しかし、ダイヤモンドにもピンクダイヤ、イエローダイヤ、ブラックダイヤなど多彩な色があるように、翡翠にもまた、赤・青・白・黒・紫といった複数の色が存在します。, 白色は翡翠を構成する、ヒスイ輝石の基本の色でもあり、他の色が混ざっていない真っ白なものは、濃緑と並び価値の高いものとされています。, カットの仕方や大きさだけでなく、原石に内包する傷の有無などによっても大きく価値が異なることは知られています。, これは翡翠にも言えることで、濃い色で透明度が高く、キズや色ムラのないものほど高品質といわれています。, 硬玉翡翠で濃緑だけの石というのは、なかなか採れるものではありません。採れたとしてもかなり高価になります。, そのため、より価値の高い石に見えるよう、トリートメント(ワックス等による着色処理)や、エンハンスメント(加熱処理)を行っている天然石も見受けられますので、注意が必要です。, 翡翠玉の大きさは3種類あり、女性は8 m m か1 0 m m 、男性は10mm、比較的体格の大きな方は12mmがおすすめです。, 翡翠は、白・緑・淡緑・黒・紫・青などさまざまな色があり ますので、自分のお気に入りのカラーをお選びいただけます。, カジュアルな普段使いから、冠婚葬祭やビジネスなどのフォーマルな場面まで、幅広いシーンでお使いいただけます。, まず、メジャーで手首の実寸法を測ってください。ブレスレットのサイズは手首の実寸法より少しプラスして選びます。 ■プラス0cm…手首にフィット ■プラス1cm…オススメ! ■プラス2cm…ゆったりサイズ, ブレスレット・ペンダントは、翡翠色の綺麗な箱に入れてお送りします。 ギフトラッピングにも対応致します。, ・銀行振込 (振込手数料はお客様負担となります) かくせん石の仲間で透明度の高いのが透閃石、緑色の濃いのが緑閃石になります。 10,000円以上の商品お買上で、送料無料サービスしています 割れ易く、割れ口がはっきりしているものもあります。 白色の石英(瑪瑙)、曹長岩、沸石、斜灰れん石など、 見ていることになります。 ・銀行振込:ご入金確認後、5営業日以内に宅急便で発送致します。, 【汚損・破損等あるいは、ご注文と異なる商品の場合】

・代金引換 (代引き手数料はお客様負担となります) ©Copyright2020 カラッツ Gem Magazine.All Rights Reserved. ... 翡翠は、いにしえより中国や日本、マヤなどの東洋において、生命力をつかさどる命の石として大切にされてきました。 翡翠は健康と長寿をつかさどり、博愛心や正義感を高めて … だから、だいたい1秒に10個くらいの小石を判別できると思っています。 良品の発送日等、詳細は改めてご連絡差し上げます。, 【返品連絡先】 確実に見つけるにはその10倍の時間が必要でしょう。 写真撮影は細心の注意を払い、実物の輝きを再現できるように頑張っておりますが、これが難しい所です。 手に持っているうちにだんだん乾いてきますが、

これではよほど運が良くてやっとヒスイを見つけられるレベルなんです。 乾燥すると表面が白っぽく粉っぽくなったりします。 翡翠は、白・緑・淡緑 … 緑色の軟玉ヒスイ(透閃石~緑閃石)、緑石英、透輝石、緑色凝灰岩、蛇紋岩など、 ・送料は全国一律800円

ヒスイと言えば、緑色が美しい宝石として、日本でもなじみの深いものです。また、ヒスイは指輪やネックレスだけでなく、置物などの調度品としてもよく見られています。, しかし、全てが同じヒスイというわけではありません。見た目だけでははっきりとした区別がつきにくいのですが、実はヒスイには2種類あり、それぞれ別の鉱物となっています。, ヒスイはジェード(Jade)と呼ばれておりジェードはヒスイ全般を指します。そして、そのジェードの中で「ジェダイト(Jadeite)」と「ネフライト(Nephrite)」とに分かれます。, ジェダイトは「硬玉」と呼ばれ、ヒスイ輝石として取り扱われています。古来宝飾品として利用されていたのはこちらで、「宝石」と呼ばれるのはこちらだけになります。 中国では「玉」と呼ばれており、女性のかんざしや装飾品に使われていました。 日本では勾玉(まがたま)に利用され、遺跡から多く発掘されています。 また、ジェダイトのヒスイには長寿や健康などの効力があるとされており、女性のみならず権力者の手に渡っていました。, ヒスイ輝石は変成岩に産出されるもので、純粋な精度のものは白色をしています。しかし、鉄やクロムを含有することによって見慣れた緑色や紫色などほかの色に変わります。, ヒスイ輝石は赤道付近の国から産出されていますが、日本でもヒスイは産出されており世界で最古の産出地ではないかと言われています。そのため、ジェダイトは「本ヒスイ」と呼ばれ、ネフライトと区別されることもあります。, 硬石とされるジェダイトと相反してネフライトは「軟石」と呼ばれています。 透閃石であるこの硬石は、一般的に宝石とされているジェダイトとは全く別の石であることがわかります。, ネフライトは古代中国では宝石として取り扱われていましたが、時代が進んでジェダイトが産出されるとそれぞれを区別するようになりました。 これはジェダイトよりも硬度がやや低いことからこの名前が付けられました。, また、中国ではネフライトしか産出されず、現在でも中国産のヒスイの中にはネフライトを利用して、ジェダイトと偽っている模造品が見つかったりしています。そのため一見するとネフライトの方は価値が低いもののように思われてしまい、実際にも間違いとは言えません。, しかし、ネフライトの中でも白みを帯びており、透明度が高くなっていると「羊脂玉」と呼ばれており、大変質の良いものとして時にはジェダイトよりも高価で取り引きされています。, ヒスイは現在でも宝石として利用されています。ヒスイ輝石は研磨され、美しく仕上げられています。しかし、ヒスイは見てのとおり不透明な石ですので、研磨する際は仕上がりの想像が難しい宝石となっています。 原石を見ただけではどの程度美しい表面になるかはわからないため、原石での価格評価はまずされません。, また、軟玉とされるネフライトは彫刻などの装飾がなされることが多く、古代中国では竜の形に削り出されたものなど、細かな細工が施された作品が多く見られます。それらの工芸品は現在でも生産されており、中国各地で買い求めることができます。 ほかにもヨーロッパでは杯や斧(おの)などの日用品も作られています。, ヒスイは良質なものと、そうでないものとの違いを見分けることが難しい宝石として知られています。 特に、研磨をしていないヒスイであれば特に難しく、ヒスイとよく似た緑色の石を間違えて採ってしまうこともよくあることですので、「キツネ石」というあだ名まで着けられるほどです。, ヒスイを見分けるときの方法として有名なのは、石自体に光を当てることです。 光に透けて見える繊維の交差具合によってジェダイトかネフライトかを見分けることが可能です。 しかし、一般的に販売されている場合はなかなかそのような見分け方をすることはできません。, 見た目だけでヒスイを見分けるときには、研磨の程度や表面の透明度などがポイントになります。 品質の高いものであれば、不透明な宝石であるヒスイでも向こう側が見えるほどの透明度があるのが特徴となっており、付加価値も高くなっています。, 「友人に勧めたいお店」として、査定金額や接客において、お客様満足度第1位に選ばれた買取専門店です。, 「珊瑚」のアクセサリーというと、どんなものを思い浮かべますか? 「少し古くさい」「老けて見られそう」―― 。そんなふうに思っている方も多いのではないでしょうか。 また、ムラがなく、血のように赤い珊瑚は、「血赤」「オックスブラッド」と呼ばれ最高級品とされますが、珊瑚というと、そのような赤いものを想像しますよね。 でも実は…  もっと読む, 結婚指輪は生涯を通じてずっと身につけるものだからこそ、妥協せずに納得できるものを選びたい――。そんなこだわりを持った二人にこそおすすめなのが、「オーダーメイド」の結婚指輪です。 デザイン、セッティング、素材まですべて注文して作るため、まさに“世界で一つだけ”のオリジナルリングとして、結婚指輪にふさわしい特別なものになる…  もっと読む, さりげないデザインでありながら、洗練されたセンスや時代感覚も兼ね備えた「アガット(agete)」のジュエリー。国内では男女ともに固定ファンが多い人気ブランドです。有名デパートでの取り扱いが多く、入手しやすいのも魅力です。 今回は、アガットについて、その魅力や人気コレクションなどをご紹介します。 アガット(agete)と…  もっと読む, 職人の手で生み出された芸術性と、タイムレスなファッション性を兼ね備えた、ジュエリーブランド「アーカー(AHKAH)」。デザインと品質がともに優れたアーカーのアイテムは、時を超えて多くの人から支持されています。 ここでは、そんなアーカーについて、ブランドのこだわりや魅力をお伝えしていきます。 ジュエリーブランド「アーカー…  もっと読む, 100年以上続く、デンマークのジュエリーブランド、ジョージ・ジェンセン。真の美しさの追求と機能性の融合をコンセプト。そのコレクションには世界中にコレクターが存在するトップブランドです。 スカンジナビアンデザイン(北欧デザイン)とは スカンジナビアンデザインとは、ヨーロッパのスカンジナビア半島に位置するデンマーク・スェー…  もっと読む, 日本が生んだ「真珠王」として世界的に有名な御木本幸吉。養殖真珠で世界のジュエリー業界へと進出し、一躍その名を知らしめた存在です。 彼が創立したジュエリーブランド「ミキモト(MIKIMOTO)」のパールは、現在も国内外で高く評価されています。世界中の女性が求めるハイクオリティな数々のパールアクセサリーの人気は、現在もなお…  もっと読む, ハイクオリティな真珠のジュエリーといえば、「TASAKI(タサキ)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?国内の真珠養殖場から始まり、今や世界にその名を知られる日本の真珠ブランドです。 今回は、真珠の可能性を切り開く世界トップクラスのジュエラー「TASAKI(タサキ)」の取り組みをご紹介します。 世界トップクラス…  もっと読む, こんにちは!なん子です! 真っ赤な『血』と『一途な愛』の象徴、ガーネットを身につけるということ 時は遠くさかのぼり、紀元前のヘレニズム時代に中央アジアまで東方遠征したアレキサンダー大王は、インド産のガーネットを自国に持ち帰ったといわれています。そのころから多く人々に使われるようになったとされるガーネット。いったんローマ…  もっと読む, 個性が光る特別な指輪を身に着けたいとき、一生もののジュエリーを探しているとき、選ばれるのが老舗ジュエリーハイブランドの「ブシュロン(BOUCHERON)」です。ここでは、ブシュロンのブランドや定番アイテムについてご紹介します。 ブシュロン(BOUCHERON)とは? 「ブシュロン(BOUCHERON)」は、1858年に…  もっと読む, こんにちはなん子です! 珊瑚は古来より世界各地で縁起の良い宝石とされ、珍重されてきました。 例えば、ギリシア神話によると、英雄ペルセウスが、見つめたものを石に変える怪物メドゥーサの首を切り裂いた時、流れた血が地中海に落ちて珊瑚が生まれたとされています。イタリアではこの物語を背景にして、ローマ時代から珊瑚を護符として身に…  もっと読む, こんにちはなん子です! 翡翠は、いにしえより中国や日本、マヤなどの東洋において、生命力をつかさどる命の石として大切にされてきました。 翡翠は健康と長寿をつかさどり、博愛心や正義感を高めて人徳を深め、商売や事業を成功に導く力があると信じられています。 こういった背景があり、翡翠は中国では他のどのような宝石よりも格が高い宝…  もっと読む, 宝石言葉:真実・友愛・忠実・勝利・貞節・生命力・真実の愛・秘めた情熱 みなさん、こんにちは! カイトリーヌです。新しい年が始まる清々しい1月の誕生石ってどんな宝石なんでしょう。教えてくださ~い! 1月の誕生石は「ガーネット」です。それではご紹介しますね! ガーネットってどんな宝石? 深みあるワインレッドがガーネットのイ…  もっと読む, 宝石言葉:神秘・冷静・高貴・空想・知性・希望・誇り高き人・問題の解決 みなさんこんにちは!カイトリーヌです。クリスマスに大晦日。12月って楽しいイベントが多くて大好きです!そんな12月の誕生石ってどんな宝石なんですか? 「タンザナイト」と「ターコイズ」の2つあるんです。今回はタンザナイトについてご紹介しますね! タンザ…  もっと読む, 宝石言葉:友情・輝き・社交性・自信・希望・金運・生命力・豊かな感受性 みなさんこんにちは!カイトリーヌです。秋も終わり冬に移り行く11月って風情があって素敵ですよね!こんな11月の誕生石ってどんな宝石なんでしょう? 11月の誕生石は2つ、シトリンとトパーズです。今回はシトリンについてお話ししますね! シトリンってどんな…  もっと読む, 宝石言葉:情熱・仁愛・勇気・生命力・エネルギー・威厳・色気・血液の浄化 こんにちは!カイトリーヌです。7月の誕生石ってどんな宝石かな?教えてください! わかりました!7月の誕生石であるルビーについて、お話していきましょう! ルビーってどんな宝石? 夏真っ盛りの7月。照りつける灼熱の太陽の季節にぴったりな、7月の誕生石と…  もっと読む, ムーンストーンとは ムーンストーンは和名を「月長石」といい、元は長石という鉱物の仲間です。長石が全てムーンストーンになるのではなく、長石の中でも外見が青白く美しいもののみがムーンストーンという宝石として取り扱われているのです。 ムーンストーンの産出地はオーストラリアやインド、ミャンマーなどの気温の高い国もあれば、ノルウ…  もっと読む, ぺリドットとは ペリドットは以前までペリドートやクリソライトなどたくさんの呼び名を持った宝石でした。特にヨーロッパでは国によって様々な呼ばれ方をしており、中にはトパーズやイブニング・エメラルドとも呼ばれることがあったようです。しかし、近代になり呼び名は「ペリドット」と統一されました。ペリドットとはアラビア語ですが、その…  もっと読む, 真珠は種類により希少価値が異なります。また、真珠とよく似た模造品が販売されるケースがあるため、見分け方に注意が必要です。 ここでは、真珠の違いと見分け方についてお伝えしていきます。真珠の価値について知りたいとき、真贋を確かめたいときにぜひご一読ください。 天然真珠と養殖真珠の違いや見分け方 宝飾品のパールは、真珠貝によ…  もっと読む, トルコ石とは まずトルコ石は名前にトルコの国名が付けられていますが、トルコで発掘される宝石ではありません。 実はトルコ石の産出国はイランやペルシャなどです。これらの国で産出された鉱物がトルコを経てヨーロッパ地方へ売り出されていたため、ヨーロッパでは「トルコの石」として認識されて、現在もトルコ石や時には「ターコイズ」と呼…  もっと読む, アレキサンドライトとは アレキサンドライトはもともと「クリソベリル」という鉱物の一種です。クリソベリルはアレキサンドライトだけでなく、キャッツアイなどの宝石の元にもなります。 昼間、太陽光の下で見るとエメラルドのような緑色の輝きを放ち、夜の蛍光灯などの下で見ると赤色に変化する宝石をアレキサンドライトと言います。 無機質…  もっと読む, アメジストとは 日本の中でも知名度が高く、所持している人も多いと思われる宝石がアメジストです。 宝石と言いますと、指輪やネックレスのような高価な装飾品を思い浮かべますが、アメジストは宝石よりもパワーストーンとしての認識が高く、原石のまま所持されていることも珍しくはありません。 アメジストは「紫水晶」とも呼ばれ、その名前…  もっと読む, アクアマリンとは アクアマリンの薄く透き通った水色が特徴です。しかしアクアマリン自体はベリルという鉱物で、これはエメラルドと同じ種類になります。 エメラルドとの違いは、色が青いか緑色かだけですが、エメラルドは原石から傷が多く入っており、加工にとても時間が掛かってしまいます。アクアマリンは傷がほとんど見られないままの原石…  もっと読む, 人には生まれ月ごとにそれぞれ誕生石があり、持つ人のパワーを高めてくれます。運気をあげて過ごせる一年になるよう、自分の誕生石について詳しく知っていきましょう! 新年だから心機一転!今年もいい一年になるように誕生石を身につけようかな?わたしは4月生まれだからダイヤモンド!ダイヤモンドの意味っていったい何なのかしら? そうで…  もっと読む, [ 営業時間 ]10:00~21:00最終受付時間 20:30(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]11:00~21:00最終受付時間 20:30(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]【月~土】10:00~21:00(最終受付20:30) 【日・祝】10:00~20:30(最終受付20:00), [ 営業時間 ]10:00~20:30金曜日のみ21:00まで(定休日なし)※施設に準ずる, [ 住所 ] 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-7-1 青葉台東急スクエア South-2 3F, [ 営業時間 ]平日11:00~20:00/土日祝10:00~20:00(定休日なし)※元旦は除く, [ 住所 ] 新潟県新潟市中央区八千代2-1-2万代シテイ・ビルボードプレイス 3F, [ 営業時間 ]10:00~20:30最終受付時間 20:00(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]10:00~20:00最終受付時間 19:30(定休日なし)※施設に準ずる, [ 住所 ] 愛知県名古屋市中村区 名駅4-7-25先名駅 ナゴヤ地下街サンロード, [ 営業時間 ]平日・土曜11:00~20:30/日曜・祝日11:00~20:00(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]10:00〜19:30 【最終日】12:00受付終了(定休日なし)※施設に準ずる, [ 住所 ] 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹 3F 特設会場(キレイテラス奥), [ 住所 ] 京都府 京都市下京区真町(しんちょう)90-3四条木屋町櫛田(くしだ)ビル1F, ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの 予約もできるブランド買取専門店です。 ※全店買取基準は同一です。, 宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。宝石買取実績の豊富なコンシェルジュが査定し、高価買取いたします。, 時を超え愛される宝物~クラフトマンシップ光るブランド「アーカー(AHKAH)」の魅力, 機能性と芸術性の融合~北欧デザインの代表ブランド「ジョージ・ジェンセン(Georg Jensen)」, 世界初!真珠の養殖を成功させた日本のジュエラー「ミキモト(MIKIMOTO)」の誕生秘話, 世界的名門!老舗ジュエリーハイブランド「ブシュロン(BOUCHERON)」の定番コレクション.
ともかく、あきらめずに探すことが一番でしょう。, ヒスイの見分け方を教えてください。ヒスイを簡単に見分ける方法というのは、残念ながらないようです。 硬質で角張っています。 翡翠とキツネ石 翡翠にたくさんのそっくりさんがいます。 その代表的な石にキツネ石があります。 糸魚川翡翠と類似した外観の石、ヒスイ海岸ではよく間違えてみんなが拾ってしまういしです。 キツネ石 確かにそっくり 翡翠 … 瑪瑙には紫外線を当てると蛍光を発するものがあります。沸石は結晶が大きく粗く、よく磨耗しています。

海水で濡れているときに表面をこするとぬるぬるします。

全体的に乳白色で一部緑色で透き通るような部分があるものが理想的ですが、 当工房は、お客様のご納得頂ける良い物だけをお届けしたいと考えております。 うーん、残念ながらすべて違いました。残念、残念。ホント残念。 ちなみに鑑定していただいた学芸員さんによれば、ヒスイの特徴は次の5点。 (1)【形状】ヒスイは硬いので、「面があって角があっ … でも初心者なら、せいぜい1秒に1個しか石を見分けられないかもしれません。

電話番号: 0263-36-3092 ・クレジットカード決済(手数料弊社負担) 叩いてみるとか、暖めてみる、なんていうにも確実ではありません。 1~8までは例外もあるので総合的に判断しましょう。, キツネ石って何ですか?キツネ石という石がある訳ではありません。 深緑色でやや透き通り、角が丸まっているのが特徴です。 手に取ったときしっとりと重い感じがして、どことなく気品があり、

もっと普通の探し方も紹介しましょう。, 波打ち際を歩いていって、 そんな良質のものはめったに見つかりません。 ヒスイ(翡翠、英: jade、ジェイド)は、深緑の半透明な宝石の一つ。東洋(中国)、中南米(アステカ文明)では古くから人気が高い宝石であり、金以上に珍重された。古くは玉(ぎょく)と呼ばれた。, 鉱物学的には「翡翠」と呼ばれる石は化学組成の違いから「硬玉(ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト : 透閃石-緑閃石系角閃石)」に分かれ、両者は全く別の鉱物である。しかし見た目では区別がつきにくいことから、どちらも「翡翠」と呼んでいる。, 非常に壊れにくいことから先史時代には石器武器の材料でもあった。ヨーロッパでは翡翠で作られた石斧が出土する。, 中国では、他の宝石よりも価値が高いとされ、古くから、腕輪などの装飾品や器、精細な彫刻をほどこした置物などに加工され、利用されてきた。, 不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられており[要出典]、古代においては遺体全体を玉で覆うことが行われた。秦の始皇帝の遺体も玉で覆われていたとされる。中南米の王族の墓でも同様の処置が確認される。ニュージーランドやメソアメリカではまじないの道具としても使われていた(メソアメリカでは腹痛を和らげる石として使われていた)。, 現在判明している世界最古のヒスイの加工は、現・日本新潟県糸魚川市において縄文時代中期(約5000年前)から始まった[1]。世界最古の翡翠大珠が山梨県で見つかっている[2]。弥生時代・古墳時代においても珍重され、祭祀・呪術に用いられたり、装身具や勾玉などに加工されたりした[1][2]。しかし、奈良時代以降は見向きもされないようになった[1][2]。そのため、国内産地も分からなくなり、研究者たちは国内で出土する勾玉等は国外から持ち込まれたものと考えていたが、1938年(昭和13年)に糸魚川で見つかった鉱物を東北帝国大学(現・東北大学)の河野義礼が鑑定し、国内産地があることが再発見された[1][3][4]。, 日本では5月の誕生石にエメラルドとともに数えられている。宝石言葉は「長寿、健康、徳」。2016年9月には日本の国石と認定されている。2008年(平成20年)北京オリンピックのメダルにも使われている。現在では翡翠は乳鉢の材料としても馴染み深い。, 硬玉と軟玉は組成的にはなんら関係のないものだが、見た目が似ていることからどちらも翡翠と称される。中国では軟玉しか産しなかったこともあり軟玉も宝石とみなされるが、一般的には軟玉は半貴石に分類される。中国で翡翠として称されて販売されるものは現在でも軟玉が多い。軟玉のうち白く透明感のある最上質のものは羊脂玉と呼ばれ硬玉よりも高値で取引されることがある。, 玉は中国では美しい石、宝石の総称で、古くから実用品や装飾等の材料として用いられた。玉の玉彫工芸は今でも中国の工芸品の重要な位置をしめる。また、玉の中でも特に翡翠が珍重されたことから、玉は翡翠の意味としても使われた。, なお、草創期の玉器には石英や滑石も含むが、故宮博物院に収蔵されているような玉器のほとんどは軟玉である。, 古い時代の中国では、特に白色のものが好まれており数々の作品が残っている。これらの軟玉の産地は、現在の中国新疆ウイグル自治区に属するホータンであり、他の軟玉より硬く籽玉(シギョク、シは米へんに子)または和田玉(古くはコーラン玉)と呼ばれていた。, 18世紀(清の時代)以降、ミャンマーから硬玉が輸入されるようになると、鮮やかな緑のものが好まれるようになった。そのなかでも高品質のものは琅玕(ロウカン、(カンは玉へんに干)と呼ばれ珍重されることになった。台北国立故宮博物院にある有名な翠玉白菜の彫刻は硬玉製である。, 琅玕は中国語で青々とした美しい竹を意味し、英語ではインペリアルジェイドと呼ばれる。これは西太后が熱狂的な収集家であったことに由来するとされる。, 「翡翠」は中国では元々カワセミを指す言葉であったが、時代が下ると翡翠が宝石の玉も指すようになった。その経緯は分かっていないが以下の説がある。翡翠のうち白地に緑色と緋色が混じる石はとりわけ美しく、カワセミの羽の色に例えられ翡翠玉と名づけられたという。この「翡翠玉」がいつしか「玉」全体をさす名前になったのではないかと考えられている。, 参考までに、古代日本では玉は「たま」、カワセミは「そび」「そにとり」と呼ばれていた。カワセミに「翡翠」の字があてられ「ヒスイ」とも呼ばれ始めたのは室町時代以降である。したがって「翡翠」の語は中国から輸入されたと推察できる。, 英語では、硬玉、軟玉、碧玉等の総称としてジェイド (Jade) を使っており、とくに硬玉と軟玉をわける必要があるとき、硬玉(ヒスイ輝石)をジェイダイト (Jadeite)、軟玉(透閃石-緑閃石系角閃石)をネフライト (Nephrite) といっている。, Jadeの語源として、スペイン語の「piedra de ijada」(腹痛の石の意)が、フランス語に移入して「pierre de jade」と変化し、これが英語に入り「Jade」となったとされる。なお「腹痛の石」の名称は、スペイン人がメキシコのアステカ王国を滅ぼした後、メキシコからこの石を持ち帰ったことに由来する。, 翡翠の産出地は世界的にも限られている。なお、中国のホータンで産出される翡翠(和田玉)は軟玉であり、よく誤解されているが中国に硬玉の産地は存在しない。, 翡翠は「硬玉」(ヒスイ輝石)と「軟玉」(ネフライト)の2種類があり、化学的にも鉱物学的にも異なる物質である。, 宝石としての翡翠は50%以上のヒスイ輝石が含まれたヒスイ輝石岩を指す。それ以外のものは基本的には資産価値に乏しいとされている。本記事でも「翡翠」は、特に断わりのない限りヒスイ輝石岩のことを指している。, 硬玉はモース硬度が6.5 - 7、軟玉は6 - 6.5、と価値の高い宝石の中では硬度が低く、砂(石英)よりも硬度が劣るため傷がつきやすい。しかし翡翠は、硬玉も軟玉も、内部で針状~繊維状の小さな結晶が複雑に絡み合った鉱物(イノ珪酸塩鉱物)であり、すべての鉱物の中で最も割れにくい性質(靭性)を持っている。, ダイヤモンドは最高の硬度をもっているが、ある特定の角度から衝撃を与えると簡単に割れる。一方、翡翠は細かな結晶の集まりであるため、衝撃に弱い方向というものが存在しない。ただし、鉱物としては強靭でも、天然翡翠の場合、ヒビや石目があるとそこから割れる場合もあるので取り扱いに気をつける必要がある。, 日本では翡翠は深緑の宝石という印象を持つ人が多いが、その他にも、ピンク、薄紫(ラベンダー)、半透明、白、青、黒、黄、橙、赤橙といった様々な色があり、大きく分けて、15色程度と言われる。, 化学的に純粋なヒスイ輝石の結晶は無色だが、翡翠は細かな結晶の集まりのため白色となる。また翡翠が様々な色を持つのは石に含まれる不純物や他の輝石の色のためである。, 翡翠の緑色には2つの系統あり、鮮やかな緑のものはクロムが原因であり、コスモクロア輝石の色である。もう一つの落ち着いた緑は二価鉄によるものであり、オンファス輝石の色である。同じ緑色でも日本と東南アジアでは好みが異なり、日本では濃い緑のものが価値が高く、逆に東南アジアでは色の薄いものが好まれている。ただしこれは比較的安価な石の事であって、やはりどの国に於いても最も珍重されるのは琅玕クラスの石である。また、翡翠は半透明というイメージがあるが品質の良い石はトロリとしたテリのある透明感がある。, 緑の次に人気の高い「ラベンダー翡翠」は、日本のものはチタンが原因でありやや青みがかってみえる。またミャンマー産のものは鉄が原因であり紅紫色が強い。, 黄、橙、赤橙は、粒間にある酸化鉄の影響であり、黒色のものは炭質物が原因である。これらの色の翡翠は一般的には資産価値がない。日本では橙、赤橙系の翡翠は産出されていない。, 青は、ヒスイ輝石には存在せず、主にオンファス輝石の色によっている。また、日本の翡翠中から見出される青い鉱物は、糸魚川石(SrAl2(Si2O7)(OH)2・H2O)という新鉱物であることが発見されている。, 翡翠が産出されるところは全て造山帯であり、翡翠は主に蛇紋岩中に存在する。蛇紋岩は地殻の下のマントルに多く含まれる橄欖岩が水を含んで変質したもので、プレート境界付近で起こる広域変成作用の結果としてできる岩石である。, 一方のプレートが他のプレートの下に潜り込むことにより広域変成作用が起こり、同時に激しい断層活動で地上に揉みだされることにより蛇紋岩は地表付近に出現する。その途中でアルビタイト(曹長岩)や変斑糲岩、変玄武岩を取り込むことがあり、それらが高い圧力のもとでナトリウムやカリウムを含んだ溶液と反応して翡翠に変化したと考えられている。, 曹長石に高い圧力をかけることで起こる、NaAlSi3O8 = NaAlSi2O6 + SiO2という固相反応があることから、ヒスイ輝石は低温高圧でできると考えられてきたが、実際には翡翠中には石英がほとんど存在せず、沸石類のような低圧鉱物との共生も見られることから、詳しい成因については今後の研究が待たれている。, 1984年にGE(ゼネラル・エレクトリック社)が人工的な合成に成功。ナトリウム、アルミニウム、酸化シリコンを混合し、1482℃、圧力120万kg/cm2 の条件下で、直径6.25mm×高さ12.5mm の円筒状結晶を得ている。, 翡翠は多孔質の物質であり、様々な後加工が可能である。通常、宝石として販売される翡翠は、まったく無処理の翡翠は少なく、なんらかの改良処理がされているものがほとんどである。この処理のことをエンハンスメントという。, エンハンスメントは天然の状態でも起こりうる現象を人為的に似せて行う改良であり、処理石とは見なされないとされる。, 翡翠の場合、表面の光沢を改良する目的で、無色ワックスなどでエンハンスメント(蝋処理)が行われる。これらは鑑別書に明記されることがある。, 天然の状態では起こらない方法で改良処理されたものをトリートメントという。翡翠の場合は含浸と染色がある。これらは鑑別書に明記される。, 翡翠の鑑別は科学的鑑定法が存在するが、一般人が行うことは難しいため専門機関に任せることになる。硬玉と軟玉の区別は非常につきにくいため、海外で購入する場合は特に注意が必要である。また宝石業界では、商品名の中に見かけのよく似たより高価な貴金属名を入れて顧客を騙す「フォールスネーム(偽名)」という慣習があるが、以下にあげるように、翡翠にはよく似た鉱物や少し加工するだけで翡翠に見せかけることができる鉱物が多いため、別の鉱物に「~翡翠」などというフォールスネームをつけて売られていることが少なくない。, 昨今の染色技術は、肉眼による鑑別が不可能な域にまで達し、それ故、染色された翡翠を天然の色であるように偽って高値で販売されることも少なくない。このような場合、鑑別にはチェルシーフィルターという、特殊な波長特性を持つ光学フィルターが使われる。一般に、緑色の翡翠の鑑別に用いられるが、ラベンダー翡翠の鑑別用フィルターも作られている。, “産出再発見の第一号、「歴史変えたヒスイ」展示 フォッサマグナミュージアム、“新たな目玉“に”, https://megalodon.jp/2016-1007-1235-41/www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161007_13019.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヒスイ&oldid=78721989.

だんだん分かってくるそうです。もっと具体的には、次の10ポイントをチェックしましょう。, 海岸で1~6まで、家で7~11までチェックしてみましょう。

磨いたときに出る粉が着色している場合が多いようです。, 蛇紋岩は蛇の皮のような外観をした石です。これもやや脂ぎった感じがします。蛇紋石は蛇紋岩に含まれる石で、緑色澄明だったりして、これもヒスイと間違えやすいですが、比重が2.6程度と軽く、硬度も4以下と柔らかいため、ナイフで傷が付き、紙やすりで磨くと表面がざらざらに成り易いです。, この地域の透輝石は表面が薄緑色で透き通っていて、他の鉱物と共存しロディン岩と呼ばれる岩石の構成鉱物になっています。 弊社の開店は1999年6月26日 つい先日開店15周年を迎えたばかりです。 弊社は翡翠専門店、翡翠にまつわるお話や身の回りのことなど肩の凝らない内容で お伝えしていこうと思います。 時にはスタッフの応援もいただいて進めていきますね。 楽天市場の翡翠… もしかしたらヒスイかもしれません。