含みます。逆に言えば、み言葉に従わなければ信じているとは言えないということでしょう。, 御言葉に従うことによって、罪が赦され、賜る聖霊の力によって、わたしたちを新しい人間に造り変えられるのです。同時に、わたしたちの必要を満たし、わたしたちの弱さを担ってくださるのっです。, 御言葉を積極的に受け入れ聞き従おうとする素直で積極的な態度と、聖霊の働きが相乗効果を生みだして実を結ぶのです。, 一人の人が受け入れた御言葉が、二倍や三倍でなく何十倍、何百倍にまで膨れ上がるということでしょう。, このようにして、クリスチャンはあらゆる迫害や妨害にめげずとどめもなく増えていくということでしょう。, 今日の個所をよく読むと、わたしは洗礼を受けて、一応クリスチャンと自称していますが、はたして、わたしはどの土地に蒔かれた種なのでしょうか。, わたしは信仰を持って二十二年になります。毎日のように聖書を読んでいます。わたしの聖書の読み方は、否定する為に読んでいるのではなく、真実であることを確認するために肯定的に読んでいます。, もちろん、聖書以外の本も読みますが、それも聖書が真実であることを確認するために読んでいます。, そうしてきて、聖書の内容は、否定するどころか、信じるに値すると思っています。これは最初から揺らいだことはありません。, それだけの価値が十分あると思っています。聖書と言う書物は、知れば知るほど否定できなくなるのです。信じざるおえなくなるのです。これは、事実です。このことを、クリスチャンは、神につかまったと表現します。, よく考えると、クリスチャン一人ひとりが自分の信仰を探ってみてもあまり意味がないように思うのです。, つまり、サタンが支配するその人の周りの世間も、石地も茨も決して一つの場合だけではなく、それは、無数にあると思うのです。, だから、自分の信仰を(他者の信仰も同じで)探るよりも、一番大事なことは御言葉を聞き、躓きながらも御言葉に従うことに務めることだと思うのです。, たとえ挫折して誘惑に負けても、茨に塞がれても、石地の心でも、サタンに襲われても、その結果実を結ぶことができなくても、ただ祈り続けること。, もちろん、祈り続けると言うことは、クリスチャンとしての自分の行く末を神に委ねることです。, ただひたすら救いを、信仰を求めるしかないと思うのです。信仰は賜物とありますからね。, いったんみ言葉を受け入れれば、どんな失敗者でも、どんなに挫折しても、たとえどんな泥沼状態に陥っても、イエスはその人と共にいてくださるのです。, 御霊の実(ガラテヤ人への手紙第5章22節、23節「これに対して、霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません。」)は、復活したイエスの臨在によって得られる不思議です。, わたしは聖書に出会えたおかげで、定年後の長い人生を豊かに過ごすことができて幸いです。, 誰でもが読んでわからない仏教典ならばこのようにいかないでしょう。聖書ならば、誰が読んでも一応わかりますからね。, メールアドレス: 2020/1/12; 3級 ことわざ, 4~3級のことわざ; ことわざ検定, 今日のことわざ, 成人式, 新成人, 自分で蒔いた種は自分で刈る; コメント: 0 また、土に散らし埋める。. 「種を蒔く」の意味。種を蒔くとは、何かを引き起こしたり広めたりする原因をつくることのたとえ。 五十音検索; 漢字検索; 種を蒔くについて. ことわざ 2019.09.18 lismile 「袖振り合うも多生の縁」の意味と由来とは?使い方や類語も解説 「袖振り合うも多生の縁」とはしばしば耳にすることわざですが、正しい意味を知っていますか? 1 植物の種子を畑などに散らす。. ★「今、種をまくことは、未来の食料の種をまくこと」 人は食べ物を食べなければ生きてはいけません。 植物と違って光合成できないので、残念ながら人は食べなければ餓死します。飢餓状態が続けば、次第に体は弱り、最終的には致死率100%です。 「蒔く」は園芸など小規模でという使い分けや、 熟語に「播」を使用する場合が多いのはそういう経緯があるのですね。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ●13節.また、イエスは言われた。「このたとえが分からないのか。では、どうしてほかのたとえが理解できるだろうか。, ここが指しているたとえと言うのは、マルコの福音書第4章1節~9節にある「種を蒔く人」のたとえのことでしょう。 「袖振り合うも多生の縁」とはしばしば耳にすることわざですが、正しい意味を知っていますか?また「袖触れ合う」や「他生の縁」など、漢字の書き方が違うものも見かけますが、どれが正しいのでしょうか?, そこでこの記事では、「袖振り合うも多生の縁」の意味をその由来からていねいに解説することで、正しい書き方や使い方をひもといてゆきます。あわせて類語と対義語も紹介していますので参考にしてください。, まずはじめに、「袖振り合うも多生の縁」の意味と、由来を解説します。その由来をふまえた上で、正しい漢字の書き方について解説してゆきます。, 「袖振り合うも多生の縁」とは、道で人と袖を触れ合うような、ささいなことも、前世からの因縁によるものだという意味のことわざです。前世からの因縁という説明が出てきたように、その意味を深く知るには仏教の教えの理解が必要となります。, 「袖振り合う」とは、袖を振る、または触れ合うという意味です。この部分には特に深い意味はないのですが、「多生の縁」の部分を支えるのが仏教の教えです。, 「多生」とは仏教用語で、何度も生まれ変わるという意味の「輪廻転生(りんねてんしょう)」を表します。人は何度も生まれ変わりを繰り返すという輪廻転生は、古代インドからすでにみられ、仏教を創始した釈迦も持っていた思想です。, さらに、「縁」も仏教用語であり、「縁起(えんぎ)」の教えを表します。縁起とは、「因縁生起(いんねんしょうき)」を略した言葉です。物事にはすべて因(原因)があり、それに縁という間接の原因が作用して、結果が起こるという考え方が因縁生起で、仏教の基本的な教えの一つです。, つまり、生まれ変わる前の前世からのめぐり合わせでここにふれあったのであり、偶然ではない、ということを「袖振り合うも多生の縁」は表しています。, 「振り合う」ではなく「触れ合う」と書く「袖触れ合うも多生の縁」という書き方もあり、間違いではありません。「振り合う」の書き方の方が大多数ではありますが、「触れ合う」の表記で記載されている辞書もあります。「袖振り合う」「袖触れ合う」とも、知らない人どうしがふれあうという同じ意味を持ちます。, また、「袖すり合うも他生の縁」「袖の振り合わせも他生の縁」と言うこともありますが、「袖振り合うも多生の縁」と言うのが一般的です。, さらに、「多生の縁」ではなく「他生の縁」と書くことがあります。「他生」とは、現世を「今生(こんじょう)」と言うのに対し、生まれ変わる前の過去世と、これから生まれ変わる来世のことを「他生(たしょう)」と言うところの仏教用語です。, そのため、「多生」の意味である、何度も生まれ変わるという意味で「他生」と書くのは俗語とされます。このことから、「袖触れ合うも他生の縁」は俗語表現となります。意味は通じるので決定的な間違いではないといえますが、「袖触れ合うも多生の縁」と書くのがよいでしょう。, さらに漢字の違いとして、「袖触れ合うも多少の縁」と書いてしまうことがあるようです。「多少の縁」とは「少なからずある縁」という意味になってしまい、この書き方は誤りです。, 「袖振り合うも多生の縁」は、日常的に着物を着用しなくなった現代においても、一般的な会話の中でたびたび使われることわざだといえます。ビジネスの場面においては、初対面の人とのコミュニケーションを図る糸口として使うこともできます。, 例えばセミナーなどで一緒になった初対面の人に対して、「袖振り合うも多生の縁と言いますから、ここでお会いしたのも偶然ではないかもしれませんね」などと言ったり、「袖振り合うも多生の縁ですから、今後ともよろしくお願いします」と挨拶することができます。, また、偶然出会った人に親切にしたときなどに「袖振り合うも多生の縁ですから、お気になさらずに」などと言って、相手の恐縮する気持ちへ配慮することもできます。, 「素晴らしいご縁に感謝します」「このご縁を大切にしたいと思います」などと、日常会話やビジネスシーンでも「ご縁」という言葉はよく使われます。, 「ご縁」とは、仏教の思想による「めぐりあわせ」という意味で、日常的に使われる言葉ですが、「ここでお会いしたのも何かのご縁ですので」といったように、「袖振り合うも多生の縁」と同じ意味で使うことができます。, 「縁は異(い)なもの味(あじ)なもの」とは、男女間の縁について使われることわざです。男女のめぐりあわせは不思議で面白いものだという意味です。, 「縁もゆかりも無い」とは、人や物に何の関係もつながりもないという意味です。「縁もゆかりも無い人」「縁もゆかりも無い場所」などと言い、無意識に、前世からの因縁さえないという意味をふまえて使っていることがあるかもしれません。, 「袖振り合うも多生の縁」は仏教の教えに由来することわざです。「多生」には「輪廻転生」の考え方が、「縁」には「因縁生起」の考え方が根底にあります。, つまり、「袖振り合うも多生の縁」とは、生まれ変わる前の前世からのめぐり合わせでここにふれあった、ということを表す仏教の世界観を持つ表現なのです。, 仏教の教えを特に意識しなくとも、人と人は見えない縁で結ばれているという考え方を、自然に日本人は持っているのではないでしょうか。だからこそ、「袖振り合う」という現代ではあまりイメージできない表現であっても、ある種の実感のもとに使い続けられていることわざが「袖振り合うも多生の縁」だと思われます。.